sky-1441936_1280


最近漫画も5巻まで出ているようなので早速読んでみましたが、実に原作の世界観を上手にドラマにしているなア、と感心してしまいました。はじめの数話はどちらかというと、昔のことを思い出しながら観ていて^^;。

ロンドンにいたころ(20年前とかですが^^;)、一時期私の周囲には結構何をやっているのかよくわからない人々が集まってきておりました。英国人特典で(抽選に当たったらしい)、月数万円で住めるカウンシルフラットを自分でリフォームして(結構家賃高く)観光客や駐在員に又貸ししていたり、ハローワークに行くふりをしながら生活しているのだけど、仕事を聞くと「私はミュージシャン」「画家」「パフォーマー」だと胸を張りつつ、日中ぶらぶらしている人々。お金は本当になさそうなのだけど、DIY好きで服もアクセサリーもフリマ素材から素敵に手作りしちゃったりして、妙に精神的にはクリエイティブで、豊かな感じで生きている。夜は毎日クラブに入り浸り。実際何度かクラブには連れていってもらったことがありますが、目的なく長時間入り浸ることが私には苦痛にしか思えなかったので(2時間が限度^^;)、残念ながらあまりこの方々の中には入れなかったかな。ちょっと凪ちゃんのパリピ体験にリンクしていて、なつかしかったです。

(ちなみにこの人種に似ている存在としては、私以上に旧い世代だとヒッピーがそれにあたり、ほんの10年くらい前はヒーラー系の方々で多かったような気がします。みんなそれぞれのやり方で自由を模索しているのかな)

原作を読むとより実感できるのは、この作品は『人の作り出す世界観とか常識』の中で、そこに必死に焦点を合わせて生きる人々と、そこから逸脱して、もっと広い、でも典型的な『社会から外れた世界観』の中で、自分軸で生きてゆく人々の対比が描かれていて非常に面白いですね。これまでの社会常識は、前者に合わせて生きるのが当たり前だったのだけど、きっとそれにずっと我慢に我慢を重ねてきた際に疑問が生じるようになった人たちが増えてきて、この作品のヒットにもつながったのかもしれません。すごく現代の全般的なエネルギー状況もそうだけど、特に現代人の「奪い合い」的なエネルギーの使い方みたいなのが描けていて、よくできているように思います。ご興味おありの方はぜひぜひ、読んでみてくださいませ☆ドラマもホントよく再現しているし、俳優さんがみんな素敵なので、おすすめかもです^^。