どうも、たかちゃんさんの日記です。

12月5日にテレビ朝日系で放送される
沢口靖子が主演の刑事ドラマ「科捜研の女」のシーズン19第23話
とんでもないことになりそうですね。

では、「科捜研の女」のシーズン19第23話とは
どんな内容になるのか、かんたんに紹介しましょう。

「科捜研の女」シーズン19第23話とは

フリーライターの広辺誠児森下じんせい)が絞殺されて、
遺体の下から1999年12月31日付けのチケットを見つかります。

榊マリコ沢口靖子)たちは遺留品などを鑑定した結果、
京都府警の元刑事である火浦義正(升毅)の指紋が検出されます。

しかし、土門薫内藤剛志)はそれを否定。

かつての親友である火浦義正は19年前に警察を辞め、
その年に死亡していたのです。

その後の調査で広辺誠児1999年の大みそかに発生した
ミレニアム集団自殺」とよばれる
大学生10人の服毒自殺を調査していたことが判明します。

そんななか、被害者のシャツから火浦の指紋が検出。

しかも、このシャツは今年発売されたもので、
彼が今も生きていることを示してたものとなっていました。

はたして、事件の真相とはいかに!

今回はこれまでにほとんど描かれなかった
土門薫の過去にスポットを当てています。
(しかも、妻もいたことも判明!)

そして、死んだはずの彼のかつての友人である元刑事が
なぜ生きているのかなどが判明します。

ここで思い出してほしいのはシーズン19第19話でのこと。

このシーズン19第19話のラストで榊マリコ土門に対して
「土門さんにはいないの? そういう人。
若いころいっしょに刑事を目指した人とか」
と発言。

それに対して、彼が「悪いな。 お前に話せるような事はない」
気になる発言をしていましたね。

今思えば、そのセリフが今回放送される第23話とその次の第24話
明らかになることを暗示しているように見えましたね。

はたして、実際の放送はどうなるか!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック