代表のつぶやき

2008年03月11日

代表のつぶやきァ。。

今回は、機会あって参加させていただいた青年局の勉強会「米オバマ候補のコミニュケーション戦略」の感想を。

勉強会で米国大統領予備選における民主党ヒラリー氏とオバマ氏の比較で抱いた印象はオバマ氏が戦術級の積み重ねといった戦いをする戦闘指揮官タイプでありヒラリー氏は大局を見据えた(つまり本選挙に集中投資をする意志などが主にそれであるが)参謀的なタイプであるということである。戦術の勝利が戦略という大局、もしくは全体の勝利につながるというのは理想であるが、現実や諸要因の現状を認識した上での理想の実現でないと意味がないし、勝利という形は残らない。勝利の積み重ねは大きなゴール・目標が見えていれば積み重ねは失敗しないし、むしろ周囲を巻き込み、小さな勝利が大きな原動力ともなりうることを学んだ。と同時に、学生や草の根活動の動員など小さなアクターが(むしろ、結集して大きな力としてという修飾語をつけた方が適切かもしれないが)大量に動員されているという点も特筆すべき点だ。こうした運動の成り立ちが民主党と似ていて興味深い。米国と比較して先進国の中でも少子化が進行しているわが国にとって、今後、数が益々減少してゆく学生の動員は政党にとってためらわれることだろう。しかし、学生が牽引する(少なくとも私はそう思う)無党派層という「山」は積極的に働きかけてゆけば必ず動くと私は強く確信している。「山」が動き、政治に激震が走った時、「山」は風となり、林となり、火となり、国を動かす。日本が本気になれば世界が動く。資源も少ないという逆境にありながら、「あるものを生かす」という発想で21世紀を引っ張ってゆく。遥か太平洋を越えて、若い波が日本に打ち寄せるだろう。新しい黒船は国内に潜在的に眠っている。

 もちろん、オバマ陣営のメディア、とりわけテレビに対する認識はかなり高い。しかし、若者に光が当たる戦いであることに大きな魅力と可能性を感じる。だから、米国は強いのだと思いつつも、日本にもそのポテンシャルはあると確信している。我々もその一翼を担いたいものだ。



2008年02月24日

代表のつぶやきぁ。。

932a62a4.JPG

おひさしぶりです

学生部有志(代表、副代表・計2名)はアフリカ横断旅行を決行し、先日、無事日本に帰って参りました。

モロッコに1週間、ベナン共和国に6日、そしてかつての宗主国フランス本国を巡って参りました

様々な人々と交流し、異国の町を足を使って歩き、異文化差異を肌で感じました。他国の文化を「異文化」と思ってしまうところに、もはや差異が生じてしまうのかもしれませんね。日本で当然と思って、自分の行動様式に染み付いてしまっていることそのものが、他の国では非常識であったり、危険であったりする。

「日本を出て見ると分かることがある。」なんて記述が異文化論を論じた本には多々、散見されるけれどもそうなんですね。離れてみて感じる「日本」が確かにそこには存在するんだということを約2週間毎日認識しました昔読んだ本に、本国では信仰に対する認識が薄かったムスリムがカナダに移住するようになって、「イスラム」世界と、そしてなによりも自身のアイデンティティが「イスラム」であることに気づき毎日欠かさず、礼拝をするようになったとか。

安易な海外旅行が批判されたりする風潮がまれにあるけれども、目的意識の伴った海外旅行は危険が明白でない限り奨励されるべきではないでしょうか「目的意識」なんて難しいことでなくても「・・・だから」この国に行きたいという漠然とした思いでもよいではないかと。

特に、学生旅行というのは、政治家のように、ファーストクラスで、ガイド付きでなんて旅行よりよっぽどリスキーですが、リターンは政治家以上だと思います。

海外旅行の良いところは端的に申し上げて、2つ。1つは、「他」が見えるということ。そして2つめは「自分」を嫌でも認識できるようになること。

ほら、どこかで聞いたことありませんか「敵ヲ知リ、己ヲ知レバ百戦危ウカラズ」。

写真は、ベナン共和国国会議事堂の前で、日本語を勉強する我が友人フンスー・ベンジャミンと。

 



