客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2017年02月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

じゃあ、紙おむつやコンド―さんはどうすんでしょうかね? ええ、世界一周クルーズの話ですけど。

  まさかの展開! 昨日、苦吟して書き込んだウォシュレットの話題で、ここまで盛り上がるとはねえ。みなさん同じ悩みを抱えているんですね。
 船上でのセックスは? なんて楽しい話題ではなくて、シモの話と言えば、ウォシュレットのほうが切実なんでしょうか?

 じゃあ次のテーマはおむつですかね? もう、BSテレビを見ていると、そんな広告ばかりですからねえ。尿漏れとか。こういうことで悩んでいるって、あんまりカミングアウトしませんからね。でも悩んでいる方はたくさんおられるようで。僕はまだ大丈夫ですけどね。

 でも、例えば飛鳥2、いやピースボートでもいいですけど、尿漏れパンツとか、売店で売っているんでしょうか? ないとなれば、横浜で100枚も積み込む。おむつ用にもうひとつ旅行バッグが必要になる? まあ帰りはお土産を入れればいいんでしょうけど。

 なんて、いやこれひとつの商売になりそうですね。
 ブティックの片隅に? いやそれも無粋なんで、キャビンに申込書を置いて、届けてもらうとかね。捨て方にも、トイレに捨ててはいけませんとか。それ用の廃棄ケースが必要になる?

 昔、プリンセスのクルーズに最初に乗った時に、トイレにキャップ。ええ、はい。コンドームの自販機がありまして、友人が「何故、客船にコンドームなんて?」と船側に取材したところ。って、客船って高齢者ばかり乗っているというイメージがありましたんでね。

 そしたら「クルーのためです」なんて、お返事があったそうで、納得。だったらクルートイレに置けば…、ってどうでもいいか?
 でも、いまでもクルースペースにはコンドームの自販機でもあるんでしょうかね?
 オラだって現役だぞ! って、別にキャップはいらんけどね。多分。

 まあね。クルーさんの勤務体制って、4か月勤務、2か月お休みというのが原則。最近は3か月くらいで交代するようですが、まさに「月月火水木金金」ですからね。そりゃあコンド―さんぐらい必要ですよね。ってお相手は?
 現地調達でしょう。もちろん!

 一時期、そんなことに興味がありましてね。もちろん記事にはしなかったけど…。で、取材してるとだんだん、オフィサーさんは、何週間か、相方さんを船に招くことが出来るというシステムに変わりつつあるなんて、聞いて。妙に納得しましたけどね。

 当時、家族をお呼びすることは、日本の客船では認められていないというか、実行する人も少ない、なんて聞いたことを覚えていますが、いまでもそんなシステムはないんかな?
 こりゃあ、ブラック? まあILOあたりの規則には従っていると思いますけどね。確か一日の労働時間は? って運航部門は、3交代制というのは、良く知られていますが、サービスクルーなんかは一日10時間労働が基本なのかな?

 でも、もちろん船上ではお休みはないですよね。まあ乗船勤務後の休暇の長さを考えると、このシステムは悪くはないとは、思いますけどね。
 って、何の話だっけ? ああコン…。やめましょうか。

 まあ、最近カリブ海だけでなく客船クルーの悪行が随分伝えられていますが。乗客4000人、クルー1500人なんて社会が洋上に出現しているわけでね。まあ「いつもニコニコ、健康的で明るいクルー」なんて、「北京の空は青かった」みたいな話は、現実的でないと思いますよ。
「フェイクニュース!」や。

 って、今日は、最初何を書こうと思ったんだっけ。
 ああ、コンドームから始めて、日本船と外国船の違い。とりわけ世界一周などロングクルーズがまた始まると、余計その差を知りたいですからね。そんな話にしようと思ったんですがね。
 下ネタはダメだね筆が進まない。って随分進んでいますけど…。
 
 まあ、大型船と、いまや中型船や小型船に分類されるようになった、日本船の差を書こうかなとも。おもうんですが。紙幅が尽きそうです。

 ただ1000人を超えるようになった乗客定員を乗せての世界一周ってなあ? とは思いますけどね。
 まあこれもダイヤさんの話なんだけど、最初に乗ったアラスカクルーズでも乗下船に際して、ものすごい列ができて、人があふれて散々な思いをしたのを覚えていますが、シンガポールから日本にやってくるクルーズでも、鹿児島と神戸で、入国がむちゃくちゃ混乱して。オーストラリア人がでっかい声で「ridiculous!」だなんて叫んでいましたが、あんまり大きい船でいろんなとこに行くのは、止めた方がいいんじゃないですかね。

 その時も、ホーチミンに停泊するのに、船が大きすぎるのか、サイゴン川河口どころか、外洋の港でして、街まで1時間半くらいかけてのバス旅。下りて1時間ほど勝手に散策させられて、またバス!って、なんだよ! なんて、ほとんど「ridiculous cruise」だったですからね。

 はい、飛鳥2くらいが、ギリギリ。つまり、日本人に適した旅でしょう。これ!
 って、今朝は、下剤のせいか、今度は下痢気味です。イメージ壊れるねえ。ごめんなさい。

 

豪華客船の標準装備に、これ! はいウォシュレットをお願いしますよね。

   今朝は、朝から極めて調子が悪いんです。はい月曜の朝早々からびろうな話で申し訳ないのですが、すでに48時間に及ぶ、はい便通不調で。今朝は牛乳やコーヒーを立て続けに飲んで、ついに相方さんの常備薬にまで、手を出したのですが、まだすっきりしません。

 でもって集中力を欠くことおびただしく! 思考も回らんわ。
 こんなの現役時代の健康診断の際に、胃のレントゲン検査でバリウムを呑んで、大失敗した経験以来のことですね。その時以来バリウムを呑んだときには、下剤を沢山飲むことにしているんですが、今朝はね。なんか地獄が続いています。はい。

 というんで、もうひとつ思いだしちゃうのは、海外旅行ですね。それも欧州やアメリカに行ったときです。ああ、この間出かけたオーストラリアもそうでしたが、ホテルの施設は素晴らしいのに、唯一気に入らないのは、ウォシュレットを備えていないことですね。ホテルだけではなくて、クルーズ客船の方もそう。

 わが愛するクリスタルにもないし、リバークルーズの名船、バイキングリバークルーズにも。さらに、もう、うっすらとしか覚えていませんが、ディズニーにも、プリンセスにもなかったんじゃないかな?
 直接便秘さんが解消するわけではないですが、やっぱり悩んでいるときに、刺激を与えてくれますとね。

 「快食・快眠・快便」というのは、いい言葉です。昔、流行った「いつもにこにこ現金払い」という素晴らしい標語が意味を失ったいま、これって、最高の標語ですよね。はい。

 それにしても、かの「豪華客船」と言われる、外国のクルーズ船の標準装備にウォシュレットは入っていないなんてね。彼らの想像力不足だよ! なんてね。僕は泊ったことがないけど、フォーシーズンㇲあたりにもないんかな? ヒルトンにはなかったよね。ニューヨークでもローマでも。 
 日本だとビジネスホテルにもあるけどねえ。

 外国人には不用なのかな?
  いやそういえば、タイランドのトイレにはウォシュレットではないけど、レバーを引くとお水が出て来るホースがあって、これで随分助かったのを覚えていますが。はい。

 そうなんですね。これも最近乗ってないんで、確かなことは書けないんですがね、飛鳥2には装備されていたはず! ですよね。
 つまり最近の日本船には、ウォシュレットは標準装備なんだと思いますよ。

 であれば103日間の世界一周クルーズも「ウォシュレットとともに旅する快適な旅」って、いいキャッチコピーになるじゃないですか?

 今度ダグラスワードさんに会ったら、船の装備にウォシュレットがあるかどうか○×でいいですから、掲載してくれって、頼んじゃいますかね。
 「ウォシュレット付き客船」なんて、新しい客船のグレードを造って、快適客船なら…、てね。

 快適客船って、何もキャビンの内装がきれいとかベッドがふかふかとか、アメニティがブランドものだとか言う前にウォシュレット!です。
 TOTOさんとかリクシルさんとか、世界シェアトップ(想像だけで確かめたことはないですがね)の大メーカーがあるんだから、世界進出も出来るじゃないの。

 欧州じゃ10年先まで新造船の工程が埋まりつつあるわけで、すぐに販売攻勢をかけてください。そうすることで、巡り巡って、ウォシュレットファンの私目も救われるというものです。
 あっつ。そう言えば大阪ー釜山を結ぶパンスタードリームのキャビンにはウォシュレットがありましたね。多分韓国製です。早くしないと、この分野でも…。どなたかウォシュレット付きの外国客船を見かけたら、報告して下さいね。この欄にね。

 なんてどうでもいいか? あら、あら、またトイレに駆け込まないと… 

三菱マンの血と汗と涙の結晶。Perlaさんの引き渡しが決まりましたか!

  このところいろんなニュースが、いろんなところから飛んで来るんで、対応が遅れちゃってますね。
 当欄としては、ウォッチし続けていたAIDAさんのニュースですが。
 海事プレスさんに抜かれてしまいましたね。

 はい。AIDAperlaさんの竣工ニュースですが、6月24日に就航すると発表したようです。実は、先週もAIDAさんからはニュースを戴いていたんですがね、いろいろあったし、ドイツ語なんで。面倒になって後回しにしていたら、さすが海事さん。

 ってまあ、もう、日本のメディアにとっては、あんまりバリューはないのかも。はい6月24日から7月1日までの7泊でマヨルカ島のパルマから処女航海。そのあと1日にパルマでお披露目パーティをやるみたいですね。
 この島は、テニスのナダルさんの故郷ですし、ジョルジュサンドさんが、ショパンとの逃避行で滞在したところですからね。行って見たいなあ。って、どこへでも行きたいのね。あなた!
 処女航海は1295ユーロからだそうです。15万円以上ですから結構な値段ですね。飛行機代?調べてないですけど、もしインクルードなら、まあそんなもんかな?

 でもって、AIDAさんのホームページを訪問してみますとね、primaさんの時ほど派手ではないですが、船内の様子が写真でアップされていましてね。まあprimaさんとあんまり変わりませんが、インテリアなどの船内の雰囲気は違いますね。地中海で運航するためか、どっちかというとパステルカラー調で、明るい感じがします。

 でもってね。船内施設ですがね。フフフ! 
 はいヌードゾーン? があるのかな? いや私の語学力ですからね。確かなことは書けませんがね。「その他の施設」のところで、ヌード!とあります。

 まあいいか。健全なんですよね、あちらの方々は! で、この船もどっちかと言えば、健康施設が目新しいですね。「禅」なんてのも、健康ゾーンにあるようですし、心臓・血管のトリートプログラムもあるそうで、最近の客船の健康志向が伺えますね。でもかなり有料サービスが多いみたいで。やっぱり高い! かな。

 でも、こういう新しいトレンドを船に持ち込むためには、新造船を創る以外に小手先対応にしかならないわけで。ドイツ、いや欧州の人々にとってのクルーズイメージは、日本人のそれとどんどんかけ離れて行くんだろうな、なんて、想像しちゃいますね。

 日本人のクルーズイメージって、「豪華」? つまり美味しい食と一流ホテル並みの宿泊施設に、ショータイム!で、「That’ ALL」みたいな感じでちょっと閉鎖的ですよよね。だけど、AIDAさんあたりを見ていると、健康ゾーンと言うか、自然的なものと人工的な施設の境界線というか接点!がクルーズ、みたいな感覚と言うかなあ。
 って、ちょっとほめ過ぎ? ヘルスセンターやないか? て。
 チョチョンノ、パ! ですか? と書いても分からんだろうな、若い人は。
 
 にしてもこれを三菱重工さんがお造りになった、と言うことに対しては「誇りに思う!」というしかないですね。やっぱり凄いもんですよ。はい。

 昔、アメリカのクルーズ船社が欧州の造船所で現代的なクルーズ船を造り始めたころ、欧州は造船で東アジアの造船所との競合に敗れ続けていて、日本が出す想定船価とコストの差額を国家助成していました。日本はOECDなんかで、かなり強硬に「合理化しないからいけないんだ」なんて文句を付けていましたし、欧州のメディアも、「アメリカ人は欧州人の血税でレジャーを楽しんでいるだけや」なんて皮肉っぽい論調で書いていましたけどね。

 さしずめAIDAさんは、「三菱マンの血と汗と涙を啜って、船遊びしている」なんて話ですかね。

 欧州側が船価助成した時の意図ですか? まずは雇用! 労働組合さん頑張りなはれ! 
 それに国防。つまり艦艇の建造能力の維持だった。なんて書いた覚えがありますね。

 いいんですかね? 安倍さん。三菱重工の技術力を散らしてしまい、その後の艦艇建造能力を棄損したり、長崎の地場の雇用を失って行って…。
 そのうち艦艇建造ヤードを維持するために国家助成を! なんて言わないで下さいね。

 いまこれだけの客船を仕上げた三菱の長崎は、世界遺産がダメなら日本の産業遺産にでも登録して建造技術の維持を図らないと…。
 ああそうか、アベサンの地盤は下関か? でもなあ、下船では大型客船は造れないもんなあ!
 
 AIDAが日本を去ろうとしてしている、今がラストチャンスのように思えてならないんですがね。
 少なくとも建造の苦労話と真相を隠さず残しておいてくださいね。長崎には、「史料館」があるんだからさあ。
 いつか来るであろう「次の日」のために。それだけでも、よろしく。
 

これは安い! 思い切りましたね、飛鳥さん。103日間で330万円だって?

 「止めてくれるな、おっかさん。背中の二ビキが泣いている。男・船知よ、どこへ行く!」 
 はい、飛鳥Ⅱの世界一周クルーズに行きたいんです。けど。

 な、な、なんと、筆者の予想を上回る、いや下回るか? 格安の料金設定。思わず相方さんに「330万円だってよ。行きたいね」と申し上げたら、
「何言ってんの。もうお金ないわよ。一人で行ったら!」。粘る私に続けて「うーん、33万円なら行ってもいいけど」ですって。

 構わず「一人か?それだと160%だからなあ」と反論しつつ、内心では、一瞬「一人でも行こうかな」。
 でも、計算機を叩けば、一人で行くとなると530万円くらいになるんですね。
 「オプショナルツアーとかあるしね。むりむりよね。それに…」とたたみ掛けられて、撃沈。

 彼女の場合、あのロシア革命の年にお生まれになったお母さまが、未だ、ご健在でしてね。
 3か月も国を空けられないという気持ちもあるんですよ。
 アララですね。でもって結局私の心境といえば、「止めてくれるなオッカサン」というわけですわ。

 それにしても踏み切りましたね。郵船さん。
 まさか、ここまでお安くしていただけるとは。大体飛鳥Ⅱの乗船料って、普通のクルーズだと、1泊5万円くらいになっていますし、先日発表されたオセアニアクルーズ39日間でも154万円ですからね。1泊3万9400円から。だから多少は安くなるだろうと思っていましたが、それが、な、なんと103日間で330万円! ですからね。
 まさかの1泊ほぼ3万円というとこですよ。これは20世紀水準のお値段です。はい。確か1996年の最初の飛鳥の世界一周は、96日間で300万円だったんじゃないかなあ!

 こりゃあ、買いですね。世界一周に行きたいとぼんやり考えている人がいたら「即、決断!」。スエズ運河も通る正統派世界一周だもの。
 郵船の気が変わらないうちに、って、つまり2019年まで待たずに、行っちゃえ、行っちゃえの気分にはなったんですがね。

 よし仕方がない! 家屋敷を売っちゃおうか? それとも、これから1年必死で働いて稼ぐか? とか、宝くじ? とか。いろいろとね。資金確保策を思いつくまま…。大体こんなお値段にしてくれるなら、もっと早くアナウンスしてくれよ! だったらメルボルンにもカリフォルニアにも行かずにお金を貯めたのに!と八つ当たりしたりなんかして、仲の良かった夫婦関係に亀裂が入りそう。
 どうしてくれるんや、責任取れよな。なんてね。

 でも、今更無理だよね、シュン! 

 オラ、ダンスもやらんからアンバサダーにはなれないし。って、ええダンスパートナーさんのことですけど、外国船では乗ってますよね。
 将棋や麻雀はやるけど、全然上手くないし。講師は無理だよなあ。

 でもって郵船のホームページを見ていたら、ショップのスタッフ募集? これはまあ無理だろうけど、カメラマン募集!だって? 
 私め68歳になりますが、いかがですかね。今から勉強して…。
 それに文章は多分書けますよ。取材もできるし…。
 
 なんだよ、船上で働こうというの? 
 ああ、そうか。10組くらいお客様を集めて添乗さんと称して乗れば、1室ぐらい無料になるんじゃないかなあ?
 「あんた、旅行業の免許あるの?」。いえ。

 男船知よどこに行く? 人生最後の「センチ」メンタルジャーニーに、とも思ったんですが、難しいかなあ。
 まあ、募集が始まる4月までじっくり考えましょうかね。
 まずはグリーンジャンボかな?
  

スター登場!ですか? 熱烈歓迎? それとも、ハラハラドキドキ?

   熱烈歓迎! それとも、ハラハラドキドキ、大丈夫かいな? ですか。

 スタークルーズさんが、閉ざされた「クルーズツンドラ地帯」日本への再登場を発表されたようで。まあこの会社いつも性急過ぎる感じなんですが、スタートまで五カ月後という短期ノーティスですからね。

 つまり今年7月から11月まで20本、スーパースターヴァ―ゴを横浜、大阪と上海を母港に、清水、鹿児島に寄港する7泊の定点・定期クルーズをスタートさせるそうで。 
 本当に成り行きに注目! ですね。
 
 まあ確かに私も、日本に外国船がやってくることは大歓迎なんですが、ロイヤルカリビアンさんは中国人向けだし、プリンセスさんは、日本のクルーズと同じ、寄港地変更型でしたし、唯一コスタさんだけが、金沢発着の定期定点を見つけて、去年から開始しましたが、その成功? をみるや、2年もおかずに日本市場に本格参入ですか? 定期・定点クルーズの試み。いいと思いますけどね。
 
 それにしても日本の特性を良く見ていますよね。関西と関東で選んだ大阪と横浜。中国とのカボタージュを配慮しなければいけない海外船社は博多や長崎、さらには神戸や日本海側の港に大挙して客船を寄港させていますが、なかなか日本の人口集積地帯にダイレクトに寄港させるのは簡単ではなかったですからね。

 しかも大阪と横浜って、埠頭が沢山あるわりには、客船寄港数が少ない、忘れられた港でしたから。ここに目を付けるのはいいんじゃないですか? でもPRには金が掛りそうですね。。
 この会社クリスタルクルーズも買収したアジア最大の船社で、大衆クルーズのスタークルーズに加えて、プレミアム(を目指した)ドリームクルーズを立ち上げるというように、3つのカテゴリーで。つまり教科書的に東アジア市場を開拓しようとしています。まあ北米市場の経験から学んだ教科書ですけどね。

 私もスタークルーズには乘ったことがありますが、ヴァ―ゴと同型の「レオ」で食べた中華料理は美味かったですね。まああんまり悪い印象はないんですよね。当時では珍しい多彩なレストランを備えてね。香港からハロン湾に向かうクルーズでしたが、いい印象でしたよ。 

 問題? もちろんありますよ。新しいチャレンジですからねえ。
 一つはインターポ―トシステム。つまり乗客は、横浜、大阪、上海から乗船させるとしていますが、その狙いは、もちろん中国人と日本人の国籍ミックスですね。ウーン、こんなこと書きたくないですが、果たして日本人が中国人と混乗して旅するのを好むのか?どうか。
 僕は…。
 
 どうやら日本市場はバルコニー付きを主体に販売し、レストランなんかも、なるべくセパレートして行くことを考えるのでしょうが…。
 料金は、オーシャンビューのお部屋で15万8000円からとか。1泊2万円強ですね。まあ決して高くはないですが、欧米船社への憧れ?型のクルーズイメージと、アジア系船社へのイメ―ジの落差を、この価格で満たしてくれるのかどうか?

