2011年06月11日

快調、高校生レストラン

 高校生レストランが面白い。三重県の多気町の相可高校がモデルでもあり、家族で楽しく見ています。今日も面白い展開でした。昨日、三重大学での懇親会で伊藤英明さんが岸野宏役で演じている岸川政之さんにお会いしました。伊藤さんとなんとなくイメージは重なりますね。
 確かに今でこそ、高校生レストランとしてまごの店の成功は讃えられますが、実現は大変なことだったと思います。学園祭の出しものならともかく、レストランとして開業するとなると、クレームもくるでしょう。お金をとるのですから、しっかりとした料理を出さなければなりません。生徒には学業がある中で、レストランを経営するという離れ業を実現した岸川さんの発想と努力には脱帽です。それにしてもまごの店も有名になりました。私も何度かトライしましたが、売り切れでまだまごの店で食事をしていません。今では、9時前には並ばなければならないのでしょうかね。一度、早起きして並んで、食べてみたいと思います。

cdim at 22:00コメント(0)トラックバック(1)情報・メディア  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 高校生レストラン  [ ドラマQ ]   2011年06月12日 14:07
高校生レストラン 土曜 21:00 日本テレビ系 2011年5月7日〜 【キャスト】 松岡昌宏、吹石一恵、神木隆之介、川島海荷、板谷由夏、伊藤英明 ほか [公式サイト] http://www.ntv.co.jp/kouresu/...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

児玉克哉

社会貢献推進機構理事長、国際社会科学評議会副会長、国際平和研究学会事務局長、三重大学副学長・人文学部教授などを歴任し、現職。専門は地域社会学、市民社会論、NGO論、国際平和論、マーケティング調査など。国際平和研究学会事務局長〔2000-04年〕として、世界の平和研究の中心的役割を担い、2010年より再度、事務局長就任。また2006年エジプトで開催されたISSC総会にてユネスコに本部を置く国際社会科学評議会の副会長に選出され、2010年からは理事。グローバルな視点から社会科学の発展に寄与している。公開討論会を勧めるリンカーンフォーラム幹事を務め、開かれた政治文化の形成に努力している。三重県地方自治研究センター副理事長など、自治体問題や地域問題にも取り組む。核兵器廃絶へのプロセスをうたう「ヒロシマ・ナガサキプロセス」を提案し、世界的な運動を繰り広げている。また地産地消から「志産志消」の発想への転換を提言し、その運動の展開も図っている。2012年にインドの非暴力国際平和協会より非暴力国際平和賞を受賞。
【学歴】広島新庄高校を卒業ののち、広島大学教育学部英語教育研究科を卒業。同大総合科学部大学院修士課程を修了後、スウェーデン・ルンド大学に留学。社会学博士号を取得。

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