そこからブログ

身近に感じた面白い話題を取り上げていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

    2018年05月


    旬を迎えた甘〜い新玉ねぎをたっぷり使って、美味しい料理が食べたい! そんなときに簡単なレシピを1つでも知っていたら…

    しらべぇ取材班は調理師免許をもつ記者が、手頃な材料と市販のタレで、料理ができない人や苦手な人でも、「絶対に失敗しない」鉄板レシピを作ってみるこの企画。

    第8弾はエバラ食品工業から販売されている『たまねぎのたれ』を使い、今まで食べたことのないような味の焼きそばが、超簡単に楽しめる。普段食べている焼きそばよりも、気に入っちゃうかも!?

    ■豆腐ときのこのタレ煮

    お腹が空いたけど、昨日飲みすぎたからホッとするものが食べたい…なんてときにも、超簡単に作れる。材料も豆腐ときのこだけなので、経済的!

    ・材料(1人前)

    木綿豆腐:半丁、お好みのきのこ:1/4株、たまねぎのたれ:大さじ2

    きのこ1(©ニュースサイトしらべぇ)

    (1)きのこの石づきを切り落とし、半分に切る。今回はえのきを使用。

    きのこ2(©ニュースサイトしらべぇ)

    (2)小さじ1の油をフライパンにしいて、きのこがしんなりするまで炒める。

    きのこ3(©ニュースサイトしらべぇ)

    (3)きのこに火が通ったら、豆腐を手で崩し入れる。

    きのこ4(©ニュースサイトしらべぇ)

    (4)たまねぎのたれを入れて、強火で10秒火を入れて完成。

    きのこ5(©ニュースサイトしらべぇ)

    きのこと豆腐にたまねぎのたれがよく絡んでいる。風邪を引いて食欲がない…ってときにも食べたくなるような、優しい味だ。冷めても美味しいけれど、温かいうちに食べるのがオススメ。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    お好みで大葉を刻んでのせると、香りがよくなり爽やかさがプラスされる。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    ■マグロのガーリック玉ねぎ

    刺身はいつも醤油とわさびで食べている人は多いはず。ちょっとしたアレンジをすると、魚のうま味も感じられる、絶品料理が家庭で楽しめる。

    ・材料(1人前)

    お好みの刺身:3〜4枚、にんにくチューブ:小さじ1/2、たまねぎのたれ:大さじ2

    マグロ1(©ニュースサイトしらべぇ)

    (1)たまねぎのたれと、おろしにんにくを混ぜる。

    マグロ2(©ニュースサイトしらべぇ)

    (2)刺身をお皿に並べて、(2)のタレをかける。今回はスーパーでよく見かける、マグロの切り身を使用。

    マグロ3(©ニュースサイトしらべぇ)

    魚の臭みは一切感じず、うま味と甘みを強く感じる。これは酒の肴として最高! 何より、混ぜてかけるだけでできちゃうから嬉しい。こちらも刻んだ大葉をのせると、彩が加わり食欲をそそる。

    マグロ4(©ニュースサイトしらべぇ)

    ■たまねぎのたれで新玉焼きそば

    いつも焼きそばはソースで味付け。だけど、たまには他の味も楽しみたい…。そんな日は、たまねぎのたれで、ちょっと変わった焼きそばを楽しもう!

    ・材料(1人目)

    焼きそば麺:1袋、新玉ねぎ:1/4個、豚肉:50g、塩胡椒:少々、たまねぎのたれ:大さじ3

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    (1)新玉ねぎを薄くスライスする。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    (2)小さじ1の油をフライパンに入れて、新玉ねぎと豚肉を色が変わるまで炒める。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    (3)麺をほぐし入れて、大さじ3の水を入れ更に炒めて、塩胡椒とたまねぎのたれで味付け。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    新玉ねぎの甘さがかなり際立っている。一般的なソース焼きそばより刺激が少ないので、あっさりと食べやすい。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    お好みで刻みのり、もしくはちぎった味付きのりをのせると風味がよくなる。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    新玉ねぎのシャキシャキ食感を楽しみたい人は、玉ねぎをフライパンに入れるタイミングを遅らせるなど、お好みで調整してみるのも楽しい。

    なお『たまねぎのたれ』は、たっぷりのたまねぎが底に沈んでいるので、よく振ってから使うのがポイントだ。

    「アレンジ」と聞くと、料理上級者がすることでしょ…と思いがちだが、市販のタレを使うことで超簡単に普段とは違う味を楽しめる。今週末にぜひ、チャレンジしてみては?

