客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2016年12月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

老後破産にまっしぐら。今年も来年も、クルーズ+?いやクルーズファーストの人生ですよ

  さて、このブログ、自宅で書いていますし、年末年始に特別な行事があるわけでもないし、グズグズしていると大掃除手伝わさせられるので続けてきましたが、ついに観念かな? 本年は本日にておしまい。
 今年もご愛読ありがとうございました。まあ明日は朝から高校ラグビーの試合が沢山あるんで今日ぐらいは働かんとね。という気分もあります。

 とにかく毎日が日曜日みたいなもんですからね。
 ハッピーリタイア! 他人から見ればそんな感じなんでしょうが。これでも、いろいろあるんですよ。でも、あえて否定はしません。

 わたくし、会社を辞めたら、毎年2回の海外旅行。一度はアジアを中心に陸上の滞在型旅行、二本目はクルーズ!って決めていたんですがね。
 なんとか、この3,4年はそのテンポで過ごしてきました。
 アジアは、バンコク、ベトナム、釜山、ソウル。ああケアンズにも行ったか! 
 ハワイ島も行ったじゃないね、って、これは現役だったか。
 
 クルーズはほとんどクリスタルでしたが、アメリカと欧州を交互にね。
 ニューイングランド、パナマ運河&カリブ海。地中海、エーゲ海、バルト海ーークルーズはこんな感じで、来年5月にはアメリカ西海岸。アラスカも提案したんだけど、わが同行者たちは「寒いのはいや」というんで、カリフォルニアになっちゃったわけで。

 ああそうか、博多発だけど、コスタ。それにシンガポールからですが、ダイヤモンドプリンセスの日本クルーズ。そうそうバイキングリバークルーズのライン川にもね。
 思えば、いろんなとこに行ってますね。

 陸上旅行の方で忘れられないのは、ベトナムの避暑地ダラット! ですかね。
 王宮のようなホテル、というかフランスの植民者たちが造ったリゾートに滞在。何にもすることがなくて、ここでダラッとね。食べ物が美味かったですね、と記憶が蘇ります。いろいろと。

 でもねえ、そうしてみると、まだ行ってないとこ沢山あるじゃない!
 アラスカもそうだし、フランスのリバークルーズとか、ナイル川にももう一度行きたいなあ!
 うん?タヒチ? というよりボラボラに行きたいなあ! 実は今年、クリスタルが行くというんで、サンディエゴ発、パペーテ行きの予約を入れたんですがね。

 でも、行きかえりの飛行機がセットできなくて、断念しています。その後パペーテ発ニュージランド行のツアーが発表されたけど、これはボラボラに行かないし…。
 結局サンクトぺテルブルクとバルト海行きに変えたんですよ。これも良かったですけどね。街中での食べもんが、なんというかなあ。

 ロシア革命100周年のプレクルーズ! だなんて勝手に決めて、記憶するべき旅として、設定したんですけどね。サンクトの街中では路上で野菜を売るおばさんがいたんですが、野菜もしなびていたし、なんともみすぼらしくて…。
 ヘルシンキの路上マーケットの華やかさと比べると、ああロシアよ! の気分だったですね。

 それより、昔、昔クラブメッド2で、タヒチの島々を一周するクルーズに行きましたけど、目的地としては、最高の旅だったですね。物価は高かったけど。と、走馬燈のように浮かぶ記憶、なんてね。
 
 まだまだ衰えていては、いけませんね。
 来年も頑張るぞ! まずは全豪オープン。そして西海岸クルーズか?
 そういえば、全仏もウインブルドンも、全米オープンも行ってないし。大谷がメジャーに行ったら大リーグの試合だって見てみたいし、田中だってダルビッシュだって。
 そうか、スポーツ観戦とクルーズ!なんていいかもね。

 ねえねえ。誰かこんな旅のガイドブックを買ってくれへんかねえ。「クルーズ+」なんて題名? いや「クルーズ・ファースト」とかね。「船知めん太」なんて上から目線の題名よりいいかもねえ。
 にしても、こんなことしていたら70歳になる前に、老後破産だわ! 

 クルーズ振興に役立っているでしょ。このブログだってね。
 海外旅行に補助金を…。クルーズ振興に助成を! なんてことには、ならんだろうなあ。10億円ジャンボも買わんかったしね。 

 老後破産へまっしぐら。それでもいいや、とそんな決意を固める年の瀬です。
 
 ハイ。というわけで、多分、来年は元旦から始めますかね? このブログ。
 今年もありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。
 
 

三菱と日立の合併話が再燃? はい、日刊ゲンダイの、「来年を先読み」記事ですけどね

 えっつ! 三菱重工と日立製作所の合併話、再浮上! 
 そりゃあ、あり得る話だぜ。

 宮永さんは先週いくつかのメディアと懇談して「M&Aはもっと進める」と明言していたし、MRJの初号機の納入遅れが、決まってしまったみたいだし、ウェスティングハウスを買収した東芝が、今年また数千億の特損を計上するなんて話も伝わっていて、いわゆる特大企業の経営だって、安泰とは言えないですからね。
 次の台風はそんな話なんだろうと思っていた矢先の記事ですからね…。 

 といっても、ネタ元は、日刊ゲンダイ。
 昨夜、上京したついでに愛読紙を購入。まあこの新聞、エロ記事、ヨタ記事ばかりでなくて、結構「本当かな」と思わせる記事も多いですからね。

 で、目に入った記事は「2017年激動先読み」と称して、来年起きる経済事件の予測記事です。商船三井と川崎汽船の合併話とともに、三菱と日立の大合併で、14兆円企業が…。

 数年前、副社長時代の宮永氏が主導して、合併工作が進んだんですが、「三菱グループOBの猛反対で立ち消えに」(同紙)なった。その時何故、首謀者のクビを取らなかったのか、なんてまあどうでもいいですが、私めは、彼が社長でいる間に、必ず再燃するだろう、なんて思っていたんですよね。

 まあわかりませんがね。ただ、あのころのことを思い出すと、構想がつぶれた原因は、確かに「三菱内部からの反対」であって、日立の側の動きは、あんまり活字になっていなかったような気もします。だとすれば、三菱側の反対意見が潰されれば、再燃話があっても…。

 合併すれば「売上高は14兆円。GEに肩を並べる!」とあります。でもねえ、このうち三菱さんは4兆円に過ぎなくて、これで対等合併といえるのか?と 当時も思いましたし、今も構想がくすぶっているんなら、そのあたりの主導権はどうなるんだろうか? というのは取材のポイントですけどね。
 逆に言うと、未だにこんな視点が消えないのは、三菱さん側の事情の方が大きいのかもしれない。

 もっというと、原子力関連の事業の目論見違いも大きいのか。東電の福島原発の事故は、こんな風に、ジュクジュクと日本の原子力産業を壊し始めているのかもしれない。つまり東電、東芝に止まらず、三菱、日立と、共倒れに引きずり込む。なんて、もうひとつの「結果」に突き進んでいるのかもしれません。

 にしても、保守派の私ですからね。
 こういうM&Aこそ経営戦略ぐらいに考えている無類の拡大主義的経営には、違和感を感じますね。
 資本の論理だよ!なんて言われてしまえば、それまでですが、企業文化の違いみたいな話は、リーダーの指導力で、乗り切れると考えている?
 なんだかトランプさんやアベチャンやプーチンさんにも通じる英雄主義みたいなものを感じますけど、杞憂かな?

 まあ、別に日刊ゲンダイが飛ばした憶測記事に過ぎない話で、それを、ここまで書くなんて…。
 はい。すみません。

 でもねえ、長崎造船所長で船舶子会社の社長である横田宏さんが1月31日をもって退任されるようです。新時代の管理手法では、幹部人事も、不定形になってゆくんですね。 
 この会社最近は、役員級の人事も定例なんてことはなくなって、突然発令されるみたいですが、これが日本の会社のスタンダードになってゆくんでしょうか? これって、恣意的というか思い付き人事には繋がらないんだろうかとも思うんですがね。
 依らしむべし、知らしむべからず、ですか? 

 まあ2016年も、このブログで主役であり続けた三菱さん。多分17年も表舞台からは下りないんでしょうねえ。
 にしても、大体、ご本人の退任人事はいつ公表されるのでしょうか? 
 というより、この会社の2017年は、「留任」の方こそ、ニュースだけどね。

 年末なのに、生臭すぎるお話、失礼しました。
 

コスタの金沢発着クルーズが、C・O・Yですか? はいクルーズ・オブ・ザ・イヤーでんがな。 

  日本外航客船協会(JOPA)さんが選ぶ「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」ですが、今年は、コスタクルーズの日本海クルーズですか?
  まあ実は私も、現役の最後のころに、日本で欧米型のクルーズ。つまり定点定期型のクルーズを実現するとすれば、金沢発の日本海クルーズだよ! と言い続けていたんで、このコスタさんの、ネオロマンチカですか? 取り組みには敬意を表するものなんですがね。

 つまり北陸新幹線の開業で東京から金沢まで2時間半で結ばれて、でもって、金沢というのは、日本に一番近い外国である韓国との間で定期クルーズ船が結べば、4泊ぐらいで、いいアイテナリーに仕立てることが出来る!という発想だったんですがね。

 まあ来年もさらに充実させるようですし、舞鶴、境港、博多などの諸港についても脚光が当たっているわけで、「日本人向け大衆クルーズ」の成功例として、引き続き!なんてエールを送りたいですね。

 コスタさんは、RCIさんが中国マーケットに集中し、新造大型船を中国に投入。ダイヤモンドプリンセスさんが、日本クルーズを展開するも、定点型のアイテナリーを諦めて、まあプレミア市場だよ! と寄港地を多様化させて行く戦略をとったのと比較して、初めから定点・定期。それも博多と釜山と上海でそれぞれ乗客を集めるという民族混合型クルーズ、っていやな言葉ですね、諸国民友好型クルーズを始めたパイオニアだったわけで。

 僕も始まったころ、博多から乗りましたよ。ですがね、相方さんの評価を聞くまでもなく、がっかり! 
 何が? はい中国人の騒々しさに、「二度と…」な気分だったんですよ。
 だって、デッキランチのホットドックだって、パンも焼けてない、ソーセージも生のままで、どんどん持って行っちゃう。それもひとりが大量にね。奪い合うようにしてね。しかも、並ばないし。「これが豪華客船?無理だよ」なんてレポートを書こうかと思ったんですが、そこに現れたのが、北陸新幹線! 関東から釜山まで一気に繋がって…。というわけですね。

 今の日本海クルーズには、韓国人も乗っているんかな? でも、このアイテナリーだと、はっきり日本市場がターゲットであることが分かりますからね。嬉しいですよね。いいんじゃないですか、これ? 
 それにキムチもあるんかな? 
 そろそろ、もう一度行って見ようかな?の気持ちにさせられます。

 でもねえ、考えてみると、関東の乗客も、もし便利さだけでいえば、釜山往復するなら、神戸発着くらいのほうが、楽なはずで…。このコスタさんのアイテナリーも金沢や舞鶴、境港みたいな、あんまり行ったことないよ!という寄港地と、北陸新幹線と言う、物珍しさが、効いているんじゃないですかね。
 まああと1年ぐらいは持つだろうけど。カリブ海とかアラスカみたいな永遠性は、なかなか、という気もします。

 幾ら安くても、また金沢から船に乗る? となっても、どうしましょ? というお答えの方が先に来そうだよね。
 うん、各地元さんのご努力は買いますがね。やっぱり船の寄港地としての観光開発というか、新味が欲しいですね。というか、私としては、同じ金沢発着なら、例えば、隠岐とか、対馬とか、壱岐とかさあ、あんまり行ったこことのない目的地をたまに加えて欲しいよね。 韓国側の寄港地も蔚山直行とか、東海とかね?
 あるいは能登半島の輪島にテンダーで上陸させるとか?
 って、これじゃあ、定期定点クルーズの提唱者じゃなくなっちゃうんだよね。オラも。

 まあね。これはこれ!かな? もしコスタのクルーズが気にったら、2回目は、イタリアまで飛んで、本場の地中海クルーズにでも参加した方がいいんじゃないですか?
 なんて書くから港のお兄さんたちに叱られてしまうんだけどね。

 それにしてもコスタの地中海クルーズの宣伝って見なくなったですね、最近。地中海の大衆クルーズと言えば、MSCだもん。てるみくらぶさんが、やっすいよね。
 そうそう、日本市場で一番売れているのはどこか? みたいな市場分析をだれかやってくれませんかね? JOPAさんとか?

 ああ、そういえばJOPAって日本のクルーズ会社の団体だったはずだけどなあ?
 日本船のPRはどうなっているんだろうか?
  

