セブで起業

2013年06月17日

セブのビジネス事情



セブポットセミナーでお聞きした話のまとめです~


セブポットさんではビジネス視察のサポートや
会社設立などトータルでサポートされているそうですが、
フィリピンでは日本人を狙ったビジネスが広がっているそうです。
(ユニクロ・五右衛門・無印・山頭火など・・・)


セブでのビジネスについては、マーケットが小さいので
大きくビジネスをした場合はマニラの方がおすすめ。


セブでは手の届く範囲で小さくビジネスを始める事ができます。


どちらかというと女性向きで、
生活がちょっとゆたかで、自分が輝けたら幸せ という感じ。
何億もかせげるビジネスはできないとの事。


セブはムラ社会なのでリピーターを大切に・・・


日本人がフィリピンでビジネスを始める場合、
日本では下降気味のビジネスであっても、フィリピンにはまだないものの場合、
日本のビジネスモデルを真似してできるし、
今後の展開が読める(先が読める)所が強みになります。


例えばセブでは最近ヨガやオーガニックのものが入ってきているそうですが、
日本では何年も前に入ってきたものです。


あと、低価格でビジネスをスタートできる、
プロセスを踏めば会社設立のハードルが低い、
労働ビザが取りやすいのもフィリピンのいい所です。


でも何と言っても一番いいのは、親日国であること。



あなたが日本人だから助けてあげるんだ



という場面が何度となくあったようです。
先人の日本人がフィリピンで築いた信用のおかげです。


フィリピンでビジネスを始めての失敗(日本と違う所)は、


・税金支払ついて

売り上げに対して12%支払うので、経費がたくさんかかって赤字でも
売り上げの12%支払わないといけない。
(この辺りは日本の方が親切)


・経費にできるものできないもの

オフィシャルレシートがあるものだけ経費計上できる。
給与や家賃は経費にできまい。


・日本人スタンダードはアジアスタンダードじゃない

仕事に求めるクオリティを提案しないといけない。
言われた事をうのみにせず目で見て確認する必要がある。


・フィリピン人とのおつきあい

日本人と同じ感覚で付き合わない(察してくれない)。
こうしてくれる、ここまでやってくれるだろうはない。
日本の価値観を押し付けない。
やって欲しい事はハッキリ言う。
ダメな事もやんわりとハッキリ言う(諭す)。



あと、実際のビジネスについては、
フランチャイズで始める方が多いようです(コンビニ・スパなど)。


例えばスパの場合、小さいスペースでベッドが数台ある感じのお店で、
開業に約100万円くらいかかり、利益は軌道に乗った場合、
月5~10万ペソくらいだそうです。


最近は日本資本の語学学校が増えていますが、
韓国系の会社を買収して内装などを変更してオープン
される会社もあるようです。


日本人向けのビジネス増えると暮らしやすくなるので、
どんどん増えて欲しいな~と思います♪



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村


cebu935 at 20:52|PermalinkComments(0)

2013年05月11日

日本の美容学校のブランド力

電化製品は全然ダメだけど、


日本ブランドもまだ捨てたもんじゃない


と思えるのが、日本の美容学校のブランド力です。


日本を模範としたい国では、日本の美容学校で技術を学び本国に帰ったら、


日本の技術を学んだ美容師として即開業


するのだそうです。


日本だと普通は学校を卒業してから
数年美容院で下積みをして技術を磨いてから開業



ということなので、「えっ!?それでいいの!?」って感じですよね(笑)
※ただし欧米以外の国。欧米は自分たちの技術が1番だと思っているので・・・


実際のところ日本人の髪のカットは難しいそうで(欧米人の方が簡単)、
国によっては、


日本人が海外で開業しただけでカリスマ美容師


になれるかもしれませんね~
(逆に欧米人の髪は染めるのが難しいのだそう。日本人の方が簡単)


手に職があるって強いですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村




cebu935 at 15:05|PermalinkComments(0)

「社長」の価値がぐ~~~~んとアップ!なセブ(フィリピン)




実はラーメン屋だなんて

とても言えません




「あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 」
という本で、



日本だとタダの中小企業の社長なのに、
その国が好きでビジネスを行っていると言うと
政治家など有力者の方々といとも簡単にお会いすることができる




という事が書かれているのですが、
セブで出店された社長さんもそれを地でいっています。



それこそ「ラーメン屋なんてとても言えない」という状況だそう(笑)
フィリピンのお金持ちは、想像つかないくらいお金持ちだそうです。



sDSC04047


例えばシャングリラ↑を貸切で結婚式をするのはほんの序の口です。



そんな超セレブな人と知り合いになれるチャンスは
日本で中小企業の社長をしていても絶対ありませんが、
海外だとそれも可能で、日本にいては一生得られないような
人脈を作るチャンスに出会える可能性があります。



下記の本に、


あなたの人生が100倍楽しくなる


というタイトルがついていますが、
海外で商売すると本当にただ日本で商売しているより
100倍おもしろい人生になる可能性があり、ワクワクしますよ♪




あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ)
あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ) [単行本]





にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

cebu935 at 14:51|PermalinkComments(0)

