イベント(主催・共催)報告

終了報告 「プログラミング教育はじまります4」

参加人数は26名でした。いやぁ〜、たくさんお集まりいただきました。
講師の豊田先生も、CCNのスタッフも参加人数の多さにビックリ

内容については「2月26日の資料」を参照してください。

toyodakun

スクラッチ

プログラミン

ビスケット

bb8

活気があってワイワイガヤガヤ、それでいてアカデミックな部分もありました
色んな人と情報交換できました
「プログラミング教育はじまります12」を目指します
やっぱり、BB-8は人気者でした
参加された皆様ありがとうございました

次回の研修会のキーワードは「アンプラグド(PC等を使わない)」の予定です。
興味のある方、一緒に考えましょう。

BlogPaint

プログラミング教育はじまります

平成29年1月9日、プログラミング教育の学習会をしました。13名が参加!


■ランチタイム懇親会
場所:タイ料理「チェンマイ」
人数:10名
感想:アロイ(美味しい)
パッタイ

■演習:プログラミン
・文部科学省が提供(推奨?)しているWebサイトです。
・参加者のほとんどが初の「プログラミン」でしたが、あえて講義形式ではなく、自分で試行錯誤しながら進めていくようにしました。どうしても分からない時は「教えて〜」と叫んだり、他の人の作品を見に行ったりしていましたね〜。そうすることで、各自、操作方法を習得していったように思います。
・約1時間の演習で、「犬」が歩いているように見えたり、「ロケット」が徐々に大きくなっていったりという作品が完成していました。シューティングゲーム風な作品もありました。
・「プログラミンのやくわり表」が手元にあると便利だという意見が多かったです。
犬
ロケット

■プレゼン
・参加者の中に韓国のゲーム会社で働いている人(女性、25歳、日本人)がいたので、「どんな会社なのか、どんな仕事をしているのか」についてプレゼンをしてもらいました。
・この会社が開発したゲームのターゲットは日本!
・その方は翻訳や通訳、その他、様々な業務をしているとのこでしたが、ゲーム市場の話とか、韓国人と日本人の違いとか、いや〜凄〜く凄〜く面白かったです。
・プレゼン後の質問タイムで、みんな手を挙げる挙げる。とてもとても勉強になりました。
・『きんいろモザイクメモリーズ』(アプリ配信中


■教材の紹介と体験
Easy Scratch on the Board
・小学校教員の自作教材
・休憩時間用に開発
・パソコン不要のサイコロゲーム
・レディネス
・「遊び>学び」なので飽きにくい
すごろく

■まとめ
・ランチタイム懇親会に10名も参加するとはビックリ。次回も企画しようかな
・前回は「スクラッチ」、今回は「プログラミン」を中心に演習をしました。やっぱり演習は大事ですね。「習うより慣れろ」です。次に「プログラミン」をする際には「ログインモード」で演習をして、作品をこのブログにアップしたいです。
・韓国のゲーム会社のお話、聞けて良かった〜。勉強になった〜。
・Easy Scratch on the Boardは、大変に興味深い教材でした。休憩時間にコレで遊んで(遊び倒して)、プログラミングの授業にのぞむ。休憩時間を含めた指導案を見たいなぁ。CCN和歌山では今後も、この教材に注目していきたいと思います
BlogPaint

「プログラミング教育」学習会

1227ccn
12月18日の「これからのプログラミング教育を考えるワークショップ」で刺激を受け、12月27日に和歌山で学習会をしました!急な開催でしたが、教員や学生など10名の参加がありました。

【内容】
Scratch(スクラッチ)体験
キャラクターを動かしたり、音を鳴らしたりしているうちに、段々とScratchに慣れてきたようでした。それぞれが自分の作品を完成させ、発表会もしました。みんな、凄いぞ〜
2016-12-27-14-47-32

●休憩:ガラガラ抽選会をしました。豪華?景品が当たりました
ガラガラ抽選

●豊田先生(和歌山大学大学院教授)より、プログラミング教育の現状やプログラミング的思考について、お話をしていただきました
2016-12-27-15-06-13

Hour of Code(アワーオブコード)体験
画面上の指示を順々にクリアしていくと、ゲーム的なものができあがっていきます。最後まで進むと賞状がもらえます(印刷もできます)
「パタパタゲーム」
2016-12-27-16-08-54
2016-12-27-16-06-44

「プログラミングって何?」「やったことがない〜」という人がほとんどだったので、超初級編の学習会でしたが、みんなでワイワイと楽しめました。また、やりたいなぁ〜と思っています














学校訪問終了(^^)

日時:平成26年5月18日(日)
    14:00〜16:00
参加:2名+現場の先生

内容は↓こんな感じです。
・肢体不自由生徒の学習環境。
・AppleTV。
・iPhone。
・AirPlay ミラーリング。
・Evernote&Dropbox。
・PDFに文字を書き込めるアプリ探し(募集中)。
・AssistiveTouch。

CCN和歌山らしいお手伝いが出来ました。楽しかった〜(^^)


主催:CCN和歌山
協力:和歌山大学豊田研究室、iPhoneの会


appletv




事例検討会をしました

日時:平成26年5月11日(日)
    13:00〜16:00
会場:和歌山大学の実践センター2階
参加:8名

よくある事例発表って、実践をして、それをまとめて、発表するって感じですよね。
でも、今回の事例検討会は違いました
「これからどうしよう〜」とか、
「一緒に考えて〜」とか、
「こんなことをやりたいのでメンバー募集〜」とか、そんな感じの会でした。

