2005年06月07日

スターフェリーと皇后像広場

皇后像広場世界に名だたるスターフェリー(天星小輪)が運行を開始したのは古く1898年のことで、以来一世紀以上にわたり、安い値段で快適に人々を対岸に運び続けています。フェリーは全12隻で、年間合わせて3千5百万もの乗客に利用されています。

中環のフェリー乗り場すぐ前の皇后像広場は、周辺のオフィス街で働く人たちにとっても憩いの場所となっており、お昼時には腰をおろしてランチを食べるサラリーマンやOLもよく見かけることが出来ます。

広場の名前は、香港上海銀行開業初期その責任者だったサー・トーマス・ジャクソンの像が広場中央に建てられていることから命名されています。

また週末や祝日になると香港中から数え切れないほどのフィリピン人メイドさんがここに集まり、庭園や噴水の周りでお喋りを思い思いに楽しんでいます。この時間帯には歩行者天国となります。

CCT JAPANホームページへ  香港探訪トップページへ

皇后像広場_オフィス街














スターフェリー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/cctjapan/24479724
この記事へのコメント
> 広場の名前は、香港上海銀行開業初期その責任者だったサー・トーマス・ジャクソンの像が広場中央に建てられていることから命名されています。

この文章、おかしくはないですか?
どうして、サー・トーマス・ジャクソンが皇后なんでしょう?
Posted by Marc at 2008年09月05日 16:35