2013年11月05日

緑の村づくり ☆−東ティモール

CDICスタッフの丹羽が一時帰国しました。
Maumeta村で実施しているJICAプロジェクト「Maumeta村 緑のコミュニティ新生プロジェクト」の様子を語ってもらいました。

IMGA0236_R
当センターの理事長児玉は東ティモールのラモス・ホルタ(大統領、首相を歴任)とのつながりも深い人物です。

IMGA0227_R
事務局長杉本のあいさつ。
杉本も現地の視察に入って帰国したところです。

IMGA0233_R
会議室が一杯になるくらい、

IMGA0232_R
たくさんの人に来ていただきました。

IMGA0238_R
まずは東ティモールの今、映像編
画面に映っているのは女性支援団体HadadinのEldaとFlama。
JICA青年協力隊スタッフの協力により東ティモール首都のDili空港に手織り布「Tais」の屋台を構えることができたようです。
(国際ソロプチミスト名古屋の支援を受けたこともあります。)

これら「Tais」はオゾンでも販売されています。


IMGA0240_R
そして丹羽からの報告です。(今日は化粧もバッチリ!笑:本人談)

IMGA0242_R
写真を交えながら。

カウンターパートOrganizasaun Mankledoもグループらしくなったことや様々なプロジェクトが軌道に乗り始めていることなどが紹介されました。
国連撤退後もなんとか治安は維持されているようで何よりです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