どうも、たかちゃんさんの日記です。

3月22日にNHKで19時30分から放送される「チコちゃんに叱られる!」の
春の拡大版72分スペシャルが放送されますね。

ちなみに、ゲストは広末涼子TOKIO国分太一高畑淳子が出演します。

今回の「チコちゃんに叱られる!」の春の拡大版72分スペシャル
エイプリルフールの秘密」や「桜の下で騒ぐ理由」や
ぼた餅にまつわる疑問などが登場します。

はたして、実際の放送ではチコちゃん
レギュラーのナインティナイン岡村隆史
ゲストに対して、どのように叱るのか。

気になるところではありますね。

ところで、ナインティナイン岡村隆史には
チコちゃんも衝撃を受けるともいうべき映画があるのを
ごぞんじでしょうか?

それは「少林少女」です。

では、「少林少女」とはどんな映画なのかそれを紹介しましょう。

「少林少女」とは

2008年に公開された映画です。

内容は亡き祖父の道場を継ぐため中国で少林拳を修行していた
主人公の桜沢凛柴咲コウ)。

ところが、ある日突然、自身の高い身体能力を買われて
国際星館大学の女子ラクロス部に入部します。

そして、最終的に大切な仲間を守るために悪と戦うというものです。

タイトルといい、内容などは「少林サッカー」などを
意識したものとなっております。

とはいえ、後半はラクロスのシーンがほとんど出てこない。

また、アクションシーンもマトリックスシリーズや
バイオハザードシリーズなどで見られたワイヤーやCGを使った
アクションとくらべると、ものたりなさを感じてしまうのは
私だけではないはず。

ちなみに、この映画では国際星館大学の女子ラクロス部の
メンバーの1人に満島ひかりがいること。

さらには、柴咲コウが演じる主人公の祖父の役(遺影で登場)を
機動戦士ガンダム」をなどでおなじみの
アニメ監督の富野由悠季が演じています。

意外な出演者の顔を1度見たら、びっくりしてしまうのは
私だけではないはず。
スポンサードリンク