昔のブログを観たら恥ずかしい。

調子に乗っているな。

それも歴史なのでそのままにしておこう。

 

しかしあれだ、

今と同じことを書いているな。

成長していると思ったのに

さして思考は変わっていない。

 

で、

今回は、「対極にあるものを知る」

同じような内容が過去にも書いて

いるけど改めて書こう。

 

対極とは、書いて字のごとく

反対側にある物や事、

端から端を考えてみる。

 

例えば金持ちと貧乏人、

幸せな人と不幸だと思う人、

健康な人と病気の人。

そこから感じ取れることが

沢山ある。

 

もっと根本的な事を言えば生と死。

 

今「生きている」を実感できているか?

明日も一年後も生きていることが

当たり前だと思っていないか?
突如原因不明なウイルスで死ぬこともある。

 

人は全員死ぬからこそ与えられた

人生を精一杯生き抜くことが大切で

生きた証を残さなければ。

 

どんな時でも幸せだと感じ取れる

感性や思考を磨くことに生きる意味があり、

生きるのなら幸せになる義務がある。

 

折角生きているのに負の思考のせいで

中途半端で死んだように生きる人生に

なんの意味があるのか?

 

文句や不平不満を言っている人は

すぐにやめよう。習慣化されるので。

生きているだけで無限の幸せがある。

 

命は有限なので必ず終わる。

だから幸せだと感じ取れる思考を磨こう。

磨くためには全てに感謝をしよう。

明るく、笑顔で、元気よく。

 



押忍。