にーはお、家田です。

中国人は拝金主義であるとよく言われます。

ロイターと調査会社Ipsosが2月に発表した意識調査によると、調査対象となった世界23か国、計2万4000人のうち、「お金は成功の証」と考える割合は中国が69%で最も多かった。一方、かつて義憤に満ちた中国人から金満国家と蔑まれた米国はわずか33%だった。これを受けて人民日報系のニュースサイト「環球網」が実施したオンライン調査でも、60%が「自分は拝金主義だ」と認め、95%が「中国人の拝金ぶりは深刻」と答えた。

引用元:69%が「お金は成功の証」、中国人はなぜここまで拝金主義なのか?―中国メディア

ここでその原因を探ってもいいのですが、そういうマイナスの面に目を向けるよりも、僕は中国のプラスの動きに目を向けたいです。 

拝金主義=社会問題は気にしない。貧困や格差などは気にかけず、弱者は捨てていく。中国人にはそんなイメージがあると思います。もちろん上の調査の通り、中国人にそういう人が多いのは確かでしょう。

しかし中国人全員が拝金主義であるのかというと全くそうではありません。

実は、中国の社会起業家専門雑誌があるくらい、社会問題を解決する人たちは出てきています。

社会企業家SE-1















(SE 社会創業家のwebマガジン)

社会企業家ES 雑誌















(SE 社会創業家の紙の雑誌)

こちらの雑誌は、前身の《NPO纵横》から含めると、合計10年間発行されています。社会問題の解決を志す人に、知識や手段を提供するのが主な目的です。

参考:《NPO纵横》杂志更名《社会创业家》复出

中国人って拝金主義の人たちだけだと思っていた人にとってはこのような雑誌があることが驚きかもしれません。

しかし中国の問題に気づき、行動をしている中国人がいます。

引き続き彼らの動向を追っていきます。