SF : たかちゃんさんの日記

2017blog-title1

だれもが知りたい貴重な情報が満載のブログ! たかちゃんさんの日記ではテレビ番組や猫ピッチャーや
本などの自身にとってお気に入りのものなどや自身にとって気になるものなどを紹介しております。

カテゴリ:映画 > SF

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はたして、これもただの偶然なのか?

どうも、たかちゃんさんの日記です。

神木隆之介が主演の映画「フォルトゥナの瞳」が
2月15日に公開されますね。

今回の主演の映画「フォルトゥナの瞳」では、
有村架純志尊淳などの俳優や女優と
共演することが話題となっています。

かつて子役として活躍した彼が今後またどのように成長するのかも
見逃せないところではあります。

ところで、神木隆之介は子役時代に2005年に公開された
映画「妖怪大戦争」で主演。

そして、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しましたね。

ところが、2005年に公開された映画「妖怪大戦争」は
出演者の何人のその後がやばいことになっているのをごぞんじでしょうか?

そして、出演者に関する呪いや不幸などが以下のようなものになっています。続きを読む
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はたして、これもただの偶然なのか?

どうも、たかちゃんさんの日記です。

昨日発売された写真週刊誌のフラッシュや一部のネット上などで
衝撃的な記事が掲載されましたね。

それは俳優の哀川翔が現役暴力団とのツーショット写真が流出。

さらには、暴力団との交際疑惑まで浮上してしまいました。

哀川翔といえば、明日2月7日に放送の「ダウンタウンDX」に
ゲスト出演しますね。

当の本人は交際疑惑について否定をしているものの、
写真が流出したことで会見などを求められるとなると
2月7日に放送の「ダウンタウンDX」などにも
影響が出てしまいそうですね。

はたして、真相はいかに!

ところで、哀川翔といえば、映画「ゼブラーマン」で
主役を演じていましたね。

「ゼブラーマン」とは

監督は三池崇史

内容は生徒からも家族からもバカにされている日々を過ごす
冴えない小学校教師の市川新市哀川翔)が子供のころテレビで見ていた
特撮番組「ゼブラーマン」に登場するヒーローのゼブラーマンに変身。

そして、地球征服を目論む宇宙人と戦うというものです。

脚本は「ドラッグストア・ガール」の宮藤官九郎

そして、THE HIGH-LOWSが歌う主題歌「日曜日よりの使者」もまた
人気を集めましたね。

ところで、「ゼブラーマン」は出演者の何人のその後が
やばいことになっているのをごぞんじでしょうか?

そして、出演者に関する呪いや不幸などが以下のようなものになっています。続きを読む
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
どうも、たかちゃんさんの日記です。

最近は秋にもかかわらず、朝と日中との気温差が
はげしいものですね。

みなさんは体調管理などに気をつけて過ごせていますか?

そんななか、ネット上であるSF映画についてのすごい情報を知りました。

それはアメリカのオスカー女優であるブリー・ラーソンが主演の
映画「キャプテン・マーベル」がアメリカで2019年3月8日から
公開されるということです。

では、2019年3月8日から公開される映画「キャプテン・マーベル」とは
どんな内容なのかそれを紹介しましょう。

「キャプテン・マーベル」とは

マーベル・コミックの女性ヒーローのキャプテン・マーベル
活躍などを描いた作品です。続きを読む
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