セブの学校生活

2013年05月17日

セブの運動会



うちの地域(日本です)では今年は6月頭に運動会なので、
運動会ネタで(^^;)



セブ島通信(だったと思う)で読みましたが、
セブでも運動会をされたようで、みんないい顔している記事がありました(^^)
http://www.jac.ph/2012undoukai/2012undoukai.html



こういう大がかりな大運動会だけではなく、
住んでいる所で住民運動会もあるそうです。



住民運動会の場合は、運動会と言ってもただ走るだけだそうですが・・・
住んでいる人たちと仲良くなれるチャンスがあるのはいいですね!
(運動会の後はみんなで飲んだり食べたりお祭りのようになるそうです)



日本の運動会は、最近は学校の運動会くらいしかありませんし、
デジカメ・ビデオカメラ・脚立を準備した父兄が朝早くから
学校前に行列を作り場所取り。



一眼レフを持っているママも結構いて、
みんなの気合にちょっとついていけてません(汗)



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レッド EF-S18-55IS2レンズキット KISSX50RE-1855IS2LK
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レッド EF-S18-55IS2レンズキット KISSX50RE-1855IS2LK [エレクトロニクス]



こういうやつ↑ですね~。でも、


どんだけ高いんや?


と思ってみてみたら、意外と3万円ちょっとと思ったより安いです。


普通のコンパクトタイプでも3万円ちょっとするので、
こういうのもアリかもしれません。


でももしセブに移住したら・・・撮影係ではなくできれば「走る」側で
参加したいです(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村











cebu935 at 08:51|PermalinkComments(0)

2013年05月03日

セブの若い子たちの働きぶり&英語の必要性

画像1


東南アジアの人は時間にルーズとか、だらだら仕事をするとか、
何となくなまけものチックなイメージも
あると思うのですが、セブで見た店員さんは
みんなキビキビ働いていて見ていて気持ちがいいです。

フィリピンの場合仕事が少ないので、
しっかりやらないと代わりはいくらでもいる状況なので
みんなよく働くと言っていました。

アメリカ企業などのコールセンターが、
中国やインドからフィリピンへ移ってきているそうですが、
人件費が安い事の他にフィリピンは中国やインドみたいに
お金で転職してしまう事が少なめで定着率が良いようです。

0歳が1番多く人口がこれからどんどん増えるので、
人件費が上がらないとも言っていました。

日本は少子高齢化ですが、仕事が国を超えて
受注競争になると日本の人件費もそれに合わせて下がるのではないかとの心配もあります。

日本だけじゃなくて、海外でも仕事ができる
スキルが必須になると感じています。

フィリピンは学校の授業がタガログ語と英語で
行われているので、みんな英語がペラペラです。

うちの自治体は小学2年の英語授業が1年10時間なのですが
レベルが違いすぎて笑えます(^_^;)

フィリピンの中学生にこの話をしたら笑われましたが、
子供には英語の必要性を強く感じています。


にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村





cebu935 at 15:11|PermalinkComments(0)

2013年04月18日

毎日家庭教師さんが月数千円で・・・



セブに住んでいる方に、旅行の際「セブの学校も見てみたい!」
とリクエストしたのですが、あいにく私たちが行く日程はお休みだそうで・・・


でも、


チューター(学校から紹介される家庭教師) をつけているので、
タイミングがあれば見てください。



と メールに書かれていてびっくりしました!



日本でも家庭教師をつけているご家庭はあるかと思いますが
せいぜい週1~2くらいのイメージ。



毎日来てもらって(時には職場にも来てもらって)、月数千円って・・・
ちょっといいわぁ(笑)



セブの学校事情はまだよく知らないのですが、
(一応ちょっと検索しましたが、よくわかりません(^^;))
そこの息子さんは日本でいう年中か年長さんからセブに行って
学校(幼稚園?語学学校?私立の学校?不明です)に通っているそうです。
ちなみに今年、日本でいう所の小1のお子さんです。



そして、学校の勉強は意外にも厳しいのだそう。
(どうしても読み書きが遅れているそうです。日本語オンリーやったもんね・・・)



で、落ちこぼれを出さないために、学校の方で授業の後
先生を個別につけてくれて生徒それぞれをフォローアップしてくれるのだそうです。



フィリピンで住むことになった場合、勉強ってどうなんだろう?
って思っていたのですが、 内容はわかりませんがとにかく熱心だと
いうことがわかりました。



言葉が通じない国での授業は大変だと思いますが、
こういう環境をお子さんに与えた親御さんの勇気に愛を感じます。






にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


 


cebu935 at 21:55|PermalinkComments(0)