IMG_1289
 ※画像はイメージです

 ジョージア沈没生活中に何をしているのかというと、本を読んだり小説を書いたりしているといった話は前の記事で書いた。

 小説を本格的に書き始めたのは5年前くらい。
 特にプロ作家を目指しているというわけではなく、書きたい時に書きたいものを書く。
 要するに100%趣味である。

 もともとハードボイルド系の作品、戦争物とかスパイ物などを題材に書くことが多かったのだが、ある日ファンタジーラノベにハマって以降ブログの文章が厨ニ化する。

 そして最近新しく連載を始めたのもファンタジーラノベであり、ジョージア沈没Daysで浮いた時間をふんだんに使用し、連日投稿しまくっている。
 ――ので、この場を借りて宣伝いたします。

 * * *


 この世界は、異世界の罪人を罰する巨大な収容所だった――!?(キャッチコピー)

 一億総ブラック社会と揶揄される極東の小国で、年中無休で働かされる悲劇の社畜・黒野堕天男(ルシファー)は、ブラック労働と毒親の虐待により肉体的にも精神的にも限界を迎えつつあった……

 しかしある日、人間をやめたという奇妙な女シーと出会い、この世界は異世界の罪人を罰する監獄だったという衝撃の事実を告げられる。

 堕天男が元の世界で犯した罪とは?
 そしてシーが提案した、世界の救済法とは?

 黒が黒を喰う、殺伐とした地獄のような物語。

 * * *

 ……といった内容ですが、割とこのブログみたいなノリで書かれていますので、お暇な時にでも是非。
 反応がもらえたら、喜びのあまり公園でポルカ踊り出すと思います。