2013年05月02日

巨人のようにスター選手ばっかり集まってしまう・・・セブの採用事情



セブ(フィリピン)は職が少なく、
1つの求人に1,000人くらい応募してくるような状況だそうです。


直接採用するとえらい事になるので、派遣会社を利用し、
書類選考~心理テスト~面接を経て優秀な人材を採用します。


ただこのシステムだと、巨人のようにスター選手(いい人材)
ばっかり集まってしまうのだそうで、チームとして動くと
頭が飛び出してしまう子が出てくるそうです。


お店の運営についてはマネージャーも雇っているので、
(そういう専門の会社があるそうです)マネージャーがそういう部分も
判断して、人を切ったり(雇用期間を延長しない)しているそうです。


優秀な子をクビにしちゃうのはもったいないけど、
優秀なマネージャーがいるからお店の運営がうまくいくのでしょう。


マネージャー採用についてもちゃんとプロがいるそうで、
こちらが「この子は完璧だ」と思った子でも、
「この子はコンピューターのスキルが人並なので、
仕事の効率が落ちます」と言ってアウト・・・


人材はいくらでもいるので人並じゃダメという厳しい世界です。


日本人が職を探す場合も、日本人だから・・・というのは
あまりスキルにもならないし、給料を高くする理由がないと思いますので
かなり厳しいと思います。


一般的なフィリピン人の給料は安いですが、
こういうマネージャークラスになると、結構いい給料(8万ペソ以上)だそうで、
そういう人はITパークで働き、家賃2万ペソ~のちょっといい物件に住んでいる
エリートだそうです。


寿やのお店運営について
http://www.cebu-fudosan.com/contents/shop/#entry-13



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村




cebu935 at 22:39|PermalinkComments(0)

2013年04月24日

セブ店で働いてもらう現地スタッフはどうやって探したのですか?



お客様がセブで出店され、


一度お店を見てみたい!


 そこからスタートしたセブ旅行計画ですが・・・


現地スタッフの方ともうまくいっている&
みなさん仲が良いそうです。


そんなスタッフさんとどうやって出会ったのかというと?


派遣会社を利用しているそうです。


労務関係は派遣会社からの請求書1本のみ。

基本的にセブのスタッフはよく働くし、優秀な子が多いです。

労務関係のプロがいて採用時の試験や、定期的な監視、監督などをしてくれます。

したがって、事業主はあまり人の問題に煩わされることはありません。

しかし、それは私が使う仕組みを使えばの話です。
 

との事です。 


自分で探して雇用して・・・となると面接だけでも大変ですし、
慣れない海外での労務関係の労力がかかるのはしんどいですよね。


どこの会社を使っているかは知りませんが、
人を雇って事業を始める時、


信頼できる派遣会社を使う 


これを知っているか知らないかでずいぶん差がでるのではないかと
思います。


採用試験も、「優秀な人材を雇うんだ」と姿勢で、
筆記から始めて心理テストを経て面接、という3段階で採用を決めたそうです。


優秀な人材を集めて、チームで運営していく。
仕事をスタッフに任せられるようになったら、 自分は経営に専念できるそうです。


ちなみにこちらの社長は、カタコト英語と、どうしてもダメな時は
iPhoneの自動翻訳機能でやり取りしているそうです。



何とかなりますよ。きっと。



実際に出店された方のお店の運営について(セブ不動産.com)




にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村



 

cebu935 at 20:56|PermalinkComments(0)

2013年04月19日

働きに行くというより起業(現地の人が働ける仕事をつくる)



お金がないから東南アジアで生活、という選択をすると、
もっとお金がなくなるので危険だなぁ・・・と感じています。


資産がたっぷりあってゆとりがある年金暮らしができる人はいいですけどね。


相続税がかからない?とか安いとか?
海外に住んでいるメリットがある富裕層ですね~(うらやましいわ。そんな悩み)


普通の人でも、そこそこの金額をもらっている人や
年金が少なくても貯金がそこそこある人も大丈夫でしょう。


いくら海外が安いと言っても、いつまでも安い(円高)とは限りませんし・・・
円安が進んだら年金が目減りします。


10万円で生活できていたのに倍の20万必要になる可能性だって
ありますよね。
まぁ日本もインフレでさらに倍必要になってるかもしれませんが。


とにかく、収入が得られない状態で海外移住は危険だと感じています。


かと言って就職はというと、現地採用だと物価が安いから
給料も安いですよね。


現地で住むには問題ありませんが、日本に帰ろうと思った時に
お金がなくて帰れません。


沖縄に住んでいる人もそんな事を言っていました。
給料が安いので本土に出れないと。(飛行機代って高い・・・)
物価も安いので生活はできますけどね。


物価が安い国に行って働く、資産も増やしたいなら、
起業が一番かなぁ・・・と思います。


フィリピンの平均月収が2万円とすると、日本人一人のお給料(20万円)で
フィリピン人10人雇えます。


多少能力差はあるかもしれませんが、日本人1人以上の働きは余裕でしょう。
仕事内容にもよるかもしれませんが。


現地で起業して、人を雇って英語でコミュニケーション・・・・
ハードル高いなぁ・・・


でも、日本語もできる人を1人雇うとか、何かやり方あると思うんですよね。
現地の日本人も雇って手伝ってもらうとか。


移住先に貢献もできますし、こういうチャレンジをする人に
来てほしいのではないかと思います。


製造業がセブに進出するメリット(セブ不動産.com)



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村




cebu935 at 21:49|PermalinkComments(0)