2018年12月10日

共同研究としてお手伝いしてる実験、八月頃にはチョイチョイと実験してオーサーにしてもらえるなんて有難い話だなと思っていましたが、今時そんなわけはありませんわな…。

結合部位や機能ドメインのマッピングをしているうちに、なんやかやでもう半年近くになりますが、途中でどうも?というところが出てきまして。幸いすぐにヒントを関連論文から得ることができて、結合実験の条件を変えることで、ようやく上の?がとれて、ちゃんと見れてる感が出てきそうな&新しいことが見えてきそうな気配になってきました。まあそうは言っても、今のところはあくまで〜そうな、というところなので、今週はその辺を確認するための実験をいくつかやる予定。

ここはゆるまず系を確立して、早めに結論をだしてしまいたいところです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月02日

最終日は学会後にK研の飲み会で中華街へ。皆さん、変わらずお元気のようで何よりでした。Gさんには、昇任のお祝いをいただいてしまいました。ちょっと仕掛けのある日傘?で、少年たちも不思議がって喜んでました。どうもありがとうございました!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月30日

一日目に遅刻してまで入手した咳止め薬を家に忘れてなんだかなというスタートでしたが、ワークショップ中は激しく咳き込むこともなく、無事に発表が終わって何よりでした。その後は、オーガナイザー、他の演者と中華で打ち上げで終了。美味しかったです。

昼はHさんと一緒で、先の論文で疑問に思ってたことについて色々教えてもらいました。やっぱり、本当の発見というのはいろんなところで辻褄があうようになってるんだなと。逆になんかしら引っかかることがあるときは、何か見落としていたり、方向が間違ってたりすることが多いのかも。そういう意味では、研究やってると引っかかることばかりなので、一発で正しい方向に向かえることなんて、そうはないんでしょうね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月28日

今日は病院によってから参加。Hさんの発表、途中からになってしまったのが残念でした。

ランチなしのランチョンセミナーに出て、午後からは本日メインのポスターディスカッサーのお仕事。相当なじみのないところが担当で、うまくできるんかと思っていましたが、まあなんやかやでまじめにきけば分野外でも面白く聞けるものです。特に印象に残ったのは、組換え体の封じ込めを目的としてラボ外では生育できないような微生物を作るという演題。自然環境にはない亜リン酸しか使えないような大腸菌やシアノバクテリアと作るという話でしたが、コンセプトもアプローチも結果も分かりやすくて、とてもおもしろかった。たまには違う分野の話を聞くのもいいですね。

仕事の後はラボに戻って期待の実験結果を見ましたが、どうも思ったように動いていない感じ。しかも理由がよくわからない。何か見落としてることでもあるんだろうか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月27日

最近、よく日本の研究環境がよくないという話を聞きます。研究費がない、ポストがない、論文も出ない、などなど。

そして、この対比とされるのが中国で、まあ上に書いた真逆ですかね。研究費は潤沢で、海外からも積極的に採用、論文数も激増。もう日本は中国には勝てないんだろうなと思いますね。

ただ、これが自然にこうなるなんてことはないわけで、国内においても競争は相当激しいようです。先日、フランスで同じ研究所だった友人が日本に遊びに来て話を聞かせてくれた話によると、契約の際にノルマのような形で難関ジャーナルへの論文掲載を何本行いますと約束させられる、週末や深夜も出勤が義務化、とにかくexhaustingだと。ヨーロッパから戻った人たちもそうなのかと聞いたところ、ノルマがきついから週末は家族となんて、言ってられないのよ、だとか。IFはかなり重視されるみたいですね。

あくまで一例に過ぎないですが、楽園的なイメージはすっかりなくなってしまいました。当たり前だと言われたらそうなんですが、この世界どこに行っても厳しいですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加