    ・合わせて読みたい→超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! 材料2つで絶品豚肉ソースも

    (文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

    超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! 旬の新玉ねぎ焼きそばも


    (出典 news.nicovideo.jp)

    食欲沸いてきたな!

    <このニュースへのネットの反応>

    【料理が苦手でも美味い料理が作れるメニューを発表!】の続きを読む



    就職情報会社のディスコが5月28日、2019年3月に卒業予定の学生を対象にした「就活生の職業観とライフスタイル調査」の結果を発表した。仕事よりも「私生活優先」の学生が約8割に上る結果に、ネットで議論を呼んでいる。

    「職業観」を問う「どんな働き方が理想?」という質問には、「私生活優先」に「近い」「やや近い」と回答した割合が78%に上り、プライベートの充実を望む実態が浮かび上がった。同じく仕事のスタイルでは、「チームで仕事」「ゼネラリスト(広い知識や能力をもつ人材)」を希望する学生が過半数。さらに、「仕事をするのは何のため?」と尋ねると、「⽣活のため」「自分のため」「高収入」の項目で半数を超えた。

    「将来はどうしていたい?」との質問には、転職、転勤、海外勤務を望まない学⽣がそれぞれ7割程度。出世については、約6割の学生が意欲を示しており、同じ会社で長く安定的に働けることを望んでいるようだ。「就職後のイメージはできてる?」の項目では、「やりたい仕事がある」という学⽣が64.6%と多い傾向にあったが、「なりたい社会人像がある」学生は45.9%と半数未満だった。全体的に現実的な傾向で安定志向が目立った。

    若者の働き方への意識が垣間見えたことで、Twitterでは、

    “やっとまともなことが普通に言える時代が来たかと、50手前のおじさんとしては感慨深いです。私が新入社員の頃は同様なことを発言しようならぶっ飛ばされましたね。”
    “学生達は、先進企業の良い事例を知ってるからね。この調査のように、人生設計を主体的に考えられる人は、その力を仕事にも応用できるだろう”

    と評価する声が上がっている一方で、

    “我武者羅さが無い。だから「ゆとり」なんて表現されるんやろな。”
    “両方楽しんだら良いのに。仕事ほどほどなんて生き方はつまらないし、私生活も潤わんと思うぞ”
    “仕事も私生活の一部なので充実させ楽しむべき。仕事は自分の時間を切り売りしているという発想ではいつまでたっても人生の半分が不幸なままだよ。”

    と否定的な声も寄せられた。また、

    “我が家の娘もずっと前から「充実した休みの取れる会社」と言ってた。←特にここがいい!とかなく…。”

    と就職試験を受ける会社を選ぶ判断基準にも影響しているとの声もあった。

    私生活を犠牲にして働くことを余儀なくされた社畜たちの悲哀を見てきた世代ともいえる学生たち。今回の結果は、自分たちはそうなりたくない願望の表れであると同時に、働き方改革が叫ばれる中、心や体を壊すことへの警戒心ともいえそう?
    (山中一生)

    ■関連リンク
    就活生の職業観とライフスタイル調査
    http://www.disc.co.jp/uploads/2018/05/Lifestyle_report_201805.pdf



    (出典 news.nicovideo.jp)

    今どきの若者はみんなそうだよ!

