2013年08月25日

砂浜と里山から学ぶ生物多様性2013 レポート♪

一昨年、昨年に引き続き今年も「砂浜と里山から学ぶ生物多様性」を主催しました。
今年は表浜海岸でもう7年間表浜BLUE WALKという中部地方では最大規模の海岸清掃活動を運営する団体虹のとびらとNPO支援団体 Counterpartに協力をお願いしました。

IMGP1155_R

おお!今年もたくさんの参加者が来てくれました。
申込みは定員オーバーになるほどだったそうです。

IMGP1157_R

プログラムの最初は「貝殻アート」。
この貝殻は全て表浜海岸で採取されたもの。すなはまの生物多様性を参加者に知ってもらう1つのきっかけになればとの思いが込められています。

IMGP1163_R

みんな・・・

IMGP1169_R

真剣な表情で作っていますね。


IMGP1173_R

かわいいのができました。


IMGP1172_R

男の子は「男の子の作品」になります。


IMGP1161_R

運営側の講師も事前に見本をつくったのですが、子どもたちの創造力には負けました(><)

P1030854_R
さて、野外に出て砂浜の生物を探しの開始です♪

P1030870_R
今日のターゲットは「ハマスナホリガニ」

P1030887_R
うまく見つけられたグループは大喜びでした(^O^)v

その他にもウミガメ講座の中では里山と海のつながりについて教えてもらいました。

P1030908_R
最後に集合写真をパシャリ♪(クリックすると大きくなります。)
講師とも仲良くなれたようで個人撮影も殺到しました(笑)

野外の活動は途中で雨天中止となりましたが、皆さんには楽しんでいただけたでしょうか?
参加者からは同じようなイベントがあればぜひDMを送ってくださいとの要望もありました。
来年も開催したいですね☆

ボランティアスタッフの田口さんと八重倉さんも運営協力ありがとうございましたm(_ _)m

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