2005年05月04日

香港ミニ知識

■どんな場所なの?

香港は中国の南部の珠江口東側に位置し、香港島、九龍半島、新界、235以上の島々から成り立っており、領土の総面積はおよそ1101平方キロメートルです。険しい山が多い地形で、政府が計画的に住宅開発しているので、人が住んでいる面積は184平方キロメートルで、領土の約18.5%にしかすぎません。領土の36.5 %に相当する400平方キロメートルは、カントリーパーク、または環境保存地区として保護されています、香港島と九龍半島との間はビクトリアワンで隔てられています。(ビクトリア湾は世界3大良港の一つとされています。)

海から香港一望







■人口は?話されている言葉は?

総人口は約680万人で、うち95%が中国系です。現地で使用されている言語は、おとなりの中国広東省と同じ広東語ですが、北京語もかなり多くの人が話します。公用語は中国語(広東語と北京語)と英語です。

香港市街■通貨は?

通貨は香港ドル(HK$)。香港上海銀行、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行が発行しています。

■安全なの?

香港の治安は日夜ともに非常によいです。

■買い物は不便じゃないの?

店は年中無休で、24時間コンビニもたくさんありますし、繁華街では22:00過ぎまで開いているものもあるぐらいです。香港はとても便利な街です。

■気候は日本と違いますか?

香港は亜熱帯気候に属します。年降雨量は約2200mmです。

春(3〜5月):平均気温は18度から27度。平均湿度は約82%。
夏(6〜9月中旬):平均気温26度から33度とかなり高く、湿度も86%と高い。
秋(9下旬〜12月):からっと晴れた日が多いこの季節。平均気温は18度から28度、湿度は72%。
冬(12〜2月):湿度は72%と比較的低い。気温は14度から20度ぐらいだが、時には10度以下になることもある。

CCT JAPANホームページへ  香港探訪トップページへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cctjapan/20873855