事例は3つ。
詳しくは書けませんが、どれもヘビー級でしたw(゚o゚)w オオー!
みんな頭を悩ませながらも様々な視点からアイデアを出し合いました。
ICT活用のアイデアもあれば、超アナログなアイデアも出ました

事例検討会、CCN和歌山では初めての試みでしたが、新鮮だったし、勉強にもなりました。
今後も続けていきたいと思います。
参加されたみなさん、お疲れ様でした。
今回の事例の「途中経過報告会」、やりましょうね〜

主催:CCN和歌山
協力:和歌山大学豊田研究室、iPhoneの会


写真 2

プレゼンセミナー『伝える・伝わる』開催報告

2014年2月11日(祝) プレゼンセミナー『伝える・伝わる』が開催されました
I0NW24N4
参加者17名









1.「”おもてなし”の謎&「iPhoneの会活動報告」&「ガラガラ抽選会」
01088ead30972a36ba5b631aee99cee3646d69c3785HGQLDY1
KXOB4XT3









みなさん、”お・も・て・な・し”の謎、わかりますかぁ〜
まさに「伝える」です








2.「ゼミ紹介プレゼン」
IMG_0327
「伝える」ためのいろんな手法を紹介してくださいました。
ジョブズ風ってのも…







3.「結婚式ムービー」
IMG_0335
ご結婚が決まったら、ご連絡ください。
ムービーお作りいたします
このムービーを見ながら、目に涙の参加者もいました。





4.「Evernote使ってます
0127cecef9599a676789f0417f53a9fdcef450729d_00001

Evernoteでデータの持ち運びは不要







5.「”CMをつくろう”取り組み事例」
01c37b782213eb7f4dd17bbc156c15e7d260b30fb9

ロイロノートです







6.「事後学習ムービー」
2CV7O9QG
BGMの選定も重要
まさに「伝える」テクニック満載







7.特別講演「プレゼン総まとめ
EQLAPU4HIMG_0359









プレゼン=「聞き手の思考を動かす




NPO法人かめのこ会さん、ちえのき雑貨店さんの展示直売会も同時開催されましたぁ〜

TKH4DKUR9U3UD9VV









とっても楽しいひとときでした。
しっかりと「伝える」・「伝わる」ことができたと思います。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
ご感想・ご意見等々、コメントどしどしお待ちしております〜








プレゼンセミナー『伝える・伝わる』

01c06933c013329ae3d8163b05610fd6daa77112a1始まりまーす

皆さん集合〜








中間発表1

写真 12-02-04 16 25 13
写真 12-02-04 16 24 59写真 12-02-04 16 24 52








藤原さん:つくばの研修でiPadを全員に買わせて授業をで使う学校を紹介されたので、研修のまとめをキキーノートでまとようと。研修では学校の情報化を勉強してきました。では、特別支援学校における情報化はどうしたらよいかを、来年大学で勉強し直します。

たつみさん:セミナーの写真を撮ってiMoveでビデオを製作します。

久保田さん:電子辞書は楽しそうです。Macは使っていないので。ICTを利用した教育の実際を知りたい。

藤原さん:みんなが使える、使いやすい活用が、大切。機器の常設。環境を整える。

久保田さん:教育のコンテンツも作っています。某教科書会社のデジタル教科書作成。Flashで動くのでパソコンで使用します。大画面のモニターやプロジェクターで使って頂ければ。

北岡さん(特別支援学校):明日マラソン大会に出場するので、顔出しだけですが。Androidのアプリを作ってみたい。缶詰にされたいです。授業ではPowerPointのプレゼンを使用したい。子どもと遊びながら学べるアプリを。

下町さん:「ムダ」について考える。本当のムダ話をするために仕事のムダを無くす方法を。

藤原さん:支援者とのコミュニケーションでiPadを使いたい。文字との親和性が高い。PowerPoint挫折しました。使えるアプリを10個探すを目的にしました。

平久保さん:魔法のふでばこで紹介されたアプリをいっぱい

中西さん:塾の講師もやってるので、iPadを塾で使えないかと、塾長に言われていて、偏差値の高い子がなにか使えないか?と。

北岡さん:パソコンは数列なんかに繋がっていくと思います。プログラムを学べば数学の学力が上がっていく、と思います。

やりたいことをやる1

現在、皆さんやりたいことやってます。15:30現在

前に出て発表するのも「やりたいこと」。それを聴くのも「やりたいこと」。また、聴かずに自分のことやるのも「やりたいことをやる」です。

それぞれのやりたいこと:

下町さん(特別支援学校):キーノートやります。

たつみさん(和歌山大学学生):テスト中なのでレポートを書いています。

久保田(Web制作会社):Facebookをいじっています。
http://bee-design.co.jp/

藤岡さん(言語聴覚士):PowerPointで悩んでます。

平久保さん(言語聴覚士):魔法のふでばこの資料見ています。

中西さん(天台宗僧侶):周りからiPadで説教を勧められています。
http://www.kimura-product.co.jp/kannon7/wakayama33/wakayama3312.htm

藤原(特別支援学校):iTuneカード買いに行きます。

おぐり(CCN):iBooks Author で画像動画を入れて「料理本」作っています。

床井代表:色々前でプレゼンしてます。

今、小川さん(兵庫教育大)+川田さん(ゼミ生)来ました。

「iPhoneiPadを楽しもう会」その2

Evernoteのお話。

 Webクリッパーは便利だぞ。

Dropboxのお話

 簡単だな。

休憩。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード