客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2016年11月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

俄かに浮上するLNG焚き船の話。主役は客船、フェリーだそうですからね。がんばりましょうね。

   例によって、二日酔いです。
 週に一度くらいのテンポですからね。許して下さいね。バカ話ばかりじゃなくて、結構有益な話もあるんですから。
 でもって、昨夜の話ではなかったんですが、LNG焚きエンジン船の話で盛り上がったりして。なかなかでしょ。
 でもねえ、規制への対応とか、LNG焚き船の建造需要は如何に?なんて話じゃなくてね。酒の上の話ですからね。IHIの株は値上がりするよ論と、いや全然だめだよ論の大論争になりましてね。
 結局、(買うのは)止めといた方がいいよ、という穏便な結論に達しましてね。つまらんです。まあ酒の上の話ですから…。

 なんで、そんな話になったかと言えば、LNG燃料の船が出てくると、船に需要にどんな影響が出てくるか?、みたいな話からですわ。お酒が回ってこない間は、まだまじめですよ、話が。
 でもってIHIという会社は、日本で唯一自社開発のタンクシステムの技術、はいSPB方式というんですがね、を持っているんです。
 LNGのタンクと言うと、印象的なのは、丸いタンクを4つとか5つ船体に乗せて…。三菱重工さんは、風力抵抗を少なくするためかな、フードに包んで「サヤリンゴ」なんて命名していますがね。ですが、IHIのSPBタンクと言うのは、初めから四角形で、丸型に比べて、性能に利点がある。って、どういう利点だったか、説明を聞いて記事にしていたのは昔々なんで、もう忘れましたがね。

 でもって本論ですが、これからLNG燃料船が出てくると、当然のことながら、船上にもLNG燃料を貯めておく燃料タンクが必要になる。でも、船って結構いろんな機器を積んでいますから、タンクスペースは極力小さい方がいいし、ましてや丸より四角。つまりSPBがいいんじゃない? 
 でもって、世界の船の半分がLNG焚きになれば…。なんてね。

 しかもIHIは、造船部門は切り離してJMUに合流させましたが、SPB技術はご本社に残しました。陸上での需要もありますから。 でもって、東京ガス向けに、JMUがLNG運搬船を受注したのかな? タンクはIHIさんが造るんだろ、みたいな話で。
 内心「よし、家に帰ったら株価チェックだな!」なんて邪な思い付きにほくそ笑んだというわけです。

 ところがですね。中で一人がポツリ。僕の思い付きを読んだように、「やめときなよ。なんかうまく行っていないみたいだよ」ーーとタンク製造に躓いているんじゃないかという噂話を語るじゃありませんか?
 でもって、JMUを巡ってはイージス艦の話もあるし、というんで。
 悪口はお酒のつまみに最適ですからね。あとは朧でした。という話ですけどね。つまらん話で申し訳ない。
 
 にしても2020年を目指して、舶からの硫黄酸化物排出を除去するキャップ制がスタートすることが決まって、世の中で、急速にLNG燃料船の話題が盛り上がっていますね。というか折からの造船不況克服の切り札みたいになってきちゃった。韓国でも日本でも期待感は大きいみたいですね。

 でもって「ノルウェー船級協会によると世界で77隻が運航されており、このうち3分の1ほどがカーフェリーとして使われている」とか。
 いやいやそんな話じゃない。「LNG燃料船は、発注残を含めると200隻を超えている。しかも客船への採用がどんどん増えているんだぞ!」
 みたいに、暗い話ばかりだった造船業界に一条の灯りが…、なんて感じなんですね。
 
 そうフェリー&客船といえば、我がフィールドやないですか?
 で、この欄では再三申しておりますように、フェリーの代替期であった過去数年。新規発注されたフェリーでLNG燃料船の建造も計画されましたがね。残念ながら、日本では、まだ実現していません。遅れているよなあ!

 というか今も、いろいろフェリー新造プランが続いていますからね。なんとか1隻ぐらい、実現しないかな?と。
 でもねえ、LNGタンクだけじゃなくて、港港にガソリンじゃなかったLNGスタンドをどうするかとかいろいろ話はあるんですよね。もう少しまじめに書けばね。

 全国の港町の皆さん! 国交省の舌先に乗って、外国からの客船誘致を目指すのもいいんですがね。まずはLNG燃料供給をどうするか、地場のガス会社さんあたりと協議して欲しいですよね。あるいはどんなバンカー、いや燃料油のことですが、供給出来るのかとか、2020年のバンカーの質の予測調査とか、ね。

 もしLNG供給が可能!となれば、LNG焚き客船は、黙ってたってやってきますよ。
 でもって地元経済を潤すことにもなるんだろうから。誘致もいいけど、こっちが先だよね。
 なんてね。

 飛鳥Ⅲ。うん。本当に造られるんなら、LNGも焚ける、デュアル燃料船を計画して下さいよ。AIDAprimaさんもLNG焚きエンジンを積んでいますからね。って、この船は欧州運航ですから、まあ当たり前ですが。
 まずは、そこからですね。瀬戸内は欧州並みに規制したっていいし。はい、フェリーや客船は、踏み切るべきですよ。

 おいおい、船価は最低20%増しだってよ! そんなもん国が補助するべきやん!なんてね。
 パリ協定だって対応が遅れたんだから、こっちで挽回しましょうよね。CO2排出量だって、LNGは格段に少ないんだから。


客船クラスターがない、なんていうなら、造りましょうよ。旗振りのお手伝いくらしますよ!

 あらら。
 「アメリカのメディアは、実はトランプさんの選挙で読者が増えて、儲かっているんですよ!」 
 なんてデーブ・スペクターさんが言っていたけど、私のブログもそんな状態なんかな。三菱さんネタに振ると、あれよあれよで海外旅行部門3位!ですからね。もうかっちゃいないけど…。
 でも、ついに錦織君を抜いちゃったですよ。
 これは、しっかり記録にとどめておきましょう。って、別にアクセス数なんて、そんなこと望んではいないんですけどね。フフフ!

