客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

日曜にも核、いや書く!です。

日曜日だけど。おはようございます。
   えーと。そうなんですよね。T.Iさん。非核3原則なんていったって、とっくに米軍基地には地球を丸ごと壊せるくらいの核が持ち込まれているとか。だいたい日本寄港する 空母は、その度に核をどっかにおろして、日本に寄港するんでしょうかね?原潜にだってー。 

   まあいいや。原発だって、核開発の前提になっているし。なんて世の中、嘘ばっかりだわなあ?
  大体、自衛隊だって、存在自体が、嘘パチみたいなもんですからね。こんなことやっていて、国語教育ができるんですかね?   国語的には、違憲だよなあ。 まあ議論しなさいよ。

  でも、改憲を契機に、軍事力強化を目指した「改憲は反対や!」というより、国としての整合性を整える?みたいな感覚がある。昔小沢さんも「当たり前の国」にしたい、なんていってたし、アベッチも、「我が世代の責務」みたいに、言っています。つまり、政策的には今のままでも、まあいいや、なんとでもできるわ。問題は国体や!みたいな感じで、理念を問い始めている! なかなか大変だよね!これ。

   アメリカのガン社会だって、悪い奴が銃を持つから、市民も!って、論理的には簡単には正義と悪と分けられるような議論じゃなくしている。でも、刀狩り令でやるのか、それとも、「武器よさらば」とやるのかはともかく、議論はそれで終わるでしょう。つまりは止める!という意志の問題や!
  ちょっと離れて見ればれば、わかるだろ、と思いますけどね。

  「軍事力 には軍事力」論の行き先は、日本も核武装ですか?  というより、核武装なんてとっくにやっていた、という話ですけどね。

  って、なんでこんなこと書き出したの?  うん明日から数日。旅に出ようと。
 旅先で、ワイハイが整っているかどうか分かりません ので、明日はともかく、2,3日アップできないかも?

   北の核からの避難するのか?って。うん、今はまだだろうけど、明日にも飛んできそうだしね?
 はい、疎開のロケハンにね!なんてね。
 また明日書きますので、よろしく。

日本客船建造業界の希望の星! 常石造船に力を、ですよね。

  凄いですね。ユリノミクス。なんでもゼロ!って。「電柱ゼロ」は、まあやる気になれば出来るんでしょうけど、「花粉症ゼロ」ですか? どうやるんだろうねえ。
 でも、こんなの出来なくても、次の選挙で「電柱まだあるじゃん」とか、「オラまだ花粉症が治らんぞ」なんて言われても問題にならない、くらいに考えているんでしょうかねえ。
 
 僕も電柱はない方がいいと思っているから、この政策が本当に実行されるかどうか見守って行きましょう。それで、この人のまじめさというか、政治活動へ真剣さが分かるというものです。
 なんかなあ。でも、これらは市民生活に直結した政治課題だ!なんて考えているのでしょうかね?
 だったら、「政治家の不倫ゼロ」なんて政策も入れとけばいいのにねえ。不埒な輩の立候補が減るかもしれんし。ああ、でも、これはネタがなくなるメディアの不興を買うかも知れんですね。はい。

 でもゼロばかり並べている割には、原発の方は「原発ゼロへ」と。この「へ」が問題なんだよね。電柱はゼロ。原発は「ゼロへ」だもんね。
 それにしても、何で「核兵器ゼロ」を掲げなかったのだろうね。もし、そう言っとけば、ノーベル平和賞の共同受賞者くらいに選ばれて、最高の事前運動になったろうにねえ。

 まあいいですけど、9つのゼロ、ちゃんとやってね。政策が肝心!なんてアベッチも言っていますがね、自分が選挙時に挙げた政策なんてなんにもやらずに、安保法制だとか情報統制なんかやっちゃう。
 これからは、これだけはやりません!政策と言うか。「戦争はやらない」「(加計のような)お友達優遇はやらない」とか、そっちを挙げて欲しいね。
 政治が余計なことをしようとすると、世の中どんどん悪くなる! 

 なんてね。もう面白くないね。この話。

 ウーン 常石さんの話ですか? 僕も取材していますがね。何も日経のスクープでも何でもないんですよね。一月前ほどに聞いたときには、「秘密でも何でもないよ。大体、上海の海事展で、何度も発表しているじゃない」なんていなされてしまいましたからね。メディアの劣化!ですよ。
 はい、中国の舟山造船所での建造を前提に、いま造船所への設備投資を実施していますし。客船建造に向けた体制作りは着々! ですよ。
 例のGANTUとの関係を尋ねると、「GANTUとは関係ない」。つまりこっちの船は日本の常石で建造していますし、境ガ浜のリゾート開発が目的で、GANTUはその一つのアイテムですからね。

 まあ、設計なんかの経験はフィードバックはするでしょうが、やっぱり客船を造るとなると、とりわけ内装というか、艤装部分をどうこなすかが大きいですからね。日本で3000トンを造ったから、というんで舟山での建造のトレーニングになる、というほど甘い構え方ではないですね。

 この会社、神原汽船と言う船会社もグループにありますからね。何も建造だけの検討ではないようで。
 僕も現役記者だったらなあ!もっといろいろ! 
 なんて僕の選挙戦術風に書けば、そんな感じかな?原稿を買ってくれるんなら、売りますよ。なんてね。

 でもT.Iさんの悲観主義ほどじゃないけど、そう簡単じゃないのは確かですよ。日経が書くような、今にも実現するみたいな話には、まだまだ、とても、とてもね。
 大体、常石さんの客船への取り組みって、昔々、神原汽船が、南太平洋に定期船を配船していたころ、「乗客も乗せて…」みたいな話で、貨客船を仕立てたことがありましたし。これなんか70年代初めの話だったかの話だし、サウンド・オブ・セトって、宇高連絡船だったか青函連絡船だったかを買って、福山と瀬戸大橋の与島を結ぶ観光事業をやっています。90年代の初めの話です。 まあそれ以外にもプランはいろいろありましたからね。

 今度こそ実現して欲しいと思いますが、あんまり期待するのもねえ。

 というより、日経さんの記事の仕立て方って、三菱が客船から撤退し、その一方で日本船社が造りたがっている。でもって常石が! といういわば三大物語を結び付けたような話ですからね。
 確かに日本のクルーズ事業を巡る環境はそうでも、実際はそんなイメージで検討が始まったわけでもない。 

 でもねえ、こうなったら、日本客船造船業(そんなのあるのかい)の希望の星は確かに常石造船さんだけです。もし客船建造ビジネスに係わりたいと思ったら、ドアを叩くべきですね。
 とりわけ夢を失いつつある三菱さんのOBさんたち。いや現役世代か? いかがですか? 
 三菱の船に希望はない! 「希望」が欲しければ常石へ! ですよ。
 何も保守政治は自民党だけじゃない! ってなんのこっちゃい。

 あ、そうそう。日本のクルーズ会社さんも、このまま「客船造船空白時代」を迎えると、日本はどうなるのか?と考えてみたらいかがですかね。
 今、客船建造に前向きなのは、誰か! 少し考えれば、真っ暗な空に、「希望」が見えて来るじゃないですか!
 なんて、わざわざ「希望」に結びつけることでもないけどね。

 
  

 
 

クルーズ船の供給過剰? うんうんやばいよね。でもガラパゴスジャパンは関係ない!

 まあねえT.Iさんは基本的に悲観主義者ですからね。人類の輝かしい未来への展望を否定される!

 >クルーズ船建造バブルは最高潮に達しつつありますが、もうバブルは弾けそう。そこで、弾けることを前提に将来を予測すべきだと思います。

 弾けたら、クルーズ船の船腹過剰問題は深刻になるでしょうね。コンテナ船に次ぐ大変な過剰供給問題となる。
 そうなると、掘出し物のお手頃価格の新同中古品がザクザクということになるような。その1隻を「飛鳥」(三代目)にするのは、どんなもんでしょうか(笑)。

 はっはは。全面的に同意です。 
 クルーズに輝かしい未来は? うん難しいというか。世界の政情が不安ですし、おっしゃる通り、客船の造り過ぎ。つまり供給過剰が懸念されますもんねえ。
  
 CLIAの予測によれば、17年以降、毎年13、15、20隻と外洋クルーズ船は建造され続け、2026年までに80隻。ベット数で23万ベッド(リバークルーズの17隻含め)が増加する計画。17年現在のベッド数は258万ベッドだそうですから、「一割以下、大したことないよ。供給、つまりクルーズ参加者の伸びはもっと大きいさ!」
というわけで、悲観主義はダメだよ! といいたいわけですね。

 でもって、彼らの精神安定剤は中国!、そして日本もかな? なわけですが、まあねえ。コスタ・ネオ・ロマンチカで日本市場をこじ開けようとしたんですが、市場の反応は???
 それにねえ。中国の伸びも止まって…。しかも富を生み続けて来たカリブ海のハリケーンのダメージは小さくないし、夢にまでみた新しいデスティネーション・キューバとまた国交断絶? トランプの野郎め! な話になっている。 まあ「冬の時代」はともかく、秋から晩秋へと向かっているみたいな感じですね。

 でもねえ、これもマイナス情報として欧州から伝わって来たんですがね。カーニバルとフィンカンチェリが組んで、中国でスタートさせようとしている客船新造プロジェクトは三菱さんのAIDAを上回るぐじゃぐじゃぶりなようで、このままでは「予定通りには…」みたいですね。
 つまり26年までに80隻という絵は、画餅かもしれません。というか自律的に調整される。アダムスミスじゃないけど「見えざる手」ですよね。なんてね。

 それで思い出すのは、第一次クルーズブームのころの話。日本でも客船元年と言われた90年代初めに、ファンレイ・イガーという船会社が、2度に渡って合計8隻だったかなの中小型の客船を一気にデビューさせた。ルネッサンス・クルーズですね。日本にも販売ルートを作ったんですがね、数年であえなく倒産。ですがね、何が起きたかと言えば、船の奪い合い。3万トンクラスの高級クルーズ船として、いろんなところに買われていきました。
 日本勢が気づいた時には、もう遅し! だったのを覚えていますね。

 何が言いたい? ええリセッションがあっても、クルーズ船は消えない。むしろ債務の少ない船が市場に出回って行く。残存者の肥やしになったりするわけですよ。って相変わらず表現が悪いね、あんた。
 でも今度リセッションがあっても、日本勢のリセットはどうかな? 多分、中古市場に出て来る船は日本船がターゲットにしている船よりもどれもデカイ! なんてことで逡巡しているうちに、どっかに吸収されてゆく。アラブかなあ。あるいは東南アジア市場に嵌め込まれてゆく?
 なんてね。

 日本の船社さんは、船を知っていると思っていますからね。海運会社さん出身ですから。でもって、目の前に7万トンの船が浮いていても「これじゃあ大きすぎる」なんて社内で稟議を上げているうちにチャンスを逃す?
 でもって、日本市場はこの船型だ! と、ばかりにすでに市場性を失っているような、既存船とほぼ同型船を世に問うて、彼らのサラリーマン人生は終わる…。

 なんてね、オラも悲観主義者だねえ。と言うかアダムスミスは、欧米市場では成立しても、ガラパゴスジャパンでは、機能しない? のかな?

 話は変わるけど、日本の社民主義者のことをネトウヨ君たちは、ガラパゴス左翼と読んでいるようですね。ええ
護憲ばかり言っている辻元さんみたいな人たちのことですが、よかったですよね。
 ガラパゴスはみんなで手付かずのまま保護して行きましょう!貴重なんですからね。

「北の脅威はますばかり」ーー今度の選挙は「脅威と闘える体制を選ぶ選挙だ」って? 別にアベッチを変えようと、解散総選挙を要求したわけでもないんだから、そのまま、北の脅威に備えてくれればよかっただけじゃないのねえ。

 でもって結果は、アベッチは議席を減らして、脅威と闘う盤石の態勢???は、グズグズになるんでしょうね。
  世の中は思い通りには行かんものですよ。ですが、何が起きても対応できる柔軟性! クルーズでも政治でもそれですよね。
 今、議論しておくことが肝要なんですよね。って相変わらずの上から目線だねえ。
 



 

日本船クルーズ絶好調みたいですね。問題は新船。クルーズ客船「百合子」から「志桜里」へのシフトは?

    実は、僕もそろそろ選挙ネタに飽きてきているんですがね。かといってクルーズネタで面白い話はないし。突っ込むとちょいとやばそうな話ばかりだし、というんでねえ。
 でも、今日の産経さんは…。って、このところ、産経新聞のPRをやるような羽目にも陥っているし。
 まあいいや、産経さん今度は、マエバラさんのヨイショに動き出したですね。「民進党解体の功労者」という評価ですね。

 維新の橋下さんも、ブログでマエバラさんをどどんと持ち上げていて、つまり「ヌエのような政党・民進党を一発で解体したマエバラさん」というわけで。「安倍政権を倒すためなら、なんでもやる」の中身がこれだったと…。

 まあねえ。僕は民進党という組織のヌエ的な体質の背景には、640万人まで小さくなりましたが労働組合の総本山! 「連合」自体の体質が背景にあったと。
 政党支持の自由とか? 経済闘争主義とか? まあこの労働者組織? の内実はバラバラですからね。原発維持の電力労連から、過激派を内包しているJR労連まで、日本の縮図のような組織であって、これが民進党のヌエさの背景になっていたわけで。

 はい、共産党系は別組織、全労連に分裂していますから、こっちはすっきりしていますが、小さい。
 でもって、連合は、賃上げにしても「生産性向上の範囲内で」みたいな発想で、アベサンに「景気浮揚には賃上げを」なんて励まされちゃって。つまり政治的な牙を完全に抜かれちゃっている。

 日本と言う国のヌエ的な側面は、はしなくも連合が体現してきたようなところもあって、マエバラサンの功績は、それをはっきり明示したところにあるんかな? って。自民党にとっても、農協と同様、「目の上のたん瘤」状態だったんだけど、やっぱり内部から突き動かすしかなかったということですかね。

 でもねえ、日本という国は、そうしたヌエ的な状態を作り出すことで、対立の顕在化、先鋭化を防いでいた面もあるわけでね。このあと「立憲民主党」が一定数を占めないと、オール右派型の政治形態では、何が起きるか? みたいな、そこはかとない不安はありますね。

 利害対立とか、考え方の違いの明確化とか、そうした対立関係をはっきりさせることは、日本には似合わない。まあ、例えば北が暴発しそうな中で、「冷静にモノを見る」という態度は多様性の中でしかできないのではないかと。
 でも、戦前の鳩山一郎じゃないけど、うつうつとしながら、世の中の流れを見続けて行くしかない? のかなあ。

 です。まあいいや。ブログもクルーズの話へとどどんと戻しましょうね。別に読者さんが着いて来なくてもいいや。って、いやいや。クルーズネタの方がアクセスは多いし。

 さてと、この欄が触れないうちに日本船のクルーズは絶好調みたいですよ、の話題から。
 外国船の「安さ宣伝」が行き届いて、しかもちょっと見、高く見えた日本船が、「比べてみると安いじゃん」という感じで見直されているようで。ちょっと前までは、「満員のクルーズもある」状態だったのに、今や「満員にならないクルーズもある」状態ですからね。

 飛鳥Ⅱの世界一周の話題がメディアにまったく載りませんが、これも「少なくなりましたけど、まだキャンセル待ちのお客様いらっしゃる」状態で、宣伝する必要がないということみたいですね。区間クルーズの設定もないし。
 まあ日本船3隻とも、船齢30年を迎える2020年くらいまではこのまま行くんでしょうかね…。

 にしても、新しい客船を造るチャンスがねえーー。はい、日本の造船所の能力が問題になるなんて、考えもしなかったでしょうけど、かといって欧州は請けてくれないしーー。これって日本の衰退を示す象徴的な問題ですよね。

 こうなったら、船齢の若い外国の客船を買ったり、チャーターして来て、リセット!なんていかがですかね?
 アメリカでも、ハリケーンショックを背景にジョーンズ法の見直し論が出ていますが、日本もカボタージュの緩和を含めた海事法制の見直しをして、「海外クルーズが原則だけど、年に60日間程度は国内クルーズを認める」みたいな規制緩和をして、大年増客船から、熟女客船に切り替えるくらいで…。
 ってなんか書き方がいやらしいねえ。

 クルーズ客船「百合子」じゃなくて、クルーズ船「志桜里」ぐらいですかね…。

 あんた、このブログ止めなさいね。もう。
 それにしても、なんかいいアイデアを出さないと…。

立憲民主党ですか? これから「立憲」するの? なんだかよく分からんですね。

   それにしても、立憲民主党ですか? ちゃんとした議論をしたんですかね。この党名。 
 普通、「立憲」とくれば、君主制。歴史的には君主制からの移行期に、憲法を作って王権を制限する過渡期の政体みたいな考え方と、習った気がするんですよね。 
 今の典型はイギリスかな? 共和制への移行が歴史の流れなのに、伝統がそれを許さない、みたいななね。日本も立憲君主制と分類する考え方があるようですが、「君主制」というのとはちょっと違うかもーーなんてどうでもいいか? でもまさか、憲法改正論に対応して、これから新しい憲法を、というんでしょうか? オラは「護憲」じゃ保守的すぎるし、「反戦憲法を作れ」なら賛成だけどね。

 で、「立憲民主党」として一番有名なのは、ロシア革命のころの話ですよね。
 ええ、あれから100年ですが、その前の1905年の血の日曜日のあとに発足する自由主義者の党、インテリの党でもあったようですが、帝政打倒の一翼を担ったのが立憲民主党! カデットといったかな? 
 で、肝心の100年前には、2月革命後にケレンスキーの臨時政府に参加したんですが、10月革命後、ボリシェビキに弾圧されて「人民の敵」! 「全ての権力をソビエトに!」に敗れ去る。
 って、ウィキペディア!を確かめながら! ですけどね。
 歴史は繰り返す。なんか戦前の日本にもこの名の政党があったかな? もう調べるの面倒ですけど。

 うーん。まあ「憲法を守れ」というか、憲法問題がこのあと争点になると踏んで、「立憲」といれたんですかね。となると、この名も長くないね。きっと。
 ですが、ネットを見ていたら、ネット住民はもう反応しているのですね。やっぱりテーマは「立憲」。

 「古くさいけど、憲法で政治権力を制限しよう」という発想とか、「解釈改憲に反対する」みたいな感想が多くて、まあ受け止めは悪くないですね。
 「立憲民主党」でなくて、「一見民主党にしたら?」、なんて書き込みもありますけど、本当のところはそっちが正しいかな? でも民主党だけだと、失敗した鳩山さんのイメージが強すぎるかな?

 にしても「希望」の方も、櫛淵真理なんて、ピースボートの元活動家が試験に受かったみたいで千葉4区にノミネートされています。「憲法改正」「安保法制に反対しない」という踏み絵を踏んじゃったんですかね? まあ元職なんで、先の国会で反対したわけではないんで、これでいいんでしょうかね?
 これからメディアは、名簿をひっくり返して、整合性の指摘を始めるんでしょうね。

 まあいいわ。「希望と言う名のアナタを訪ねて…」汽車に乗った人たち。非難するつもりはないですけど、「大義のない解散」「加計隠しを許すな」の反アベッチだけは貫いて下さいね。厚化粧さんもこのことは禁止しないでしょう。でもちゃんと「忖度」しないと、トラの尾を踏みかねないので注意しましょうね。

 にしても、昨夜の日刊ゲンダイだったかな? いろいろ読んでるので出所不明ですがね、今度のコイケクーデターは、アベッチがあまりにトランプとの関係が強くなり、日本の政治的指導部とのルートを失ったアメリカの民主党ルートからの揺り戻しだ、なんて解説がありましたね。

 つまり日本をコントロールするのに、アベッチがあまりにも共和党と相互浸透してしまって、民主党系も危機感を…。なんてね。
 いかにもありそうな話だけど、こんな荒唐無稽な話が飛び交うのも、識者や情報通を自称される方々が、目を白黒させているからかも知れませんね。

 にしても「週刊新潮」は酷いね。「自民党大量絶滅期」なんて大見出しを打っちゃって。まあ「小池百合子の希望・横暴・票泥棒」特集はまだ読めるかも知れんけどね。
 ですがね、「政権奪取したら、前川喜平文科大臣」説だなんて。
 私も一時期そんなことが頭をよぎったし、「彼、出馬しないのかな?」なんて未だに思っていますけど。まあ私の想像力も「新潮」並みかな?

 まあなあ。政治的利権って、加計問題でまたクローズアップされたりしているけど、最大の利権は選挙に受かって議員さんになること! なんだよね。やっぱり。
 今度の解散で意義を見つけるとすれば、議員さんのリクルートが始まって、主義主張がちょいと整理された感じがあることかな。

 でもなあ、僕の選挙区には「希望」に鞍替えした「政経塾」上がりと自民党の県会議員の二世さん。それと、絶対に当選しないであろう共産党さん!

 これで、どう投票せい! と言うんじゃい!



「厚化粧の女」って、さすがに石原さん、文学者ですね。危ない、危ない

 昨日何気なく書きこんだ「厚化粧の女」という言葉。はい、石原慎太郎さんの名言? のつもりだったんですがね、書いたあとから、何か引っかかる気がしていたんですよね。
 ですので、記憶の底に沈んだワードを一生懸命辿っていったんですよ。そしたらーー。

 はい。そうなんですよね。ああそうか、1991年に公開されたフランス映画「厚化粧の女」か。と思い出しましてね。ええ、原作はフランソワーズ・サガンの小説。ジョゼ・ピネイロ監督の作品です。ジャンヌ・モローさんや、かのアランドロンの息子アントニードロンさんが出演している数少ない映画のひとつですね。
 僕は大年増さんが好きですからね。ジャンヌモローさんは…。なんて、まあどうでもいいか?

 でもって、何で覚えているのかと言えば、この映画の舞台が、いわゆる「豪華客船」なんですよね。
 僕はこの映画、結局見ていないんで、なんの船が覚えていませんが、公開されたころ、仲間内で論争があったことを覚えていますね。
 もう記憶もなく、わかりませんが、多分サガフィヨルドとか? シトマールの船なんじゃないですかね。どなたかご存じないでしょうか? もしご存じだったら、教えてください。

 エーゲ海をクルーズする「ナルシス」という客船上で繰り広げられるドラマですね。主人公は新聞王の夫妻、その妻であるオペラのプリマドンナ・ジャンヌにジゴロのドロンがからんで…。映画解説でも退屈を持て余すブルジョアジーのご夫婦の恋のゲームとありますね。
 集英社文庫の中古本があるんだそうで、Amazonで、注文しちゃいましたよ。いま。

 にしても石原さんの「厚化粧の大年増」って、ここ数年の歴史を変えた名言のひとつ?ですね。 これで善良なオバサン選挙民を、コイケさんに走らせ。さらにアベチャンの「こんなひと」発言は、都議選でコイケ旋風を巻き起こし。なんかなあコイケさんの才能というか魔女性ですね。これ。
 北朝鮮がアベチャンに一生懸命エールを送っている以上の応援歌になっています。

 それにしても、石原さんは、さすがに文学者ですね。「厚化粧のおんな」という名言は、まさにに彼女の本質を捉えている。化粧の奧にある素顔は、まるで白雪姫のお母さん魔女?
 マエバラ君もその毒牙にやられちゃったし、下手すると石原ファミリーが全部討ち死にするかもね。

 でもって、今朝の産経によれば、「選挙の結果次第では、自民党との連携!」だっていうじゃないですか。希望も何もあったもんじゃない!
 こんなのフェイク中のフェイク。今度の選挙がアベッチの加計隠しだと思っていたら、「加計隠し」隠し! 厚化粧さんによって、民進党解体へ。つまり彼女はどこまで行っても「刺客」なんですね。
 コイケさんはアベッチ打倒!じゃなくて、「私が後継です」を目指した選挙だったなんて。怖い怖い! 本当にこわい。

 でもって、毒リンゴ? を食べて、瀕死のマエバラさん。擦り寄ってからめとられた細野一派。
 一方、寸前で食べずに逃げた民進党の重鎮たちは、ほとんど「7人の小人」状態ですからね。
 
 まあ終わりましたね。選挙! いやニッポンかな?
 「厚化粧の女ジゴロ」に軒並み」撃沈!ですわ。

 僕はブルジョアじゃないですが、こうなりゃ豪華客船ナルシスにでも乗り込んでエーゲ海にでも逃げ出しましょうかね。
 もちろん難民救済のためにですよ! なんてね。あーあ。

 まあいいや。厚化粧の女ジゴロには気を付けましょうね、ってもう遅いか。
 本当に、危ない、危ない!

   

コイケに嵌ってさあ大変! リベラルさんは地域政党から再出発したら?

   どうやら「コイケに嵌って、さあ大変」みたいですね。マエバラ君。
 やっぱり修業が足りなかったんですかね。昔、国交大臣のころ、パーティでの挨拶や、講演を2,3度お聞きしましたが、お育ちのよさそうな、良い性格風の人というのが、第一印象でした。やっぱりねえ。

 当時、自民党の参議院議員の武見さん辺りに持ち上げられて、満足そうなお顔をしていたのが、印象的でしたね。「民主党には惜しい人材」なんてね。
 このまま中二階? 連合の神津さんあたりと一緒に打ち首、河原にさらし首? 
 まあなあ、神津さんも東大ー新日鉄だもんねえ? 

 連合はJR労連やらの左派と基幹労連みたいな右派の連合体ですからね。民進党みたいに多様性、いや、ごちゃまぜ労組の連合体でないと、組織が持たないんですよね。
 だから、神津さんも、コイケさんのリベラル排除という約束違反をなじってはいますがね。
 でも、今度のコイケクーデターで、連合も分裂含みになるんかな? スト権ストまで打ち抜いた左派総評の面影は何処へ! ですね。

 つまり、コイケに嵌ったのは、連合執行部も、であって。日本の戦後体制は、微笑みを絶やさない「厚化粧の女」の出現で、完全に息の根を止められて、「保守二大政党」と言う名の大政翼賛型政治状況に移ってゆくんでしょうか。
 こうなりゃ。枝野さんや辻元さんに頑張っていただいて、「民主」ですか? 細々と命脈を維持してね。そう社民党のような密教型の政党として生きて行くしかない? 

 にしてもヒデーもんだよ。自民党の戦犯達に向けて、対立候補を立てるのかと思ったら、民進党左派に刺客ですか? 枝野さん辺りは、後ろから鉄砲を撃たれているわけでね。これで加計問題も幕引きですかね。でもって憲法改正、安保法制維持ですか? アベさんの高笑いが聞こえて来ますね。
 まあこんなことすら予想していなかった民進指導部の貧困を嘆くべきでしょうけどね。

 やり直すしかないでしょ。一旦、労働組合や農民、そして市民運動の底辺まで下りてね。はい、今月はちょうどロシア革命100周年やないですか? ヴ・ナロード! そうです人民の中へですね。なんてね。欧州の民主主義が眩しいよ。
 
 なんかオラも頭が変になっていますね。このまま選挙に進むと、アベチャン圧勝!というわけでもないけど、改憲派は85%から90%を占めるんじゃないですか?
 で、政策的には北朝鮮と対峙して、とにかく憲法9条改正を発議して…。
 って、そのあとどうするの?

 北に攻め込むわけでもないだろうし、核武装?ったってアメリカが許すのかな? 核不拡散体制に抗う? いや、加計問題乗りきりで、今回は満足! まあ、せいぜい安倍政権も一強ではなくなる? 
 にしても、なんだかいやですね。私の読みも外れっぱなしですし。って当たり前か?

 どうやらコイケさんの戦略は東海道ベルト地帯の制圧。つまり都市部を拠点に! みたいですからね。リベラルさんたちは、そうですね。北海道、沖縄を拠点に地方政党を立ち上げて、そう、目指せ!カタル―ニアです。バルセロナと同盟を結んで、北海道・沖縄民主共和国を独立させる。
 バルセロナー那覇ー札幌の「三都物語」かな。

 いや、香港や台湾やスコットランドや、キューバとか。うんうん。世界の島々とともに独立して、大陸型の中央集権型の政治体制と闘う海洋立国というのはいかがかな?
 農畜産主導の北海道、観光を生業とする沖縄、なんてね。

 でも、そうなったら、フェリーが大動脈ですよ。 まさに海洋立国ですからね!
 北方領土やシベリア、東シナ海の経済圏とも新しい関係が出来るだろうし…。
 えっつ? ピースボート? いいんじゃないですか? 国営クルーズ会社になれますよ、きっと。

 でもねえ、あんまりリベラルさんをないがしろにすると、平和の国日本だって、利害対立が先鋭化し、暴発しないとは限らないと思うけどねえ。
 日本型社民って、いわば社会の緩衝材みたいな役割を果たしていたと思うんですけどね。このまま行くと、日本の国内矛盾がどどんと先鋭化して? 居場所のなくなる人々も出て来る。それとも大政翼賛政治へ? なんかギリギリですね。
 
 ぼやっとした民意! なんて曖昧な政治状況を指摘されて、そんなもんか?なんて思っていたら、こんなことになるとはね。
 ーー「民意」とはつねに漠然としたものとしてあり,おもに為政者の側の用語として用いられる。
(中略)
支配者の私的利益を支配の目的として表明することはできない。支配が神意に基づくとされる場合でも,その神聖性が被支配者に受け入れられていなければならないだろう。(世界百科事典より) 
 
 ですって。まあ今度の「加計隠し」安倍クーデターは、こうして終わるんでしょうかね。あらら!
 

社民存立危機突破選挙? ピースさんのエコシップはどうなんでしょうかねえ?

   やっぱり客船ネタの方がアクセスが多いですね。 
 アベッチと百合子さんのちょっと出来レースも伺わせる茶番にもなりかねない選挙話もいいけど、このブログの本分! 大義を忘れてはいかんということですね。 

 にしても花田紀凱さん。ええあの名物元文春編集者さんですが、どうしちゃったんですかね。アベチャンの強力なサポーターになられているのはいいにしても、『「大義」「大儀」とあれほど言っていた朝日新聞も、あまり言わなくった。「希望」に大義がないからだ』って。もう、すっかりトンチンカン! 「希望」に大義をかぶせて来るって?
  問題は「解散」に大義があるかどうかなのにねえ。希望さんには「反アベ」という立派な大義、「加計隠しを許すな」があるじゃん! やっぱりこの解散はおかしいって思わんのかな、花田さん。

 一昨日付けへの
  • たかむがんば
  •  さんの書き込みありがとうございます。
     別に「長州出島」を無理やり取り上げるつもりもないんですがね。すみませんね。でも「長州出島」に果たして大義はあるのか? なんてね。
     まあ、現代日本の縮図!と、大上段に振りかぶる話かどうかは知りませんけど。22万トンの大型客船もそうだけど、この話はむしろ、コンテナ船ポートの話ですよね。

     造った以上、釜山に対抗して欧州航路のコンテナ船辺りをしっかり誘致してきてくださいな。神戸や大阪の太平洋岸には大型コンテナ船はもう入って来なくなって、博多に入るマースクの大型船なんかを奪うのかな。ライバルは釜山! 韓進もいないし? かな。

     まあ、確かに、世界の船は、コンテナ船も客船もどどんと大きくなっていますから、まず日本は港から!ですよね。港湾局さん? 公共事業大国としては、やっぱりやらんとね。なんでしょうかね。コンテナの港別取り扱い実績で、日本の港は、20位くらいにやっと? なんかな? 中国諸港や釜山にも大きく引き離されていますから。港湾局も頑張らないとね。
     って、あんまり港を造りすぎてランキングに入らなくなって、慌てて「阪神港」なんて区分けにしていますがね。どうせなら「虎港」とか、それとも「タイガーズ港」にすれば、ってなんのこっちゃい。

     いや、実は木曜日の朝だったかな?NHKの、海外ニュースの番組を見ていたら、フランスのテレビが、フィンカンチェリがSTX(懐かしい名前だね)の経営権51%を取得してグループに加えたというニュースをやっていて、この話の雑感を書こうかと思ったんですがね。コイケ劇場に付き合った方が面白いかと思いましてね。ゴメン。

     なんで? いやテレビのコメンテーター、ええ、もちろんフランスのですがね、このM&Aで、フインカンチェリは、「中国、韓国、日本との国際競争に勝つ体制を」なんて。
     欧州でも「造船」のライバルは、相変わらず極東なの?
     古い時代に刷り込まれた常識から抜け出られないんですかね。まあ欧州人の(造船)雇用の敵は、ずっと日本と韓国でしたからね。

     でも、両岸は、すでに客船と商船との棲み分けが出来ていて、まあコンテナ船やバルクでは極東にはかなわんでしょ? というか、商業造船では客船に特化しているフィンカンチェリのライバルはドイツのメイヤーしかないわけで。
     フランスのラトランチックをフィンカンチェリが手に入れることで、フィンランドのツルク。はいSTXの旧ワルチラを手にしたメイヤーとの2強による世界分割が実現したという話ですよね。

     でもフランスのテレビの解説はそれより、「雇用が守られた」を強調していましたし、欧州の新聞は、EU艦隊の建造ヤード。というかフランス、イタリアの国防軍の独自性と国際化は? みたいな話を中心に解説していますね。

     まあねえ。欧州はEUで統合されていて、雇用は確かに問題なんでしょうが、造船業の競争力とか艦船の建造!なんて、さしたる話題ではないと思っていたんですがね。 
     フランス海軍、イタリア海軍とドイツ海軍?ーーこんな各国別の戦力というか建造力あたりでの「統合」論まではまだなのかな? いや一歩も二歩も踏み出したというべきか?  
     そんな風に思ったんですが、コイケ台風とどっちが面白いかな?
     我が任務、我が大義を忘れてしまいました。ゴメン。

     にしても欧州の造船と言えば、ええええ。ヘルシンキのPBさんはどうなったんでしょうかね? 「約束の9月末」って、だれもそんな約束はしていないよ? かもしれませんがね。なんか正式契約したとか、建造に着手したというニュースは伝わって来ませんね。

     まあこの船の実現性については、コイケ総理の実現性以上に危ういと思っていますし、出来なくたって別に? ですがね。
     ただ、旅行代金を支払ってしまっている善男善女の「エコシップで地球一周を!」という「希望」を奪うのは、ちょっとねえ。

     日本型民主主義者、エコ活動家の夢は、「希望」へと昇華できずに…。なんでしょうか?
     というか日本型民主主義者自体が、「希望」に見捨てられ、存立の危機? 
     話はまたそっちかい?
     でも、なんかなあ、「社民存立危機突破選挙」にも、なっちゃったねえ!

    安倍サンと昭恵さんをお白洲へ! このことだけはやって下さいね。小池さん!

     おっ! 昨日のアクセス数は今月最高やん! やっぱりクルーズネタがいいのかな? 下関ガンバレ! って。
     日本にも沢山、クルーズ僻地がありますからね。下関は港が有名な割には、去年の入港17回って、別府(19)より下。青森(21回)にも負けていますからね。
     というより、クルーズ船入港による経済効果、なんて胸を張れるのは佐世保の64回くらいまでかな? はい9位ですね。博多、長崎、那覇が御三家。横浜、神戸、と来て石垣、平良、鹿児島、佐世保ですね。
     
     なんでこんなこと、今頃書くの?
     はい。別に! こんな話でも書かないと、話は選挙モードで展開するしかないですからね?ごめん。
     それにしても、何故地方の港の話なの。

     はい。俗に選挙に勝つには「地盤、看板、鞄」と言いますわね。サンバン?ですかね。
     今度のコイケクーデターは、看板を整える事に成功したわけですが、産経新聞(いつもいつもすみません。他はネットで読んでいるだけなんで。そろそろ東京新聞に変えようかなんて思っているのですがね)は、「民進党には100億円を超える選挙資金の蓄えがある」とレポートされていて、つまり鞄の方もなんとかなるみたいですね。民進党、のっとりやねえ。完全に

     でもって話は、地盤じゃ? なんて考えていたら、僕が持っている話題って、やっぱりクルーズ港かな、って。で再び登場。下関。
     地方の活性化となると、今は話題性があるのは港くらしか思いつかない、なんてね。

     せっかくアベッチが長期政権を築き、プーチンさんまで連れてきたのに、しかも港町としては、とても有名な関門に客船が来ない。函館、青森、別府にも後塵を拝しているわけですからね。地元だって、不満はあるんじゃない?
     アベッチは、長期政権を樹立して、来年晴れて「長州出島」を御披露目だったのかもねえ。野望ついえる? なんてね。
     こんな出鱈目なフィクション話、どうでもいいか?

     にしてもコイケ新党ですがね。民進党の解党は、党首のマエバラさんだけが残り、あとは希望に行っちゃうんでしょ。つまりはマエバラ君は、サンバンに加えて、金庫番、つまり4つ目を握って。選挙に臨む? なのかな?
     きっと彼の、「身を切る覚悟」は称賛されるんだろうけど、そんなに清い話でもなさそうな?

     まあこれからは、コイケさんの、民進党からの参加希望者の入党試験が話題になるわけで。引き続きのコイケ劇場第二幕かな。とりわけ今度の話題は、全国区。この党の話題でメディアは大忙しでしょうねえ。
     とりわけ地方紙が活躍するんじゃない、「オラが地盤はどんな風?。だいたいあの候補は、民進党でも右派だったの?それともコイケ試験に受からない左派かよ?」みたいにね。

     そのまま選挙に、なだれ込めば勝ちかもねえ。

     でもって、看板の架け替えも着々と? 今までは「改憲に賛成すること」がハードルだったけど、昨日あたり「安保法制に反対した人はNG」だなんて「踏み絵」も伝わって来ていて。
     まあなあ、確かにアベッチからの権力奪取クーデターに見えて、実は、アベチャンは、政策面ではより強力な後継者づくりに成功するのかもしれんですね。
     まあ彼は権力亡者だから、それには気づかんかもしれんけどね。

     10日公示ですか?
     まだまだいろいろありそうですね。コイケさんの内実についても、「極右政治家」(韓国ハンギョレ新聞)なんて、かなり正鵠を捉えた分析もあって。「憲法は守れるのか」(新華社)なんて、記事もありますね。東アジアのメディアですが、もっとも産経の分析なんで…。
     でも、産経さんもそろそろアベッチから乗り換えようとしているのかな?

     まあいいや。それはそうと、民進左派の枝野さんとか、長妻さんとか、そうそう辻元さんはどうするんだろう? 「僕達は改憲派でした」とシレッと? はまだいいわなあ。9条だけじゃないよ。とコイケさんもおっしゃっているし。

     でも「安保法制にも賛成でした」とはねえ、幾らなんでもねえ?
     ここは潔く分党して、反安保共闘でも創るしかないんじゃないかな? 共産党の核の傘でね。でもって社民も合流する!って、合流ばやり選挙だね、今回は。

     なんでもいいけど、少なくともこれだけはお願いしますね。選挙が終わったら、「加計はいいや。加計より家計」なんて話になるんじゃアカンよ。

     金太さんご提供のアエラの佐藤優さんインタビューによれば、
     --命令も要請もせず自在に人を動かす。権力における自らの優位性は手放さない。そんな人物には気をつけた方がいいーー

     つまり「僕は要請したことはないと、閉会中審査でも判明したでしょ」なんて、自ら責任は負わず、「忖度」で人を動かし、失敗したら、「(籠池さんって)詐欺罪で逮捕されたんでしょ」なんて感じで、顧みとようともしない人。
     「北の脅威に比べれば小さい話」なんて言い出す評論家も出て来ましたが、名もない「こんな人たち」は見通しているんだからね。なめんなよ!

     アベッチと昭恵ちゃんを、お白洲へ。
     なんでもいいから、これだけはやってね。コイケさん。
     

    長州出島に22万トン誘致? 長崎じゃなくて? アベサンの選挙区じゃないの! 頑張らないとね。

       何? 小池百合子ちゃんも出馬ですって? 
     それもアベサンの選挙区か、石原伸晃への刺客? って、なんか私が冗談で書いてることが現実に?
     いやこれも政界の観測記事みたいな話ですけどね。ジョークでしょう。きっと。

     でも、小池さんの想像力も並みじゃないねえ。こんな女性をフトコロ、つまり自民党内に抱えていながら活用できなかったアベサンの不徳の致すところ!じゃないの?
     やっぱりここは潔く、解散ー辞任へと歩まれることをお勧めいたしますよ。はい。

     まあねえ。考えてみると政治家一家の末裔が、まるで徳川幕府時代のように出てきて、しかも将軍になってしまうという、ここ何代か続いている国会議員の世襲制というのは、どうなんですかね。 
     岸さんや吉田さんのお孫さんが総理、副総理をおやりになって、御爺ちゃんの遺志を果たす? でも見ていると、彼らが学んできたのは、政治技術だけだったんじゃないですか?

     つまり世の中の下層で苦吟する人々の思い入れとか、生活とか、考え方に自らの想像力が追いつかない? どこまで行っても、彼らの発想は「国体」なんだよね。
     これじゃあ、北の刈上げの発想と変わらんじゃないの。

     まあ二階さんぐらいかな? 「小池総理」を阻止できるのは! 非自民反共産? 非共産反自民? なんでもいいけど、頑張ってくださいね、政治家の皆さん。でもって、私はしばらくこの話からフェードアウトしましょうかね。

     次は? 官僚の話? なんてことじゃなくて、クルーズでいいですよね。はい。
     なんか、下関市が出島に、22万トンが入港できるクルーズポートを造るとか。長崎じゃないですよ。長州ですからね。実は、この構想は僕が現役時代に下関を取材した時に、確かに語っていたですね。

     人工島「長州出島」にクルーズポートを建設するんだそうですが。まあね、アジアに1隻しか配船されていないロイヤルカリビアンさんの巨大船。ええ中国市場にしか向いていないこの会社のために、「出島」に、ですか?
     まあ大きいことはいいことですからね。

     いまや毎日客船がやってくる博多には、年330回も客船が入港していますからね。「利益なき繁忙」なんて地元からはご不満も聞かれますが、北九州港、つまり小倉を併せても、爆発してくる中国需要に対応出来なくなりつつのは事実ですからね。

     でもって長州出島。日本海側の沖合人工島ですね。コンテナやRORO船のターミナル建設が進んでいたんですが、「どうやろ。クルーズ船のターミナルでも造らんか?」「どうせ造るなら、世界最大22万トンがいいよ」--なんて話になったんですかね。下関港は海流が早くて、客船寄港は難しいし。

     まあいいですよ。いったん国土交通省港湾局、つまりお上が動き出すと、日本全国にクルーズターミナルを造らないと気が済まない? というか「不公平」だなんて思っちゃうんですかね。
     こんなところに22万トン? 

     ですがね。連れて来た乗客をどこに連れて行くというんでしょうかね?
     唐戸市場? 春帆楼? 関門海峡? うんうん、関門海峡途トンネルを歩かせるというのは悪くないかもしれないですね。6000人ですけどね。

     確かに港湾施設って簡単に造れますよ。でもねえ。後背地の町は寂れていますからね。僕も以前下関で朝の町を歩いたことがありますが、唐戸市場以外はシャッター商店街見物! フグは高くて店に入ることもできずで…。早々に観光は諦めた経験がありますけど。
     ここにバス150台で陸上観光するような客船を誘致する? んですか。

     頑張…。って。
     あらら、もしかしたら下関って? はい山口4区。下関と長門はアベさんの選挙区だったですね。

     なんだい、また政治の話かい? いえいえ地方は元気がないですからね。
     日本の近代を切り開いた長州を盛り上げるのは悪くない。巌流島もあるしね。
     22万トンの誘致に中国へ! まあアベサンが行くこともないけどね。 
     


    執筆・講演承ります!!

    どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

    名前
    メール
    本文
    ギャラリー
    • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
    • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
    • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
    • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
    • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
    • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
    • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
    • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
    • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    livedoor プロフィール
    カテゴリー
    カテゴリ別アーカイブ
    • ライブドアブログ