    <このニュースへのネットの反応>

    【来春入社の学生!プライベートが優先!】の続きを読む


     まだまだ鎮火の兆しが見えない、日大アメフト部の悪質タックル問題。“ブラック部活”などの言葉が一般化されたのは最近のことであり、部活内での監督、コーチたちのパワハラは見えないところで常態化している。ここでは、過去に壮絶な監督からの暴力を受けていた女性に、ブラック部活の被害を赤裸々に語ってもらった。

     関西の専業主婦Sさん(35歳)はバレー部出身。中学時代に頭角を表し、スポーツ推薦でバレーの強豪校へ進学する。そこには当時40代の男性の監督がおり、厳しい指導が繰り広げられていた。

    「私はバレーをするには身長が170センチ弱と小さかったんです。監督からは最初から戦力に数えられていなかった。ずっとほぼ眼中にないといった感じで直接指導されることはなく、先輩から練習の指示を受けたり、コートの掃除や備品の管理などを主にやっていました」

     練習中に今でいう暴言などもよく聞こえたというが、昔はそれが普通といった状況で誰も特に気にしていなかったそう。最初の異変は練習試合後のミーティングで起こったという。

    「練習試合後に話し合いのミーティングかと思いきや、私を含め補欠の部員が前に一列に並べられました。そして監督から『こいつらが今から殴られるのはお前たちが不甲斐ない試合をしたから』と言いながら、1人ずつビンタをしていったんです。

     私は列の最後のほうで、補欠の2年の先輩たちが何も言わずに耐えているので、文句を言える雰囲気じゃないんです。唖然とした中、ビンタを受けるしかありませんでした。一発で血の味がしたのを覚えています」

     その後も試合に出場させてもらえることはなく、試合後の見せしめ行為のみに監督から直接指導を受けるだけの日々が続く。

    「痛いのはもちろんなんですが、試合でミスしてしまった先輩たちが本当に申し訳なさそうに私たち補欠に委縮し出すんです。私たちは体力的に、先輩たちレギュラー陣は精神的に追い詰められている感じでした。

     結局どうしてもその暴力に耐えられなくなった私は親に相談しました。親は学校に行くと言ってくれたんです。でも、それで部活が停止してしまうような迷惑を補欠の私がするわけにはいかない。私はスポーツ推薦でその学校に進学していたので、退部と同時に退学することになりました」

     暴力の他にきつかったことはなかったのか?

    「休み時間などは他の部活の生徒と口を聞いたらいけなかったんです。休み時間はダッシュで行動しないといけないとかの決まりもありましたね。まったく理解できなかったんですが、それが普通なので私だけ異論を唱えることなんてできませんでした」

     Sさんは今でも高圧的な男性が苦手なんだとか。「目を見ながらビンタしてきたあの顔が、暴力を受けた過去が、今も消えてくれない」と語っている。他にも卒業して間もない、関東の野球部に所属していた現在22歳の男性に話を聞いたところ、「監督からは体罰こそないものの、存在を否定されるような言葉の暴力は当たり前。みんな耐えているからという環境が、自分が入部する前からある。そこを変えようなんて、よっぽど心が強いやつじゃないと無理」と言う。集団行動が作る“浮きたくない”という闇の部分が部活にはあるのかもしれない。〈取材・文/藤 文子〉

    ※写真はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    学校というより、もはや刑務所みたい!例え下手で悪いけど!

    <このニュースへのネットの反応>

    【補欠には厳しく!理不尽な指導!】の続きを読む


    洋生菓子「オランジェ」ブランドを製造・販売する田口食品株式会社 (本社:兵庫県相生市、代表取締役社長:田口 晴喜)は、アイスクリームメーカーの丸永製菓の「白くま」シリーズとのコラボ商品「白くまシュークリーム」など計 6 品を 2018 年 6月 1 日 (金) より期間限定で発売いたします。
    ※北海道を除く日本全国のコンビニ・スーパーで販売。販売エリアでも取り扱いのない店舗がございます。


    ・今回のコラボについて
    ・アイスとシュークリームの異色のコラボ?
    誰もが一度は耳にしたことのある、あの「白くま」と洋菓子ブランド「オランジェ」がコラボ!
    丸永製菓「白くま」シリーズのうち年間を通して高い売り上げを誇る人気商品をイメージして6品を開発しました。
    (詳細は商品説明をご覧ください。)
    6月1日からの「期間限定」でお届けします。この機会に是非、昔から変わらない「日本の夏の風物詩」と「洋菓子ブランドオランジェ」のマリアージュをお楽しみください♪

