グラフィックス2


9月中は演目が全般的に面白そうだったので、実は数週間前に昼の部を見てきたのですが、幸四郎さんの幡随院長兵衛が非常に素晴らしく、びっくりしました。幸四郎さんの最近の躍進ぶりはすごいもので、数年前までは、「何でもソツなくこなすんだけど強い印象に欠けた」(失礼^^;)イメージだったのだけど、やはりその後見た夜の部で拝見した富樫や式部源蔵も、顔造りやたたずまいが落ち着いて軸が定まってきた感じ。染五郎君も大きくなってきてその責任もおありでしょうし、何よりも高麗屋に求められる膨大な役割をもしっかりと前向きに引き受けているうちに、立派になってしまわれたんだろうなア、と思います。ちょっと感動しました^^。将来が更に楽しみな方ですね。

グラフィックス1


とはいっても夜の部の奇数日は仁左衛門さんが演じる弁慶で話題の勧進帳が一番の見もの。席が花道寄りの後ろのほうで、最後の飛び六法が見えなかったのが残念でしたが、それでもすごい芸でした。。!

私が見たことがあるのは、幸四郎さんの弁慶(しかも3回も^^;)と、海老蔵さんが1回、白鷗さんが1回くらいで、それぞれの役者さんの良さを感じてはいたのですが、台詞の美しさ、昭和時代の歌舞伎を思わせるいい意味で古典的な言い回しやリズム、錦絵のような姿、気合や迫力を感じる真剣な表情。。すべてが別格。伝わってくるものが全く違う。と、珍しく目が釘付けになってしまいました。

これを見ると、若い役者さんたちはやはり、ある程度今風に演じ方を崩してしまっているんだな、ということがわかってくるくらい、大変に美しい狂言でした。また、義経役を孝太郎さん、駿河次郎役を千之助くんが演じていて、花道で並んだときの観客の万感の思いというか、感動が伝わってくるようで、じわじわっときました。多分、松嶋屋のファンの方々は彼等のこれまでの苦難や努力をよくご存じだと思うので、それも含めた上での思いがあるんだろうなア、と思いました。ひとことで言うと、人間国宝の本気を拝見した、という感じ。これは本当に一世一代だと思うので、歌舞伎が好きな方は見たほうがいいと思います。。!