ドラクエ熱再燃せるもです、こんばんは!


今回はバラモス攻略法についてです。


昨日はログインし、しゃると強ボスいくかー人がいねー!!とバタバタ。


プランさんいた!誘う!

「迷宮いくねん」

プランから誘いを断られましたチリンチリーン・・・

そのとき神の声が。

まさやん「バラモス行きましょう!」



そんなこんなでバラモスへ、まさやんにリーダーを渡しもう1人と合流。

おやおや、プランさんじゃないですか。



今回のメンバーと構成

バラモス


まさやん 魔法75 

プランさん パラ75  おもさ299

しゃる 僧侶75 HP402 はごろも 転びG100%

せるも 僧侶74  HP394 ブレスカット26%


初バラモス前にしてまさやん覚醒振り忘れ発覚ww死にさえしなければ勝てるやろー!ってことで突撃です。

バラモスの使用とくぎ

・通常攻撃 360前後のダメージ

・しゃくねつ
前方範囲へ150前後のダメージ

・煉獄火炎
前方範囲へ230前後のダメージ


・いてつくはどう


・魅了の舞い
イオ~イオラ程度の範囲内に魅力の効果。

キラキラポーンでガード可能



・暗黒の舞い
範囲内の対象キャラの強化を全て消し、1分間とくぎ使用禁止の状態異常。

キラキラポーンをかけておくと先にとくぎ禁止状態異常の判定がありその後強化全消しとなります。

もちろんキラキラポーンも消滅。

バラモス4


・奈落の舞い
バラモス中心にイオラ程度の範囲へ全属性の耐性ダウン。

こちらの耐性ダウンはイオグランデや煉獄火炎のダメージが二倍になるというものです。

キラキラポーンでガード可能

バラモス5

バラモス7


・暗黒のきり
前方範囲に幻惑・ヘナトス・魔法攻撃力一段階ダウンの効果。

キラキラポーンでガード可能



・はらわたをえぐる
こちらは複数回攻撃(2~3?)
初段が380前後のダメージなので、いわゆる聖女潰しのとくぎです。

キャンセルショットやたいあたりで止めるか、諦めて死にましょう!

はらわたをえぐるが見えた瞬間にザオラルを入力して走れば挽回することは可能です。


・イオグランデ
回避して立て直しや強化かけなおしのサービスタイム。



・ネクロゴンドの波動

バラモスで1番注意すべき技。

バラモス9



バラモスがしゃがんでジャンプ後に全体へ1500前後のダメージ。

Vロンでおなじみのジャンプをすることで回避できる技なのですが、しゃがみ込むフェイントを2回前後挟んでくることがあるのでタイミングが非常に掴みにくいです。

ネクロゴンドの波動と吹き出しが出た直後のジャンプで避けられます。

また、バラモスがジャンプする直前にジャンプすることでも回避出来たように思います。

これについては不確かなのでオススメは出来ませんが、フェイントをかけられジャンプのタイミングをずらされてしまっても諦めずにジャンプボタンを連打しましょう。

ギリギリジャンプが間に合い回避出来る場面が何度もありました。

追加に転びがありますが転びGで対策可能、またバラモス戦ではほぼ常にキラポンをかけていることになるので回避率錬金なんかでもいいかもしれません。


~開幕からの流れ~

開幕で1番怖いのはパラへはらわたをえぐるで壁が即死のパターンです。

回復担当の僧侶は開幕即祈りを、補助担当僧侶はタゲがパラにいっていないことを確認してから天使を使いましょう。


魔法使いは魔力覚醒をし攻撃の準備。

パラはヘヴィチャージをしてバラモスの目の前に向かい壁となりましょう。



ここでタゲが魔法使いに来ている場合回復担当の僧侶は天使、補助担当僧侶はキラキラポーンをパラへ。

この際に補助担当僧侶はパラと一緒にバラモスを押しながらキラポンを。

聖騎士おもさ錬金の大成功品でなければバラモスをソロで押せるようになりませんが、2人なら楽々押せます!


ある程度押し返したら僧侶は壁から下がり自分へキラポンをし、次に祈りを。


回復担当僧侶は祈り>(回復)>自分に聖女>(回復)>自分へ天使>キラポン



バラモスは様々な状態異常攻撃をしてきますが、ほとんどはキラポンでガード出来るのでとにかくキラポンのかけ忘れを防ぎ全員へとかけましょう。


魔法使いはバラモスと距離を置くのでキラポンは余裕がある時のみ。

キラポンと共に重要なのが聖女です。

ネクロゴンドの波動を避け損ねると即死なので、それに対しての保険となります!


こちらも出来る限り全員へかけましょう。

余裕がない場合は魔法使いへの聖女は後回し。



キラポンと聖女をかける担当を決めるのもありかもしれませんが、そうするとアドリブがききにくくなります。
(補助僧侶がパラに、回復僧侶が魔法使いに等)

なので基本は補助僧侶が回復僧侶以外を担当し、キラポン対象がかぶってしまった際は回復担当が必ずキャンセルをし他の行動を取るといった形がオススメです。

互いに慣れた僧侶同志ならばこれは不必要かと思われます!


中盤安定していれば僧侶は2人とも祈りを維持出来ているので回復が被りがちになりますが

バラモス戦においてはキラポンと聖女の維持が重要なので、行動キャンセルから次の行動へ移るということを頭の片隅に入れておきましょう。



・僧侶が壁サポートに入るコツ


まずはタゲの見極めです。

パラが押されている=後衛の3人のうちの誰かがタゲ持ち


魔法使いは定位置で詠唱をしてからまっすぐ後ろに下がるだけなので僧侶2人が動いてタゲを判断する必要があります。

この際に動く僧侶は補助担当。

回復担当もあまり動かずに待機している場合がほとんどです。

なので補助担当は回復担当と同じ位置に立ち、そこから左右どちらかに少しずつずれて動きます。

バラモス3


この時の注意点は一気に大きく動かないこと


もし補助担当がタゲ持ちの場合徐々に移動することでバラモスも少しずつ向きを変えるので、壁役のパラが向きの変化に対応しやすいのです。


バラモス3


左にずれたら確認の為、一度回復担当の場合に戻りそこから右へ。


バラモス2


これでバラモスが向きを変えたら補助担当がタゲ持ち確定。

回復担当が前に出てパラと一緒にバラモスを押し返し、すぐに後ろへ戻りましょう!

向きを変えなければ補助担当が同様に壁サポートへ入ります。


基本的にはこれの繰り返しとなります、初めての挑戦ではパラや魔法使いも世界樹を用意することをオススメです!


バラモス8


覚醒のないなか暴走メラゾーマだけでどうにか討伐・・・!

結果は聖水でしたが、前情報をぷらんさんからの「ジャンプあるよ、魅了もあるよ!」という二つだけにしぼっての挑戦で熱い戦いにw

カード誘ってくれたまさやんもありがとーーー!

ブログランキングに参加しています、参考になった際は下のバナーをクリック!

ドラゴンクエストX ブログランキングへ