    ・パッケージも丸永製菓「白くま」シリーズと同じ色合いを採用
    認知度が非常に高く、味を想像しやすい、『白くま』のブランド力を活かしたパッケージデザインを採用。
    一年間で最もアイスクリームが買われるこの季節に、量販店のアイスクリーム売り場のイメージをフレッシュデザートの売り場に持ち込むことで、更なる相乗効果を狙います。


    ・白くまについて

    由来については諸説ありますが、九州が発祥の練乳をたっぷりかけたかき氷です。
    また、かき氷の上に多くのフルーツが載せられていることも大きな特徴。
    本場は鹿児島と言われており、鹿児島市内の多くの喫茶店や飲食店で提供されています。
    誰もが一度は耳にしたことのあるかき氷ではないでしょうか。
    ※「白くま」は林一二株式会社の登録商標です。


    ・丸永製菓株式会社について
    1933年創業の福岡県久留米市に本社を置く大手アイスクリームメーカーです。
    主力商品である「白くま」シリーズを始め、「あいすまんじゅう」シリーズなど、独自の生産技術や特殊な商品設計で差別化を行い、多くのお客様を長期に渡って魅了し続けている企業です。

    九州発祥の「白くま」シリーズについても、形状やフレーバーが異なる10種類以上の商品展開を行い、九州に本社があるアイスクリームメーカーとして、大きなシェアを獲得しています。

    ▼丸永製菓・「白くま」商品シリーズ
    http://www.marunaga.com/product/shirokuma/


    幅広い層に認知されていることに強みをもつ『白くま』シリーズとのコラボ商品で更なる顧客層の開拓を目指します。


    【 販売期間: 2018 年 6 月 1 日 (金) ~ 6 月 30 日 (土) 】

    ■ 白くまシュークリーム


    税抜き希望小売価格: 120 円

    アイスバーの「白くま」をイメージしたシュークリームです。こんがりと焼き上げたパフに
    バニラ風味のクリームとフルーツソースを詰めました。



    □ 白くまエクレア

    税抜き希望小売価格: 120 円
    アイスバーの「白くまトロピカル」をイメージしたエクレアです。
    こんがりと焼き上げたパフに、マンゴー風味のクリームを詰め、トロピカル風チョコを掛けました。



    ■ 5Pしろくまロールケーキ

    税抜き希望小売価格: 360 円
    カップアイスの「しろくま ストロベリー」をイメージしたロールケーキです。
    練乳風味のクリームといちごジャムを、ふんわりと焼き上げたピンクの生地で巻きました。



    □ 2Pしろくまロールケーキ

    税抜き希望小売価格: 130 円
    カップアイスの「しろくま ストロベリー」をイメージしたロールケーキです。
    練乳風味のクリームといちごジャムを、ふんわりと焼き上げたピンクの生地で巻きました。



    ■ 白くまパフェ

    税抜き希望小売価格: 130 円
    カップアイスの「白くまパフェ バニラ」をイメージした
    プリンです。バニラアイス風味のプリンの上に
    ホイップクリームと黄桃、チョコソースをトッピングしました。



    □ 白くまクレープ

    税抜き希望小売価格: 130 円
    アイスバーの「白くま」をイメージしたクレープです。
    しっとりとしたクレープ生地で、バニラアイス風味のクリームと
    フルーツソース、甘納豆、黄桃を巻きました。




    【 企業情報 】
    会社名:田口食品株式会社(英名:Taguchi & Co.,Ltd.)
    本社所在地:〒678-0003 兵庫県相生市陸東汐見塚10-5
    代表者:代表取締役社長 田口 晴喜
    設立: 1949 年(昭和 24 年) 4 月
    資本金: 5,000 万円
    従業員数: 110 名 ( 2018年6月 1日現在 )
    事業内容:洋生菓子、アイスクリーム等の製造、販売
    オランジェHP:https://orange-taguchi.com/


    田口食品株式会社 総合企画室
    TEL: 0791-22-5515 FAX:0791-22-5545 Email: dessert@orange-taguchi.co.jp

    配信元企業:田口食品株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    おいしそう!

    <このニュースへのネットの反応>

    【白くまが洋菓子ブランドとコラボ!】の続きを読む

    このページのトップヘ