2008年03月

2008年03月11日

代表のつぶやきァ。。

今回は、機会あって参加させていただいた青年局の勉強会「米オバマ候補のコミニュケーション戦略」の感想を。

勉強会で米国大統領予備選における民主党ヒラリー氏とオバマ氏の比較で抱いた印象はオバマ氏が戦術級の積み重ねといった戦いをする戦闘指揮官タイプでありヒラリー氏は大局を見据えた(つまり本選挙に集中投資をする意志などが主にそれであるが)参謀的なタイプであるということである。戦術の勝利が戦略という大局、もしくは全体の勝利につながるというのは理想であるが、現実や諸要因の現状を認識した上での理想の実現でないと意味がないし、勝利という形は残らない。勝利の積み重ねは大きなゴール・目標が見えていれば積み重ねは失敗しないし、むしろ周囲を巻き込み、小さな勝利が大きな原動力ともなりうることを学んだ。と同時に、学生や草の根活動の動員など小さなアクターが(むしろ、結集して大きな力としてという修飾語をつけた方が適切かもしれないが)大量に動員されているという点も特筆すべき点だ。こうした運動の成り立ちが民主党と似ていて興味深い。米国と比較して先進国の中でも少子化が進行しているわが国にとって、今後、数が益々減少してゆく学生の動員は政党にとってためらわれることだろう。しかし、学生が牽引する(少なくとも私はそう思う)無党派層という「山」は積極的に働きかけてゆけば必ず動くと私は強く確信している。「山」が動き、政治に激震が走った時、「山」は風となり、林となり、火となり、国を動かす。日本が本気になれば世界が動く。資源も少ないという逆境にありながら、「あるものを生かす」という発想で21世紀を引っ張ってゆく。遥か太平洋を越えて、若い波が日本に打ち寄せるだろう。新しい黒船は国内に潜在的に眠っている。

 もちろん、オバマ陣営のメディア、とりわけテレビに対する認識はかなり高い。しかし、若者に光が当たる戦いであることに大きな魅力と可能性を感じる。だから、米国は強いのだと思いつつも、日本にもそのポテンシャルはあると確信している。我々もその一翼を担いたいものだ。



2008年03月08日

3月6日☆拉致問題緊急講演会

d2cde9c1.JPG

3月6日、衆議院議員松原仁代議士を講師に招き、北朝鮮外と

拉致問題についてお話していただきました

今回の企画は、最近妙に下火になっている拉致問題に再び焦点をあて、もう一度日本の外交姿勢を問いなおしてみようということで学生部が企画しました

当日は、インターンシップ生が40名程集まり、松原代議士の言葉に熱心に耳を

傾けていました。講演は非常に好評で、「拉致と外交を見つめる良い機会になっ

た」「松原代議士の外交に対する真摯な思いに共感する」など積極的なコメントを感想としていただきました

 

講演の中で、アメリカの北朝鮮に対する「テロ支援国家指定」解除をめぐって

「拉致は日常継続するテロである!」という印象的な言葉を残しておられました

 

また、代議士の講演の後、映画「めぐみ〜引き裂かれた家族の30年」を鑑賞し、拉致問題に対する認識を深めました。

松原代議士、お忙しい中、どうもありがとうございました。

松原仁オフィシャルサイト:http://www.jin-m.com/index.html



2008年03月04日

2月28日☆福山哲郎参議院議員講演会

61f8f9fa.JPG

さる2月28日、「逆転参議院〜民主党の政策提案」と題して

福山哲郎参議院議員より、民主党の参議院でのあり方や参議院議員として逆転した時の興奮・抱負を伺いました

、国政・国が大きく変わる瞬間を認識したとともに、これまでにない緊張を覚えた

こと、国政をつかさどる上での難しさ・・・議員にしか分からない苦労など新鮮な

話が聞くことができました

 

その後、政策秘書さんより参議院逆転後と前での仕事の違いなど政策に携わる

上での貴重なお話を伺いました