校長のプログラミング授業日記

今回は、松田校長(東京都小金井市立前原小学校)のブログを紹介します。

・校長のプログラミング授業日記 その1
・校長のプログラミング授業日記 その2
・校長のプログラミング授業日記 その3
・校長のプログラミング授業日記 その4

2
4

・校長のプログラミング授業参観記(その1)

ビスケットで漢字


BlogPaint

『ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由』

今回は「iTeachersTV 〜教育ICTの実践者たち〜」より、松田校長(小金井市立前原小学校)のプレゼンテーションを紹介します。

kusoge-

 【Vol.58】『ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由』 前編 (2分4秒から開始)

 【Vol.59】『ぼくが、プログラミング教育に命をかける本当の理由』 後編 (1分40秒から開始)


ビジュアルプログラミング言語の整理


関連記事
・前原小学校、教師が挑戦するプログラミング授業フルラインナップを公開

BlogPaint

終了報告「プログラミング教育はじまります7」

3月19日(日)13:20〜15:30
グリコードの演習をしました。
参加人数は4名。
GLICODE(グリコード)の詳細はこちら!

用意したもの
・グリコのお菓子(ポッキー、ビスコ、アーモンドピーク、アソビグリコ)
・白い紙(A3)
・iPad(Airの前の機種)

演習後の感想は「う〜ん・・・」。

場所は調理室!(プログラミング教育の研修会って何となくパソコン室かなぁってイメージだったけど、今回は調理室で実施。新鮮な感じがしました〜
IMG_1369

ビスコで「とびこえる」
IMG_1374

このようなマップで進行状況が分かります。
IMG_1372

「右に動く・のぼる・上に動く」を5回ループ(くりかえす)
IMG_1384

アーモンドピークの白チョコは認識されませんでした
IMG_1381

グリコ以外のお菓子も試しました。
・不二家のホームパイ:〇
・明治のチョコレート:〇
・ローソンのお砂糖:△(認識はされるけど左右が不確実)
IMG_1389


演習の後で反省会(お茶会)
IMG_1391


【良かった〜】
・「お菓子を使うのでワクワク感がある」
・「クリアできると達成感がある」

【課題かな〜】
・「古いiPadは重かった。iPadAirだったら少しはましかな。画面は小さくなるけどスマホの方がいいかも」
・「キャラクターの動きが遅いのでイラっとする。早送りしたい〜」
・「1コマの授業で実践するには時間が足りないなぁ」
・「最初の3回ぐらいは面白いけど段々と飽きてくるかも」
・「お菓子のルールを覚えることが難しい子どももいるよなぁ。ルールを覚えることが授業の目的ではないと思うので・・・」
・「正しくプログラミングしても撮影すると認識されないことがある」
・「アソビグリコは認識されにくかった」
・「撮影の仕方(操作)に手間どる子どもがいるかも」
・「お菓子(ポッキー)が大き過ぎるので撮影する際にはかなり離れる必要がある。お菓子がもっと小さいと近くから撮影できる」
・「アワーオブコードと似てる気がするけど、授業で取り組むならアワーオブコードの方がいいかも」
・「コレを使って授業をするというのは無いかなぁ(ちょっとだけならアリかも)」


【まとめ】
研修会を始める前は正直、かなり期待していましたが、実際に演習してみると「やりにくさ」をたくさん感じました。

ひとことで言うと、「う〜ん・・・」かな。

チョコレートは甘くて美味しかったけど、参加者の意見は辛口だったしね。

でもこれらのことは、実際に演習してみたから分かったことなので、CCN和歌山では、今後も演習を中心とした研修会をやっていきたいと思っています。




BlogPaint

プログラミング教育はじまります7

グリコード

日時:平成29年3月19日(日)13:15〜15:00
場所:和大附属特別支援学校 会議室
内容:グリコードで遊ぼう!
   お菓子を食べよう!
持参:ポッキー、ビスコ、アーモンドピーク
(この3種類のお菓子に加えてアソビグリコがあれば、ちょっと楽しいことが起こるかも!?)
対象:教員、学生、研究者等

GLICODE(グリコード)の詳細はこちら!

主催:CCN和歌山(障害児とコンピュータ・ネットワーク利用研究会)
協力:和歌山大学豊田研究室

参加希望者はブログのメッセージ欄からご連絡ください。





BlogPaint

プログラミング教育はじまります6

「特別支援教育におけるICT機器利用技術の継承とその未来」
CCN和歌山が神戸へ!
このイベントでポスター発表をさせていただきます。
テーマは「プログラミング教育」

期日:平成29年3月18日(土)
会場:神戸市立盲学校
参加費:1,000円(資料代含む) 
詳細はこちら!

今ままでの研修会報告やBB-8 のデモ等を予定しています。
興味のある方は一緒に行きましょう!
bb-8



BlogPaint

終了報告「プログラミング教育はじまります5」

3月12日(日)9:00〜12:00
LEGOのWeDo2.0を使って理科の教材研究。
参加人数は7名でした!
楽しかったし勉強にもなった研修会でした。
(WeDoは「ウィードゥー」と読みます)

まずはブロックの仕分けから始めました。
shiwake

ブロックの仕分け完成!
shiwake2

科学探査機マイロの組立
mairo

マイロ完成!
mairo2

プログラミングなう
プログラミング


WeDo2.0のアプリに「教師用ガイド」(カリキュラムパック)があります。
全216ページ!ワークシートや評価用紙の例も掲載されています。一部を紹介↓
基礎プロジェクトの概要
カリキュラムの概要

基礎プロジェクト「カエルの成長」
カエル

基礎プロジェクト「頑丈な構造」
頑丈な構造


【感想】
・「あっという間の3時間でした」
・「頭を使ったので疲れたけど、楽しかったです」
・「久々にめっちゃ遊んだ!って感じ」
・「3人で意見交換しながら取り組むのが楽しかった」
・「自分だけでは分からなかった考え方とかが他の人から聞けた」
・「実際にWeDo2.0を試す機会があって大変よかった」
・「試行錯誤!」
・「WeDo2.0は色んな可能性のある教材」

【課題】
・「組立からやると結構、時間がかかる」
・「理科の授業でコレを使うのであれば、それまでにレゴを組み立てたり、プログラミングの基礎を経験したりしておく必要がある」
・「ブロック、分解しにくい。教師用にラジオペンチとピンセットがあると分解しやすいかも」
・「自分で組み立てると愛着がわいて壊しにくくなる〜(^^)」
・「教科や授業のねらいを明確にする必要があるよね」


今回は参加者の「主体的・対話的」な様子がた〜くさん見られた研修会でした。また、同じ内容で研修会(理科の教材研究)をやりたいなぁと思っています。今回、参加できなかった人は是非!
以上、「プログラミング教育はじまります5」の報告でした。

BlogPaint

レゴ WeDo 2.0

5

とっても急なんですが、「プログラミング教育はじまりますァ廚魍催します。

場所:平成29年3月12日(日)
時間:9:00頃〜12:00頃
場所:未定(和歌山市内)
内容:理科の教材研究(WeDo 2.0の組立、プログラミング、授業の進め方、評価など)

参加希望者はブログのメッセージ欄から連絡ください。

レゴ WeDo 2.0の詳細はこちら!

wedo00


BlogPaint

“ルビィのぼうけん"で育む論理的思考

Ruby

Amazonで予約受付中↓
『コンピューターを使わない小学校プログラミング教育 “ルビィのぼうけん"で育む論理的思考』

どうやら、この本には「教科学習の中でプログラミングの考え方にもとづいた論理的思考を育む授業案とその実践例」が書かれているようです。すごい〜。待ってました!


以下、授業の実践例です(転載)。
【第3学年】
国語「心にのこったことを」
算数「3けた×2けたの筆算のしかたを考えよう」
算数「筆算のまちがいを見つけ、正しく直そう」
算数「二等辺三角形をかこう」
理科「身の回りのものを見分けよう」
音楽「はくの流れにのってリズム遊びを楽しもう」

【第4学年】
算数「いろいろな図形の特徴」

【第5学年】
国語「伝えたいことをしぼろう」
社会「日本の気候の特色」
算数「まとまりをみつけて」
学級活動「真偽クイズで個性発見! 」

【第6学年】
外国語活動「Go straight ! 」


これは買うしかないでしょ〜。
まだ中身を見てないけど◎だと思います。
全国の小学校および特別支援学校の先生は早めに予約しましょう。
私は既にポチッとしました


BlogPaint

GLICODE(グリコード)


これ、面白そ〜!面白そ〜!面白そ〜!

おいしいプログラミング GLICODE(グリコード)
↑アプリのダウンロード↑


teachers
↑教師用マニュアル↑


CCN和歌山の研修会で取り組みたい〜

参加者はお菓子持参やね


GLICODE




BlogPaint

ルビィのぼうけん

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』

この本の帯に「プログラマー的思考法を育む知育絵本」と書かれています。文部科学省のいう「プログラミング的思考」と似ているけれど、ちょっと違うなぁと思いつつ、でもまあ、あまり難しいことは考えずにとりあえず読んでみることにしました。


ルビィのぼうけん特設サイト(プリントのダウンロードができます)

動画「子供に楽しくコンピューターを教えるには」
(A delightful way to teach kids about computers | Linda Liukas)


この本、おすすめです!後半の「自分でやってみよう!(アクティビティ)」は、小学校や特別支援学校の授業で取り組めるかもです。CCN和歌山の研修会でワークショップ形式か模擬授業形式でやってみたいと考えています。

BlogPaint
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索