2009年12月05日

数日立って

ad2a0052.jpgファンの子からのファンメを読んでた。




過去から今までのをずっと

色々な人にCELLTはどんな思い出を残せたんだろう?
と考えたりしてました。


前にブログで
俺は自分自身の問題が解散に繋がると書いたんだけど

ずっと個人的な迷いを引きずったまま曲を作りドラムを叩いてきた

元々すごいメンタルが弱いから言いたいこともハッキリ言えないような人間で、メンバーにも気持ちを隠したままやってきた。


本当はもっとぶつからなきゃいけないことも沢山あったんだ


そこから逃げたくて脱退したかったんだろうか…


それでも、俺も最後までやりきろうと思えたのはやっぱりメンバーの力、ファンの子の力あってこそだったと思う。


こんな俺のドラムでも見てくれている、聞いてくれる人の為にやりきった時、ドラム自体や音楽自体はもう趣味にしようと簡単に思っていた自分が恥ずかしくなったよ。



またちょっとまとまりの無い文になってきたけど、今後は自分自身と向き合って情熱を燃やせる道をちゃんと探していけるように頑張るよ。




ん〜
文は難しい…!


cellt_mero at 14:04│clip!