セルシーフィット(自宅でする性病検査キット)

セルシーフィットは匿名でデキル性病検査キットです。セルシーフィットは郵送で検査できる手軽さかもあり利用者が多いそうです。でもセルシーフィットの検査内容は、病院の性病検査と違うのか気になりますね!そこで性病検査キットの疑問を調べてみました!

保険証のいらない郵送検査!性病検査キットの便利さ!

もし性病に感染したか不安になったら最初は性病検査キットなどで調べる方が安心かもしれません。病院だと保険証が必要になりますが、郵送検査なら保険証も必要ありませんし、何より匿名で性病検査ができるメリットがあります。さらに検査費用病院に比べて安くなるメリットがあります。

デメリットとしては、実際に性病に感染していた場合(陽性反応が出た場合)ですね!実際に性病検査キットで陽性反応が出た場合、病院でも再度検査することになります。これは、検査する施設が異なるためです。ただセルシーフィットの場合、提携クリニックの紹介システムがあるので、陽性反応が出た場合、再検査無しで治療が始められるメリットがあります。当然、再検査費用の節約にもなるわけです。

仮に確実に性病に感染していると思っているなら、提携クリニックの紹介システムがあるセルシーフィットなどの性病検査キットを利用する方がさらに便利といえます。検体の返送費用も無料なので、かなりリーズナブルに性病検査ができるのが性病検査キットの良いところと言えますね!

性病検査キット!STDチェッカーとセルシーフィットを比較!

利用者の多い性病検査キットならSTDチェッカーセルシーフィットが人気です。検体の検査は、国の認可を受けた登録衛星検査所で行いますので、この部分については特に差がないと思います。ただ性病検査は、検査方法が異なると結果も変わることがあるとも聞きます。例えば性病検査キットを使って陽性反応が出た場合、病院で最初から性病検査をするケースがあるのはこのためです。その点、セルシーフィットだと提携クリニックの紹介制度があります。これは、セルシーフィットで陽性反応が出た場合、提携クリニックなら再検査(性病検査)無しに治療が始められるメリットがあります。これは便利かもしれませんね!

乳がん検査!日本とアメリカの違い!

アメリカでは、乳がんの発生率が日本の約3倍だそうです。日本では、25人に1人が乳がんになるといわれますが、アメリカでは8人に1人が乳がんにかかる計算だそうです。そのためアメリカでは、30歳過ぎた女性は子宮がん検診・乳がん検診を年2回おこなうことが常識だといわれます。日本では、乳がんに対する意識がまだまだ引くいこといわれますね。乳がん受診率をアメリカと比べても、低いそうですから!そもそも乳がんは、早期発見・早期治療により、約9割が治るといわれています。そして乳がん治療は、乳房の切除というイメージがありますが、早期発見できれば治療内容にも選択の幅が広がるのも事実!ただ、放っておけばおくほどガンが進行し、治癒率も低下していきます。そうならない為にも早期発見・早期治療なのです。この早期発見のためには、病院での定期検診と、乳がん 検査キットを使った自分でおこなう自己検診が大切です。できれば、自己検診は月1回、乳房が張ってない生理後におこなうのがいいそうです。

セルシーフィットは性病検査キット以外にも様々な検査キットがあるよ!

最近の性病検査キットには、様々な種類があったりする。セルシーフィットも子宮頸がん 予防検査キット乳がん 検査キットを扱っている。その他にも、胃がん・肺がん・大腸がんなどの検査キットもあったりする。特に女性のガンについては、20歳を超えたら定期検査する習慣をつけたい!でも乳がんとか、日本人の意識が高いとはいいがたい部分もある!ピンクリボン運動などで啓蒙活動をしているんだけどね!このあたりについては海外の女性の方が意識が高い!こと乳がんに関しては、先進国の中で乳がんによる死亡率が高くなっているのは日本だけなんてデータもあるそうだし・・・もう少し意識を高く持って欲しいところ!

ブライダルチェックもデキル『セルシーフィット』!

セルシーフィット 性病検査キットでは、ブライダルチェックと同等の検査をすることができるそうです。結婚を控えたカップルが、お互いの健康状態を確認しあうのがブライダルチェック!従来は、病院でおこなう方が多かったそうですが、近年では医療の発達により性病検査キットの検査精度向上、さらに手軽にできることから人気が出ています。特に近年では、10代・20代の性病や子宮頸がんの増加、また自覚症状のないクラミジアなどは一般女性8人に1人が感染しているというデータもあるそうです。結婚を控えたカップルは、是非ブライダルチェックを忘れずにおこなって欲しいものです。