病院

2013年06月06日

海外保険は入った方がいい?海外の場合医療保険はどうなるの?

もしセブに旅行中に、留学中に、ロングスティ中に
病気になったら、


海外の場合医療保険はどうなるの?

病院はどうなるの? 日本語通じる?




といろいろ謎だったのですが、セブについてはスムーズに治療を受けられます。



まず、セブの病院について。


セブの場合は大きな病院が2つあります。
(セブドクターズ か チョーオンホスピタル)


ジャパニーズヘルプデスクへ行くと、
日本人スタッフと専門のドクターが待機しているので、
病院を紹介してくれて、スタッフが付き添ってくれます。


セブ滞在が90日以内の場合はクレジットカードの
海外旅行保険が適用され、キャッシュレスで治療を受けられます。


それ以上になると、海外留学生保険や海外駐在員保険に入り、
同じくキャッシュレスで治療を受けられます。



一般的には、海外保険に入る(クレジットカード含む)か、
保険に入らない選択があります。



保険に入る場合は上記のように治療費は保険から負担なので、
自分がお金を払う事はありません。



保険に入らない場合は実費を現地の病院で支払い、
あとで日本の健康保険(国民健康保険など)に医療費を請求
します。

※こちらの方のブログ記事がわかりやすいです。
http://ameblo.jp/wealthm/entry-11554248560.html


※病気の治療費は海外旅行保険と健康保険とダブルでもらえるので、
 海外旅行保険を使う場合も健康保険も申請してください。
 あと、保険付きカードを複数所有の場合、1枚だけ申請じゃなく
 カード毎に申請可能な場合があります。


※こちらの方のブログ記事がわかりやすいです。
http://ameblo.jp/wealthm/entry-11554969545.html




ただし、その場合支払われる医療費については
実際に支払った額ではなく、日本の医療費に準じた金額になるので、
自己負担がとてつもなく多くなる場合があります。



例えばアメリカで実際にあった話だそうですが・・・



出産のときに帝王切開になったそうなのですが、
その時病院から50万ドル(5,000万円)請求された人がいるそうです。



帝王切開は日本では数十万(3~40万?)のようなので、
医療費のほとんどは自腹になります。



ちなみにその方の場合は、アメリカに30万ドル(3,000万円)の
家をお持ちだったので、家を売却し支払い、残り20万ドルは
ローンで支払っているそうです。



というわけで、海外では保険は必須かと思います。




旅行など短期の場合は、クレジットカード付帯(無料)の保険でOK!

もし今お持ちのカードに海外旅行保険がついてない場合は、
楽天カードがおすすめです(年会費無料なので)。





留学やワークホリデーの場合は専用の保険があります






企業の場合(海外駐在員)は、各会社で保険に入られているようです。




にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

cebu935 at 20:54|PermalinkComments(0)