 いやいや。というか、それだけ皆さん、三菱の船の動向、とりわけ長崎がどうなるか?には関心があるということなんでしょうね。
 もしこのブログを読んでいる三菱重工の方がいらっしゃるのであれば、「長崎の船舶」に大衆の支持があって、まさしくトランプ現象すら期待できるんだぞ! ということをしっかり自覚して下さいね。
 
 このところの、三菱さんへのお客さまからの反応がどうなっているのか知りませんがね。
 世界中のクルーズに興味のある会社が、船を造ってくれる造船所を探して歩き回っているのは確かなんですよ。
 逆に、日本や韓国の造船所の大半は、つまり客船を造れない造船所の営業は閑古鳥が鳴いているそうです。「こんなにひどい(造船)不況は、かって経験したことがない」なんて深いため息すら聞こえてきます。

 欧州の造船所は、例えばゲンティンさんが、客船を造ったことのない、いくつかの無名の造船所にテコ入れして、2万トンから20万トンまでの新造船の品ぞろえの充実に動いています。
 三菱ショックに見舞われた日本の造船所は、「客船は怖くて」なんて、宣伝が行き届き過ぎているのか、まったくの及び腰って、どういうことなんでしょうかね?

 で、ここで提案したいのが、三菱・長崎の客船建造チームの皆さん、思い切って独立して日本国内で客船を造りたいと思うヤードを集めて、事業を始めるいいチャンスだと追うんですよ。何も某重工さんの中にいてイジメられ続けていることはないですよ。
 
 フェリーなんかの建造経験でもあれば、今は、海外の船会社が建造指導までやるみたいですからね。宮永さんが、「欧州には客船建造のクラスターがあるけど、日本にはない!」なんて嘯くんなら、日本と言うか東アジアで、その客船建造クラスターを創ってやればいいんじゃないですか?
 
 何も欧州が目指しているテーマパークのようなクルーズ船を、いますぐ日本で実現することなんかなくて、レストランとシアターと大風呂を持ち。キャビンサイズは全て同じ。つまり、かつての「おせあにっくぐれいす」のような船を造るところから始めてはいかがですかね。
 あの5000総トンの船は、1989年に当時の日本鋼管の津造船所で建造されたんですが、確か船価は30億円! 失敗してもそんなに痛手は深くない。 

 欧州だって10万トン以上の大型客船ばかりでなく、3万トンから5万トンぐらいの客船もオーダーされています。はい、ゲンティンがいい例です。需要はありますって。
 僕も、三菱さんに期待したんですが、野球チームも止めちゃう。なんて、こんなに造船に冷たいんなら、なにも、重工傘下に固執することもないでしょう。
 この指とまれ!と、商売のチャンスを探している方々を集めて、クラスターを形成できませんかね。

 いや、話は違うんですがね。先日車の定期点検でディラーさんを訪れたんですよ。そしたら、新車販売開始
の時期にあたっていたんですね、セールスさんが、いつも以上にしつこくてね。はいトヨタさんです。
 でもって売ろうとされていたのは、販売を開始したばかりという「タンク」という小型車。ビッツよりも小型なのかな? 軽以外で、トヨタが販売する最軽量小型車だそうです。
 我が家のウィッシュもすでに8年目かな? いつもならこれだけ薦められるなら、買っちゃうんですがね。
「人生最後の車だ」みたいな感じでね。
 
 ですが、高齢者ドライバーの相次ぐ事故情報に、わが相方さんは「そろそろ免許返上しようか思っているの。今の車も何も悪いとこないし、3年後くらいにね」と二の足を踏んでいらっしゃる。
 でも、私も、一旦検討し始めちゃうと止まらない方ですからね。軽を含めて、このクラスの他社の車をチェックしてみたんですよ。そしたらどうやらこのタンクさん。ダイハツのOEM生産車みたいなんですね。
 ダイハツにもコンテだか、タントだか、ウェイクだとか似たような車が沢山ある。
 これを見てなんだ! と一気に熱が覚めちゃった。なんでダイハツの車をトヨタで買わねばならんのよ! という感じでね。

 でもって最初の「提案」に戻りますがね。そう、これから客船を志す日本造船チームさんは、何もいろんな船を造ることはないって。
 1000人乗り、500人乗りくらいの2、3車種じゃなかった船種を設計しておいて商談があったら、船主さんの希望にそって、内装を考えればいいんじゃないの?
 「お安くしときます」というか、「この船のこの仕様なら、納期も早いですよ」みたいにね。コンソーシアムを組んだら、OEMじゃないけど、なんとでもできるんじゃないですか?

 造船所は、何も日本だけに限ることもないし。「客船だったら三菱」みたいな常識からも離れることが出来る。
 欧州では2024年納期、つまり8年先のポジションの船の建造予約さえ入っている、造船大活況状態が続いています。
 「欧州には、客船クラスターがあるから」なんて、逃げ道づくりに腐心している某重工は見捨てて、新しい旗のもとに結集せよ!だよね。
 オラ、現役に戻りましょうか。この指に止まる人いませんかね? 
 オラが出来るのは旗づくりか、旗振りぐらいですけどね。

 
  

次は、野球部も日立との合弁企業への統合ですか? 「造船所」名の変更も近い?

   別にいいですけどね。こんなことまで書くのと言われそうですね。
 それにしても、宮永さんの日立製作所への思い入れって、本当に強いというか。
 いつだったか、両社の合併構想が潰されて、失意にくれた(?)悔しさの挽回戦を、社長になってやっているのかなあ?
 と言う感じで、ここに来て急に加速されて来たいじめの対象は、長崎であり、造船?
 そして、思い入れているのはパワープラントのようですね。

 いや別にそんなに大袈裟な話じゃないんですけどね。 はい、単なる野球部の話です。以下ーー。

 三菱重工業株式会社と三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)は、野球チームの戦力強化を目的として、2017年のシーズンから三菱重工長崎硬式野球部と三菱日立パワーシステムズ横浜硬式野球部を統合し、新たに「三菱日立パワーシステムズ硬式野球部」を発足させる方針を決定しました。これにより、公益財団法人日本野球連盟および毎日新聞社が主催する都市対抗野球大会や社会人野球日本選手権大会で全国優勝を狙えるチームを目指します。本拠地は、MHPSの本社がある横浜市とします。(三菱重工のHPより)

 やるとなったら徹底的に! ですか? それとも、水に落ちた犬は…、ですか? なんだか真綿で頸を締められるような話、ですね。
 確かに事業所制型の管理を止めて、今は、ドメイン制なんだから仕方がないでしょ? 

 でもねえ。各事業所と言うか、工場と言うのは、労務管理の流れにしろ、地元への愛着心の涵養というか、労務システムにしろ、独立性は必要だと思うんですがね。だいたい大都市でプロ野球のある横浜と、地方都市の長崎と、企業野球チームの存在感って、まったく違うと思うんですがね。
 つまり。宮永さん行革の第二ステップは、まさに意識においても、事業所主義から脱却せよと、おっしゃるわけですか?

 それに、企業ナショナリズム的に言えば、三菱ブランドへの愛着はあっても、「三菱日立」ブランドへのロイヤリティとなると、イマイチでしょうからね。
 そんなナショナリズム的意識改革? なんですかね。

 にしてもこの時期に、「長崎」ナショナリズムの象徴でもある野球部を取りあげちゃうって? 恐ろしい人だね、この人。
 毎日新聞だか、エコノミストだかが書いていた長崎43万人の人口が半分以下になってしまう? なんて長崎叩きの第二段階に進んでいるんですかね?
 
 別に私はノンプロ野球に詳しくもなんともないですがね。確か巨人の杉内が長崎出身だよね。で、ホームページを見たら重工野球部は5つあるんですが、99年の歴史を持つ、まさに「マザーヤード」ならぬマザー野球部みたいな存在のようですね。長崎は。
 でも、長崎は造船所だけでなく、原動機や艦艇でも主力工場ですからね。別に造船部門縮小と言う事業所再編成の流れとは無関係! と同社では、言っていますが。

 それにしてもなあ。長崎はどうなる? なんて感じで注目されているこの時期に、しかも造船部隊からすれば、それでなくても意気消沈している今、こんな話を、決断し実行するんでしょうか?

 なんて、私が怒ってもしょうがないですけどね。
 いや実はね、長崎にはラグビ―部もあって、このところ低迷していますが、一時期トップリーグで戦ったこともあるんですよ。どうなるんかな? 心配ですね。 相模原辺りとの統合なんて、まさかないよね。
 かつての新日鉄釜石ほどの活躍はできなかったけど、ラグビーが強い九州地区の核のひとつですからね、まさかここには手を付けないんでしょうねえ。って、どうでもいいか?

 でもこうなってくると、次は? 事業所の名前の変更ですかね? 三菱さんは、長崎と神戸の事業所名を「長崎造船所」「神戸造船所」と呼称し、いまだに守り続けています。
 横浜もかつては造船所といったんですが、桜木町からの撤退で、修繕船工場もある本牧の横浜製作所がこの地区の主体になっていったんですよね。造船所名も消えた。

 でもねえ、商船から事実上撤退し、船と言えば、艦船、潜水艦ばかりとなってゆくと? どうなるんですかねえ。結局名称としても、残るのは下関造船所だけ? 
 このあたりで流れを変えないと。
 事業の衰退とともに、企業文化も変わってゆく? なんてスマートな三菱マンは納得しちゃうのかもしれんけど、私ら野次馬からすれば、イマイチ納得しないけどね。

 にしても、企業内部に敵を造って、徹底的に叩いて人心を掴み、やりたいように進める手法って、なんかトランプさんじゃないけど…。って、いやいや小泉さんやアベチャンも同じだね。

 でもって「水に落ちた犬」ですか? 
 しゃあない。水に落ちても、泳いでゆきましょうよ。対岸はそんなに遠くないでしょう。
 飛鳥Ⅲを造っている間に、目の前は晴れるかも知れない…。

   

変動相場制を日本のクルーズに! 一物一価ですか? 自由主義経済じゃないの?

  ついに圏外。今朝は14位ですか? まあしゃあないわねえ。せっかくクルーズの話を探して記事にしたのに、ダメでしたね。というかアクセス優先主義なら、クルーズの話からは離れた方がいいのかなあ? 
 いずれにしても、クルーズなんて庶民さんには、あんまり関係ない話、という受け止めの方がまだ多いんだろうし。海外旅行マニア派にしても、クルーズを自分のフィールドと思う方はそうはいないのかもしれませんし…。なんてね。

 まあ、朴さん話も、トラちゃんネタも飽きたんで、昨日の続きですがね。
 クルーズって、旅行予約を入れる時にもダイナミズムを感じない? だから船マニアはいてもクルーズマニアは育たない? んじゃないかと常々思っていた、という話です。って大きく出たね。まったく。

 例えばダイヤモンドプリンセス。日本近海であれだけ大々的にクルーズを展開していただいて、日本国におけるクルーズ事業の拡大に貢献された!と、船知めん太賞を差し上げたいくらいですが、ってそんものいらない?
 まあまあ。でもねえ昨日の、ジャパネットたかたさんの売値と、プリンセスさんというかJTBさんの売り値がまったく同じ現象!にハタと気づきましたね。って、前からプリンセスとJTBさんが一緒の売値って? これでいいのかな? なんて思っていたんですが、それだけでなく、「格安(風)ルート」まで一緒って???
 これじゃあ、誰でもJTBで買うんじゃないというような? と思うんでうよね。

 つまり供給者の再販価格指定があるんですかね。きっと。
 もちろん日本船もそうですが、クルーズ会社の設定した値段と旅行会社の売値は一緒ですからね。
 つまりテレビメーカーが20万円で4kテレビを売り出したとして、ジャパネットもヤマダ電機も、ヨドバシカメラも全部20万円で売っているようなもんですからね。
 そうそう、書店で売られる書籍もそうですが、メーカーの価格が貫かれる。

 確かに、クルーズ商品の利益率って、そんなに高くないですから、例えば大量仕入れしてディスカウントというわけにも行かないのは分かりますけどね。
 でも、どの旅行会社に行っても、全部同じというのは、どうなんでしょうかね。販売コストも販売手法も違うのに…。

 旅行会社ごとにサイトを覗いて、あら、こっちは3000円安いわ! みたいなドキドキ感がクルーズ商品を買うときにはまったくない。それじゃあ、今度はこっちで買おうかな?みたいなショッピングの面白さがないんですよね。安く買いたければ、船を変える?、行程を変える?くらいの選択肢しかない?
 それだけ日本市場はまだ小さい、ということなんだろうけど…。

 はいはい。海外のクルーズは違いますよね。英語ですが海外の旅行サイトを見ると、同じクルーズでもサイトによって価格が変わるのは当たり前だし、それどころか予約する時期によって、まったく同じクルーズでも、1泊1万円くらい(つまり100ドルですけどね)、平気で変わって当たり前なんですよね。
 ある旅行社OBさんが「変動相場制」なんて命名していましたがね、こうした商慣行が定着しないと、ジャパネットさんのような格安クルーズ販売事業、つまり新参の旅行会社が取り組むみたいな話は始まらないでしょうね。

 まあ日本でもe-クルーズとか、いくつかのネットのクルーズ販売会社があって、日々動くアメリカでの価格をチェックして相場価格で売ってくれますけど、これって、もちろん外国船社の海外クルーズだけですからね。
 クルーズは老人の旅? だから、変動制にすると着いて行けなくて、かえって損する客が出て来る、とか、旅行会社は優秀な添乗さんを起用しているから、勝負は旅行会社のホスピタリティで…。みたいな主張というか言い訳もありますけどね。
 でも料金を競うような、自由主義経済! なんて、そんなマーケットがあってもいいような気もしますよね。

 つまりジャパネット…、ここは高くてイマイチ信用できないけど、クルーズのヨドバシカメラみたいな格安販売会社が出て来て、日本船のクルーズにもマーケットを持ち込む! 
 売れているクルーズは高いままでいいけど。売れなけりゃ料金を値引く。そんなドキドキの販売マーケットを造ってくれないですかね。
 
 まあ日本船が無理なら、プリンセスさん辺りからお願いしましょうかね。
 家電だけじゃなくて、車だって新古車とか店頭在庫と称してディスカウントがあるし、旅行だって旅館とかホテルの料金や、新幹線だって仕入れ法によっては、かなり価格が違いますよね。
 なんて、余計なことを書いてばかりいると叱られますかね?

 ええ、僕らの来年のクリスタル。今売られている販売価格よりも600ドルも安く仕入れちゃった。って、裏ルートじゃなくて正規ルートで、ですよ。しっかり日々の市場価格をチェックしていた、おかげなんですよ。これ。
 だとすると、みんなクルーズ販売サイトを毎日見るようになる! かな?

 一物一価? いや価格破壊?がそろそろ始まっても。って日本型社会では難しいのかな?  
 

 

 
 
  

ジャパネットたかたさんが、ダイヤモンドプリンセスを販売? でもプリンセスで買うより高いって?

   アメリカも韓国も大変ですね。トランプさんには、カリフォルニアやニューヨークで反対運動が起き、ネットの書き込みに、「暗殺」みたいな言葉まで載る。朴さんには100万人の抗議デモですか?
 別に為政者の方を持つつもりもないけど、どんな風に収まってゆくんだろうか? なんて、ここまで来ると考えてしまいますね。昨夜もニュース解説のテレビ番組を次から次へとハシゴしたんですが、なんかなあ。

 これって、tregretですかね。にしても「後悔先に立たず」ですね。
 pakregretはちょっと違うかな? いや韓国は政権末期になると、必ず現職が追い詰められますからね。
 朴さんは少しは学んでいたのかと思ってみていたんですが、大統領に上り詰めちゃって、その負担の重さに? 心が持たずに? だったのかもしれませんね。

 その意味で韓国の民主主義制度というか、選挙制度自体への後悔が起きて来るかも知れませんね。
 サムソンにしろヒュンデにしろ財閥への富の集中って何も自然にそうなったわけでもない。
 現代重工の蔚山の造船所の前には、朴大統領。つまり今の朴さんのお父さんの書いた碑が立っていて、その言葉は、「造船立国」です。

 「日本に追いつき追い越せ」というのが、朝鮮戦争後の彼らのスローガンでしたからね。
 重化学工業化に必要な資本を確保するために、政府が財閥にお金を集めるーーまだ、そんな産業構造から脱皮していないというか、引きずってここまで来た、というか。

 韓国民のリグレットは、かなり深いかも知れんですね。自分が自分の票で選んじゃったわけですし。
 それなのに裏切られた、というか。
 太平洋を挟んで、直接選挙という政治の「劇場性」に、人々が右往左往しているような感じがして…。
 デモ、デモ、でも、日本では考えられないエネルギーに、むしろうらやましさすら感じます。

 なんて、こんな話ばかり書いているから、アクセス数は激減。ランキングも8位まで落ちちゃったのかな? まあ良いわ。

 こんなブログを始めてしまったことに、後悔先に立たず? 
 じゃないですよ、「航海は、先に行くべし!」ですね。はい。

 でもって、やっぱり産経新聞の話で恐縮ですが、昨日付けにドドンと一面ブチ抜きで、「ダイヤモンドプリンセス」の広告。それも、あの「ジャパネットたかた」さんが来年の7月13日からの「知床クルージング・サハリン9日間」バルコニー付きを26万4500円!で販売するというんですねえ。
 ご丁寧にも、一泊あたり2万9400円、50ドルのオンボークレジット付き、とあります。

 うん、安い? あの安売り家電がクルーズにも? なんて思いますよね。
 でもって、調べてみたら、プリンセスさんのホームページでは、なんと25万2000円からで売っている商品じゃないの。
 まあいいですよ。僕も今年春だったかに、電動シェーバーをジャパネットさんで買いましたが、近くのヤマダ電機さんより高くて、頭に来たんですから。でも、なんだろうねえ。

 羊頭狗肉? じゃなくて、誇大広告? なんて他にサービスでもついているのかと広告をじっくり見てみたんですがね。あったあった。1万2500円の政府諸税込み。だそうで。つまりプリンセスさんの公式価格に比べて、1万2500円高い。

 いや、というか、まったく同じなんですね。価格で勝負するんじゃない。ジャパネットがおススメするから…。というわけでしょうか?
 それに、タカタさんは、旅行業の免許を持っていないはず、と思って見直したら。やっぱりJTBの商品をリテールされているようで。まあ、なんてことはない旅行商品の販売だったわけですわ。

 まあねえ、トランプさんの選挙戦術の話とアナロジーって(日本語では「類比」か?) するつもりはないですよ。 
 でもねえ選挙に勝ったら、クリントンちゃんと同じだった、あの話は選挙の時だけ! というのも、頭にくるだろうし、そうじゃなくて選挙中に言った通りのことをされても、頭に来る、か?

 救われないのは、没落する一方のプアホワイト? はい、明日は我が身ですって。

 って今日は何書いてるんだい? わけが分からんね。またアクセス数は減るかもよ。
 まあね。選挙じゃないからいいわ。
 

 

トラちゃんが、ネコになっちゃたですね。でもそのうちリュウにでも変身するんかな?

  なんかトラちゃんがネコちゃんになっちゃたみたいですね。
 昨日、オバマさんと会談して意気投合?を演出! 新しい公式サイトに当面の政策を掲げたようですが、NAFTA、TPP、対中為替操作国指定、パリ協定からの脱退、イスラム教徒を米国から追い出す!という政策が全部、ごそっと消えてしまったと産経新聞が書いていますね。
 わずかにオバマケアの廃止、メキシコ国境との壁、最高裁判事欠員の指名ーーなんて、メキシコの壁以外では、そんなに突飛な政策を挙げていない。
 まあ、メキシコの壁ってどんなものが出来るんですかね。ちょっと見てみたいですけどね。グレートウォール!なんて言ってるんだから。

 でも、これで「みんな一安心」ですか? でもねえ。こんな選挙っていいんですかね? 
 これからは、4年後の再選を目指して、また、嘘っぱちな大衆迎合的なプランを創ればいいの? 
 やっぱり「投票型民主主義」っておかしいよね。

 BRIEXITにしてもそうだけど、韓国の朴さん政権だって、なんだかなあ! こんな選挙戦術、つまり嘘っぱちを並べた政策で通っちゃうんだったら、何が民主主義なの?って感じだね。
 しかも言ったことすら実行しないんだから…。トランプさんにはぜひ、公約を実行していただいて、アメリカの自壊を進めていただきたいですね。なんてね。

 まあ、トラちゃんへの反対ということで、CALEXITもいいですけど。そういう話ならOKIEXITの方が先だよね。 だって沖縄なんて国会議員選挙で、自民党は全敗して、比例でなんとか救済されているだけなのに。それにガバナーさんがあれだけ反対しているのに、「極東の安全保障のため」の一つ覚え…。

 まあ、ネコンプじゃなかった、「世界の警察なんかじゃない」というトランプさんが、出て来て、今度は、「土人を守るんじゃない。日本を守るんだぞ」なんて、自衛隊配備、増強へ向かうんだという論議も出て来るでしょう。
 だったら、沖縄基地削減を対置して、聞き入れないんだったら、沖縄独立構想をぶち上げたらいかがですかね?
 島民投票をしたりしてね。
 
 なんてね。今日は土曜日なんで、ちょいと毛色が変わった。つまりトラからネコみたいな、毛色の話にしようかと思ったんですが、なんかなあ、やっぱりトラちゃん話。
 つまり怖いもの見たさじゃないけど、これから何が起きるのか、興味津々なわけで、引きずられますね。トラちゃんも、ネコにならずにやんなさいね。没落する白人労働者を救ってあげないさいよ!

 というんで、実は昨日、近所の銀行さんに行く用事かありましてね。少しばかりの銀行預金があるんですが、「定期預金にしては?」なんていうもんだから、まあ当面使うつもりがないけど、株なんかで減らすのもいやなんで、「はい、はい」なんて。「店頭表示金利より0.1%上積みします」という甘言に乗せられてね。
 でもって出来上がった通帳を拝見したら、「金利0.11%」だというじゃありませんか! えっつ??? て、行員さんの顔をまじまじと見てしまいましたよ。「店頭金利は0.01%ですから」って、書いてありましたよ、お顔にね。絶句ですよ!

 100万円預けたとして、1100円ですか? この銀行、駐車場が分かりにくくて、近くの市営駐車場に車を入れたんですが、駐車料金は300円。
 「お車ですか?」「はい。でも市営の…」と言ったら、「そりゃあ残念ですね」だって。こうして、なけなしのスズメの涙のお金が、働くことはなくなり、銀行と言う名の牢屋の中に閉じ込めてきました。

 でもって、続けて「なんか必要な資金需要はありませんか? 旅行費用とか?。無担保で借りられます」って言うから。
 「金利はいくらなの?」
 「はい、7%です」
 --こいつ頭おかしいんじゃないの? と気分悪くして、帰宅したんですよ。

 まあそれだけの話ですがね。地方銀行だったんですが、銀行の窓口に人はいないし、ATMを使う人もいない。逆にこんな銀行で定期作って大丈夫なのかな? なんて思っちゃたですよ。

 それにしても先日お邪魔したauという名の電話会社も、「無料でのキャンセル期間は過ぎました、2年後です」とか「契約キャンセルには1万8000円掛かります」なんて言われて、「本社にクレームしますよ」、「どうぞ」なんてやり取りをしたばかりで。
 なんかな、日本の大企業の商売も完全におかしくなっているようで。
 つまりPRされているものを信じて契約したのに、内容は…。羊頭狗肉っていうんかなあ? 虎頭猫肉ですか。
 にしても、人の普通預金口座を覗いて、電話を掛けてきて、「定期に…」なんて勧誘、それだけでも気分悪いのに。なんかよさそうな特典でもあるのかと思うじゃないですか!
 でも何の魅力もない商品の販売をされちゃったんですからね。こりゃああかんね。ニッポン!

 なんかなあ。トラだと思っていたらネコだった。ならまだいいんですけどね。実は、トラより怖い龍であっても、文句言えないんだろうなあ。信用したあんたが悪いって?

 でも、イマドキ、金利7%で金借りて、海外旅行に行く人なんているんですかね。
 最初になくなる職業――銀行の融資窓口。って、つい最近、未来予測の記事で、見たばかりですが、こりゃあ、窓口だけじゃなくて、銀行自体要らなくなるかもよ。

 日銀さんの罪は重いよ。と言うか、実は日銀さんって、龍どころか、毒蛇だったりしてね。

  

カリフォルニア独立!? 来年の西海岸クルーズは大丈夫なんだろうねえ。

 これがアメリカの民意?ですか。
  T.Iさん、舟しゅうさん。諦観されているようですが、やっぱりアララの心境が透けて見える御書き込みですね。

 calexit ってどう発言したらいいんですかね。はい、ついにカリフォルニア分離独立運動が起きるんかな? テレビでそんなレポートもありましたね。
 確かに、全米の得票数ではクリントン婆さんの方が上回っている訳ですからね。
 かつてゴアが、全体の得票数では勝ったのに、フロリダでブッシュに僅差で負けて。
 ブッシュは、その後イラク戦争を起こす! 9・11からのネオコンの跳梁は、現在の中東の混乱と、欧州の難民問題を創りだして行くわけですからね。 

 都市のインテリ中産階級は、頭にくるかもしれませんね。共和党の州と、民主党の州がまるで別の国みたいに、国境でもあるかのように区分けされてて。こんなの観ていると思い切ってなんて思うのかもしれない。
 こうなりゃカナダに移住しようと考える人たちが出て来るのもわかりますし、カリフォルニアが独立したくなるのもわかる。州境が国境になる? 
 ここにグレートウォールが造られる? なんてことはないだろうけど。

 昔フロリダのキーウエストじゃあ、コンク共和国という独立国が出来て、旗まで作っていましたからね。
 カリフォルニアが独立して、メキシコと同盟を結んで、そのうちオレゴンやワシントン州にも波及し、USWA(西アメリカ合衆国)を創る。そのまま、カナダとも連邦になってもいいかな?
 
 いやあ、バック・ツー・ザ・フューチャーって、30年後の未来を予見したのかな。あの想像力が欲しいよね。
 なんか、トランプさんの勝利演説を見ていて、傍らにいた少年。目鼻立ちのはっきりした聡明そうな少年がいましたよね。でもなんか憂いが籠った顔立ちで、家族関係の複雑さをしょい込んだような。なんてつまらん想像をするんじゃないよね。
 でもって、彼が30年後には、トランプジュニアとして登場してきて、分裂したアメリカを統合する? なんて想像しちゃいましたけどね。 「グレート・アメリカ・アゲイン・アゲイン」みたいに叫んでね。
 つまりアメリカの分裂って、さらに進んで行くんでしょう。
 
 別にマルクスを引っ張り出すわけでもないですが、窮乏化するプロレタリアートは、ますます窮乏化し。アメリカの場合これに民族問題が加わって、形相はますます複雑に。でも民族問題だって本質は「賃労働と資本」の対立なんだよ!って。別に今日はこんなこと書くつもりじゃないんだけど。まったく、もう。

 いや本当に、気にしているのはですね。来年5月に行こうとしているカリフォルニアクルーズなんですがね。明るい陽光の中のキラキラしたカリフォルニアを夢観ていたんですけど。このままで、本当に行けるのかなあ、と不安でね。
 ロサンゼルスの街中で、ガンホルダーを身に着けたおじさんにであったりしたら? とか、ティファナ辺りでグレートウォールの建設が始まったとか? いやエンセナダへの客船入港が拒否されたり…。
 ロデオドライブとか、ハリウッドとか、ビバリーヒルズの豪邸なんか見たいと思っているんだけど、治安はどう?なんてね。
 バカなこと言ってないで、苦吟するアメリカ労働者のことをもっと考えなさいね。はい。

 にしても、来年のカリフォルニアドリーム旅行が、最後のアメリカ行きになるんだろうなあ?なんて予感はありますね。
 だってナイル川にしろ、イスタンブールにしろ、東地中海にしろ、ドイツ・ライン河にしろ。なんだかなあ。あの時出かけたあの旅が最後だったかな、と思うようなことが、その後頻発していますからね。

 カリフォルニア独立! そんなことだけはないと思いますけどね。

 いや本当はね、メキシコの可愛いお嬢さんを眺めに行こうと思っているんだけど。混血のお嬢さんが多いから結構美人が多いんだよね。メキシコ。なんてすみません。
 でも、まさか、本当に大丈夫だろうねえ。



  

白人労働者にお仕事を!ですか? だったらアメリカのクルーズ船に乗りましょうよね。

  結局、この事態を予測し、見通していたのは、映画「バック・ツー・ザ・フューチャー」だけでしたね。
 トランプタワーならぬ、ビフタワーを建て、田舎町だけど、ヒルバレー?を支配する悪童のビフさんが天下を取る。街中では武装した市民が、ギャングと銃撃戦する社会。
 しかもそれが1985年からタイムマシンで未来に飛んだマイケル・J・フォックスが、2015年の社会として見ることになるわけで、凄い想像力ですよ。しかも、未来のマイケルさん、「ファイヤー!」なんて、テレビ電話で宣言されちゃう白人労働者なんだからねえ。まさにアメリカの近未来だったわけで。

 しかもこの映画では、「1985年の大統領は誰だい」と聞かれて、「ロナルド・レーガン!」と答えて笑われたりしてるんですがね。実際にトランプさんに投票した人の中には、レーガン政権の再興、つまり「強いアメリカ」を夢見ていたような。
 つまりブッシュやクリントンファミリーに支配され続け、最後は黒人が政権を握るという、このところの、いわば建前が優先する政治体制に飽きちゃったというか。

 にしてもですね。あえて、事件と呼ばせてもらいますが、この事件の最大の敗北者はメディアだよね。どこのどいつが、トランプ勝利を言い当ててるんでしょうか?
 実際、得票数を見るとクリントン婆さんが、わずかながらですがトランプさんを上回っている。つまり世論調査の数字自体は、別に嘘じゃなかったのに、トランプさんの勝利なんてどこも予想しないどころか、CNNはトランプに入れるんじゃない、みたいなキャンペーンを進めていたし。

 それと共和党のリーダーさん達だね。ブッシュもそうだけど、相次いで「トランプには投票しない」と表明する。これって裏切りと言うか、先見性の欠如というか、選挙民の意識を捉えていなかったというか。
 これって、つまり共和党の選挙態勢、予備選型の選挙制度自体の否定なんだと思いますし…。

