客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2014年08月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズは温泉に勝てない?

 というので、東北への温泉旅行へ行ってきました。八幡平と花巻、つまりは宮沢賢治ワールドですね。ちょっとおおげさですが、日本人には温泉がある!ということを改めて認識しちゃったですね。

 何故、日本のクルーズが振るわないか? プリンセスさんが、10億円を掛けて、しかもオードリーさんを引きつれて日本市場に黒船のようにやって来たのですが、大方の旅のプロさんたちの見方を覆すように大苦戦してしまっています。
 とりわけ日本でも、カリブ海やアラスカ型のクルーズを企図したのかな、小樽発着のロシアクルーズはきつかったみたいで、来年は中止してしまいました。
 また来年のダイヤモンドプリンセスは、ゴールデンウィークなどのベストな日程は旅行社のチャーターに改めたようで、その他のウィークデイをどう売るつもりなのか、いま注目しているところです。

 で、温泉。日本人にとっての旅って、やっぱり温泉旅行なんでしょうか? まあこれだけ交通手段が発達していて、しかもほとんど治安面でも便利さでも不安がない。ダイヤモンドプリンセスには大スパがありますが、温泉の代わりに、みたいな話ですからね。代わりよりも本物がすぐそばにあるわけで…。
 また寄港地は、プリンセスのような外国船の場合、外国ワンタッチが要りますから釜山、上海、済州島。まあロシアはほとんど行ったことはないでしょうが、これに日本の港町を組み合わせても、目的地の魅力は薄いかもしれんですね。
 『クルーズには2つの目的地がある。エキゾチックな寄港地と、船それ自体』とはアメリカでクルーズを開拓した人の言葉ですが、 プリンセスのクルーズは「船それ自体」の魅力だけで売らなきゃならなかったのかもしれません。

 でもって、安いといってもひとり10万円。これならジパング倶楽部を使って30%割引になった新幹線と温泉旅館の旅のほうが安いですからね。 
 クルーズは日本近海よりも、どどんと海外に行ったほうがいいんじゃないかなあ。日本人にはね。
 
 異論があれば、聞かせてください。

 でもねえ。プリンセスの最大の功績は、ダイヤモンドに乗るために豪州や欧州から「エキゾチックな日本」を目材して、たくさんの外国人がやってきたことですよ。つまり僕たちが欧米やカリブ海にクルーズ船に乗りに行ったのと同じことが、世界で起きている。日本がクルーズの目的地になりつつあるわけですよ。
 とはいえ最大の問題は、入国審査。めちゃくちゃですよ。アジア諸国はクルーズの入国はトランジットみたいな考え方で、ほとんど何にもしないから、ストレスもない。でも日本では相変わらずの厳しさ。「何回入国チェックするんだい」とか「入国審査をやるんでも、このシステムは異常」とは船上で実際に聞いた声です。早くなんとかしないと、貴重な外国人客にも見捨てられる。

 コスタもRCLも縮小。プリンセスも継続できないとなると、日本はクルーズ発展途上国どころか、クルーズレス・カントリーになりかねないよね。 ほんとに、これでいいのかね?

ネットでクルーズ

昨日自宅へやってきた息子のアレンジ、というか全部作ってくれたのだけど、によってこのブログ開設に漕ぎ着けました。ということで、「初めてのお使い」というか、今日は「初めての」ひとり記入。
 このページに至るまで悪戦苦闘しちゃったんですが、なんとか…。 だいたいペンネームも変えたいのだけどうしていいか分かりません!
 やはり65歳ともなると思うに任せぬことばかりで、老いを感じます。

 それにしても、内向きというのか、引きこもりというのか、電話で用事をこなすことが面倒で、何でもインターネット頼りです。まあ、やってみるとブログもやりがいはありますね。はい。

 というので昨日報告しました11月からのクリスタルセレニティですが、旅のアレンジは全てネット。何も旅行会社に頼めばいいものを旅の部品ごと全部アレンジしています。でも実は、こうすると安く仕入れられるどころか、パックツアーよりかなり高くなるんですが、 やっぱり止められないですね。
 自分で部品を組み合わせることの最大のメリットは、パックツアーが成立していないクルーズ、つまり日本人があんまり行かない旅にでも行けることです。その後調べていませんが、今回のコスタリカからパナマ運河を経由してマイアミまでのクルーズ。買ったときには、このコースを含んだ日本からのパッケージはなかったですね。

 メリットその2は、クルーズの前後にいろんな町に行けることですかね。
 今度もコスタリカのサンホセは前泊1泊ですが、下船後マイアミ1泊、日本への経由地のニューヨーク。12月ですからね、もしかしたら酷寒のニューヨークかもしれませんが、2泊するつもりでアレンジしました。

 飛行機はJTBの格安チケットサイト。いつもはDeNAを使うんですが、帰りの便をずらすのに上手く行かなくて、初JTB。ただNY/成田はJALなんですがね、座席指定が上手くいかなくてちょっと不安です。
 ホテル? AGODAというホテルの格安サイトを使っています。便利ですよ。
 ということなんですがね。問題は空港でのお出迎え、船上でのオプショナルツアー…。そうデメリットも一杯あるんですよね。実は。でもって、この話は次回。
 明日? いえ、明日は失業記念じゃなかった退職記念旅行で東北へ。ええ、もちろんお宿はネット。じゃらんでとりました。じゃあね。行ってきます。                   

クリスタルセレニティに行くぞ

現役をリタイアして一ヶ月が過ぎました。予想はしていましたが、暇ですね。しかも今年の夏の暑さと湿気の濃さ、すっかりだらけてしまっています。

 というので、本当ならこれから前期高齢者向けの理想のレジャーと思っていたクルーズに行こう!ってそう考えるんでしょうけど、職業柄現役時代に飽きるほどクルーズしちゃった身としては、そっちのほうで気分が盛り上がるという感じでもないんです。

 もちろん今日、こうなることを予想もしていましたから、今年11月にはパナマ運河クルーズの予約を入れています。

船ですか? クリスタルセレニティですよ。えへん!

今年はパナマ運河が開通して100年目に当たりますし、多分16年には第二パナマ運河も開通しますから、まあ今のうちに一度。というか実は2回目なんですけど、行くことにしています。

 でも極力コストを下げたいと、クルーズと飛行機は別に仕入れたんですが、同行者たちが「帰りにはニューヨークにもステイしようよ」なんてことになって、乗下船地での飛行場からの送迎の手配を別にアレンジした結果、なんだか費用がかさんじゃって。

 ただ、全部別々に支払ったせいで、総額の割にはコスト負担を感じることなく仕入れつつあります。まあ、まだ現役時代のアレンジだからそんなにコストがかかったとは思わなかったわけですけど。でもって、今回が最後のクルーズかもね、という予感がないわけではないんですが。
 
 いずれにろこのパナマクルーズで記念の50クルーズ目。総航海距離は1万マイルを超えることになります。

 というので、チェックしてみたらこのライブドアでも、「クルーズ」のブログが見当たりません。
 そこで、いろんなクルーズの内外の情報を探しながら、ちょっととしたコメントをしたいと…。

w 船知めん太
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