はたして、あなたの場合はどう思うか!

どうも、たかちゃんさんの日記です。

人気怪獣映画であるゴジラシリーズが
日本で第1作目が公開されてちょうど65周年となりますね。

そんななか、そのゴジラシリーズ最新作である
映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が
2019年5月31日に公開されるまであと1か月となりました。

今回の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は
2014年の「GODZILLA ゴジラ」から5年後の世界が
舞台となっております。

しかも最近では日本版の最新予告が公開。

そのなかでは、これまでの予告では見ることのできなかった
ゴジラキングギドラ

そして、モスラキングギドラの死闘など
日本の作品も顔負けの戦闘シーンが披露されることとなりました。

こうなると、実際の作品はどのようなものとなるのか、
すごい気になりますね。

そこで今日はゴジラ映画の黒歴史で組んだ打線を
紹介していきたいと思います。
(ただし、ポジションについては不問。)

すると、ゴジラ映画の黒歴史で組んだ打線を紹介すると
以下のようなものになります。

1番 ミニラ
2番 若大将シリーズの加山雄三のものまね
3番 シェー
4番 ヘドラとの戦いで空を飛ぶ
5番 アンギラスに対して、マンガのふきだしで会話をする
6番 ジェットジャガー
7番 木枯し紋次郎のまねをする
8番 キングギドラを集団リンチ
9番 1998年アメリカ版

たとえば、シェーについては、「怪獣大戦争」の劇中で披露。

しかも、当時の宣伝用写真では宝田明をはじめとする
一部の出演者がゴジラシェーをやっていました。

関連記事
ゴジラのシェーで有名な「怪獣大戦争」の究極本がすごすぎる

木枯し紋次郎のまねをするのは「ゴジラ対メガロ」で有名です。

ところが、実際に「ゴジラ対メガロ」の劇中では木枯し紋次郎のまねをする
シーンはありません。

怪獣図鑑などで木枯し紋次郎のまねをするシーンが掲載されたことで
劇中でゴジラ木枯し紋次郎のまねをしたという、あやまった思い込みが
でてきてしまったかもしれません。

関連記事
電子ロボットの存在とは!「ゴジラ対メガロ」の究極本がすごい

キングギドラを集団リンチは「怪獣総進撃」でのクライマックスでの
戦闘シーンでのこと。

しかも、その内容はゴジラに首をたたきつけられる。

アンギラスに首をかまれる。

ゴロザウルスにはうしろから蹴られるなど
とんでもないものとなっております。

関連記事
「怪獣総進撃」の究極本が怪獣ファンも納得のすごすぎる本だ

以上がゴジラ映画の黒歴史で打線組んでみたらこうなる件です。

関連記事
公開から65周年も話題のゴジラ映画の黒歴史といえばの件
スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote