はたして、実際の放送はどうなるか!

どうも、たかちゃんさんの日記です。

4月10日にテレビ朝日系でV6井ノ原快彦が主演のドラマ
特捜9」のシーズン2が放送を開始しましたね。

これまでに、第3話までが放送されたとはいえ、
視聴率が2けたを記録するなど前作のシーズン1と同じように
安定した数字を出しています。

こうなると、今後の次の第4話以降はどのような展開を見せるのか、
気になるところではありますね。

さて、そのことと関連してか、
今日は「特捜9」のシーズン2最終回
ネタバレ形式で徹底予想していきたいと思います。

そして、シーズン2最終回をネタバレ形式で内容などを予想していくと
以下のようなものとなりそうです。

「特捜9」シーズン2最終回はどうなる!

特捜班は警視総監の神田川宗次朗里見浩太朗)と
警察庁長官官房審議官の神宮司桃子名取裕子)から
ある極秘捜査を命じられます。

かつての9係の係長でICTCテロ対策センターに出向した
加納倫太郎の情報から国際手配中のテロリストが
日本に潜伏している疑惑が浮上しているというのです。

しかも、ある政財界の大物がターゲットになっているのです。

そんななか、ある殺人事件が発生します。

捜査をしようとした特捜班ですが、神田川警視総監から
事件から手を引くことを命じられます。

そして、やむなく別な角度から事件を捜査することとなります。

ところが、それが原因で特捜班のメンバーは
命を狙われる危機にさらされます。

はたして、事件の真相はいかに!

事件の黒幕は誰だ!

最終回はこれまでほとんど触れられなかった
特捜班の班長の宗方朔太郎寺尾聰)と
名取裕子が演じる神宮司桃子の過去も描かれそうですね。

また、今回のシリーズで明かされていないなぞの1つ。

それは第1話石倉三郎が演じる犯人が
主人公の浅輪直樹井ノ原快彦)に対して、
妻を殺害したえん罪事件で警察に逮捕されたことを激白したことです。

そして、第1話で言及されたえん罪事件と関係のある内容となりそうです。

なかでも、あやしいのは刑事部長の三原達朗飯田基祐)でしょうね。

彼が特捜班に対して、敵対視するかのような言動をするのは
過去の自分の不祥事があばかれることを
警戒しているためではないかと思いますね。

はたして、実際の放送はどうなるか!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote