客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ニッポン完勝! アベッチも完勝! ニッポンチャチャチャが、官邸付近に鳴り響いた?

   いやあ、見事ですね。ニッポン!
 にしても今朝の新聞は、一面のトップをどうするか整理部は悩んだんでしょうねえ。
 でもって編集責任者のツルの一声かな? 「しゃあない。加計さんの会見を右肩に」なんて感じじゃなかったんですかね。
 「もう一日違っていたら…」なんてね。はい「ニッポンチャチャチャ」vs.「加計さん、逃げ切り劇」の話です。

 なんだろうね。昨朝9時に突然、「記者会見します」とアナウンスし、11時開催ですか? 大リーグ中継は雨で流れちゃって、仕方がないのでザッピングをしていたら、突然、写真で見慣れた顔が出てきて「会見を行います!」
しかも岡山で!だというじゃないですか。
  これこそアベ戦略。完敗です。ニッポン! いや、日本勝ったのよ。夜になってからだけどね
 
 はいはい。コロンビアのハンドまで演出し、相手は10人で戦わせて。 
 2対1の勝利を演出? まさかコロンビアに経済協力を約束? なんてことはないだろうけど。
 大方は「日本敗戦濃厚、引き分けに持ち込めれば…」なんて解説されていて、試合展開も、そんな予想を後半半ばまで引き摺り、その意味でも「日本国民の期待」に応えたうえで、予想を上回る決着! ですからね。
 ニッポン、チャチャチャ!って歓声が、昨夜は官邸周辺で聞こえたようですね。なんてのはフェイクニュースですけどね。

 アベサンは、「国民栄誉賞の準備」を事務方に指示!って、これもフェイクだけど。
 本当に悪運の強い人だね。
 「改憲」じゃなかった「会見」の設定までは仕組んだんだろうけど、まさか勝っちゃうなんてね。
 これで、政権は、3選、そしてまさしく改憲へまっしぐら! 
 大体今日付けの新聞では、大阪震災の続報を探すのが難しいくらいですもん。
 
 にしても犯罪的だぜ!  アベサン!これじゃあ、サッカーの歴史的な勝利だって霞んじゃう。 
 「本来なら一般紙だって、サッカーで埋め尽くすはずだったのに」って、サッカー協会が抗議声明?
なんてことはないでしょうけどね。
 今日はフェイクばかりですみません! でも世の中がフェイクばかりだからねえ。

 まあいいや。支持率が回復して、去年の総選挙に続いて、「北朝鮮さまさま?」だね! なんて皮肉の一つも書こうか、なんて思っていたんですがね。
 まさかワールドカップまで利用しちゃうなんて、昭恵さんじゃないけど、まさに親父たちの「悪だくみ」大成功! かな。

 もういいよ。こんな会見一つで、今治市と愛媛県から90億円をせしめて、「はい、ごめんなさい。だけど給与10%カットですから」ですんじゃう。
 昨日の続き、つまり黒沢映画の「生きる」に続いて、「悪い奴ほど、よく眠る」だっけ? 思い出しちゃったよ。
 はい、完全敗北を認めます。いやコロンビアに! じゃなくてね。

 さて船にどう結び付けましょうかね? とここまでずっと、頭では考えていたんですがね。ワールドカップだけだったら、「国」と「国民」みたいな話に結びつけられた。つまりラグビーのニッポン!とサッカーの日本代表との差を書くとかね。テーマは国際化ですかね。

 でもねえ、加計がチラチラしますからね。
 で、加計だけだったら? はい議会制民主主義というか代議員制政治に対する違和感というか。フェイクニュースとフェイクな記者会見、事実の隠ぺい! でもって選挙で「国難!」と叫んだだけで9年にも及ぶ政権が成立してしまう。
 って、どこが船のはなしやねん?

 でもねえ、わずか30%台の得票で、オレ様顔を見続けなければいけないなんて…。こんな選挙制度はおかしいだろ。
 次の自民党総裁選には、アベッチになんて投票しないぞ!
 って、僕らには、選挙権はないんだっけ? な?

 次期政権? そう西野さんでいいか? まだ若いけど香川? いや本田君も捨てがたい! って、なんの話していたんだっけ?
 


 

今日は、リンコーそれに伏木海陸ですか? それより高槻市の女の子の話じゃないの?

   マイカタじゃないの? へー ヒラカタと読むの? って、やっちゃったですね。カンさん、じゃなかったスガさんか! って、急に東日本大震災の時の総理大臣の名を思い出しちゃったですよ。

 はい。正解は菅(スガ)官房長官。で、大阪震災の被災地である枚方のことをね。記者会見で読み違えてしまったんですね。私もテレビを見ていて、こりゃあネットの格好の餌食?なんて思ったんですがね。そうでもなかった。でも、訂正ぐらいしろよな‼ マイカタ市民じゃなかった枚方市民は怒っているぞ!ね。

 というか、震度6弱、マグニチュード6.1くらいでは、もう驚かなくなってたんですかね。僕ももう、感覚がマヒしている。
 大阪には、いろいろ友人やら兄弟も住んでいるんですが、「様子伺い」も、ダラダラとLINEで。真剣さが足りないぞ! という感じで、すみませんでした。

 地震のニュースと言うのは、徐々に被害の中身が分かって来て、「こりゃひどい」となって、改めて大変さを思い知る。
 熊本の時もそうで、この欄でちょっと軽々しく論じたら、叱られてしまって…。どうしても、阪神淡路とか、東日本の惨事と比べてしまう。
 でも被災したひとりひとりの個人にとっての震災の重みって…。

 それにしても、高槻市の小学校の女児の話は、ちょっとひどいですね。
 倒れて来た壁の下敷きになった。古い壁であった。よりによって通学路の上にかぶさり、子供の命を…。このところ、ベトナム人の女の子が見守りPTAのジジイに虐殺された話が、裁判の経過とともに報じられたり、5歳の女の子が親の虐待によって、衰弱死させられた話。そして今度の圧死。
「かけがえのない」って、女の子の命って、まさに掛けがえのないものと思います。悲しいですね。こんなことが続くと…。

 でもねえ。この事件で一番頭に来るのは、地震の被害がまだしっかりと明らかになっていないうちに、そう朝の10時頃かな? 高槻の市長さんが早々と記者会見し、「ごめんなさい」って。
 これって、この少女のことも、学校の壁がどうして造られたのか? いやそれ以上に、安全を担保するはずの通学路が、こんな小さな地震で倒れて来る壁際に敷かれていた、なんて。
 もしかしたら、この緑のラインがなければ、この子は…。 

 多分、小賢しい市長さんは、そうした話になるのを予見して、早々と。つまりこうした行政をして来たことへの反省よりも、自らの保身? が、この会見の動機?だったんじゃないでしょうかね。
 被災地。つまりその中に「枚方」! なんて読めない町があるんなら、官僚君に尋ねて置くくらいの緊張感があっても良いはずの官房長官。やっぱりねえ。日本は壊れつつある、というか、あんたらちょっと無責任すぎるぜ!

 あの5歳の女の子の事件だって、児童相談所の責任問題というか児相間の連絡の不備が問題だったとか、「あまりに相談件数が多すぎて、対応するのは大変!」みたいなストーリーに話を持って行かれているみたいで。行政は大変なので、もっと人手を…? ですか。
 こうした事件を見ていて思い出したのは、黒沢明の「生きる」という映画でしたね。

 まあ、筆誅を加える! なんて意気込みではないですけど。寂しさが先に立ちます。というか、壁の下敷きになった女の子! なんて、「志村喬」がひとりでもいれば、避けられた話なのかもしれない、と思いますけどね。

 無責任? というより、我々は、自分の負っている部分をもっと自覚するべきだと思うんですがね。もう一人、80歳かのお爺さんも、倒れた壁の下敷きになったようですが、この人は、毎日ボランティアしていた小学生の通学の見守りに出かける途中の事故だったとか。
 雨の中に出かけて行ったんですね。そのお爺さん。

 ちゃんとしましょうよね。こんな風に一つずつの事件を取り上げて、もっともらしく話を取り上げたところで、あんたに何が分かるんだい? というご批判は甘受いたしますけど…。
 なんか悲しいです。ニッポン。

 さて、以下の話はここで取り上げるべきでもないかな? でも、昨日付けのT.Iさんのニュースは面白かったですね。はいロイターですが、米朝会談を受けて日本の小さな海運会社の株価が急騰しているという話を、ちょいと皮肉ぽっく、伝えている。

 まあいずれも新潟とか富山とか日本海側の中堅海運会社(上場していますからね。決してタイニーな会社じゃあないですよね)。
 ひとつは昔、新潟臨港海陸輸送と言ったのかな? 僕は「新潟臨港」と覚えていますね。
 川崎汽船と協力関係にあったのかな。そして、もうひとつは伏木海陸輸送ですか? 元国会議員の橘康太郎さんが創業した会社ですね。毎年飛鳥をチャーターして伏木港発のクルーズをやっていた会社ですね。
 でもまあ、北朝鮮というよりもロシア向けの輸送会社という話で、僕も覚えています。

 にしてもなんでロイター辺りに記事が出て、日本のメディアは触れもせず?
 つまり日本人の変わり身の早さ! 「圧力、圧力」に対してひとことも反論がなかったのに、金―トラ会談で、急に日本海側の「ちっちゃな海運会社」の株価が高騰する! って、つまりは皮肉られているわけで。

 なんというかなあ。我が祖国は、メディアを含めて、その場限りじゃないの! という感じかな? 
 もっともっと、未来を見据えた議論が欲しいですね。
 なんてね。偉そうやね。あんた。
 はい、ロイターの記事の肝を転写しますんで、お許し下さい。僕もその場限りなんで、すみませんね。

 海上輸送会社のRinkoCorp(=リンコーコーポレーション)の株式は、この2年以上において最高の出来高で、今週、17パーセント急騰した。
 同社は新潟港に本拠を置いており、ここは極東ロシアや朝鮮半島にような日本海を取り囲む地域の貿易の主要な中心地だ。

 新潟はかって、この日本の港と北朝鮮の元山(=ウォンサン)とを結ぶ北朝鮮の貨客船であるMangyongbong(=万景峰)が就航していたところだ。平壌のミサイルと核の実験に引き続いて制裁を科した2006年に日本は同船の入港を禁止したが、それまで両国間にほとんどなかった連絡の1つだった。

 地政学的利点があるとみられている他の会社の株式も急騰した。
Fushiki KairikuUnso(=伏木海陸運送)は38パーセント上昇し、この20年ばかりの間で1週間で最大の上昇だった。この運輸会社は、富山県に本拠を置くが、ここも日本海に面しており、ロシアと事業の結びつきがある。

 
 

メキシコから移住船を仕立てて、ニッポンへ! 時代は変わるんですからね。

 月曜日の朝、雨!というのは、最悪ですね。って、現役さんは朝起きて思うでしょうねえ。
 ご愁傷様です。
 にしても、定年は70歳まで延長されるようで、オラまだ70歳になっていないんで、再就職目指して、頑張らないといけないのかなあ? なんだか波打ち際で、足元が崩れながらも、ぎりぎり踏みとどまっているような、瀬戸際感を感じている今日この頃です。
 以前、息子に、「親父は逃げ切り世代やないか」なんて言われましたが、そんな言葉の意味をひしひしと感じる今日この頃です。はい。

 今朝の東京新聞。神奈川の認可保育所の職員、正職員だぜ!の給与ですが、アンケートに答えた半分以上が「年収300万円以下」だって!! 
 なんだろうねえ。申し訳ないけど、全く働いていないのに私めがいただける年金だって300万円を超えているというのに。介護労働者さんなんて、あんなに厳しい労働をされている若い方々が、そうなんですかねえ。

 昔々、大阪市に橋下さんが登場して、市営バスの運転手の給与が900万円を超えている! なんて暴露して世間の支持を集めましたが…。でもって、現業を中心に、「大阪の市職員は、○○手当てが…」、んて糾弾して、今はどうなったのかな?

 そうこの時、給与の高さを指摘して、下げるようにというキャンペーンを一緒になって、展開したのがメディアだったですね。橋下君は一気に改革者! になっちゃった。
 逆に「バス運転手並みの賃金を!」と、民間の労働組合は何で戦わなかったんでしょうか? と今更ながら思いますね。

 国際競争力が…。日本の賃金は世界最高水準。このまま賃上げを実施したら、日本の産業は…。みたいな論理に勝てなかった労働組合! そんな流れが「300万円の労働者が半分を超える」なんてニッポンのボロボロ貧困化を生んでいる? 
 賃上げは生産性向上の範囲内で!では、低賃金労働者の労働条件是正は出来ないんだぞ! 連合よ。
 
 アベ政権は、新しい骨太の方針とやらで、外国人のいわゆる単純労働者の導入を認める方針に転換するようですね。まあ300万円でも、東南アジアの同種の労働者の賃金よりはいいんかな?  
 認可保育所の労働者たちは、こういう人達とのまた新しい競争をさせられるんでしょうかね? 

 中産階級が、人口の過半を占める社会ーー僕らが現役のころ、日本はそんな風に言われて、まあなあ団塊さんである僕たちは、そんな社会を実現したことに満足していたような?
 というより、格差社会が露骨に現れてきたりしたら、「こいつら何を言い出すかわからんからな」みたいなプレッシャーを社会に与え続けていたのかな? なんて自負してどうするの?

 つまり、僕らの若い頃には、国鉄だって、全逓だって、私鉄だって、公労協だって、しっかり賃上げを目指して、時にはストライキを構えて経営に対峙したんだけどねえ。
 今年の春闘ではJRがスト権を確立しそうになっただけで、労組から脱退者が相次ぐなんて…。

 今年、僕らはフランス旅行で、パリまでTGVで行こうとして。ストライキが心配で、ロンドンに戻ってしまいましたが、本音は「ストは迷惑だ」という心情より、労働組合が機能している国!がうらやましかったんですけどね。

 まあ外国人労働者の移入が、上から持ち込まれるというのは、日本社会がますます疲弊し、子供を産まなくなり、自己解決できなくなった来たニッポンの象徴なんですかね?
 トランプさんが、アベッチを脅したつもりで曰く。「メキシコから2500万人の移民を日本に送り込んだら、シンゾーは失脚するぞ」なんて。

 まさか太平洋を渡って難民船がやってくるわけもなし。というか、もし、アメリカが軍事演習を止めたお金で、毎年100万人づつ運んできてくれるというなら、受け入れたらいいじゃないの? 昔は移民船で中米やブラジルに日本人をどんどん送ったんだから、その逆をやったっていいはずだよね、MOPASってその歴史的船会社の末裔なんだから。

 それで、「100%共にある」アベッチが失脚するなら安いもんだよ。自民党の骨太方針へのトラちゃんからのご協力だわな。
 なんてちょっと今朝は、やけっぱちです。

 今日付けによれば、共同通信の世論調査で、安倍政権への支持率が44%とか。遂に不支持率をうわまわっちゃたんだってさ。
 まあなあ、勝手にしろよな、日本国民。の気分ですね、今朝は。

 僕が死ぬ頃には、メキシコ人やインドネシアの介護さんに看取られて…。
 あんたねえ。まだ介護人に見とれられて死ぬと、安易な気持ちでいるの? 孤独なまま、ひと月も発見されず…。なんて未来を想定しておいた方がいいですよ。多分!

 

何? シルバーシーがロイヤルカリビアンに買われるって? まさに再編ですね

 はい、久々にディープなクルーズ業界の話題をひとつ。 
 クルーズ・クリティックさんが、14日付で報じたところによると、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが、かのシルバーシーズ・クルーズの株式の66.7%を取得、このラグジャリ―クルーズ部門の老舗ブランドを傘下に収めるようですね。

 実際の株の取得は年内のようですが、買収価格は20億ドルとか。これでアメリカのクルーズ会社3強によるクルーズ市場支配は、もう一段進むと分析していますね。シルバーシーは、20年、21年引き渡しで2隻の新造船を建造中ですからね。合計9隻がRCIの傘下に加わる。

 クルーズの市場は、ラグジュアリー、プレミアム、コンテンポラリーなんて、最近はマスとは言わなくなったのかな?いずれにしても3つの分野に分類されますが、まあ決勝戦に出て来るのは、ファミリー・クルーズ市場とでもいうべき、マス分野のクルーズで覇を唱える会社ですね。ニュースでは、3社が、他のセグメントの会社を飲み込んで、競争を繰り広げていると分析しています。

 カーニバル、RCIそしてノルウェージャン(NCL)の3社ですね。補足するなら、これにクリスタルを傘下に加えたゲンティンさんや大衆クルーズで後を追うMSCさんの海外勢という感じですかね。
 NCLさんは、すでにリージェントセブンシーズをグループに加えており、またカーニバルはシーボーンの強化に動いており、今度は、RCIがシルバーシーをというわけです。

 RCIは、アザマラという高級ブランドのクルーズを立ち上げており、プレミアムのセレブリティと併せ、一応それぞれのセグメントのラインアップは持っていたわけですが、やっぱり、リタイア族を相手にした、高級クルーズ分野のイメージではシルバーシーが強い。これにリージェントが続き、それにクリスタルが競合するという具合で、アザマラだけでは世界戦略?という意味では影が薄かった。

 でもって、RCIは晴れて、高級リタイア層向けで、世界中を周遊するトップブランドのシルバーシーを傘下に収めることができた。というお話かな? 戦列は整ったぞ!ですかね。
 まあここでRCIの企業規模辺りを俯瞰するのが、普通の記事なんでしょうがね。今日は面倒くさいから、そのうちにね。

 RCIと言えば、シンフォニー・オブ・ザ・シーズに代表される世界最大の客船シリーズで名をなし、日本市場はあんまり大事にせずに、中国市場で頑張るというイメージかな?  
 まあ大衆クルーズ、若者ファミリーを相手にして、広げて行くという意味で船上のアトラクションを全面に押し出してクルーズ市場を作るというこの会社の行き方は、中国に合ってますね。
 プリンセスブランドというプレミアム?で日本を開拓しているカ―二バルさんの戦略とはちょっと差がある。

 クルーズ・クリティックさんによれば、RCIのフェインさんは、アザマラを引き続き運営して行くと話しているようですが、その先の未来には、統合するなり、国別の市場開拓に改めるなり、グループ内の企業再編はあるんじゃないかな? まあシルバーシーは、探検船分野もやっているしね。

 それに日本での販売はどうするんかな? シルバーシーは、ICMさんが代理店をしているようですが、日本支店を作って…。みたいな再編の噂も聞くしね。にしてもアメリカクルーズ会社による世界支配は留まるところを知らない? って、ちょっとおおげさな書きようかな。

 実は私、シルバーシーにも乗っています。かれらが中国に客船を配船し始めた90年代でしたね。上海から南京まで長江の下流を遡ってゆくという旅で、台湾の旅行会社さんのファームトリップと一緒に、だったですね。オールインクルーシブのクルーズで、お酒や、寄港地のツアーだけじゃなくて、タバコもタダで貰えたのには驚きましたね。

 ということで、世界は動いています。
 でもって、最初に北朝鮮クルーズを始めるのはどこ? なんてね。この会社は有力なんじゃないですかねえ?
 最初というのなら、とっくに金剛山があるじゃない。はい。欧米船による最初!という限定が要りますけどね。

 金さん! 北にクルーズ船が寄港するようになって初めてアメリカの許しを得られた!という感じになりますからね。誘致されてはいかが?
 でも日本に寄港する客船は入港させない? かな? 
 キューバもまずはメキシコ経由だったですからね。北クルーズもまずは中国や韓国発でしょうかね。日本はまだまだ! いやアベッチがいるうちは無理かな?

 というより、日中韓だけにでなく、北にもロシアにもクルーズ船が寄港する! 
 東アジアの平和ってそういうことなんですよね。

東アジアはどう変わる? 俄かに騒々しくなった居酒屋談義です。

  別にそんなに盛り上がっているわけではないですが、このところの飲み会での話題となると。
 やっぱり北の話ですね。というか朝鮮半島がどう変わるのかの、勝手な展望論。結構面白い。

 まあ起きている事実の意味をどうとらえるかとなると、異論ばかりで対立しちゃうし、酒がまずくなるんですがね。しかも、意外にアベッチの評価が高かったり。
 で、「3兆円?そんなんで済むんなら安いじゃない」なんて。確かに原発の廃炉には…、なんて日本が抱える負債の規模の話へと繋がっちゃうんで、また話がややこしくなる。で、そっちの話はそのあたりで打ち切るんですがね。

 このところ、荒唐無稽な話でもなくなってきたのが、北への鉄道というか、アジアの物流への拡がり論ですね。
 もちろんソウルから平壌への鉄道が開通するとして、さてその先はみたいな先の先についての話です。
 でもって、まず、出て来るのが、日本が北の復興にどこまで係われるのか? ですけどね。

 仕事欲しいよ!人間は、「戦後賠償もあるんだから、3兆円でも6兆円でも、突っ込んで関係を正常化させていいさ。そのあと南北鉄道だけじゃなくて、その先へ。日本が何が出来るかだよ」
「今安倍政権は、拉致問題なんてやっやこしい問題ばかりクローズアップさせ過ぎている。戦後賠償だけで話が終わっちゃったら…。経済協力みたいな話にどうやって話を転換するの?」なんて、あせっている派が結構議論を支配するのに対して、「鉄道が繋がるとして、列車コンテナ輸送に果たしてどれだけ需要があるのか」の懐疑派! それには「どこへ、何を運ぶの?」派が加わって、北のポテンシャルそれ自体への疑問派が加勢します。

 逆に「鉄道はつながるだろうけど、その前に開城だけでなく北の各地に工場が造られ産業が構築されて…」、そこへの「物流の形は、鉄道だけじゃなくて、港や道路の建設へと進むさ」なんて、現実派が答える。

 まあ僕も情報を持っているわけじゃないですが、日通が中国発欧州向けの物流ルートを売り出していますからね、南北ルートの先には、北京じゃなくて、モンゴルそして中央アジア! 
 でもって、「大陸横断鉄道に乗りたいね。サマルカンドなんて行って見たいじゃん」。なんてまぜっかえすんだけど、この話は、あんまり支持されませんね。
 昔韓国の友人が、「TGVでパリまで行くのが夢」だなんて言っていたのを思い出しますが。でも、そんな夢物語に実現性が出て来ちゃったですからね。まさに、地球儀を俯瞰するような話です。

 で、こうなると、新幹線対中国新幹線、韓国STXとTGVを軸にしたフランス勢! みたいな話になってゆくんですね。
 ついでに、マハティールが中国から日本に乗り替えるみたいだし? なんて。話を脱線させて喜ぶ人もいるんですよ。まあ鉄道の話ですからね、脱線はつきものですって、落語にしてどうするの?

 でもねえ、このところの日本は製品技術でもITでも、自動車の環境や自動運転技術でも、仕切り直されつつあるトレンドの中で、企業が結構苦戦していますからね。
 確かにアジアを俯瞰すると、大きな障害になっていた、北の重しが取れることは、サラリーマン諸氏にとっても目の前が開けているような気がするんじゃないないですか? 一帯一路の主導権争いだって、ようやく中国と対抗できる線が繋がるかもという、感じかな?

 まあ、トランプさんと金さんが遇ったというだけで、ここまで話を盛り上げちゃう、日本人サラリーマンも、お酒の席で、こんな風に仕事の話にしちゃえるというのは、それなりに訓練されているというか、それとも、それだけ閉塞感に閉じ込められていたのか? だけどねえ。

 でも最後に、空気を支配するのは、「でもなあ、このところの安倍さんの外交は完全に失敗だし、挽回できるんかなあ。他に代わる人がいないし」
 口には出さなくても、そんな感じで締めになりますね。
 つまり、仕切り直し後の土俵にあがる力士として。この人でいいの? 論がどうしても出て来る。
 「だいたい彼には、北だけじゃなくて、南にも人脈があるんかね」なんて感じでね。

 でもどうやら、統一朝鮮?は無理でも、対立の時代から、ユナイテッド・コリア時代へと時代は進む。これは変わらんでしょ。
 でもって、造船会社OBさんは、「これからの物流は船じゃなくて鉄道かな」と悲観的な話へ。
 「いや、どんなことがあっても、釜山までは船だろうし、港は増える」って。海運OB。

 日本も京浜地方から関西、長州、九州へと経済の中心が西に動く! って、話がバラバラになるのがこういう話のいいところ。

 首都は下関? ってそうか、アベッチの狙いはそこだったのか! って? ないない!


クルーズ人口31万5千人! やったね大台突破。さて、その先は?

 国土交通省によると、日本のクルーズ各社は、日本のクルーズ人口が30万人を超えるという大飛躍を遂げたことを受けて、一斉に新造船の建造に向かう! と発表!! 
 ーーしないんだなあ、これが。
 いや本当ならね、最悪でも今ごろ、クルーズ船の新造が始まり、就航は2020年7月。なんとかオリンピックに間に合いました…、チャンチャンてなことになっていたはずなのにねえ。

 はい。国交省が恒例のクルーズ人口を、ようやくまとめて発表しました。2018年? いえいえ2017年ですけどね。まあ皮肉をいうのはやめましょう。
 なんたって国民の悲願?とでもいうのかな、30万人の大台をついに突破、31万5千人を記録したのですからね。前年比27%増(6.7万人増)。1989年に、日本でクルーズが事業が始まって、苦節28年だったかな? 一度も突破したことがなかった数字です。このうち外航クルーズ。まあつまりは外国に一度でもいいからタッチするクルーズですね。これが19万7千人だそうで、4.2万人も増えた。あとちょっとで20万人だったのにね。惜しい!
 いや日本国内クルーズだって、2.5万人もふえて11万9千人。これももう少しで12万人? って別にスーパーの安売り広告みたいに、9ばかり並べるのも意図的じゃないんだよね?

 ということで、遂に拡大成長期に入った日本クルーズ市場! 満を持して日本船社は…。というのが普通のニュースなんですけどね。残念ながら今は、フェイクニュースにしかならない。 
 ついに30万人を達成したというのに、クシュン! 新造を検討しているのは事実なんだろうけど。悲しいかな、具体化するかどうかは予断を…。なんて一般紙みたいに書き方はやめましょうね。

 でも実際に進むかどうかは分かりませんがね。「いまでしょ!」って昔の予備校講師の流行語じゃないけど、今具体化させなければ、日本船社によるクルーズ事業は、「ピークを迎えたのに下り坂」なんて、信じられない結末へと向かうんでしょうかね?

 「そのうち、真新しい中古船が出てきますよ」なんて、嘯いていた日本のクルーズ会社の幹部氏がいらしたけど、まあ否定はしませんよ。でもねえ、寂しい話だよね。
 4万トンぐらいの10年物の客船を調達して来て? でも日本国籍に改めるのも大変ですよ!
 
 とにかく30万人達成を!を記念して、もう一度、もう一度でいいですから、新しい船の建造を検討して下さいね。って懇願してどうするの? 「お目に掛らせて下さい」って、北の方に向かって土下座するどっかの宰相じゃないんだからね。

 30万人。素直に喜んだらどうなの? ねえ。
 でもこの統計、半年前までの数字ですからね。ちょっと遅すぎない? って、毎年同じ反応なんですがね、どうやらクルーズ会社や旅行会社にアンケートして、ダブルカウントしてはまずい。欠落したらどうしようなんて、集計に時間がかかるから、そんなことになっているようで…。

 と書いて来て、ハタと気付いたんです。僕らが先月行ったフランスのリバークルーズですけどね。日本から全日空でイギリスに発った時に、別にクルーズに行くと飛行機会社にも旅行会社にも申告していません。でもって参加したのはイギリスの旅行会社のパッケージツアー。この会社、英国で販売する旅行会社ですからね。国交省が、アンケートをこの会社に送って? なわけないよな。

 つまり来年の統計に、僕らのクルーズ参加はカウントされない?
 日本人のクルーズ参加者数は本当に正確に集計されるんだろうか? と! って別に心配になりませんけどね。まあ来年のクルーズ人口には、発表数に2人追加して読んで下さいね。なんてね。

 というか、ここからはまじめな話。アンケートの集計に際して、対象にしている会社というか、統計の分母を書いた方がいいと思いますけどね。
 アメリカのCLIAさんのクルーズ人口の統計には、ちゃんと、船会社名を挙げて、飛鳥とにっぽん丸も集計対象になっているとして掲げていますよ。かわいそうに、ぱしふぃっくびいなすが入っていないんですがね。
 でもって、世界のクルーズ人口のカバー率は90何%なんて、どこかに書いていましたっけ?

 なんかなあ、半年かけて集計して、多分、「これは公文書なんだから、ひとりでも欠落があってはならない」なんて、頑張っているんでしょうけどねえ。力を入れる場所をもう少し考えていただきたいなあ! なんてね。

 余計なことでしたね。31万5千人。まずは立派な統計です。
 でもインバウンド振興ですか? 外国船もいいですけどね、日本のクルーズを育てる方策も考えて下さいね。そろそろ。 

成果は、米韓軍事演習の中止だけですね。それより日本の造船の断末魔?かな

   やった、やった大勝利! 凄いですね。香川君大活躍! 
 派手なだけなビッグマウス君じゃ、話にならなかったよね。

 って、そっちかい? 何? 4対2でパラグアイに勝った? 練習マッチだって勝たなきゃね。しかも前2戦の出場選手とはがらりと変えて、香川、岡崎、長友。
 本田はもういらんね。早く帰ってらっしゃいね。
 
 えっつ、今日の話はそれなの? うん? 米ー北戦は? 
 そっちは何にもサプライスなかったじゃん。プーチンが言うように「米韓による軍事演習中止はハラショー」と言ったかどうかは知らんけど、これだけですね。成果は。

 非核化は、これから交渉を積み上げるようで、いわば土俵上で見合って、見合って! だもんね。今のところは。いや、まあ曲りなりにも土俵が出来た!ということですかね。
 でも、トランプさんは「軍事演習は金がかかる。グアムから朝鮮半島への爆撃機派遣はもともと好きじゃなかった」って、全部お金の問題で説明しながらの理由づけですが、「金&金」の論理の明確さには、感心しましたけどね。

 でもって「経済的支援は日本と韓国がやるさ」って。つまりトランプさんのイメージは、東アジアの緊張になんて関心はないよ。軍事行動による経済的負担が軽減されればいいさ。
 つまり中東やイスラエルに比べて票にもならんし、あとは、トランプさんの代理人であるアベッチに任せるよ!な感じ。

 でも、アベッチは「トラの威を借りて」でないと何も出来そうにない。そんな構図が鮮明になっちゃって。
 この米朝会談は、政治ショー! でしたね。それも田舎芝居や。
 この期に及んで、「拉致問題は、直接やる」って当たり前なのよね。アベチャン。出来そうにないと思うなら即時退陣!しかないですね。 
 東アジアの平和は、日本が自ら考えて、戦略的に動くという発想が必要なんですけどね。「圧力」だけを言い続けたアベ政権が、負うことになる代償は大きいですね。

 まあいいわ。こんなショーに係わっているうちに日経新聞さんが造船ニュースを連発していますね。ひとつは三井造船(SEというのかな)が千葉での新造船を止めるという話、もうひとつは舶用ディーゼルのライセンスを支配しているMaNが、ライセンスを売りに出していて、中国や韓国が買い取る?ではないかという話。それにこれは韓国からのニュースかな? 大宇造船が、企業の未来を諦め、サムソンか現代に身売りするのがベストチョイスである。つまり韓国の造船は現代グループと三星の二社に統合すべきだと大宇の経営陣が言っている、という話ですね。

 これらの話も、造船業の流れを追っていれば、ある意味予想された話なんですが、造船市況回復の兆しが見える中で、皆さん「もう同じことを続けても無理や…。会社を潰さないうちに」ということで、企業としての面子とも言っていられないところまで来てしまった。
 今は、残された企業力の範囲内で、縮小して行く! そんな動きですね。

 先日業界OBと話したときも、「三井は、なんで(賃金の高い)東京湾で造船を続けて行くんだろ」みたいな根源的な問いを提起されて、目を白黒させてしまいましたが、これで創業の地、玉野でほそぼそと艦艇を、それも当面は三菱さんの下請けで?

 でもって、追浜、東京、千葉、鶴見、横浜と蒼々たる威容を誇った東京湾の造船業は、撤退の道をまた一歩。修繕の三菱、艦艇のJMUの横浜勢だけになっちゃうのかな? 基幹産業の最後やねえ。三井さんも川重との統合で活路を開こうとしたんだけど、その川重も日本での造船は??? だものね。

 エンジン? 三井さんが日本で圧倒的なシェアを誇っているんですが、これも舶用ディーゼルは船のエンジンとしても斜陽ですからね。日本の造船業は、クラスターと称して、舶用機械を含めた一貫建造体制があったからここまで生き延びて来たのに! エンジン、それも環境対策に優れた機関で、生き延びる算段が…?

 大宇の話は韓国製造業のお荷物みたいな話で、いまも政府ないし政府系金融の傘下で運営しているだけで、時を待っていた感じですからね。でもこういう話は、引き受け手について一定の目途が付く中で、表面化する話なんですけどねえ。

 まあねえ、造船業を見ていても退潮という流れに抗うことが出来ずに、散りじりにされてゆく感じで、悲しい限りですわ。

 でもって、ここでアベ政権を引き合いに出しても仕方がないのでしょうが「トランプ政権と、100%一致」なんてほざいていると、本当にケツの毛まで抜かれるぜ!
 下品ですみません!

 「米韓軍事演習は金がかかるから止めたかった」なんて話す人と、「完全に一致」ですか? だったら兵器を買うのも止めましょうね? 
 面子だけでは話は変わらんよ、アベサン。
 というか、この人では、勝てないわ! しっかりしろよ!な。 
 

ますま巧妙化するオレオレ詐欺? いやオレ様詐欺の方が怖いけどねえ。

 ネットの世界は恐ろしいですね。
 極々近い人が、振り込め詐欺の被害にあったようです。それも手口は新しくて、LINEによる詐欺。遠方に居住するご長男が、先週仕事で東京に戻っていたらしいんですが、そのLINEのアドレスが盗まれていたらしく、日曜日にネットマネーを買って欲しいと…。

 金額がまず6万円、つまり3万円のネットマネー2枚を買って、LINEで写真を撮って、送るだけ。被害者は、息子が上京中に何かあったのだろうか? と想像して、買った6万円分のカードに記された暗証番号を教えたら。すぐにもう15万円欲しいと。つまり5万円分を3枚追加。とか言われて、それにも対応してしまったようです。

 さらに、あと50万! ということころで「こりゃあおかしい」と気付いたようですが、後の祭り。ネットマネーは換金されたあとで…。つまり21万円詐取されちゃった。
 オレオレ詐欺って、「気を付けろ!PR」が行き届いているものだとばかり思っていたんですが、知え渡っている話は、「最後に現金を渡すという場面」があるので、防止できるだろ! そこに犯人のリスクがある! なんて高をくくっていたら、と。

 今度のケースは、LINEの操作だけで、金がやり取りされてしまうわけで、ほとんど振り込め詐欺にあったような感覚もない? 月曜日には、とっくに地方に戻っていた息子さんからの電話で、詐欺に気付いた!という。まあなんというか?
 
 彼のラインのアドレスが漏えいしてしまったことが過失と言えばいえるんだけど、その息子さんは友人たちから、「変なLINEが出回っているぞ」というので、旧友を含めて、リストの友人達に「気を付けろ」と連絡を取り回っていた矢先の話で…。
 今回の被害者にとって、不幸中の幸いといえば、ちょうどみずほ銀行がネットバンクの補修とかで、サービスを停止していたので、それ以上のお金が入手できずで、なんとか被害の拡大を防げたとか。自嘲気味に「みずほさんに感謝」していましたけどね。でも、これって、なんか変ですけどね。

 テレビなんかでも「オレオレ詐欺を警戒しなさいね」告知が盛んにされていても、「オラは大丈夫さ」とタカをくくっていると、危ないですよ。
 だいたいオレオレ!のパターンは、田舎のおばあちゃんに、「オレオレ」で借金を無心されて、銀行に飛んで行く! という話ばかりで、合言葉を決めておくなんて風に警戒を呼び掛けられてるけど…。
 ラインだの、ネットマネーだのと、敵は高度化していますからね。「赤子の手をひねる?」じゃなくて「おばあさんにインターネット」だけでやられちゃうんですね。気を付けないと。

 こういう話って、実害以上に精神的なダメージが大きいからなあ!
 立ち直れません!と悔しそうでしたね。
 オラも気を付けなければ! 最近はAVの視聴料が未払いですよ!100万円! なんて連絡が飛び込んできて、後ろめたさや、こんなことが世間に漏れたら!僕の社会的地位は?なんて考えて詐欺に屈する!なんて例もあるようで。

 えっつ、私? AV? ちょっとやばいかな? いやいや、私のスネに傷はない!ですし。視聴したAVの視聴料なんて、そんな風にお金を請求されることなんて「絶対にない」(警察)そうですからね、冷静に対応しましょうね。はい。
 
 でも、ますます高度化する詐欺の手口! にはなんかなあ、ですね。にしても、こんなことに頭を使って、ほくそ笑んでいる人たちの内面世界ってなんだろうかねえ。
 ネットの詐欺の方も、ほとんど捕まらないみたいですけど、オレオレ詐欺のパターン変化についても、もっとケースを世の中に知らせた方がいいんじゃないの。

 まあねえ、「理事長と首相があった」--いや「あれは虚偽の報告でした」って。
 つまりは某学園さんは、まさに愛媛県をだまして、30億円の補助金を詐取しつつある!
 これってオレオレ詐欺? というより「僕の後ろにはオレ様総理がいるぞ」という「オレ様詐欺」みたいな話なのに。一向にお縄を頂戴するという話にならないって?

 獣医学園、シンゾー小学校、スパコン詐欺、も酷いし、これらも捕まらないのがもっと嘆かわしいけど、この先の、拉致詐欺の闇もわすれちゃいかんですねえ。拉致・拉致を言い始めたと思ったら、拉致対応への御礼を理由に、武装強化?

 ますます巧妙になるライン詐欺にも警戒が必要ですがね、次のオレ様詐欺にも気を付けましょうね。気が付いたら日本が核武装していたなんて? それはないか? まさか?
 

「映像の世紀」ですか? アベサンの窮鼠顔を見続けるんかな? この後も 

   天気悪く。気分落ち込む。ーー滅入ります。
 夏至までは、朝早くから明るいのでまだ救われますが、これから暑くなりますからねえ。本当なら昨日、今日あたりは、運動に勤しまねばいけないとは思うんですが、この天気では、家に軟禁? かな。

 というんで昨日午後、NHKの「映像の世紀」の再放送だかを眺めていたんですが、はい。テーマは、ケネディの暗殺とジョンソンのベトナム戦争拡大、そしてニクソンのウォーターゲート事件と失脚の物語!かな? 60年代のアメリカ!ですね。
 
 なかでも、アメリカがネバダの砂漠で繰り返した核実験の映像はすざましいものでしたね。
 5人の兵士とカメラマンひとりを爆心地近くに残して、「アメリカの核は安全だ」とPRする映像を撮影した。核はやりかたを上手くやれば、安全にコントロールできるんだ! ですか。
 まあ軍拡競争が続き、核戦争の時代がやってくる! それに備えるために核実験を続けなければならない。ラスベガスには、カジノとともに、核実験見学ツアーが組まれ、きのこ雲を見せる。

 アメリカは、核だって技術でコントロールできるんだぞ、とまずは地上部隊を実験場そばに塹壕を掘ってきのこ雲と一緒に、これを映しだし。最後は「爆心地」と書いた看板の前に、人を立たせる!…。

 そりゃあ、1960年代の話さ。はい、そうですね。

 原発再稼働の争点化が避けられた?新潟県知事の選挙で、国交省出身の元官僚さんが勝ったみたいですね。野党がいうほど、アベ政権に対する支持?は緩いでいないようで、今回は、小泉父子が自民候補を応援しなかったのに、勝ったわけで、流れは3選へ?って。アベッチは、自民党総裁3選=盤石の政権へまた一歩歩みを進めた?

 反アベ派メディアあたりも、疲れて来たのか、「何故アベは支持されるのか?」みたいな文脈での記事が目立って来ていますが、さっきの「映像の世紀」を眺めていれば、明らかですね。
 つまり大衆運動の盛り上がりがないというか、のらりくらりの議会内でのやり取りくらいでは何も揺るがない。
 去年の衆院選の結果がこれですからね。穏やかな反対運動や稚拙な政治技術というか、既存野党の合従連衡くらいでは何も変わらないというか?

 ウォーターゲート事件では、たかが「盗聴」という不正事件に、ワシントンが包囲されるくらいの反対運動が盛り上がった。
 公文書書き換え? 今みたいに、アベッチが出鱈目な国会対応をするんなら、議会制民主主義?、日本の国体、なるもの自体を疑う運動でも作りだして、倒す以外にないと思うんですがね? それとも長いものには巻かれろ! ですかね。

 一昨日も書きましたが、「働き方改革」とやらで、国会で労働法制を決めてもらい、いや今や賃上げまでもアベッチのヒトコト! で話が決まる?
 でもって企業には、みたこともないような札束? いや内部留保って、たんなる帳簿上の数字ですからね。
 「会社を潰さず、国際競争力を保つということは内部留保、信用力が肝心。つまりは、内部留保とは、社員の利益でしょう」と。でもって、結果は理解不能な額の数字ばかりが並んでゆく。
 金が余っているのなら、北海道でも対馬でも買い占めればいいのにねえ、大企業さん。中国、韓国のの日本侵略が進んでいる!って、タケシさんの番組がやってた。お国のためにも投資しろよ、ねえ。
 まあ平和で、リッチなんでしょうかね。ニッポン! 本当はリッチさの中身なんだろうけどね。

 目黒では5歳の女の子が惨殺され、新幹線の中では鉈男が、乱暴を止めに入った男性を殺す! こんなことは政治と関係ない? 訳はなくて、理不尽という名の無法がまかり通っているんじゃないでしょうか。
 「日本は終わっている」--適菜収。
 そうかもしれませんね。ますます世の中のことに「オラ関係ない」と見て見ぬふりをするしかないような気分に…。

 それにしても、ネズミ宰相ね。あの窮鼠顔に、また付き合わなければいけないのか? と思うと、本当に気が滅入りますね。これは、天気のせいじゃないか?

 船に乗りたいね、の気分です。
 



また軍事品の買い増しですか?アメリカファーストへの協力外交ですかね?

  今日は忙しいですね。8時からヤンキースのマー君が先発。そのあとはエンゼルスの大谷君。で、午後からは日本対イタリアのラグビーですからね。
 夜になると最近は、テニスの全仏オープン。でもねえ、考えてみるまでもなく、一番忙しいのはテレビ君かな? 
 我が相方さんは夜中まで。起きているのか寝ているのかわかりませんが、テレビは付けっぱなしですからね。「時差ぼけが治らない」なんていながら。でもねえ、今朝2時ごろに目覚めた時に声掛けしたら反応なし!

 まあお体を大切にして下さいね! というのもありますが、テレビ君、大丈夫かな? なんて書くとまた叱られますけどね。頑張ってくださいね。いえ、テレビじゃなくてお体の方ですけどね。

 にしてもアベッチは、昨日はトランプさんと会ったと思ったら、今朝はカナダですか? なんか卒業旅行でもやってるつもりなのか、飛んだり跳ねたり。高額で環境にも良くないジェット燃料の浪費に励んでいます。ああ、このジェット機ももつんかな? なにまた買えばいいよ、アメリカからね。ですか?

 にしてもロシア、アメリカ、カナダ。でもって本命、是非訪れていただきたい肝心の北朝鮮の周辺をぐるぐる回っているだけのような感じもしますけどね。
 まあねえ。半年前、いつ飛んで来るかわからないミサイルに眠れぬ日を過ごした                                                 当時に比べれば、平和ですね。
 なんなら、こんな緊張緩和だけでも、トランプさんにノーベル賞? 差し上げてもいいんじゃない? にしても、なんだか平和賞って、かなりいい加減だね。

 でもねえ、アベッチはまたアメリカで、装備品を沢山買うって、約束しているみたいですね。北との緊張が緩和に向かうというのに、行く度に装備品購入増額! 北との交渉を代行していただいて、その見返りですか? アメリカファーストに協力させられて。こっちで、まずは完敗ですね。

 日本の装備、つまり軍需力を強化って? アメリカからどんどん戦闘機やら、買わされているようですが、詳細は明らかにされず。こういうの外交というんですかね? でもって、日本列島はほとんどハリネズミ状態になってゆくんじゃないですか?
 
 2011年の民主党政権時代に比べて今年辺りアメリカから武器購入は10倍の規模になるんだとか? 
 そんなに並べてどうするんですかね? それに武器って無人では使えないですからね。日本は、それだけの武器を使いこなせるんですかね。

 このところ我が家の周りでも、自衛隊の隊員募集のポスターや掲示板がどんどん増えて、私がよく行く、町営の体育館でも目立つようになりました。徴兵看板。
 いま、若い人たちの雇用状況がかなり改善していて、まあ卒業即失業状態は解消されているようですが、自衛隊員への成り手はいかがなんだろうか?

 足りない? じゃあ、海外から労働力を受け入れて! ってこの分野ではちょっとなあ、簡単ではないでしょうから! あそうか、最近単純労働者(いやだねこの言葉)でも外国人の採用を増やす!って、あんまり目立たないように、アベッチはシフトし始めていますが、日本人は軍隊に、足りない労働現場には外国人?
 そんな発想もあるんかな? なんてことはないよね? アベサン。

 でもねえ、朝鮮戦争の終結を宣言し、韓国から国連軍と言う名の米軍が撤退したら、最前線は日本?
そんな発想はあるんだろうねえ、アメリカには。でもって、中国との間に小競り合い、大競り合いが頻発して。何の文句も出ない中で、日本の軍事力が強化されて行く。
 なんか東アジアの平和? 北との合意が出来たら、そんなことを夢みていたんですがね。どんどん最前線が近づいて来る? そんな気もしますね。

 閑話休題。
 このところ、「働き方改革」だのへの野党さんの反対の論調を見ていましてね。国の労働制度が変わったとしても、それは例えば労基法の最低限の条件を決めただけのものなんで、本当は労働条件なり賃金なんかは、現場で働く労働者が経営との間で、独自に決めて行くべきものだと思うんですがね。
 政府が指針を明示して、それに労使が従ってゆく? って、適正なように見えて、労働者の想像力はいったい? なんて風にも思うんですよね。
 
 つまり「立て飢えたるものよ!」なはずなのに、「僕たち別に飢えてないもん」ですか?
 人に労働条件まで決めてもらっていいの? 
 戦えよ! 
 いや闘うのは、外人部隊に任せて、僕らは…、なんて考えているんじゃないだろうねえ。まったく。
                                                                

 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