2007年09月29日

2007年9月26日(セントラル短資):Firefoxで成り行き注文できる?

これまでずっとブラウザはSafariを使っていました。特に不満も感じてなかったんですが、どこかのブログのコメント欄で(メモするのを忘れました・・・)、Firefoxを使ってセントラル短資で成り行き注文ができるということが書かれていたのを見まして、早速試してみる事にしました。

とはいっても普通にやったのではダメです。以下、手順を書いておきます。

1. User Agent swithcerをダウンロード、インストールする。このとき、「XXを許可しますか?」と聞かれるかもしれませんが、普通に許可で大丈夫(なはずです)。

2. Firefoxを起動。そうすると、「ツール」のところに「USER AGENT SWITCHER」という項目ができています。ここで、IE7 (Windows vista)(いや、実はどれでもいいらしんですが)を選択。

3. セントラル短資にログイン。取引レートが出ている表の左にある「ドル円」とか「ポンドドル」という通貨ペア名がクリックできるようになっていると思います。すかさずクリックします。

4. ここでレートや注文ボタンが表示されないので一瞬焦るかもしれませんが、Quoteというところをクリックすると現在のレートが表示されます。あとは買いか売りを選ぶだけです(追記*後日、実際の注文を試みたところ、できませんでした・・・(続きを読むを参照)。

後日実際の画面を添付したいと思います。
(今日はセントラル短資がサーバーメンテナンス中のようなので。)
追記です(10月11日)。

ランド円が目標額に達していたので早速成り行き注文をしてみようと試してみました。ところが・・・

セントラル成り行き

なんどやっても、「注文の制限時間をオーバーしました」というメッセージが出てしまって、注文にはいたりませんでした。うーん、まだ何かが足りないのか・・・


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 最新Vistaパソコン-究極的な情報  [ 最新Vistaパソコン-究極的な情報 ]   2007年10月05日 22:06
Windows Vistaを快適に動作させる裏技について継続中ですが、GeForceなどのビデオカードやASUS・ギガバイト
2. 無線LANの調査通信  [ 無線LANの調査通信 ]   2007年10月24日 20:47
無線LAN、LAN内を有線のケーブル上に流している信号を電波に乗せて通信を行うもののことですね。多くの人たちは、

この記事へのコメント

1. Posted by むっく   2007年09月29日 20:08
凄いですね!
僕も、IEでのみしかログインできない業者対策でUser Agent swithcerを使っていましたが、気づきませんでしたし、思ってもみませんでした。
試してみよーっと(^ヘ^)v

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Mac対応の取引会社
1. ヒロセ通商

貴重な1000通貨単位で取引できる会社。Macでの動作については明記されていないが、FX2miniに、LionFXともに、最低限の操作は可能ですが、口座管理を含めて制限あり。海外在住者に対応。

 

2. FX Online Japan

こちらも為替王ご推薦の取引会社の一つで、信託保全で安心です。手数料無料で有名ですが、意外なことにMac上 (OX 10.4.8以降)で専用ソフトが完全に動きます。海外在住者に対応。スプレッドも小さくなり、今や一番のおすすめといえそうです。



3.セントラル短資オンライントレード

今やWindows環境が必須。海外在住者に対応。長期用口座として使用しています。

自分専用