2007年02月14日

バレンタインのおもひで

バレンタインと言えば思い出すのは高校時代のある2月14日。

今も昔も変わらずダメ男くんだったおいらは、奇跡のチョコレートを期待し朝からドキドキそわそわ

今にして思えば、ダメ男くんのくせに死ねばいいのにと思うのですが、まあ若さとはありもしない希望に胸を膨らませるわけです。

ま、当然下校時刻を過ぎても奇跡は起きないわけです。

BUT!!!最後の望みは下駄箱にあり!!!

と祈るような気持ちで下駄箱へ。。。

この時の為に、普段掛けてある鍵も掛けずにおいたんです。もしかしたら、シャイな、そうTOO SHY SHY BOY(小室哲哉バージョン)なGirlが手渡し出来ずにいるかも。そんなあんちきしょうの為に開けておいたのです。

ドキドキ・・・

ドキドキ・・・

ドキドキ・・・

さあ、出でよ!チョッコレィィィィィト!!!

。。。ま、無いわけですよ。

靴も。

おいっ!なんで靴がないんだーっ!?

うちの学校、私服だったんで割りと部外者が入り込んで盗賊稼業をされる方がいらっさったんです。その為の鍵、開けとけば盗ってくだいさいってことになるわけですわ。



この記事へのトラックバックURL