香港

2013年06月12日

中国にある山口銀行の利率は・・・



最近、


海外の銀行に口座を持たないと・・・


という流れを感じますが、


海外で銀行口座開設


というのが正しいようです。


例えば日本にあるシティバンクや中国銀行の利率は、
他の日本の銀行の利率と同じで0.05%とか超低金利なのですが、


逆に中国(海外)にある山口銀行の定期預金の利率は


5.5%


なのだそうです。


だから中国とか香港に行って銀行口座開設するツアーが
流行っているのね・・・


海外で開設した口座でも、日本のATMで入出金できる口座だったら、
日本にいながら海外の銀行へお金を預ける事ができますよね。


とても魅力を感じます。



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村




cebu935 at 09:04|PermalinkComments(0)

2013年06月02日

目的がなければ香港のHSBC銀行口座は作るべきではない



セブポットセミナーで海外投資について講演してくださった
WFCの方からお聞きした話です。



最近、



日本人が海外の銀行に

口座を持つことが厳しくなっている




という事で、日本の銀行より条件がいい
香港のHSBC銀行に口座開設を希望する方が多いそうです。


ちなみにどう条件がいいのかというと・・・


・ペイオフ(日本は1000万まで)がない
・相続税などが非課税



という事のようです。
(ネットで調べた事なので本当かどうかは裏付けなしです)



でもなんで、


目的がなければ

香港のHSBC銀行口座は作るべきではない



と言うのかというと、
口座を開設して1年以内にクレームになる事が多いのだそうです。



よくわからないのですが、普段あんまり使っていなかったら、
口座が休止か凍結になるそうで、その案内がメールで届くのですが、
非常にややこしい英文でわかりにくいようです。



その話をしてくださった人は、財布を無くしてクレジットカードも使えない時に、
HSBCに入れていたお金を引き出して使っていたのだそうですが、
残高がなくなりそのまま放置していたら、毎月の手数料が払えていなくて
凍結になったそうです。(今後3年間は口座作れないとのこと)



また、HSBC銀行に口座を持っている別の方も
ややこしいメールが届き、どうも内容がわからなかったので、
香港に行って銀行の窓口で聞いて手続きをしてセーフだったとの事。



この方はセブに10年住まれてビジネスもされているので、
英語は普通の日本人よりできる方です。



そういう方が見ても難しい英文の文書を理解して、
手続きのためにまた香港に行って・・・というのは、
普通の人には不可能です。



また、HSBCで口座を開けなくなったとしても、
他の所を探せばいい事ですとも言われていました。



例えば香港でビジネスをする、移住するなど、明確な目的がない方は
やめておいた方が良さそうです。



ちなみにこの話をしてくださったのはこちら↓の方です。
貴重なお話ありがとうございました!



WFC(ワールドフィナンシャルコンサルタンツ)
http://www.wfc.asia/



にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村





cebu935 at 12:53|PermalinkComments(0)