「お礼の言葉」
 本日、この○○幼稚園から巣立って行きます60名の卒園児の保護者を代表いたしまして、ひと言、お礼のことばを述べさせていただきます。
 やわらかな日ざしに、花のつぼみも、ふくらみ始め、若草も萌え出す早春のこの佳き日に、わたくしどもの子どもたちのために、厳粛、かつ盛大な卒園式を執り行なっていただきまして、誠に、ありがとうございました。園長先生をはじめ、諸先生方に、保護者一同、厚く御礼(おんれい)申し上げます。
 また来賓の皆様におかれましては、公私共に、お忙しい中、御臨席を賜りまして、誠に、ありがとうございました。皆様からいただきました心温まるお祝いのお言葉と、励ましのお言葉は、卒園する子どもたちの胸に、深く刻まれたことと思います。
 そして只今、園長先生より卒園証書をいただく子どもの姿に、万感(ばんかん)の思いが、胸に迫ってまいりました。
 思い起こしますと、3年前に幼稚園の門をくぐりまして、あの幼かった子どもたちが、こうして、たくましく成長することができましたのも、先生方の親身で、熱心なご指導のおかげでございます。
 いろいろな園の行事に参加してきた子どもたちですが、特に、夏のお泊り保育では、お迎えに行きました時に、目を輝かせている我が子に、「夜は、どうだった?」、「よく眠れた?」とか、いろいろと聞かなくても、このお泊り保育で、すばらしい体験をしたんだろうなぁ、と実感いたしました。それと同時に、一晩中、見守ってくださった先生方のご心労に対して、手を合わさずにはいられませんでした。命を預かるご心労は、相当なものだと思います。本当に、きょうまで、ありがとうございました。
 子どもたちは、溢れんばかりの思い出を胸に、きょう、この幼稚園を飛び立ってまいります。行く手には、大きな嵐が待ち受けているかもしれませんが、この○○幼稚園で培った「生きる力」で、力強く、乗り切ってくれることと信じております。
 誠に勝手ではございますが、今後とも温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます。
 最後になりましたが、○○幼稚園の今後の益々のご発展と、園長先生をはじめ、諸先生方の、ご健康と、お幸せをお祈り申し上げまして、お礼の言葉とさせていただきます。
 長い間、どうも、ありがとうございました。
 平成18年3月24日
 第24回、卒園児 保護者代表  ○ ○ ○ ○

*追伸です。(以下の文章は、小学校の卒業式の「お礼の言葉」のためのコメントです。)

 平成18年3月に、次男が小学校を卒業し、その時、お世話になった小学校に対する「謝辞」である「保護者代表の言葉」を依頼されました。文章を考えるのに、だいぶ苦労しましたので、同じ境遇の皆様のお役にたてればと思い、ブログにいたしました。(平成24年2月現在で、全国には、公立、私立を合わせて、小学校は、21721校、幼稚園は、13299園あるそうです。)
 わたくしは、教育に携わる者ですので、小学校の「入学式」、「運動会」、「卒業式」に、来賓として、お伺いする機会がございます。ある卒業式で、明らかに、わたくしのブログを読んでくださったと思われる保護者代表の方の「お礼の言葉」を拝聴したことがございますが、素直に、うれしく感じました。ありがとうございます。
 一般的な卒業式(卒業証書授与式)の式次第として、「閉式の辞」の後に「保護者代表の言葉」が、きます。「保護者代表の言葉」を「閉式の辞」の前に入れると、保護者から「お礼の言葉」をもらえることを前提に、卒業式の式典を進めていることになるからです。
 それから、この「保護者代表の言葉」ですが、本当は「保護者よりお礼の言葉」「保護者より謝辞」と書きたいところだと思います。しかしそれでは、あからさまに、「お礼の言葉」を要求しているようで、おかしいので、「保護者代表の言葉」にしてあるのだと思います。
 (幼稚園などでは、普通に「保護者よりお礼の言葉」と書いてあって、「終わりの言葉」の前に「保護者よりお礼の言葉」があったりします。これには、幼稚園の保護者代表の方が、「私の挨拶は、卒園式の式典の中ではなくて、付録のような存在なんだ」と、勘違いされて、気分をわるくなさらないように、という園長先生のご配慮が、うかがえます。同じように小学校の卒業式で、「閉式の辞」よりも前に、「保護者代表の言葉」がある場合は、校長先生のご配慮だと思います。)
 「保護者よりお礼の言葉」「保護者より謝辞」と違って、「保護者代表の言葉」には、「お礼の言葉」や「謝辞」という言葉が入っていないので、「来賓代表のご挨拶」と同じように、卒業生にも「ひと言」おっしゃる保護者代表の方がいらっしゃいますが、少し違っていると、わたくしは思っています。
 ただ「PTA(父母教師会)会長の言葉」の場合は、卒業生の皆さんに、お声をかけてくださるのは、普通のことだと思います。卒業生の皆さんへ、お祝いの言葉と励ましの言葉、保護者の皆様に、お礼の言葉、校長先生をはじめ、諸先生方に、お礼の言葉をかけられたりします。
 それから保護者代表の過半数の方は、「謝辞」と、最初に言われて、「保護者代表の言葉」を 読まれていきますが、「お礼の言葉」の方が、お礼の気持ちが伝わると、わたくしは思っています。(卒業生の皆さんや、来賓の方も含めて、聞かれている全ての皆様に、心が伝わると思います。)

 卒業式のことを思い起こしますと、卒業式が終わって、教室に戻りました時に、担任の先生から「わたしは、今まで何回も、6年生を受け持っていますが、卒業式で、涙が出たのは、今日が初めてです。」と、おっしゃってくださいました。「小学校、○○先生、○○先生」と、お名前を申し上げたことが、よかったのかなぁ・・??。 それとも、「命を預かるご心労」のところでしょうか。 いまだに、わかりません。
 また、この「小学校」という言葉は、校長先生をはじめ、6年の担任の先生以外のすべての先生のことを含めた(表わした)つもりでしたが、この意図が伝わったかどうかは、わかりません。
 「すばらしい学校生活を考えてくださったり、見守ってくださった小学校のすべての先生方、とくに、担任をしてくださった○○先生、○○先生に・・・・」という表現も、考えられますが・・・・。 「うーん。」 文章を考えるのは、とっても、むずかしいですね。
 それから、これは挨拶をされる方の「好み」「個性」ですが、「卒業式を挙行」や「ご健康と ご多幸」という、かたい表現は、やめて、「卒業式を執り行う」や「ご健康と お幸せ」という、やわらかい表現を選びました。でも、これは「好み」ですから・・・・。それから、かたい表現ですが・・・・「御礼」の後に「申し上げます。」と続く場合は、ふつう「おんれい」と読みます。


 平成18年(2006年)の2月頃は、現在のように、インターネット上に「保護者代表の言葉」の原文(全文)をすべて載せてあるものが無くて、大変だったことを思い出します。
 平成18年3月に小学校を卒業した、その次男は、今年の4月から、京都の大学生です。早いなぁ。
(平成24年2月)

 いろいろ申しましたが、がんばってください。 ご健闘をお祈り申し上げます。