2017年08月12日

ここのところ、友人から相次いで「独立します!」という知らせがありました。Twitterでも最近三件ぐらい見かけたような。自分も今のポジションに時間制限がある立場なもので、うらやましいなと思う今日このごろ。

一方で今の自分の立場は、研究についてはやりたいことをやりたいだけできるという、フランスにいた頃にある意味理想としていた形でもあるので、不満があるというわけでもないのが難しいところです。しかも数年間の別居が解消されたばかりというのもまたね・・・(独立ポジションを探すのであれば、当然場所にこだわっている場合ではない)。

以前にK先生の著書で読んだことに、「勤め先を変えるときは自分にとって研究環境がよくなる場合に限る。教授になったからといって研究環境が悪くなるのでは本末転倒というものである(うろ覚え)」というものがありまして、確かに理想だとは思うんですが現実的にはこれを実行するのは自分レベルだと中々厳しいものがありますね。今就活して仮にどこかに決まったとして、恐らくまた別居になり、研究環境(特に研究予算面)は悪化し・・・、というのが普通に考えたら予想される展開です。かといって、このまま目一杯引っ張って、結局行き先なく死亡というのは避けなければいけないし。

とりあえず今のところは次のきっかけができたら、また就活頑張ろうという予定。次がいつになるかはまだ分からないけど・・・。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字