 まあ、僕らは結果を受け入れるしかないんですが、「アメリカの白人労働者層の支持を掴んだトランプの勝利?」ですか? プロレタリア?? 違うんだよなあ、イメージが。労働者といえばナッパ服を着てお弁当でももって工場にぞろぞろとみたいなイメージを持ってたんですが。それってチャップリンの世界かな?でもって政治活動と言えば、赤旗でも掲げて、街頭デモという、そう韓国のそれみたいなイメージがあるけど。

 でも、テレビのルポでピッツバーグあたりの白人労働者のインタビューでは、でっぷりした体躯の爺さんばかり出て来て。「仕事がないんだよ」。ってこんな人まで困窮している? この人たちは、「保守」の代名詞みたいな共和党へ、というより、反体制的リーダーに見えるトランプさん個人への投票をしているような感じで。
 こういう動きを、メディアはどうして、もっと分析できなかったんでしょうかね? 
 「保守」って、つまりウォール街やワシントンに巣食うイスタブリッシュな人達のこと。今なら、民主党というかクリントンさん、だったんだよね。 

 早速、産経新聞は、「アメリカ軍が出て行くというなら、日本は自衛隊を増強して…」なんて与太記事を飛ばしていますがね。どうして中国やロシアとの関係を見直しするべき!と書かないのかな? 
 そんな手のひら返しが出来ないというなら、安倍さんにリタイアしてもらえばいいんじゃないですか?

 まさにフィリピンのディトルテ大統領に学べですよ。フィリピンやミャンマーは政治的後進国! みたいな目線で観ていたら間違えますよ。
 親中へ、とまでは言わない。僕も嫌いですからね。でも経済も依存しているし、地政学的にも無視できない。
 なら「遠くの親戚より、となりの他人…」でええじゃないの? 
 ディトルテさん型外交が一番だって! 

 さて、ぼくらに出来ることですか? 言うまでもない、アメリカの客船にどんどん乗ることですよ! 船上ではフィリピンや中南米、欧州のサービスクルーばかりですが、レセプションやホテル部のスタッフにはアメリカの白人も多いし。こうした世界各国の労働者さんにお仕事をして頂き、そしてアメリカ企業であるクルーズ会社に儲けていただく? なんてね。
 アメリカへの観光旅行もいいかな? 

 いや でもなあ。市民が武装し、警官が有色人種を殺しちゃうアメリカはちょっと…。
 難民溢れる欧州も、戦争が続くアラブも! 行くとこがないよ。 うん、それだから、船の中で寛ぐ! これですよ。

 にしても、いやな世の中になりそうですね。 

長崎造船所堂崎工場って? ホームページにも出ていませんねえ。

  いや、そんなにしっかり取材していたわけじゃないですよ。
  にしても、本当に初めて聞いた名前でしたね。ニュースを見て一生懸命探しちゃったですよ、三菱重工長崎造船所堂崎工場! なんか魚雷の製造工場みたいですから、場所を含めて公表してないんでしょうかね? 同社のホームページにも出てこない。なんか半島というか岬の入り江にあるんかな?

 多分、こんな風な兵器工場がいくつもあるんでしょうねえ、この会社。
 この工場で小爆発が起きたようですが、メディアの皆さんは、三菱長崎というだけで、目を皿にしてその動きをみていますからね。博多の道路陥没事故でもなかったら、もっと大きな話題にされていたかもしれませんね。

 まあ防衛宇宙ドメインの仕事 なんかな? 
 平時ですからね。考えてみると魚雷はあんまり使わないでしょうねえ。訓練くらいかなあ。いや訓練でも魚雷で何かしているという話はあんまり聞きませからね。でも一朝有事(って、こう書くんだっけ) には魚雷って、潜水艦にでも積んで大活躍するんでしょうから、大切な製品なんでしょう? まあここで製造までやっているのか、実験・開発工場なのかわかりませんが、魚雷の売上高って、幾らくらいあるんですかね。

 なんて、どうでもいいですけど。そういえば、ドサクサに紛れて、なんて汚い言葉は使ったらいけないですね。 
 商船の属するドメインが、機構改革で「インダストリー&環境社会システム」ドメインに所属することなったみたいですね。
 来年4月のドメイン再編で、「パワー」と「航空・防衛・宇宙」ドメインに並ぶ、3つに集約され…。というか、まあついに「その他製品」ぐらいの扱いになるんでしょうかね?
 にしてもなんですかね。これからは『「インダストリー&環境社会システム」ドメインの商船部門は、このほどLNG船を受注した。』なんてニュースの書き方になるんですかね? にしても事業部と言うかドメイン名に「&」なんて入れますかねえ? 日本造船工業会みたいな業界組織にも「インダストリー&…」なんて具合に加わるんだろうか? 

 この際、もっと簡単な表記、お得意の簡略型で「IESS」とか--はい。「インダストリー・エンバイロメント・ソーシャル・システム」の頭文字を取るみたいにね。 そっちの方がまだ分かりやすい? こともないか。

 まあ、MRJの航空事業は分離され、化学機械、フォークリフト、製鉄機械なんかと統合された組織運営に変更されるようですが、「その他事業部」なんて括られてネーミングされるよりは、まだいいけど。
 でも、これで各製品を造っていらっしゃる皆さんは、満足なんですかね。
 事業部制の廃止というのは、わかりますけどね。製品に対する愛着とか…。なんていう方がおかしいか? でも、どうやって事業管理したり、製品開発に対するプラン作りや事業戦略なんかはどうやって立てるんだろうか?
 
 どうでもいいか。「造船」とか「船舶」という目障りな事業部名が消えて、これでしばらくすると、三菱って造船部門もあったんだよな! とか。「かって長崎では、戦艦武蔵だけでなく、VLCCと呼ばれた超大型タンカーや、クリスタルハーモニーと言う名の豪華客船」を建造したことがある。なんて歴史の教科書に出て来るようにでもなるんかな? 
 いや、というかそのうち、ひっそりと…、かな?

 いや「堂崎工場」のように、ホームページにも乗らずに、細々と下関あたりでフェリーを造り、横浜で船の修理をし、と言う風に、事故でも起こさなけりゃ、その存在すら誰もしらない? なんていうことにでもなるんですかね。
 
 でも、堂崎って、いいとこ見たいですね。ネットを見ていると、ちょっと元気な旅にんさんが、バスで訪ねたのかなあ、このあたりの紹介をアップしてて、「このあたりで泳ぐと危ないですよ」とか「模型の船を浮かべないように。沈められちゃうから」なんて書き込んでいますから、知っている人は知っている?

 まあなあ、香焼が軍艦島とならんで世界遺産あたりに指定されて…。なんていやな話ですね。でも「堂崎」はきっと世界遺産にも登録されることはないでしょうけどね。

 ここで働いている人に一度会いたくなっちゃったなあ。どんな人たちなんだろうか? 入社以来魚雷製造一筋に? なんだろうか? 産経新聞さんあたり、紹介してくれないですかね。

 社員名簿あたり、くくってみれば「堂崎工場長」なんて出て来るんだろうか?
 
  

米大統領選に思う! 沖縄をクルーズの島に、って飛躍のしすぎですかね?

   今日は、やっぱりクリントンさんと、トランプさんの戦いが話題なんでしょうね? どっちが勝っても、私辺りは、受け入れるだけ。って、そんなの当たり前だろう! ですけどね。

 つまり今日は、これと言って話題がない? んですよね。 
 うん、株価の動向が気になりますけど。でもこっちも、夏以降まったく触れることが出来ない状態が続いていますから、真剣にウォッチしようというには、もう少し時間が必要です。それほどひっ迫した話でもないし。 
 日々平穏!ですね。

 でもって、このところの新聞で面白いのは、って、また産経さんの話でしかないんですが、天皇の生前退位、いま産経は「譲位」と書くことにしたんですか? この言葉からして、朝日と論争しているのも、なんだかなあ?ですが。
 面白いというのは、有識者会議のみなさんの発言ですが、「生前退位は、まかりならん」なんて、本人が辞めたいといっているのに、許さないという意見が多いことですね。理由は「皇位継承の安定性確保」のためだそうです。「個よりも国体」ですか? 「天皇陛下、全体の利益をお考え下さい」というのか、「国体が…」なんて言い出しかねませんね。考えてみると、天皇は、そんな論理に抵抗しているとも思えるのにねえ。
 ヒトが嫌だと言っているのに、やらせるんだ、なんて言うのは、人権無視や! なんて書くと叱られそうですけど。

 でもっって、産経さん、最近一貫しているのは、明仁天皇を125代目と表記していることです。数日前、皇室の歴史を、紙面一面使って系図紹介するのに、なんのエクスキューズもなく、神武天皇から説き起こしているんですね。
 となると、今頃「皇紀」は、2680年くらいになるんですかね。「工期は」じゃなくて「紅旗」でもないし、「皇紀」って文字を引っ張り出すのに苦労したくらいだけど、「皇紀は2600年…」という歌は耳に残っています。ウィキペディアで調べたら、今年は2676年だそうですね。4年後くらいには、「皇紀は2680年!」なんて言い出すのかな?

 でも敗戦で、もし昭和天皇が退位していたら、今頃、天皇制の復活を! が憲法改正論議以上に盛り上がっていたかもしれんですね。貧乏されている皇室を救え、みたいな議論からかな? 「戦後大雑誌」を読んでいると昭和天皇の一日の食事メニューまで載っていて、民は日々の食に困っているのに…。といった論調まであったんですから。 

 逆に「象徴」天皇制を残した。それだけでも米軍の作ったといわれる現憲法を評価するべきだと思うんだけどね。いまの政権はね!
 今頃、日本も大統領選かなんかが行われていて、安倍さんと志位さんの一騎打ち? 
 なんて、悪い夢ですね? 寝ざめが悪いね、今日は? 
 あるいは、小池大統領が、側近との癒着問題で、失脚しつつあるとか。なんて、やめましょうね。

 いや、話を続けましょう。新聞のことですがね。
 ネットを散歩していたら、沖縄タイムズのサイトに進んじゃいましてね。米軍のヘリパッド建設を巡って。ええ、あの機動隊員の「土人」発言への怒りの論調を読んでいて、本土の無関心というか、日本全国の警備当局を総動員しての、異常な警備について、「沖縄独立」と言い出しかねない論調にまで進みそうなのに、ちょっと驚きましたね。

 1972年の沖縄の本土復帰ってなんだったんでしょうかね。
 「沖縄を返せ!」なんて歌のメロデイがまだ耳にうっすらと残っていますが、アメリカから日本に施政権を返還せよ!と、現地も左派もこぞって歓迎したわけですが、管理者が米軍から日本政府に変わっただけで、基地の島という現実は何も変わっていない。 
 でもって「日本の防衛」とか「東アジアの安全保障」なんて、その日本政府が押し付けて来るんですからね。

 むしろ、あのまま米軍政下にあったら、沖縄に米軍基地はあっても、同時にクルーズポートでも造られて、日本人やアメリカ人や中国人の観光客がどどんとやってくる、「クルーズの島」になっていたかもしれない、なんて。
 カボタージュだってないしね。

 むりやりクルーズの話に持ってゆきましたけど。天皇譲位の話、土人発言、アメリカの大統領選…。繋がっていますよ。
 何が? ええ、「国体」って、なんかきな臭いけど。国家ってなんだということかなあ?
 沖縄は、日本の民主主義? の範疇からも大きく逸脱していますね。

 基地の島から観光の島へ! 冗談でなく、本気で考える時が来ている。 

  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ヴァージンボエッジの船内プログラムは、船上的?いや煽情的なものですね!
  • ロンドンは、明るく晴れて、通りを跨ぐユニオンジャックが眩しかったですね。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • クルーズ後遺症? いやワイン後遺症ですわ。長生きできないね、きっと。
  • あらら、49万9578件ですか? ローヌ巡り紀行記は、そろそろ終わりなのに。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • アルルに、もう一度戻って来よう。そう決意する船知でした。
  • 船内写真、全部見せちゃいます。バイキングのパンフも来ましたよ。リバークルーズの時代が来ていますって!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール

船知めん太

カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