はたして、これもただの偶然なのか?

どうも、たかちゃんさんの日記です。

日本を代表する人気マンガ「ちびまる子ちゃん」などで知られる
作者であるマンガ家のさくらももこ8月15日に亡くなって
2週間がたちましたね。

そのことと関連してか、9月2日にフジテレビ系で放送される
テレビアニメの「ちびまる子ちゃん」ではきゅうきょ内容を変更。

そのため、1990年1月7日に放送されたテレビアニメの第1話
リメイクなどが放送されることとなりました。

ところで、「ちびまる子ちゃん」といえば
作者であるマンガ家のさくらももこの死のみならず、
作品の関係者がやばいことになっているのをごぞんじでしょうか?

そして、さくらももこをはじめとする作品の関係者に関する
呪いや不幸などが以下のようなものになっております。

たとえば、アニメに登場した有名人の場合。

アニメには劇中で西城秀樹長嶋茂雄ビートたけし
山本リンダ島倉千代子

さらには、E-girlsのメンバーだったAmiふなっしー
ゴールデンボンバーなどが本人役でゲストで登場しました。

ところが、西城秀樹は急性心不全で死去。

長嶋茂雄2004年に脳梗塞で倒れ、入院。

さらに、長嶋茂雄は息子の長嶋一茂と確執が生じる。

それどころか、今年になって黄疸で入院したことをめぐり
長嶋一茂と次女である長島三奈が対立をする。

E-girlsAmiはグループを脱退。

島倉千代子2012年に死去。

ビートたけしは所属事務所の社長と独立をめぐって対立をする。

ふなっしーは消えてしまいました。

また、テレビドラマ版の場合。

テレビドラマ版の出演者も例外ではなく
ビジーフォーモト冬樹は野生のスズメを
保護したことが原因で騒動を起こす。

爆笑問題太田光が日大の芸術学部への裏口入学が報じられる。

同じ爆笑問題田中裕二2009年に離婚。

次長課長河本準一2012年に母親が生活保護を
受給していたことが問題視される。

酒井法子2009年に薬物事件で警察に逮捕される。

さまぁ~ず三村マサカズにいたっては、
自宅で階段から転落してろっ骨にひびが入る大けがをしてしまいました。

はたして、これらはただの偶然なのか。

しんじるかしんじないかはあなた次第です。

関連記事
「ちびまる子ちゃん」に登場した有名人のその後がひどい
スポンサードリンク