2008年01月25日

代表のつぶやき.。。

20de5cef.jpg

今回は代表、北海道放浪記ですが気にせずに・・・笑。

冬休み、私は北海道学生部の代表と共に、小樽へ行ってきました

 

北海道では、昨年の女性議員フォーラムで知り合った山口かずさ札幌市議の事

務所に挨拶に行ったり、北海道代表と懇親を深め日本の将来について意見交

換できたことは非常に有意義でした。(その話の流れで小樽に行ってしまったのですが・・・笑)

 

ふらっと思い立ったら、後先考えずに行動してしまう癖は克服せねば

ある意味学生のみに許される事でしょうか?!

今年はインターナショナルに放浪しようと思っています

てなわけで2月はアフリカに行ってきます。アフリカはこれから発展可能性が期待できる地域であり、多額のODAを投資している日本にとって、コンゴの動乱やダルフール問題は決して遠い異国での出来事ではないはずです。

ちなみに今回はベナン、モロッコ、フランス放浪の予定です。これらには一つ共通点があるのです・・・実は、全てフランス語圏。ベナン、モロッコは正確にはフランスの元植民地です。ベナンは黒人圏だし、モロッコはイスラム文化圏。リンケージさせて、多角的に色々見られるかと思ってこれらを選択しました。

今からワクワクしてきます

 

写真提供は北海道代表。



2008年01月01日

あけましておめでとうございます☆

あけましておめでとうございます

 

いよいよ、年もあらたまって2008年平成20年です

ちなみに昭和に換算すると83年だそうです・・・笑

 

昨年にも増して充実した日々が送れるように、日々、一生懸命活動してゆきたいと思います。今年度は総選挙も予想され、政治に期待されることの多い年になるでしょう。そんな中で、「政治家」とは異なる発想と感覚で行動することが学生には求められています。

学生ならではの「青い」視点を大切にしながら2008年を有意義なものにしてゆきたいと思います。

 

本年度もよろしくお願いします

 

民主党本部青年局学生部

第4期執行部 代表  佐藤 正幸



2007年12月01日

第一回代表のつぶやき。。。

少し時間のある時に時に学生として、時に少しまじめに・・・思うところを書いてみようかなと思いました。

故に、特別な動機はありません。代表個人的な意見ですので党の考え方や姿勢とは全く関係ないし学生部の総意でもありませんので最初にご了承ください。

 

私の大学では、(大体常にですが・・・笑)反戦への広告というかメッセージボードのようなものが構内いたるところに設置されています。

今回はこれを見て思うことをつづってみようと思います。

多くの反戦の文字が並ぶキャパス・・・そこで、「反対」ということについてふと考えた。全ての戦争にただやみくもに反対するというのはあまりにも理念が無いのではないか。たしかに、戦争は対話や議論をも破壊してしまう最大にして最悪の暴力行為だ。かつての太平洋戦争の悲惨な状況を体験した敗戦国の一員として、世界の平和・安定・繁栄を希求する地球市民の一人として戦争には反対である。しかし、やみくもな「反戦」に理念があるのだろうか。議論があるのだろうか。私には、やみくもな「反戦」は戦争という行為が起きてしまってからの受動的な反応としか見えない。そんな「反戦」は戦争が起きてからの結果論でしかないように思う。

 紛争が懸念される地域の貧困や飢餓の撲滅など、未然に戦争が起こらないように努力することこそ、真の反戦ではないだろうか。ただのやみくもな「反戦」は戦争解決の為の何の根本的解決にもならない。結果論的に批判することも大事だが、学生として未来に向けた建設的な議論をするために、そして、責任ある未来を創るために「反対」だけではなく、根本的な原因から議論を積み重ねてゆく必要性をあらためて感じた。

 

今回は以上で。