 それにカジノは出来るんかな? いくら外国船でも、日本国内を走っている間はカジノはやらせないはずですからね。はい。まあそっちはいいんでしょ。
 日本からは2万人を集めるそうですが…。

 でも考えようですね。ヴァ―ゴは改装するようですが、2年やってダメでも、この海域、つまり台湾/沖縄航路をベースにしたスターにとっては、そんなに痛手ではないでしょうし、欧米船社にやられっぱなしのメインランドチャイナ市場への、より本格的な参入へのマーケティングにもなるし…。
 
 かれらにとっての本命はドリームクルーズの沖縄。つまり来年から始める香港や台湾市場の充実にあるのではと…。

 それにしても、昨日開かれた会見に出席された国交省のお役人さんは港湾行政の方だったとか?
 海事局は完全に、クルーズ行政の主導権を奪われ、観光庁も影、薄しですね。
 つまり、ここでも公共投資しか頭にない「寄港地大国」ニッポンの面目躍如なわけで。

 港湾への投資、入管係官の増員、インバウンド旅行会社への仕事の供給ーー。
 日本人は、クルーズで本当に安らぎを得られるんだろうか?
 日本船社からは、ヤレヤレといったため息しか、聞こえて来ませんね。
 
 これで、日本のクルーズは、本当にいいのでしょうか?


    

クルーズ船建造バブルですか? どんな風に決着が付くのか? 確かに心配になってきましたね

   はい。いま背中からは、テレビの音声が聞こえて来ます。
 錦織君のリオオープン初戦の実況放送です。この放送はGAORAが流している有料放送。というよりGAORAは、ATPツアーを見るためだけに購入しているもので、はい優勝すれば500ポイントが稼げる少しランクの高い放送は、このチャンネルで放送されているんですね。

 にしても、錦織君、ダメですね。なんとか決勝までは行くんですが、こうも格下さんに負けちゃうって。それだけ錦織研究が進んでいる、なんて解説もされていますが。
 これじゃあなあ。リオでは早いうちに負けちゃうような気もしますね。

 まあいいわ。というより、スポーツ観戦好きの私めにとって、2月は最低の月。ラグビーは終わっちゃうし、メジャーリーグは始まらないし、錦織君だけが頼りなんだよね。
 って、そろそろ錦織君頼りな日本のテニス界よ、新星いでよ! って、あんたも結構ナショナリストなんですね。

 て、この後の話の展開をどうするかですが…。ブラジル繋がりにしましょうかね。

 そう、ブラジルといえば、この国には行っていませんね。昔昔、取材でブエノスアイレスには行っていまして、ウルグアイのモンテビデオ経由で南極まで行くクルーズに乗るためにね。

 でも酷かったなあ! あの旅は、とにかく飛行機が大変。真冬のニューヨークを経由したんですが、もうブエノスに着いたときは意識朦朧な感じ。早朝のタクシーでホテルまでたどり着いて、ベットから目覚めた時は、もう夕方でした。時差もあるし。

 ブエノスの観光なんて何もできず、あのオベリスクのある辺りの街に繰り出して、アルゼンチンビーフを食べたんですが。でも、あれは美味かったなあ!
 その後何年かして、マイアミでも、日本の方にアルゼンチンビーフをごちそうになりましたがね、この国のビーフは美味いですよ。という印象ですね。

 また行きたいな、アルゼンチンそしてブラジル!と時々思うんだけど、あの地獄の飛行機を思い出すと、二の足、三の足を踏んじゃいますね。多分行かないだろうなあ?
 って、そう考えて来ると、地球上のサーフェスを全部クルーズ船で覆うためには、まだまだ客船は足りませんねと思い至ります。

 例えば南米だって、マイアミ辺りから定期船? なんて言っても凄い時間が掛りますからね。リオ発とかの定期船が出てくれないと、なかなか。ブエノス発着とかだっていいだろうし。
 ここまでどう行くかは大変だけどね。

 いま盛んにクルーズ船が建造されているのは、中国市場の爆発と、キューバクルーズ。つまりアメリカ市場の拡大ですね。
 そう考えると、この先東南アジア、南米、中東! まだ沢山あるじゃない。地球上にはね。

 なんてね。問題はね。バブルって、大体ライバル会社が積極策を取り始めると、黙ってみている訳に行かないという心理状態に置かれることなんだよね。つまり「過当競争」心理に追い込まれる。各社ともそこそこ経営に余裕があったりすると、ますます!
 かくて、機先を制しなけりゃ! と言う考え方から、結局は供給過剰に追い込まれ??

 確か、1990年代の半ばでしたか、過当競争状況が生まれたんですがね、その時はカーニバルとRCLの間でプリンセスクルーズの合併合戦があって、集約が進みましたね。結局、コスタやキュナードやら、主だったクルーズ会社がカーニバルによって集約され、市場に落ち着きが生まれて…。
 いわば現状は、4大あるいは5大クルーズ会社に集約されて、余力のできたクルーズ会社によって、戦略的に世界のクルーズゾーンの開拓が行われた段階かな。
 途上国への船の移動が進み…。だったわけですが、果たして今回の建造バブル いやブームか、どんな風に始末が着くんですかね? 造船所も増え始めているようだし…。

 ちょっと心配ですね。
 って、本当は錦織君ですけどね。初戦の第一セットを落としちゃった。あらら。第二セットの第一ゲームもだよ! ラケットを叩きつけちゃったよ。負けちゃうよ。きっと。

 彼もしばらく休んだ方がいいんじゃないですかね。このままじゃ…。

 P. S  アララ。負けちゃったですね。錦織君。どう見ても心の問題。お休みカウンセリングがいりますよ。ここまで来ると。
  

中興の祖? 敗軍の将? 今からでも遅くない! 客船建造への復帰をお願いしますよ!

  それにしてもつくづく、三菱重工さんの物語は残念な話だったというか。アンビリーバブルというか? いや今からでも遅くないから、戦略のミスを陳謝して、「世界のクルーズ船建造業界」への復帰を発表されてはいかがですかね。

 はい。フィンカンチェリがNCLから14万トン型4隻+2隻のオプション、つまり最大6隻の新造船を受注、オプションが行使されれば、2027年まで受注残が進むって!
 私の決して短くはない記者生活を振り返っても、10年先の納期の新造船!!! なんてあり得ないで話で、眉に何度も唾を付けちゃったですよ。なんてこともないけど。

 しかも一隻の船価は8億ユーロ。960億円!!!!と言うんだから、ビックリマークが、まさにインフレになるような凄い話ですね。
 そりゃあまあ、先進国は最近インフレ型の経済ではないですけどね。それでも、「10年先の船価まで確定できないはずだ!」 なんて造船業界の重鎮さんはおっしゃるだろうけど、「そんなの関係ねえ」でしょう。つまりクルーズ会社はそれだけ先の需要に確信を持つとともに、船価については、きっと見直し条項でも入ってるんじゃない? なんて、どうでもいいか。

 この商談は、NCL側が将来の工程確保に不安を持ったのか? それとも造船所側に不安感があるのか分かりませんが、まさに異例というより、異常な新造船マーケットが出現している、と思いますね。
 まあこのブログを2027年まで続けることが出来るかどうかは分かりませんがね。その時のクルーズの需要と造船業の実情について欧米船社と造船所はどう考えているのか、頭の中を見てみたい気がします。
 
 でもって、三菱さんですね。
 早々と10万総トン以上のクルーズ船からの撤退!を表明して、それ以下の中型客船やROPAXへのシフトを表明しちゃったわけですが。
 14万総トン型で、960億円から1千億円! それでもやらんのかなあ? しかも1,2隻じゃなくて4隻連続で造りますよ。なんてオーダーがあっても、「僕たち失敗しちゃったから」なんて尻尾を巻くんだろうか?

 先月記者会見された宮永さんは、AIDAprimaの出来栄えについて、「世界最高の船」との評価を貰ったなんて、語っておられました。もちろん先方からのリップサービスもあるでしょうが、イタリアのフィンカンチェリとドイツのマイヤーの2大勢力に集約された欧州造船所に 対抗できるのは、現状では三菱さん以外にないと思うんですがね。

 まあ、あと5年もすれば、中国需要の広がりを目指した客船は中国の造船所で!ということになるんでしょうが、これからの4,5年間という時期は、三菱さんが客船を手掛ける上で、本当に貴重な時期だったんだと思うんですけどねえ。

  まあ2500億円以上も損しちゃったAIDAプロジェクトですからね。襟を正せ!というのも分かりますがね、得意のEPCだったけ、ああ面倒くさい、設計・調達・建造のそれぞれについて、もう一度しっかり検討し直して、10年でも20年掛けてもでもいいから損失の挽回をしようと考えないのかなあ。
 岩崎さんならそうすると思うよ。えっつ? はい弥太郎さんですけどね。そうすれば宮永さんの名は永遠に歴史に残っただろうにね。「中興の祖」なんて感じでね。今のままなら「敗軍の将」だぜ。

 市況はそこまで回復していない、というのなら、その半分の回収でもいいんじゃない? いや、半分は勉強料でいいんですよ。
 MRJだって開発投資だろうし。アレバだって「投資!」なんだから。 だったら客船にはなんでそうした論理はないの? 近未来の需要はこっちの方があると思うけどねえ。

 つまり、毎年1隻800億円から1000億円のクルーズ船を建造する。そのためには日本国内に設計、調達…。ああ面倒くさい。そんな建造に係わる体制を整備する。
 いや日本だけでなく、韓国や中国を含めた3か国での調達体制ぐらい検討したらいかがですかね。

 あと10年は続きますよ。この、史上最大のクルーズ船バブル! じゃなかったクルーズ船ブーム。
 2011年だったかな。三菱の先達がAIDAに突っ込んでいったというマーケット感は間違いではなかったんですよ。性急すぎず、じっくりと10年戦略ぐらいの感覚でやってればね。

 もし、うまくやってれば、今頃…・
 って、止めますけど…。なにも尻尾を巻くことはないと思うんだけどねえ。いかがですか宮永さん? 

 そういえば、新造船の話でしたね? ピースボートはどうしちゃったんだろねえ。
 去年の秋には…。この話も止めましょう。 
 あっつ? 飛鳥Ⅲ? こっちはやるでしょう。まあここから始めよ! ですかね。 置いて行かれないようにね。お願いしますよ!

新型護衛艦。4年で8隻建造だって。こりゃあ造船所対策ですよ。造船所さん、謝りなさいね!

  凄いですね。ロイター。
 なんで、こんな話を日本のメディアは発信できないんだろう? 読んだときに最初に感じたのはこのことでした。はい17日付の「海自、4年間で8隻の護衛艦を建造へ」のニュースです。

 でもって、海自さんの意図は ーー

「護衛艦の国内生産基盤を維持する必要がある」と、装備庁関係者は話す。実際は、毎年予算を確保する必要があるため、年間2隻ずつの発注になる。

 そうなんです。日経はなんでこんな話に気付かなかんたんだろ! ですよ。まったく。
 ここ数年間のイージス艦を巡る三菱重工と旧IHI、つまりJMUの受注過当競争は、実は海上自衛隊にとっても大きな問題になっていたんですよ。

 最大の問題は、こんなことしていたら、艦艇つまり海自の主力をなす護衛艦の建造造船所が亡くなってしまうのでは、という恐れですね。まあこれは行き過ぎた懸念かもしれませんが。
 もう一つは、価格だけを発注の基準にすると、あまりにも安く建造する。つまり赤字建造が常態化し、護衛艦の質が確保できくなる恐れもあって、結局は日本の海上防衛力をそぐ? ことになりかないことですね。

 だいたいJMUが建造中のイージスの一番艦は「材料費しかでないんでは?」と業界内でも話題になっていて、この値段があるから、2番艦も船価が引きずられ「赤字でしょう」と艦艇ヤードの存続すら話題にっていましたならね。立て直しは防衛調達庁にとっても急務になっていたというのです。はい。

 実際、もう一方の主力艦である潜水艦は三菱と川崎の神戸造船所2工場が2年に1隻づつを建造するという棲み分けが出来ているために、必要以上の競争は生まれずに、技術的な革新が進み、世界最強ともいわれる潜水艦隊が出来ているわけですが、水上艦を巡っては、DDH、イージス艦と相次いで受注競争が過熱して、出来上がりの船自体にも問題が出ているとか。

 というか三菱重工が長崎で客船建造に失敗したこともあって、日本の艦艇事業の存続すら危ぶまれる事態に至っている、という説すらあります。
 と言うわけで、お上も、黙ってみている訳には行かない、のかな。

 とりわけ新形式の護衛艦を立案するのに、設計力が棄損されれば、日本海軍、じゃなかった海上自衛隊の沽券にかかわる!と。
 きっと、なんらかの手を打つのでは?と思っていたんですが。4年で8隻ですか?
 すばらしいアイデアですね。しかも設計は一つにし、建造ヤードを分散するーーこれなら潜水艦と同様2工場間の過当競争はなくなる、というわけですね。

 まあね。ところが水上艦の建造ヤードは、三菱長崎とJMUの磯子、それに三井造船玉野の3工場あるんだな、これが。でもって、入札で2番手になっても2番艦と、8番艦の2隻は2番手造船所へ出すんだそうですが、
 「建造者の選考方法も、価格だけで決める競争入札はやめ、設計能力や建造能力、維持管理能力も含めて総合的に評価する方式に切り替える」と記事では書いています。どっか黙らせるんかな?

 まあ、一定の競争はさせるけど、過当競争は止めなさいね! という親心を感じるわけですが、これなら造船所に談合させて、順番を決めたり、いや3工場を、海軍工廠にでも認定して、発注の順番を決めるくらいの方が早い気もするけどね。なんてね。

 いやいや。談合は避けさせ、競争は担保しながら、安定的に護衛艦を調達するーーこれはかなりスマートなアイデアだと思いますね。これでもダンピング競争を演じるなら、それは造船所側がアホなだけで、それこそ自爆行為。スーサイドテロだよね。はい。
 
 って、言いたいことは分かったけど、あんた軍事力強化に反対だったんじゃないの?
 はい、いえね、雇用の確保、防衛自給力の維持ーー。へ、へ、へ。
 いやあね、水上艦って、実は「張り子のトラ」みたいなもんで、いくら中国とも関係が悪化しても、洋上での大砲の打ち合い!なんてことにはなりませんよ! はい。
 浮かべとくだけで抑止力になるーーなんてね。  

 新型護衛艦は「コンパクト艦」とも呼ばれ、排水量5000トン級の従来艦よ
りも小型で高速のうえ、機雷掃海などの多機能性を持たせるのが特徴。南西諸
島の小さな港にも出入りが可能となる。搭載するレーダーや火器も含め、これ
まで1隻約700億円だった建造費は400─500億円程度になるとみられる。(ロイター)

  だそうで。
 でも度々書くけど、なんでロイターなんだろうか? 日経も産経もどうしたんや。
 まさか、予算が通るまでは書かない、なんて裏で談合でもしてるんじゃないよね。 

名古屋を過ぎました。危ない危ない!

いま新幹線の中です。それにしても、我が階段じゃなかった廊下、でもなく老化ですが、はなはだしいですね。今朝ホテルをチェックアウトするのに、マイナンバーが入ったカードケースを忘れたのに気付いて、ホテルに戻り、なんとか見つけたのはよかったのですが、新幹線に乗ったら今度は携帯がない!なんとか自宅に連絡して、ホテルに電話してもらって。
  ええ、見つかったんですよ。でもって送ってもらうことになりました。ホッと一安心でした。
   昨夜はそんなに飲んではいないんですがね。

   昔新大阪の駅で、目の前にいた列車に飛び乗ったのは、よかったんっですが、いや良くないか。
 これが車庫に入る列車で、枚方ま連れて行かれたのを思い出しました。
  唖然としてホームの人々に叫んだのですが、誰も振り向いてもくれず。
     あの頃携帯を買ったばかりで、駅に電話したら、
「新大阪に電話してください」って。大阪駅に電話しちゃったんだ ね。まあ、結局じたくから、JRに連絡してもらって、車庫では駅員さんのお出迎え。
   
タクシー京都に向かいましたよ。誰もお金はハラってくれなかった、て、当たり前か?
 でも、今日のは、つまり齢なんでしょう。物忘れがひどい上に、気配りができない。言うことも頑固だし。昔「こいつ頑迷だな」だなんて思っていた老人そのまんになって来た感じや。
   そのうち、徘徊を始めて? 私の場合広域が、好きですからね。徘徊といっても、気がつけば、沖縄やなんてこともあるかもね。
   でもって、携帯が盗まれた!なんて警察にねじ込んだりして。ああやだ。もし基地の金網にでもすがりついていたら、皆さん。あいつは認知症の気があったよ、と証言して罪一等を減ずるよう働きかけて下さいね。

  なんて、書いてるうちに、もうすぐ名古屋か!キオスクで新聞も週刊誌も買えなかったから、暇つぶし!
   こんな駄文に付き合わせてごめんなさい!でした。
   では、来週まで。また。 

問題は連合!かもねえ。原発早期廃止とどうして言わないの?

  日本を終末に導くのは誰か? なんて、いつも考えているわけでもないですが。
 今日の産経新聞なんかを読んでいる限り、労働組合! つまり連合なんではないかと思いますね。
 「蓮舫おろし」と称して、連合が民進党と揉めているという、冷ややかな記事です。次の選挙に向けて、政策合意が出来ないなんて話を書いているわけですが、その理由が原発廃止! 蓮舫さんと連合神津会長の対立にあると…。

 つまり原発廃止政策を巡って、30年廃止に時期を早めるようと言う民進党 と、これまで通り30年「代」の廃止でなんとか誤魔化したい連合のさや当てというわけですがね。アホなもめごとやねえ。そんなの「なるべく早期の廃止」くらいで済む話だろうに。

 労働組合と言ったって、一皮むけは、今の連合は、労務管理機構にすぎない。でもって電力労連や基盤労連なんかの民間有力組合が「あわよくば、原発存続」連合を組んでいますからね。
 まあ日本をどうする? よりも自分の職場優先のダラ幹さんは、民進党への圧力を掛け続け、その意味で安倍政権のサポーター?になっているようで。つまり組合も大衆迎合主義? 
 組合員からアンケートを取ると、自民党支持が上回っている組合も多いようで。まあしゃあないですけどね。今の民進党さんではね。

 でも問題は原発の現況ですよ。今日の新聞でも東電福島2号機への原子炉へのカメラの導入すらままならず、デブリの確認すら出来ない。つまり手の付けられない状態が続いている、よう。
 こんなどうにもならない状態に追い込まれている福島原発の現状についてどう考えるのか、組合員の間の議論なんかもせずに…。
 そんな労働組合って。一体何んなんでしょう。ですね。

 昨日付けでも書きましたがね。原発産業である東芝が崩壊の危機を迎えていて、これからだって、続々と基幹企業が追い詰められて行くかもしれない
 連合がこだわる「職場」自体が崩壊して行くのがはっきりして来たのにねえ。

 そんな中で、三菱重工さんが社内の反対を押し切ってアレバへの出資を決めた一件って? 組合はそれでも、黙っているの?
 一企業経営者の判断だけでない、原発産業の維持!みたいな、天の声が働いているとしか思えませんけど。それはいいんですか?
 
 老小泉さんが、「民進党が再生するためには反原発で行きなさい」と言っていますが、私も同意見ですね。
 蓮舫さん、少なくとも、「30年代」でなく「30年廃止」を曲げずにね。行きましょうよ。

 それで連合指導部の支援を失ったところで、大衆はあなた方に着くと思いますよ。つまり労働者大衆の味方であるというマントをかぶっていた労働組合なるものが、実は自分の収入のことだけ、だった、というホントの姿が表に出てくる! 
 大政翼賛!まで進むのに、もう少しなのかな?

 まあ原発がダメなら、原子力技術を維持するために、潜水艦だの、空母だの造らないと。そうしたプランが出て来ても、「雇用維持」を旗印に賛成して行くんでしょうか? もし原爆を作るとなった時でも、雇用確保を理由に賛成して行くんでしょうかね?

 3000円のベア! いいことですよ。でもねえ、この10年の負債、つまり労働者、いまは「働く者」と言い変えているのかな? がその負債を取り戻すつもりなら、10000円くらいのベアを実現してもおかしくないと思うんですがね。従順ですねえ。

 って、このブログ、最近どうも政治性が強くなっていますが、今日はこれからすぐに出なきゃいけないもんでね。手っ取り早く書き飛ばせるネタとなると政治ネタが…。ごめんなさい。

 なんだよ!金返せ! って。はい。購読料貰っていなくて良かったなあ。
 
 でもねえ、問題は金だけじゃないんですよ、連合さん!
 あんた達にも責任はあるんだよ。原発事故とその処理の行方にはね。
  
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
  • ミッドウェイから、また悲劇は始まった。なんてね。ええ改憲とはまったく関係ないんですけど。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