※特に画像に意味はありません。



2016年9月30日。それは全世界に衝撃が走った日だということは、皆様方の記憶に新しいことと思います。
当日開催されたイベント『双翼のロストエデン2 WWMF』のガチャ新精霊のミカエラが…
『双翼のロストエデン1』にて登場したミカエラとはとても同一人物とは思えないほど、
おっぱいが小さくなっていたからです(爆
すぐさま私は特別捜査チームを設け(メンバー1人)、原因の究明にあたりました。


その結果、3つの可能性が挙げられました。
今回の記事ではそれらを紹介します。
では、推参。



①ミカエラ自身が歳をとり、いわば老衰的な何かでおっぱいが小さくなった
私が最も否定したい可能性であります。
ミカエラといえど天使。天使といえど人間とは異なるものの、歳を取るという概念があるようです。(イアデルパッパを見ればそれは最早確定的に明らかです。)
ミカエラとて例外では無かったのでしょうか。
あのミカエラの豊穣なおっぱいが……
しかし実際問題、
老衰でのおっぱいは下に全般的に垂れがちな傾向にあるのに対し、
今回のミカエラは「引き締まっている」ようにも見受けられます。

その辺りの可能性を次の節にて。


②長い年月を経て大胸筋と小胸筋が鍛えられることにより、ロストエデン1での垂れぱいが引き締まった
一見、ごく自然な理由のように感じられます。私が2番目に推す可能性です。
※この節では、ミカエラの身体の構造を人間と同等のものと便宜上仮定した上で話を進めます。

まず、人間の体には、大胸筋小胸筋という筋肉があります。
大胸筋は肋骨上側を覆っている大きな筋肉、
小胸筋は大胸筋の深層部分にあり、第2〜第4肋骨に付随している筋肉です。
詳細部位に関しては、画像を参照してください。
詳細は全部割愛しますが、
要はこの筋肉を鍛えれば胸が引き締まる(物理)と思って頂いて差し支えありません。

最初はコレかなーと思っていたのですが、そうなると一点、奇妙な点があります。
ずばり、  ロストエデン1ミカエラのこのおっぱいが、垂れ気味のおっぱい(以下、垂れぱい)であったという前提無くしては、この「鍛えて胸が引き締まった」説は成り立たないのです。
しかし、このおっぱいが垂れぱいかどうかと考えると怪しい…。

そしてやはり、私はこの説に辿り着きました。


③ロストエデン1ミカエラとロストエデン2ミカエラは別人
いつぞやの記事(http://blog.livedoor.jp/cent712/archives/47465772.html)で挙げたものです。
言うまでもなく、私が最も推す説です。
初めての方、申し訳ございません。せっかくなのでもう一度解説。



そもそも、我々が同一人物だと思い込んでいるミカエラは、全て異なるミカエラなのです。
今回のミカエラは、ミカエラであると同時にミカエラではないのです(錯乱)

おさらい。
主人公はクエス=アリアスという世界にいます。
それとは別の異界にいる「オリジナルとなるミカエラを経由して、そのミカエラの片割れたるものを召喚している」のではないでしょうか。


図にするとこんな感じです。
この可能性に則って考えた場合、
複数のミカエラが同時にいる=明らかに全然おっぱいの違うサイズのミカエラが同時に存在する
と考えることも可能です。

また余談ではありますが、2016年10月5日現在、ミカエラは
・元祖ミカエラ
・夏ミカエラ(2014夏)
・GPミカエラ(2014秋)
・ロストエデン1ミカエラ:光(2015冬)
・ロストエデン1ミカエラ:闇(2015冬)
・グリコミカエラ(2015夏)
・ロストエデン2ミカエラ(2016秋)
の合計7種類存在します。

この7種類のミカエラが別人として同時に存在する可能性がある……


つまり……!!!


なんと!!!!!!


私たちは、ミカエラと8Pすることが可能かもしれないのです!!!!!!!!!!!
実際問題巨乳のミカエラはロストエデン1の光・闇Verの2体のみで他は美乳ですが構いません。




これで、「老衰説」でも「垂れぱいが引き締まった説」でもなく、
明らかにここまでおっぱいのサイズが異なるミカエラが存在する可能性があることも、説明できました!

(※できていない


いやいやいやいや、画面越しに
「そんな可能性ある訳ねーだろ何言ってだこの糖質wwwwwwwwwwwww」と思っているそこのアナタ!
今回のミカエラさんも仰ってますよ!?

(※一部、恣意的な文脈の切り取りがされた可能性があります。予めご了承ください。

まぁ、そんなワケです、ハイ。
(※何一つ説明できていない






【まとめ】
やっぱり僕は、おおきいおっぱいが大好きです。


それでは今回はこの辺で!(丸投げ
ここまでご拝読頂いた皆様、いつもながらありがとうございました!>ω<