大人可愛いエルメスコピー口コミ

女の好きなエルメスコピー口コミ

昔に購入されたものから、最近購入されたものまで
バーキン ケリーの高価買取ならお任せください。

古くに制作されたバーキン・ケリーも高価買取致します。
3~40年前に作られたものや、刻印が消えてしまてしまいいつ作られたのか分からなくなったものでもギャラリーレアなら高価買取致します。
家の奥にしまって忘れていたものがありましたら、是非お気軽にご相談下さい。
ご満足頂ける査定をさせて頂きます。

バーキン ケリー買取について

エルメスのバーキン、ケリーの高価買取に力を入れております。当店は売り上げ好調により常に品薄状態が続いておりますので、早期の在庫確保が必須となっており、高価買取させて頂く理由にもなっております。東京・大阪・日本全国のお客様、他社で納得いかなかったお客様もこの機会に是非ギャラリーレアをご利用ください。

伝統と呼ぶのにふさわしい歴史をもちながら、現代のファッションにも通ずるケリー&バーキン。

3人目は、東京在住・令嬢プレジデントの藤川裕子さんの視点で、ケリー&バーキンの魅力と、藤川さん流のケリー&バーキンを、今季のスタイルに取り入れる秘訣を教えていただきました!

最旬カラー、白のスカートにはピスタチオカラーのバーキンでフレッシュな印象に!服はミュウミュウ.

藤川裕子さんの考える、ケリー&バーキンの魅力 エルメスは本物であることを貫くレザーの老舗。ここのケリーやバーキンを持つということは、ひとつのステータス。

ビジネスの相手に信頼感を与えます ボストンの高校に留学する際に、両親から贈られたファーストバーキンには「地味なバッグ」という印象しかなかったという藤川さん。

その概念が覆されたのはニューヨークの大学に進学後。

「コンサバティブに持つケリーや、デニム×トレンチのバーキンスタイルというように、バッグ本来の物語を体現したお洒落をする人ばかり。パリでもバーキンにフランスパンを突っ込んでいたり…。

自分のファッションとは合わないと思っていたのが、憧れのスタイルへと変化しました」。

上質だからこそ、あえてラフに持つ――欧米で培った藤川さん流のエルメススタイルです。

「くったりと型崩れしても、上品さは崩れないのが、エルメスの絶妙なライン。

ケリーもバーキンも、欧米では限られた人だけが持てる特別な存在ですから、服が適当でもバッグがエルメスだと周囲の対応もおのずと違います。

日常的に使えてクラスやステータスを表現できる唯一のバッグだと思っています」

おもだったブランド品の中で、とにかく一番お高いイメージなのがエルメス。そしてエルメスといえばなんといってもバッグとスカーフ。特にケリーバッグは、ブランド品のホームラン王といってもよろしいでしょう。

 エルメスはもともと高級馬具屋でした。ティエリ・エルメスが1837年に店をおこしました。かなりの老舗といえましょう。当時は馬車全盛の時でしたから、そういう事業が成立したのですが、自動車の発達によって馬車は衰退。それにともなって、エルメスはバッグ製造を本格的に始めたのです。もともと馬具は皮革加工ですから、その技術力がそのまま生きたのです。

 エルメスのバッグといえば、なんといってもケリーバッグ。映画女優からモナコ王妃になったグレース・ケリーが愛用したことであまりにも有名です。妊娠していたときに、大きくなったお腹をとっさにケリーバッグで隠したのがきっかけで、それ以来、そう呼ばれるようになったのです。それにしても、かなりなお値段ですね。安いものでも60万円以上、クロコダイル皮ともなりますと200万円を越えたりします。ところが、こんな高価なものを何個、何十個とコレクションされているシロガネーゼの奥様がいらっしゃるというのですから、驚きです。

 他にも、バーキン、オータクロアというシリーズがあります。バーキンはフランスの女優さんの名前でして、彼女がたくさん荷物が入るように、と大きめのバッグを所望したのがきっかけだそうです。それにしても、ケリーを含めたこの3つは非常に良く似ております。特にオータクロアとバーキンは見分けがつかないほど極似しています。この3つの区別がつくようになったら、とりあえずエルメス初心者から初級者にレベルアップしたと思ってもよろしいのではないでしょうか。

 ケリーとバーキンの違いは、持ち手の数。ケリーは1本。バーキンは2本。ただ、上部の皮の模様がケリーはストレート。バーキンは3つに分かれているので、そのあたりで比較的に容易に見分けはつきます。しかし、バーキンとオータクロアは本当に区別がつきません。クローシュと呼ばれる鍵ケース(これはケリーにもついている)が付いている方がオータクロアで、付いてないのがバーキン。あとは大きさ、形状の微妙な差ですね。

 幅が20センチくらいのミニ・ケリーも人気ですが、それもかなり高価。ビニールケリー(イベント用に作られたビニール製のケリーバッグ)なら、なんとか手が届くかもしれませんが、これはもともと販売用ではないものです。それにしても、こんなに高価にもかかわらず、エルメスのバッグは、結構、品薄なのだそうです。ですから質屋さんでの買い取り状況も良好だとか。他にも、カジュアルな丸っこいポリード、トランクタイプのユリース、頭陀袋みたいなヴェスパ(スクーターをイメージしています)など、多種のバッグが用意されています。

 バッグは無理でも、スカーフ(カレ)ならなんとかなりそうですね。1枚が4万円ぐらいですから。鮮やかな色使いとデザインは、シルクスクリーンを用いて数十色もの超多色刷りをしています。それが、あまりにも鮮やかな色を生み出しているのです。なお、エルメスのことを詳しく知りたければ、竹宮恵子先生による「エルメスの道」(中公文庫)がおすすめです。

エルメスのバッグで、ケリーとバーキンというのがありますが、実物を見たことがないせいか違いがわかりません。
画像でみると同じように見えます。
具体的にどこがどうちがうのでしょうか?

======================================================================

ケリーは留め金をひねって外して上にパカッと開いて使いますが、バーキンはベルトをを緩めてもち手を左右に引くと上のくっついて見える所がパカッと横に開いて上からボンボン物が入れられる様になっています。横から見ると解り易いのですがケリーは四角、バーキンは三角になっています。大まかに言えばそんな違いです。

でも仕様と言うかエルメスイメージはケリーはモナコの王妃になったグレースケリーの様な女性、エレガントで美しく聡明な清楚な美しさを持つ人へ。
バーキンはジェーンパーキンへ作られたバックで、躍動的で子悪魔の様で奔放なのに下品にならない自由で素敵な女性へ。作られたバックです。(表現は多々有るかと思いますが・・)まるっきり対象が違うので似て非なる物と言う事なんでしょうね。。

バーキン・・私にとっては物凄くいい女!そう簡単には落ちない、金に物言わせたらただの成金か下卑た人。バーキンにOKといわれる女になるぞ!と日々精進。。 

↑このページのトップヘ