フィリピン本

2013年05月16日

もしセブにツテがなければ、間違いなくジョホール・バルを選んでいた




もしセブにツテがなければ・・・

間違いなくジョホール・バルを選んでいました




ジョホールバルをご存じですか?



シンガポールとマレーシアの国境の町で、
国はマレーシアになります。




セブと同じように、


・地震・津波の心配がない

・物価が安い(セブの方が安いですが)
 週末はシンガポールからの買い物客でにぎわうそう

・リゾート地で住みやすい

・日本料理店やおいしいレストランもあり食べ物に不自由しない

・銀行口座を持つ場合、金利が日本より高い



など、いい面がたくさんある街です。




セブ(フィリピン)よりいいなぁ・・・と思う面は、


・シンガポールに近いので、英語+中国語がマスターできる
(中華系の学校の場合)

・世界的に有名ないい学校がある
(マルボロカレッジ)



教育面でマレーシアいいですね~

セブ(フィリピン)もインターナショナルスクールや日本人学校があるので、
教育面は大丈夫そうな感じですが。




逆にマレーシアよりセブ(フィリピン)の方がいいのは、


・メイドさん(例:フィリピン月1万・マレーシア月2~3万)、運転手さん、
 介護スタッフ(例:フィリピン月2万・マレーシア月5万)を雇う場合の
 人件費がマレーシアより安い



ですね。




どちらの国でも心配なところは、


・日本より治安が悪い(セブは比較的良いそうですが)


という点でしょうか。




(マレーシアとの比較ではなく)フィリピンのいい所は、


・とにかく明るく人懐っこい人が多い
(日本みたいにみんな暗い顔をしてない)

・日本の高度成長期のような活気がある



という所ですね。




どちらの国を選ぶとしても、ちょっとワクワクしませんか(^^)



あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ)
あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ) [単行本]



ホント、ツテがなければこの本↑で紹介されているジョホール・バルを
選んでいたと思います。




cebu935 at 21:06|PermalinkComments(0)

2013年05月07日

Kindle(キンドル)が欲しくなった理由




Kindle(キンドル)が欲しくなった理由は・・・


Kindle版しかないから(^^;)



35歳で日本を脱出!200万円でフィリピンに永住しよう!
35歳で日本を脱出!200万円でフィリピンに永住しよう! [Kindle版]


大人気 格安フィリピン英語留学! 成功の秘訣は事前のトラブル回避術にあった! (バックパッカー新聞 出版部)
大人気 格安フィリピン英語留学! 成功の秘訣は事前のトラブル回避術にあった! (バックパッカー新聞 出版部) [Kindle版]



結局Kindle買うのがなぁ・・・と思い、この本買っていないのですが、
iPhoneにKindleアプリを入れて、お試し版は読みました。


電子書籍ってどうなのよ?って思っていたのですが、
海外旅行の時もかさばらず持ち運べるのは便利ですね。


ぜひiPhoneお持ちの方は「試し読み」お試しあれ♪



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村





cebu935 at 09:10|PermalinkComments(0)

2013年04月23日

ガイドブック買うよりコレを買うべし!



いよいよ今週金曜~セブ(フィリピン)旅行です。


フィリピンガイドブックは図書館で借りたのですが、
広く浅い情報&写真が多いので情報量が少ないなぁ・・・
と感じていました。


そこで、

金なし、コネなし、フィリピン暮らし!



という本を買ってみました。
フィリピンの参考書みたいな本です。


表紙がカラーでにぎやかな感じなので、ガイドブックみたいな
薄い本のイメージを思っていて、


高いなぁ・・・この本。


と思っていたのですが、めっちゃ分厚いんですよ。
中の文字も小さく情報量が多いし、ほんとに参考書みたいな感じ。
(カラー写真は少ない&中は基本白黒です)

 
Amazonのレビューも良かったのも決めてになったのですが、
ちょっと残念なのが、「マニラ」の情報がほとんどだった事。


でもセブでも基本は同じだと思いますし、
まったくフィリピンの事を知らなかったので、とても参考になりました。


参考書のような本だけど堅苦しくなく、読み物としてもおもしろいので
旅行に持っていこうと思っています。


いわゆるガイドブックに載っている情報はWEB上でも入手できるので、
使う情報だけ印刷すればガイドブックは不要かもしれません。


おすすめです♪









にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村




 

cebu935 at 15:20|PermalinkComments(0)