2005年05月22日

香港三大紙幣発行の銀行大廈

香港上海銀行■香港上海銀行

1985年11月に完成したこの52階建ての香港銀行本部ビルは、高さ地上178.8メートル、地下18.8メートルです。エアコン制御システムは、地下75メートルの所にあり、ビクトリア・ハーバーからパイプで送り込む海水で空気を冷却しています。建物の屋上の「サン・スクープ」が、吹き抜けを通って地上の公共広場まで太陽の光を送っています。

このビルは英国人建築家、ノーマン・フォスターの設計で、多数の設計賞を受賞しました。比較的短い期間に100万平方フィート以上の床面積の建物を建てる必要があったため、かなりの部分が日本、イギリス、アメリカの工場で前もってプレハブで完成されました。また、地上と地下の双方の建築を同時にすすめるため、サスペンション構造が採用され、橋建造の技術を取り入れたサポート構造で作られました。銀行が要求した設計の重要ポイントのひとつは、高度な柔軟性でした。マストつきのこの建物の構造は、サービスの中心を10階までの吹き抜けの周辺押し寄せるという、大胆なデザインです。

地面1/Fの獅子像は、有名な風水師に相談してビルの外側に置きました。香港銀行のカナリー・ウォーフのロンドン本部の獅子像は、ここにある像をコピーしたものです。この獅子像は香港銀行発行の紙幣のデザインにも組み込まれています。

スタンダードチャータード銀行■スタンダード・チャータード銀行

45階建て、高さ191メートル、ピンクの花崗岩の外装のスタンダード・チャータード銀行本店ビルは、1990年5月にオープンしました。P&Tアーキテクツ・アンド・エンジニアズのレモ・リバ氏の設計、ギャモンと西松建設の合弁事業が建設しました。21 階、27階、33階、39階、43階の各階で、高くなる程狭くなったデザインで、各階の床面積は最大の710平米から最小の350平米となっています。













中国銀行タワー■中国銀行タワー

70階建てのプリズムのような中国銀行タワーは1990年5月の完成で、高さは368メートルです。設計は有名な中国系アメリカ人建築家、I.M.ペイで、中国銀行の強靭さを節ごとに力強く伸びていくエレガントで力強い竹に例えて表現したそうです。青色系の三角形のガラスウォールは、写真のオブジェにも最適です。

6700平米の敷地は、1階から19階と最上階を使っており、残りはオフィス用としてテナントに賃貸しています。

1982年の建設計画発表当初は、縁起が良い数字の8が並ぶ1988年8月8日のオープンをターゲットにしていましたが、工事の遅延によって、その日には落成式だけが行われ、実際には1990年5月17日にオープンしました。

銀行タワーの43階の展望ギャラリーからは、北に広がるビクトリア・ハーバーと南の緑のミッドレベルス地区が見渡せます。展望ギャラリーは、日祝日以外の月曜日から金曜日の朝9時から午後5時、土曜日は朝9時から昼の1時まで無料で入れます。

CCT JAPANホームページへ  香港探訪トップページへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cctjapan/22740748