2015年06月18日

Save Nepal 映画上映会のお知らせ(6/28-Sun)

支援することは、知ることであり、想像することです。
今回で2回目となる支援集会は、ネパール人映画監督によるドキュメンタリー映画の上映を通じてネパールの理解を深めます。

 ̄撚茵 肇優僉璽訖佑麓殺しない” (75分)
山形国際ドキュメンタリー映画祭 2015 エントリー中!

▲函璽 ネパール人映画監督 マハルジャン・ラズクマルさん
Save_Nepal

2014年5月、私と同じネパール人留学生であるゲムス・ロビンが自殺したことを知りました。
“ネパール人は自殺しない”と思っていた私は衝撃を受けました。
ロビンは、母国に婚約者がいて日本に来る準備も進んでいたそうです。
幸せなはずのロビンに何があったのか?
私は、ロビンの住んでいた東京へと向かいました。               
----監督 マハルジャン・ラズクマル

【ネパールの現在】
ネパールは、救援の緒に就いたばかりで復興には程遠い状態です。
震災によって、世界遺産の寺院などが破壊されたうえ、トレッキングコースのロッジの多くが倒壊したため、観光客、トレッキング客の激減が予想され、今後、財政のひっ迫が懸念されます。

短期間の復興は望めず、深刻な経済状況が予想され、長期的な支援が望まれます。

日 時:6月28日(日曜日)午後2時〜4時  申込電話:052(935)7126
場 所:フェアトレードショップ・オゾン2F 
 名古屋市東区大曽根町40−6(JR大曽根駅南口下車西へ100m)
参加費:1,000円 学生・外国人500円 

※当日の収益はすべて、ネパール地震支援活動に使われます。
また、当団体では募金箱を置いてくださるお店や募金も受付けています。募金の振込み先は下記の通りです。「ネパール地震募金」と書いてお送り下さい。

郵便振替: 00800-2-48609
名義:(特非(とくひ))地域(ちいき)国際(こくさい)活動(かつどう)研究(けんきゅう)センター(せんたー) 
主催:NPO法人地域国際活動研究センター(CDIC)
URL: http://www.cdic.aift.jp/
協賛:同朋大学


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