2014年06月23日

2014年全国CC緑化協会総会と役員会

 佐賀県武雄市において全国CC緑化協会役員会(6/19)と全国CC緑化協会総会(6/20)、6月21には、視察が行われました。
 総会は、武雄市役所北川政次営業部長を来賓としお招きし金原修平会長を議長に選出し事業、収支予算、役員などが審議された。
 総会後には、以下、工法、技術発表などが行われた。
東海:表面処理による黒色化現象の調査、太陽光IED防災灯、再生砂RC-Bサンドの普及状況。・・・・RC-Bサンド20,000t/年出荷
近畿:台湾における法面保護工法の現場状況・・・台湾へ会社設立
三重:中規模下水高度処理システム(国内のみならず海外へも)
九州:地盤改良 3D施工管理装置・・・地盤改良の見える化!!!
沖縄:RC工法に表面処理工は、必要か?・・・・不要!コストダウン化!
 徳元氏は、「RC・CCバブル」が来ているので更なる研究と改良が皆さんのお役にたてると発表した。
木越副会長は、挨拶で企業のリーダーの不可欠の要素は「楽天的」この協会の皆さんは、困難を楽天的に考え乗り越えてきました。更なる飛躍を期待しますと挨拶した。
次年度開催地は、沖縄に決定。

2014全国CC緑化総会佐賀hp


ccnpo at 11:55コメント(0)トラックバック(0)CC緑化 | 園庭 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
プロフィール

ccnpo

  • ライブドアブログ