2005年05月05日

ビクトリア・ピーク

ビクトリアパーク海抜552メートルのこの山は香港島で最も高度が高く、最も高級な住宅街です。ビクトリア・ピークには観光客、地元の人々をあわせて、毎年600万を越える人々が訪れ、眺めを楽しむだけでなく、ここを起点とする遊歩道の散歩を楽しみます。

■ピーク・ロード

この道は後で訪れるアバディーンを含む香港島南側に通じています。1870年代にまだエアコンがなかった頃、当時の総督だったリチャード・マクドネル卿が一年のうち、最も暑く、湿度の高い数カ月を比較的涼しく、乾燥したビクトリア・ピークで過ごすようになりました。1888年5月にピーク・トラムが開通してからは、多くの外国人ビジネスマンや公務員がビクトリア・ピークに住みはじめ、香港の高級住宅地区となりました。ビクトリア・ピークにかつてあったコロニアル様式の住宅はほとんど残っていませんが、現在も大企業の役員や政府の高官が住んでいます。(1888年に成立し、第二時世界大戦になって廃止されたヨーロッパ人保護法によって、ビクトリア・ピークにはその期間中、中国人の居住が禁止されていました)

ピークギャレリア■ピーク・ギャレリア

1997年5月にオープンした新しいピークタワーは、英国人建築家のテリー・ファレルの設計です。1972年に完成し、1993年に取り壊された古いピークタワーの跡地に建てられました。新しいピークタワーは7階建てで、香港らしいユニークなエンターテイメントや店、レストランがあります。エンターテイメント施設のひとつは36席の乗り物のピーク・エクスプローラーです。これはアメリカの映画スタジオや遊園地にある乗り物の映画「ジョーズ」や「アースクウェーク」などを設計したリチャード・クレーンの設計です。また、「リプレイの不思議博物館」では世界中から集まった風変わりな展示品がご覧になれます。


マダムタッソーピーク・タワーには2000年8月、「マダム・タッソーの臘人形館」も加わりました。約1億2000万香港ドルをかけたこの臘人形館には、本物そっくりの臘人形が100以上もあります。「著名人パーティー」、「VIPルーム」、「スポーツワールド」、「映画天地」、「音楽の伝説」、「舞台裏」、「恐怖の部屋」などのテーマに分かれています。人気が高いのはダイアナ妃、デビッド・ベッカム、マイケル・ジャクソン、アーノルド・シュワルツェネガーなど。香港の映画スターのジャッキー・チェン、ブルース・リー、ミッシェル・イェオの臘人形もあります。

ピーク・ギャレリアは1993年にオープンした3階建てのショッピング、ダイニングビルです。香港製品と外国製品の双方の店があり、レストランやカフェの種類も豊富です。地下は約500台が収容できる大きな民間の駐車場です。





ピークトラム■ピーク・トラム

ピーク・トラムは香港最古の機械化した公共交通機関で1888年に開通しました。1924年にオールド・ピーク・ロードがオープンするまで、ピーク・トラムはビクトリア・ピークへの最も重要な交通機関でした。 はじめは蒸汽機関で走っていましたが、1926年に電化され、1989年にマイクロプロセッサー制御の最新のシステムが導入されました。スイス製のこのシステムは最高の安全性と効率を誇ります。

ふもと駅から海抜396メートルの頂上駅までの所要時間は約8分。最も傾斜が険しい部分は45度です。車両は2つあり、ひとつが登っている間にもうひとつが下ります。乗客収容数はそれぞれ120人で、1時間に2台で2800人の乗客を運ぶことができます。 途中に5つの駅があり、それぞれに海抜を示した看板が立っています。ビクトリア・ハーバーと九龍、海沿いのセントラル、ワンチャイ、コーズウェイベイ、さらに緑の斜面に立った高層住宅など、窓の景色は息を呑む程印象的です。

昼のパノラマとビルにイルミネーションが灯った夜景は、それぞれに異なる魅力を持っいるので、是非、両方お試しください。

CCT JAPANホームページへ  香港探訪トップページへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cctjapan/20973100
この記事へのトラックバック
クレーンクレーンとは、巨大なものや重いものを吊り上げて運ぶもの。起重機。形状がツル目|鶴(Crane)に似るところから名づけられた。移動式クレーンは厳密にはクレーンに含まれない。クレーンの運転免許|免許では移動式クレーンを運転できない、狭義のクレーンに移動
クレーン【『クレーン』 建築辞典】at 2005年05月09日 17:05