2007年12月

2007年12月19日

12月18日☆広報会議

昨日、鈴木建邦渋谷区議主催で広報会議を行いました。

学生が主たる構成メンバーで「成人式」向けの広報ビラに関する意見交換会・ヒアリングでした

鈴木議員の下でインターンをしていた学生さんたちがビラを作成し、それについての検討を加えました。

民主党が躍進を遂げた各自治体では、鈴木議員のように学生を主なターゲットと認識してなんとかしようとしている議員さんが多く、我々にとって励みになると同時に大きな力になってくれてありがたい限りです

青年局では1月14日「成人の日」に街宣を予定しており、その際に配れるように

と、今回のビラの作成に踏み切りました

積極的な意見交換がなされ、学生部や学生によってビラにも若干の修正が加え

られ、学生としての政治参加を体験する機会となりました。



12月16日☆吉祥寺街宣

ec9b030e.jpg

去る16日、15時から吉祥寺駅北口にて東京都連青年局主催での街頭演説会があり、スタッフとして学生部も参加させていただきました。

当日は、3時間にわたって

 

「若い力で日本を変えよう!」と訴え続けました。

終了したのが18時近くになってでしたが、なんと外気温度・・・笑

どうりで寒いわけです。菅直人代表代行長島昭久衆議院議員も演説に参加され、大いに盛り上がっていました。

また、渋谷区議の鈴木建邦さんや都議の西岡真一郎さん、原田大さんと学生部の今後のあり方や学生への政治PRの方法について意見交換することができました。

鈴木建邦さんには18日に党本部で成人式で配るビラについての広報会議へのお誘いもいただき、今後の活動がますます有意義なものとなりそうです

今後都連との活動を増やして交流を加速させてゆくことで合意しました。



2007年12月15日

代表のつぶやき◆。。

今年も残すところわずかとなりました。今年の学生部の活動を振り返ってみると大きなイベントとしては・・・

2・3月第2回民主党オフィシャルインターン

4月沖縄参議院選挙補選手伝い

5月街宣(in 高田馬場、秋葉原、吉祥寺、渋谷)

6・7月四国参議院選挙手伝い

8月女性議員フォーラム・青年局議員フォーラム手伝い

11月長島昭久勉強会・パーティー手伝い

12月インターン説明会、忘年会

など色々なことがありました。こんなにも一年が早く過ぎ去ってしまうなんて・・・一日一日を如何に大事に過ごさねばならないかを実感いたしました。多くの政治や政治家の皆さんとの交流することができ、多くの社会勉強をすることができました。これもひとえに皆さんの協力と理解の賜物と思っております。今年中にHPも何とかUPできるようにがんばります。あと、残り少ない今年を有効に、有意義なものにしてまいります。

 

来年も、台湾研修をはじめとして好きなことを思う存分、学生の本分と謙虚さを忘れることなく活動してゆくことをお約束いたします。

皆さんの本年が電光石火のように過ぎてしまいませんように。有意義なものでありますように。

 

民主党本部青年局学生部

第4期執行部 代表 佐藤 正幸



12月13日☆インターン忘年会☆

この時期、大学生ともなると忘年会やいわゆるクリパで忙しい時期ですね

 

そんな忙しい時期にも関わらず、多くのインターンOBOGをはじめとする学生が30名近く集まって忘年会を敢行しました

インターンOBOGの方々は就職なさったり、他にもいろいろと活動をなさっている方々が多く就職体験談や職場の話、かつてのインターンの話など話題も多岐にわたりおおいに盛り上がりました

インターンに興味のある学生さんも参加されていて様々なエピソードを交えた体験談はなかなか参考になったのではないかと思います。

新年会は更に規模を拡大して行いたいと思っております

参加条件は学生であるということだけですので今後とも交流の場としてこうした機会が提供できればと思います。

 

今後のインターン企画では、家族会の方と拉致議連所属の議員さんを呼んだ討論・交流会なども予定しております

インターンの更なる充実と学生部活動の更なる充実を胸に秘め来年度も頑張ってまいります。

残り少ない本年度ですが有意義なものとできるよう頑張ってまいります。

HPのUPも急ぎますので楽しみにお待ちください



2007年12月07日

第一回☆オフィシャルインターンシップ説明会

cd4bd40c.jpg

さて、本日11月7日民主党本部にて第一回オフィシャルインターンシップの説明会を行いました

もともと、学生部ではこの期間を利用して台湾研修を行う予定だったのですが

急遽予定を変更して行った説明会で、告知もHPくらいでしか行っていないような

告知不足な状態だったので、大盛況というわけには行きませんでしたが4名の学

生さんが来てくれました。

皆さん、インターンに対する意識の高い方ばかりで、中には現在インターン中の方もいて

「国政のインターンを体験して、政治の全体像を掴んでみたい!」

とこちらもうれしくなる熱意でした

実際に若者の政治離れは、存在しますがまだまだ若者の力ややる気をなめてもらっては困りますね。笑

 

インターンシップの売りというか説明会で使用するはずだった資料をUPしておきますね。本日、来た方々はトラブルがあって見せれずすいません

 

2008年オフィシャルインターンシップ説明会

               主催:民主党オフィシャルインターンシップ実行委員会

               協力:秘書会、民主党学生部、インターンOBOG

1.     目的

 国会・議員会館でのインターン実施により、学生が政治の場に触れ、社会体験する機会を作ることを通じて、若者への社会教育提供と政治参加の促進を目的とする。

 

2.     インターンシップ内容

 オフィシャルインターンシップは2本柱で構成されています。

\犬寮治現場体験(事務作業、電話応対、接客、会議傍聴など)

・・・「政治とは生活」か?生の現場を体験して下さい!あなたは、歴史の目撃者となる!!

 

∪治勉強会・学生の政治参加(マナー研修会、講演会、政策立案研修会、自主ゼミ、街宣、交流活動など)

・・・「学生の政治参加を促進する」っていったって口だけじゃ仕方が無い!

そこで・・・自主ゼミ(勉強会)での成果をもとに法案ないし提案(マニュフェスト)を作成し議員に提出、学生の意見の国政への反映を目指します!!

 

プレス民主(民主党の機関紙)に学生の意見を載せ、街頭で伝えます!!!

 

交流会で議員との意見交換を行い、国政を担う人間が何を考えているのか感じて下さい!!!

 

3.     ドットJPなど他のインターン提供機関との違い

 民主党の全面的な協力の下、実施されているのでインターン先以外の様々な議員との交流が可能です。議員との交流時間が少ないという意見が毎年多々聞かれますが・・・講演会や意見交換会などインターン先以外での議員との交流も実現します。また、オフィシャルインターンシップの最大のセールスポイントは自主ゼミ!各自が関心のある分科会に分かれてゼミを作り、目的別に勉強会を実施してもらいます。勉強会での成果は最終的に議員に提出、国政に学生の意見を反映させます!!政治に関心がある学生のため、実際の政治の現場にとどまらず、政治勉強の場を提供しています。

 

4.     学生部との関係

 民主党本部青年局学生部(CDSといいます)は皆さんのインターン活動のサポートにあたります。自主ゼミ(勉強会)でこんな人を講師に呼びたい、こんな議員に会いに行きたい・・・など皆さんの活動が有意義なものとなるよう、最大限協力してゆきます。宜しくお願いします。

学生部に関するお問い合わせは以下までメールか電話でお気軽にどうぞ。

広報渉外担当:小関 080−1271―3440

              cds-mobile@docomo.ne.jp

 



2007年12月01日

第一回代表のつぶやき。。。

少し時間のある時に時に学生として、時に少しまじめに・・・思うところを書いてみようかなと思いました。

故に、特別な動機はありません。代表個人的な意見ですので党の考え方や姿勢とは全く関係ないし学生部の総意でもありませんので最初にご了承ください。

 

私の大学では、(大体常にですが・・・笑)反戦への広告というかメッセージボードのようなものが構内いたるところに設置されています。

今回はこれを見て思うことをつづってみようと思います。

多くの反戦の文字が並ぶキャパス・・・そこで、「反対」ということについてふと考えた。全ての戦争にただやみくもに反対するというのはあまりにも理念が無いのではないか。たしかに、戦争は対話や議論をも破壊してしまう最大にして最悪の暴力行為だ。かつての太平洋戦争の悲惨な状況を体験した敗戦国の一員として、世界の平和・安定・繁栄を希求する地球市民の一人として戦争には反対である。しかし、やみくもな「反戦」に理念があるのだろうか。議論があるのだろうか。私には、やみくもな「反戦」は戦争という行為が起きてしまってからの受動的な反応としか見えない。そんな「反戦」は戦争が起きてからの結果論でしかないように思う。

 紛争が懸念される地域の貧困や飢餓の撲滅など、未然に戦争が起こらないように努力することこそ、真の反戦ではないだろうか。ただのやみくもな「反戦」は戦争解決の為の何の根本的解決にもならない。結果論的に批判することも大事だが、学生として未来に向けた建設的な議論をするために、そして、責任ある未来を創るために「反対」だけではなく、根本的な原因から議論を積み重ねてゆく必要性をあらためて感じた。

 

今回は以上で。



11月28日☆Enpower Japan フォーラム手伝い

先日は衆議院議員長島昭久事務所主催で「Empower Japanフォーラム」が行われました。長島事務所からのお誘いで党本部学生部もお手伝いさせていただきました。

当日は長島議員の他、前原衆議院議員と自民党の議員さんがいらっしゃってテロ特措法をはじめとして、これからの日本外交の行方について議論が深められました。

 

会場は大盛況で立ち見が出ていました

テロや外交に関する議論の後は、交流会が行われ、民主党や自民党の議員さんをはじめとしてジャーナリストの桜井よしこさんや、金美齢さんがいらっしゃって日本政治に対する思いを語っていました。

改めて、党派を超えて日本の事を本気で思う議員さんたちの姿には感動しました

 

学生部にとっても有意義なものとなりました。長島事務所の方々大変お世話になりました。今後も宜しくお願いします。

 

それにしても、学生をあれだけ集められる長島事務所はすごいです

我々も見習うところが大です

 

現在は12月13日に新宿でインターンOB・OGと学生を集めて、忘年会をかねた交流会を行う予定です。

学生同士のネットワークを確認するつもりです

このブログを読んでいる方も是非いらして下さい

条件は「やる気」と「本気」でしょうか。今後ともよろしくお願いします