CCPインフォメーション

キン肉マン、ウルトラマン、怪獣など究極のハイエンドフィギュアを追究する、愛と気合いのフィギュアメーカー、CCPの公式ブログです。私サイクロンがCCPの新製品情報や、最新情報をお贈りするとともに、ダイナマイト延藤とそれを取り巻く仲間たちが織り成すCCP劇場をお届けします。

CCP ONLINEはこちら→https://shop.ccp.jp/

タグ:黄金時代

obo頑張りました!
YAHOO!NEWSにも掲載されたベルセルクiPhoneケース!
終了迫ってきました!

詳細:http://www.ccp.jp/goods/phonecase.html

是非よろしくお願いします!

ベヘリット


ZODD

THE BAND OF THE HAWK

鷹の団

高解像度

早いですね!
ソッコーで買いにいかねば(`・д・´)シャキーン

名称未設定 2
※画像とCCP商品は無関係です。DVDには付属しませんのでご注意ください。


ベルセルク iphoneケース詳細はここから
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/archives/6037883.html



CCP スマートフォンケース ベルセルク

ゾッド、ベヘリット、鷹の団、全四種、楽天@CCP でご予約開始。

各2,625円、限定2000個。

※限定数になり次第終了、また、数量終了の場合、店頭での販売はありません。
あらかじめご了承ください。

高解像度

【CCP楽天支社へ】
http://www.rakuten.co.jp/ccp-t/

『ベルセルク 黄金時代篇 Ⅱ ドルドレイ攻略』の6月23日公開を控え、5月23日、 覇王の卵』Blu-ray&DVDのリリースが決定。

Blu-ray 初回生産分のみ
「三浦建太郎描き下ろしジャケット仕様」
【初回生産限定封入特典】

買いだな。

迷わず買いだな。

荒木先生のバオー来訪者。

特に作品は関係無いのですが、
来訪者数が30000超。

何がって?
oboのブログですょwwww

ベルセルク効果ですね。

ベルセルク 黄金時代編Ⅱ
ドルドレイ攻略

「お前の夢の中で
お前を見上げるのはもうごめんなんだ」
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/6016466.html

かっこよすぎる…

ただいま超大好評のベルセルクiPhone ケース!
ゾッド、ベヘリット、鷹の団、全四種!
詳しくは…
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/5993656.html

ベルセルク公式サイトにも詳細あり
http://www.auvideo-tw.net/cp/berserk/

ベルセルク関連記事
【念願?!Yahoo!ニュースに出た!】
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/6024964.html
【ベルセルク公式ポスター】
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/6004199.html
【カリオストロの城とベルセルク】
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/5972510.html
【あなたも鷹の団に入団?!】
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/5944415.html
【蝕を体感?!】
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/5941700.html
【まだの人はすぐチェック!】
黄金時代編Ⅰ覇王の卵!
http://blog.livedoor.jp/ccp_ism/lite/archives/5887319.html



生まれてしまったから、ただ仕方なく生きる。
そんな生き方、俺には耐えられない・・・。

カッコよすぎるでしょうT T

oboの場合、
生まれてしまったから、
他人様にだけは迷惑をかけないようにひっそりと生きていきたいwww

ベルセルク 黄金時代編Ⅱ
ドルドレイ攻略 6.23公開!



「訣別もまた、宿命」

この雰囲気、このイメージ、
かっこ良すぎます。

ベルセルク黄金時代編
ドルドレイ攻略ポスター

公式サイト
http://www.berserkfilm.com/news/?p=643

【映画ベルセルク試写会 2012.2.4 公開】


青く澄んだ空に羽ばたく数羽の鳥。

一見日常のワンシーンに思われる光景に
一筋の煙を背負わせた弾道が青空をかすめる。

弾道上にいた鳥が突如落下し、静寂が破られる。

そう、あの青空は平和な光景などではなく、
戦中に主人公ガッツが見上げた光景であった。

そして静から動へ。

オープニングの急転直下ともいえる展開に一気に画面に引きつけられ、
転がり落ちた鳥の死骸とともに僕ら観客は戦闘の中に否応なしに引きずり込まれるのだ。
あまりの迫力に息を呑み、その恐怖とまるでその場にいるような臨場感にただただ圧倒される。


「もうこの映画はもう大丈夫だ。」


そう確信した僕らはさらに深く深くベルセルクの世界に落ちていく。



ベルセルクの世界観をこれでもかと追求し、登場人物の感情の微妙な動きや葛藤、
やがて訪れる過酷な運命に向かっていく様を何一つ違和感なく描いている。

製作者の熱意や一貫した原作への愛がひしひしと伝わり、
心地よい高揚感を最後まで抱いたまま見終えることができた。

この興奮が今年あと2回訪れ、さらにその後10年続くという壮大な構想に、
この時代に生れてよかったという感慨を抱かずにはいられない。


とにかくこのモチベーションを維持したまま、
ぜひともこの偉大なプロジェクトを成功へと導いて頂きたいと関係者の方に感謝とエールを送り、
次回公開を心して待ちたいと思います。

何卒宜しくお願い致します。

(文章:原型担当稲坂)

広報官クララ・ド・ポラス
http://twitter.com/clara_de_porras

公式サイト
http://www.berserkfilm.com/index.php

↑このページのトップヘ