直線一気。中国が遼寧でくるんならニッポンは飛鳥で行くべきやね。

 第四コーナーを回って、直線一気にーーなんて、凄かったですね。昨日のサトノダイヤモンド。末恐ろしい3歳馬って、3歳になれば、もう大人。しかも、今年は「強い」と言われる3歳馬の雄ですからね。有馬を制しても、まあ当たり前か? って勝ってから言うんじゃしょうがない。
 残念でしたね。キタサンブラック。まあここまでが上手く行き過ぎた感じだったものね。

 って、今日の「第四コーナー」の書き出しって、カレンダーを見て、「今年も回りましたね、4コーナー」という話で始めたかっただけですけどね。
 そうあとは直線一気ですが、逃げ馬ならぬ、私としては、もうちょっと息絶え絶えで、なんとか直線に向き直ったところかな?
 今年もいろいろご苦労様でした。はい。

 というので、気分を変えようと、一昨日も書いたCielさんのブログをちょっと覗いたんですがね、なんと台湾の旅行誌「asukatravel」のことが紹介されているんですね。
 この雑誌のことは僕も相当前に聞いたことがあったんですが、今は「asleisure」に変わっていたようです。でもって今月号は青森特集とかで、誌面のサンプルも載っています。飛鳥Ⅱのこともドドンとね! 
 ムムム!わがブログへのライバル出現! なんてことはないけど、日本より台湾の方が進んでいるんかな? なんてね。
 というか、この雑誌日本向け旅行の専門誌みたいな感じの雑誌ですからね。クルーズ旅行がしっかり特集されていても驚くことはない。しかも青森! ここは飯が美味いし、人情も厚いしね。いまは寒いけど…、なんてね。

 いやあ、本当に昔々。飛鳥が東北のお祭りのクルーズを始めたころに、取材で乗船したんですが、その時台湾から30人くらいの団体客が来られていて、皆さんリッチそうな人ばかりで、感心したのを覚えています。この時台湾に「飛鳥旅行社」というのが設立されて、お客さまを送り込んできた、なんて話を小耳にはさんだのを思い出しましたね。
 もちろん、郵船クルーズさんは「支社ではないよ。勝手に…」みたいな話をしていましたが、もとより悪い話じゃないですからね。でもってそこが旅行雑誌もやっている、なんて聞いたのか聞かなかったのか…。
 だから青森特集も納得です。つまり来年の東北祭りクルーズには、また台湾からお客さんがだどどんと、来るんかな? 

 Cileさんは、その雑誌にも記事を書いておられるようですが、でもねえ。この雑誌が「郵船クルーズの子会社」というのはねえ。ちょっと…。いやむしろ、そのぐらいの元気さが郵船さんにあれば、逆にいいと思うんですがね。
 というか、あのころアジアマーケットへの進出をしていれば…。今頃は、なんてね。
 
 なんかなあ、今日付けの新聞、ええ、産経さんですがね。中国の空母「遼寧」が沖縄と宮古島の間の公海上を横切って太平洋に出た!なんて一面トップで、さも大事そうなニュースとして取り上げていますが、この空母、飛行機をリリースするためのカタパルトも未整備で、飛び立てるけど、しっかりした装備をすると飛べない! みたいな中古の欠陥空母であることは、小っちゃくしか書かない。
 さらに、トランプさんが台湾総統と電話したことで、「一つの中国」を主張するメインランドとの角逐をサイドストーリーにして、米中対決! 果たしてニッポンは何処へ! みたいな話をに仕立てているんですがね。そんなに戦争したいんかなあ、この人たち。
 でも確かに、「軍事」となれば、国家と言うか為政者さんたちの専売特許みたいな話であってね。国権が強くなるためのステップ だけどなあ!

 なんてね。まあ年の瀬にこんな話はどうでもいいや。中国が遼寧でくるんなら、こっちは飛鳥やにっぽん丸で!
 戦争反対! 世界の海をクルーズ船で制圧せよ! ってか?
 まあ、まずは台湾との友好の再確認だよね。はい。 

 なんか影文字が消えないよ。どうしたら…。これじゃCielさんに勝てないわ。

12月24日ですが、メリークリスマス! の〆は止めときましょうか! 

  このライブドアさんのブログリストをチェックしてみたんですがね。
 やっぱりオラのは、ちょっと異質すぎますね。

    アクセスランクトップを独走し続けているCielさんのブログはいま、カリフォルニア訪問記。ナパバレーのオーパスワンを訪ねた時のエピソードが豊富な写真とともに載っていて奇麗な造りですね。
 
 まあ来年私もナパへはともかく、カリフォルニアクルーズに出かけるつもりなんで、読んでしまいましたが、こんな明るい文章は書けないですね。
 もちろん写真も奇麗です。明るいカリフォルニアを希求される方は、どうぞそちらをお訪ね下さい。

 話は暗転、というか。僕の今のカリフォルニアへの関心は、トランプさんの印象と二重に重なって。ロサンゼルス辺りの街歩きって、どんなんだろう!ガンフォルダーを腰に巻いて歩くおじさんがいたりしないか? に移っていますからね。まあ冗談ですがね。

 だからと言うわけではないですが、ホテルもダウンタウンのから、ビーチ沿いに変更して。オプショナルツアーの行き先も、馬が飼われている牧場とワイナリーですからね。まあ、カウボーイみたいなのはいるかもしれませんがね。
 にしてもオーパスワン。ワングラス、20ドルから60ドルだって。
 オラがピストル持って行きたいくらいだね。高すぎだぜ!ってね。

 まあいいや。それにしても、「そこまで言っちゃうのか、ちょっとなあ」と思うのはトランプさんの核武装強化論ですね。よく文脈がわからないのだけど、「世界が核武装に対する分別を取り戻すまで…」、アメリカは核武装を強化する??? って。
 そのあと取り巻きさんが、核がテロリストに拡散するのを防ぎ、抑止力を強化、核兵器を近代化するため、と「強いアメリカ」論の帰結であることを強調していますがね。つまり中国やロシアを含めて、核武装強化競争をするなら、オラたちは負けないぞ! みたいな感じですね。

 まあだから「こんな競争は無駄だよ」と言いたいんでしょうか? さすが、西部劇のガンマン? いや、ダーティハリーさん風のメンタルですよね。法律よりも前に、正義は我にあり! ですか?
 
 まあなあ。普通ならこんなことを言う大統領が君臨する国に対しては、経済制裁くらい言い出してもいいんだけど、アメリカを制裁出来る国って? えっつロシア? そんなもんないもんねえ。
 ロシアに対して、「価値観が違う国」なんて言うけど、とっくにあの国は社会主義なんかではなくて、アメリカの覇権に挑戦する遅れて来た列強! みたいなもんですからね。
 経済基盤は世界を動かせるほどの力はないけど、核兵器だけは世界一!なんて国かな? 戦前のニッポンだね、まるで。
 
 まあトラちゃんが、そんなロシアや膨張主義的な世界分割を目指す中国と、どう対峙してして行くつもりなのか? って。でも、こんな世界観はもう75年くらい前の話なわけで。

 なんかなあ。来年はちょっと…。
 Cielさんの報じる豊かで美しいアメリカと、メディアが報じるトランプさんドクトリンへの、ぼんやりとした不安。
 なんか複雑な雰囲気の中で、この年も暮れて行きますね。
 
 今日はクリスマスイブ。ドイツではキリストさんの誕生日を祝うクリスマスナイトバザーにトラックが突っ込んで…。
 メリークリスマスなんて〆はやめときましょうか。そんな気になれないもの。
 
 
 

 
 
 

ガラガラの指定席、すし詰め状態の自由席。新幹線で見た不条理な世界。ってか?

  おはようございます。良く寝られましたか?
 はい、ぐっすり! って自問自答してどうするん?

 昨日は、17時40分新大阪発のひかりを目指して、駅に到着。
 でも自宅に着いたのが、ほぼ23時。6時間までは掛りませんでしたがね。疲れました。

 平塚近くの沿線火災の影響で、1時間半近く、新幹線が止まった影響で、まさに乗るべき新幹線の数車前から止まってしまって。私の場合、のぞみでは望みがないので、一時間に一本のひかりがいわば、通勤列車ですから。新大阪を出発するのを、ひたすら待ちましたです。

 駅は大混雑! でもなくて、中混雑ぐらいでしたが、待つのも新幹線の中でしたから、まあどってことなく。というか家に20時過ぎに着く予定だったんですが、どうせ早く帰っても、ビールで、テレビ!なんで、まああんまりイライラもせず、でしたね。
 お客さんも、別に騒ぐでもなし、叫ぶでもなし。そのうちガラガラの状態で走り出したですよ。
 快適、快適です。

 でもねえ京都過ぎかな、トイレに立って驚いちゃったんですよ。
 僕の予約席は6号車で、自由席は5号車から。つまり予約席と自由席の境目にいたんですが、列車のつなぎ目に出て、びっくり。通路にはかなりな人々が立ったまますし詰め、というかおいなりさん状態?って、今日はうまい言葉が見つけられないわ。

 駅に着いたはいいが予約した列車は相当待たねばいけない。指定券を放棄してでも、すぐに出る電車に乗って、と言う人が多かったのかな? 
 つまり、この列車には、新大阪に着いたばかりの人が、乗っちゃえ! というんで、乗り込んで来た結果なのんですかね。指定はガラガラ。自由は大混雑というわけです。

 なんとも不条理な世界がそこには現出していたのでした。なんてね。

 確かに日本人のやることは整然としていて、現場で乗客と車掌さんがぶつかる?なんて姿は、もう最近見かけなくなりましたね。それにしても、疲れた顔して通路で佇む乗客。多分3、4時間はこうしているつもりなんだろうか?という人々と、ガラガラの指定席。
 車掌が機転を利かせれば、通路の人間を全部座らせたところで、問題はないんじゃないか、と思いましたね。

 実際僕の隣の席は、三島まで空いたままでしたし。並びの3人がけシートもずっと空いたままだもの。
 まあ今や車掌、つまり現場の人間の裁量なんかで出来ないのかな? 座席はコンピューター管理ですからね。JR側の予約表では、空席ではなく幻の人間が着席していることなっているのかもしれんけど、なんかなあ車掌さんよ。もっときめ細かな乗客対応をしろよ!と言いたくなりましたけどね。

 もし僕が立つ側に回っていたら、駅ごと、つまり京都から名古屋は止まらんし、名古屋から浜松、静岡までも止まらないんだから、駅を出るたびに、空いたシートに座っちゃうけどね。
 そんな臨機応変さというか、ファジカルな運営ができるような権限を車掌さんに与えるべきだと思うけどね。そのぐらいの情報は車掌に伝えられるでしょう、やる気になればね。

 って、今度の西行き旅行の僕なりの目的が、ええ、船への新しい環境規制に、どう対応するのか、現場で感じたくって。って、そんな大袈裟な話じゃないんですがね。
 日本て、なんていうか、規則とか規制への対応を考えることはしっかりしていても、無規則状態になると、判断停止して、流れるままに時を過ごして行く? みたいな社会なんかな? なんて感じましたね。

 ちょっと、しっかり書けなくてごめんなさい。
 旗振り役がいないと、判断停止して、そのまま、我慢してやり過ごす、なんて感じかなあ?

 まあこの新幹線だって、もし日本でなかったら、どどんと指定席に突っ込んできて?、あるいは車掌を突き上げて、その場限りのルールを造らせて、立ちっぱなしの乗客を救うとか? そんな対応が始まるんだろう?なんて思いましたけどね。

 ちょっと今朝は、話の例えがよくないなあ。
 なんかなあ、言いたいのは、自分がルールの造り手になる、というか、そんな風な、現場対応力を失ってしまたんじゃないのというか?
 えええ、ガラガラの指定席、自由席は立ちっぱなしの乗客!ーー今度の新幹線で感じた現場対応力のなさって? 折り目正しい日本人ーという具合に、書こうと思えば書けるんだろうけど。

 あんた肝心の中身を書かないから、何言っているのかさっぱり…。
 はい、ごめんなさい。もうしばらくしたら、明らかに出来ることがあるかも……。

 いや、うーん、ないかもね、きっと。
 
 
  
 

金返せ!新幹線

天罰というのでしょうか!まだ新幹線。でも、新大阪を発車していません。はい、平塚の沿線火災で、停泊したまま。いま、45分前に出るべきのぞみが出たばかり、一時間以上の遅れは確定ですね。

しかし、我が同胞は淡々と事態の推移を受け入れるだけで、暴動にはならんですね。

   まあ、先日の北海道の大雪では、息子が2日間に渡って10時間以上羽田で足止めされたわけで、わたしもペイシャント。幸い日刊ゲンダイも買えたし、ビールも、水割り缶も手に入れたので、何時出るのかわからない出発を、まちます。幸いそれほど混んでいないので、このまま新大阪泊まりでもいいや。の心境。旅とは待つことやがな。

まあ今年最後の厄落とし!そんな風に考えなきゃやってられません。もう、一時間以上遅れている。金返せ‼️新幹線!

  
 

朝から新幹線です。

おはようございます。
はい、新幹線のなかでんねん。って関西弁になることはないですが。今朝は昼が一番短い日なんて、nhkのニュースで、言っていましたが、まだ暗いうちに出てきて、もうすぐ富士山が、見えるかな?
いえ、関西行きではなくて、その先。瀬戸内です。三原で船に乗り換えて。クルーズじゃなくて、連絡船ですね。
  私は飛行機が、あんまり好きじゃなくて、こうして瀬戸内へも、新幹線!日本はフライ&クルーズよりも、レール&クルーズの方がいいですね。
   なんの用事か ?ですかって?
  まだちょっとね!海を見に、とでも言っておきます。
と言うことで、今朝はここまで。なんかあったら、また書きます。明日は多分休載かな?
富士は見えないですね。残念。 

飛鳥の世界一周クルーズへの待望論! やっぱり豪華客船は世界を巡らないとね。

  旭化成さんのへーベルハウスの会員誌。最近はどんなパンフ類にも隅々まで、目を通すようになっちゃったんですがね。近着のそれに、飛鳥Ⅱの船内見学ツアーのご案内。同グループの旅行会社さんが主催しているんですが、どれどれ、と!
 「大型豪華客船飛鳥Ⅱ」、フムフム。でもって「世界一周クルーズの合間に横浜大桟橋に寄港します」、ん? 「わずかな停泊日程に乗船見学会を設定しました」って?あらら。
 
 参加費は7200円。昼食付き、限定20名の募集!だそうです。
 そうなんですか?ってホームぺ―ジで飛鳥Ⅱのスケジュールを確認しちゃったですよ。
 世界一周クルーズの合間に? ですか。ウーン3年前に世界一周していますかね。でもねえ、次の世界一周って発表になったのかな?ってね。 それまでの4,5年間の「わずかな停泊日程」?に、「船内を見学できる、めったにないチャンス」なんですか?

 なんて、皮肉っぽく書くのも憚れるほどの、知識のなさに唖然としてしまいましたが、飛鳥クルーズさん側は、このコピーをチェックされたんでしょうかね? 確かに飛鳥って、いまや2泊から5泊くらいが主流、これじゃあ「豪華客船」の名に恥じちゃうんかな?
 時にアジアクルーズや日本一周の「ロングクルーズ」をやるくらいじゃなあ。
 知られていなんですね。グシュン! 寂しくなっちゃったですね。

 まあ、こういう素人旅行会社さんが、目先を変えるイベントとしてクルーズ船を企画されるというのは、悪くはないですがね。にしても、依然として、「豪華客船」=「世界一周クルーズ」でなければいけないというイメージが根強いんですね。ニッポン!

 でもって、このブログリストのアクセス数ランキングを見たら、ピースボートを含めて、ググッと世界一周旅行型のお話が伸してきて…。
 やっぱり日本人にとっての「夢の旅」とは世界一周! 地球一周!なんですね。と改めて知る思いです。

 ソマリアの海賊の影響もあって、もう何年になりますかね? 飛鳥Ⅱがスエズ運河を渡る世界一周クルーズから撤退して。しかも、最近ではピースボートさん以外、世界一周からも撤退しちゃって。日本人に夢の旅がなくなってしまった。

 とはいえ、今更、飛鳥Ⅱさんが、再開! スエズ通過!の旅をアナウンスされたとしても、もう僕には二人で1000万円を覚悟しなけりゃ行けそうにない、この旅の意味はなくなっていますが…。それにしてもこれからリタイアされる後継世代の皆様に、「夢の旅の夢」を残して欲しいですね。
 「ソマリアの海賊め!僕の夢を返せ!」ですか?

 まあいいや。それにしても、そろそろ本気で世界一周クルーズ再開しませんかね? 飛鳥さん。
 やっぱり「夢の旅が、いま夢でなくなる」ですよ。行って見たいなスエズ運河!そして飛鳥で行く地中海。
 確か親会社さんの意見では、「2隻体制も検討する」でしたからね。だとしたら、日本近海を旅する新造船と、この飛鳥Ⅱでの世界一周。毎年3回、あるいは半年かけた旅を2回とかね。そんな風に新しいことに挑戦しなけりゃねえ。飛鳥さん!

 にしてもASKAさんは、大変でしたね。はい。濡れ衣の歌手ASKAさんですよ。
 逮捕されただけで、マスコミは、「再犯!」の大合唱で、ほとんど「精神が病んで幻覚を見ている」みたいな、それこそ幻想? を報道していましたからね。
 23日間も警察の留置場に泊められて、世間の信用はガタ落ち。ASKAさんは全メディアを相手に名誉棄損で告訴したっていいほどの「錯乱」報道の過熱ぶりでしたからね。

 メディアのの劣化が、本当に甚だしいですね。
 飛鳥Ⅱの世界一周クルーズの「合間」論のコピーもひどいけど、ASKAさんの薬物疑惑報道も酷い。本人は初めから否定してたんだから。

 って関係ないか?
 アスカ繋がりで、ブログを一本稼ごうとしたんだろうけど、今日は失敗だね。アンタ。
 はい。すんません。
  
  

天皇のビデメッセージは第二の玉音放送ですか? もっとしっかり議論した方がいいですね。

  昨日、「新潮45」を買ってきました。880円ですからね。年金生活者からすれば、結構な出費ですよ。
 あんまりお金使っちゃだめよ!なんてアベチャンに言われていますしね。

 でもって、何が読みたかったの?って はい天皇の生前退位に対する世論は? ですね。
 保阪正康さんのまとめ記事と言うか、論点整理が分かりやすくて、いいですね。って、まだそれっきゃ読んでいないんですが。

 天皇制について、ざっくり「皇統派」が10%、廃止を含む「共和制派」が10%、「派」は勝手に僕が付けた名前だけどね。でもってその他80%は、無関心派。という分析ですね。
 その時の機運によって、世論は、皇統派に流れたり、反対派に傾いたりするけど、あまりに右と左に論理が分かれるんで、中間派はついていけない。どっちでもいいや。というのが、いまの世論という分析ですね。

 保阪さん自体、有識者会議に呼ばれて、意見を述べたようですが、このヒアリングの対象について「ちょっと人選が…」と書いているように、天皇神格派が多くて、結局結論は、「今上天皇一代限りの退位を認める」みたいな、上から目線ですか。
 というか、なんというか、「しゃあないな」という感じの、議論を回避したプラグマティックjな結論で押し切ろうとしているようで。日本国政府は、また困った混迷へと差し掛っている感じですかね。

 まあ保阪さんは、どっちかというと右寄りの作家と思っていたんですが、今の論壇は、この人あたりが、まあ真ん中にいるように見えてしまう。そんな印象を受けるようになっていることにも危惧するんですが…。

 この記事の面白いのは、8.8の天皇のビデオメッセージを、第二の「玉音放送」として捉えていることで、まあ「疲れちゃったから、辞めたいよ」と言われたと、その意味では人間的な感想として捉えるムキに対して、ちょっと警鐘を鳴らし掛けているところですかね。もっと背景を考えましょうね、とね。

 というか、僕には、このメッセージを巡っては、これまで自分が言って来た持論にそって、自分の論を完成させたがるだけの「有識者」なるものの、劣化ぶりばかりが、印象付けられるんですけどね。

 僕も保阪さんと同じ意見なんですが、戦前の軍部がいかに天皇を隠れ蓑に、覇権主義を貫いていったのか? を振り返るべき、みたいな文脈でこのメッセージは捉えられるべきだと思うんですよね。
 で、何故、今、メッセージが? まあねえ安保法制や憲法改正という流れの中で、どうしても言っておきたいことがある。んじゃないなのかなあ? 天皇には。

 保阪さんが書いているんですが、このメッセージで、天皇が言いたかったのは、最後の一文。「国民の理解を得られることを、切に願っています」--だというんですね。
 一部神格派が思うような、「天皇」の権威論をこの辺でちょっと議論して下さいな。ってね。戦前を知り、敗戦の生々しい記憶を持ち続ける今上天皇ならではのメッセージだと思いますよ。
 
 天皇はそんなこと言っていないよ、なんて言われるかもしれませんがね。「国家の永遠性」を背負うなんて重荷だよね。きっと。

 なんかなあ、沖縄ではオスプレイが落ちて、米軍の司令官が、「街中に落とさなかったパイロットを表彰するような話だ」なんてホザク。
 一体なんのために、沖縄にあんなに米軍がいて、こんなことを公言させて、のさばらせなきゃいけないの?
 でもって、皇統派さん、米軍を追いだし、「沖縄防衛は自衛隊で」ぐらい、なんで言わないんだろうねえ?

 つまり今の為政者は、皇統派どころか、アメリカ追随派ばかりやないの?
 日米安保条約を廃棄すれば、北方領土だって返すよ!って、プーチンさんが言っているじゃないの?
 って、僕も昔はこんなこと言わなかったのにねえ。今や、これでも、ちょっと過激派かなあ。

 僕の主張? はい。
 沖縄にアメリカのクルーズ基地を! これでいいと思うんだけどね。お客さまは中国人! この論のどこが悪いんだい!!!  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