客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2017年05月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

ピースボートが新造船をヘルシンキに発注! やりましたね。吉岡さん。素晴らしいニュースです

  どっかーん! 北の核実験にも勝る超ド級のニュースですね。 
 ピースボートさんが、な、な、なんと、新造船エコシップをフィンランドに発注した、と発表したみたいですね。はいノルウェーで開催中の海事展ノルシップの席上で、

Peace Boat and Arctech sign letter of intent for Ecoship

Esko Mustamaki , Yoshioka Tatsuya and Jon Rysst during the event.



 ですって! この間のご無礼、平にお許しください! ですね。こりゃあ。

 L/I つまりレター・オブ・インテントを交わした。発注内示までいったわけで、これから詳細ネゴをしたうえで、 契約に至るという段取りなんでしょう。
 ですからか? まだあんまり詳しいデータは出ていませんが、乗客2000人乗り、6万総トンで、ななんと納期は2020年だそうです。

 まあこの時点でL/Iまで行っていれば、なんとか20年の就航は間に合うでしょうねえ。
 ピースさん、とにかく海外でだけしか情報を明らかにしてきませんでしたからね。情報が足りないよ。ということは、つまりこのフィンランドの会社とネゴを積み重ねていたとうことなんでしょう!
 やりましたね。すばらしい。
  
 このArctechという会社、何者か知りませんと言うか、この5,6年欧州の造船所の経営権の入り乱れ方についてフォローして来なかったんで、あんまりよく分からんですが、どうやらかつてのヴアルチラ。その後のマサヤード、その後韓国のSTXグループがこのフィンランドの造船所をテイクオーバーした時に、ツルクの新工場だけをグループ化して、ヘルシンキは別会社化されたと聞いていましたが、つまりは、かつてのヴアルツラ・ヘルシンキ工場じゃないですかね? 
 でもってT.Iさん情報を見ると、どうやらロシア資本の造船所になっていて、もっぱら砕氷船を建造しているんかな? 世界一の砕氷船造船所みたいですね。はい
 この辺の情報は、あんまり確度が高くないんで、また調べます、ですが。

 でもねえ、もしヘルシンキ造船所ならね、行ってるんですよ。ボク。
 初めての欧州取材でしたが、11月なのに、午後3時を過ぎると真っ暗。一人旅で、ちょっと不安だった思い出がありますね。
 でもって、屋根付きの工場を見せられて、「なんだ日本の造船所なんて大したことないなあ!」「労働環境は、こっちのが上や」なんて思いましたが、帰国して記事化する前に倒産しちゃったんですよ。この会社。二度びっくりでしたね。

 そうですか?ここでエコシップを!ですか?
 どんな船になるのか、まだわかりませんが、写真を見る限り、吉岡さんも造船所の二人(?)も例の羽付きの客船模型を持っているみたいですからね。羽付き、太陽光パネルを大胆に取り入れた船になるんでしょうねえ。

 でもねえ、ここに来るまで、一切日本のメディアに情報を流さなかった。この情報管理力は立派というしかないですがね。でもちょっと不満ですけどね。これ。
 このあと、日本市場にどんな風に、このニュースを流して行くんでしょうかね?

 とにかく帰国記者会見でもやるんなら、私も…。って無理だよな?こんなにP.Bさんのことをクサしちゃったらね。

 まあいいよ。護衛艦さんに守られての世界一周、アフリカで長期停泊、乗客からの数々の不満の噴出ーーいろいろありましたが、今はとにかくエコシップの実現に、大きく踏み出したことをお喜び申し上げます!だよね。
 洋上の遊園地を造って喜んでいる世界のクルーズ業界に一石! だいたいカリブや東シナ海にとどめておいて、洋上で遊ばせる、みたいなクルーズって? 邪道だと思っていたんですよね。
 やっぱり船を仕立てて大海に乗り出して行くというところにクルーズのだいご味はある。それなのに、クルーズと言えば、近場の4泊、5泊の旅!って、誰が言い出したんだい! って、ちょっと不満でしたからね。ボク。世界一周こそ、日本人のロマンや、ね。吉岡さん。

 いよいよ、アベチャンへの反転攻勢や!って、そっちは関係ないか?ね。 

今日は埼玉までお出かけです。はい野辺送りのためにね。

   「ピースボートを愛する方」様。
  昨日付への書き込みありがとうございました。
  まさにおっしゃる通り!
 
  なんだい。お見通しやな! お主やるな!ーーピースさんからしたら、そんな気分かもしれませんね。
 にしても、ピースボートに乗られた方の中に、元自衛官!って、すごい情報です。
 「ピースボートを愛する」あなたも乗られていたんでしょうか?

 だとすれば、凄い組織力ですね。この団体。
 いまや凋落の一途をたどる民進党にとって代わって、平和勢力として…。ですかね。
 どこも頼りにならんし。
 
 今日は先月亡くなった相方さんのお母様の野辺送りのために、埼玉の田舎まで出かけて行かねばなりません。
 まあ暇ですからね。4時間電車に揺られて…。ですが、日帰りできるのが、日本の良さかな。こんなに便利な国もないでしょう。

 話は変わりますが、金さん一体何を考えているんですかね。
 僕は、どうせ他愛もない挑発だろ。米韓合同訓練が終わったら、大人しくなるんじゃないの?なんて多寡をくくっていたんですがね。
 こんな風に毎週日曜日の号砲!みたいになってくると、トランプさんだって、「俺の顔に泥を塗るんか?」なんて感じで、成敗に乗り出すかもしれませんね。
 加えてアベサンだって、加計学園やらの話から目をそらすためにも、トランプさんに相乗りしたがっているし。

 「もし、やられたとしても、日本人の被害は10万人くらいだろ! そうなっても責任は金正恩にある」と多寡を括って?
 まして戦争の当事者はアメリカでしょうからね。ますますアベサンに責任はないし、と言いくるめることもできる!

 絶対にありえないと思っていた、開戦! なんて、ひっとすると。
 今週末の日曜日は? ネズミを殺せ!じゃなかった、またミサイルですかね。そんな風なことが続くと、開戦なんて選択肢だってあり得る、と思うようになりました。
 とりあえず、今週末にミサイルが飛ぶかどうかに、注目ですかね。
 
 とにかく政権の延命には、緊張を高めるだけ高めて、国家への依存心を強めるのが、一番ですから。
 
 まあいいわ。そろそろ出かけないと…。
 にしても人がひとり死ぬって、やっぱり容易な話じゃないんですと感じます。野辺送り…。

 重ねて書きますが、勇ましく「許さん」と言い続けて、10年? アベチャン。一強なんて言われている政治的リーダーであり、なんでもやり放題なんだから、そろそろ北をちゃんと制圧しなよな。

 ただし、日本人には一切被害を出さないようにね。よろしく。
 
  
 

愛される自衛隊って、何もミニスカ、ハイヒールじゃないと思うんですがね。

  我が家の眼の前に3泊4日停泊していた護衛艦が分かりました。「むらさめ」(全長151m)だそうで、ソマリアの海賊退治にも出かけたことがある海上自衛隊第一護衛艦隊に所属している船だそうで。 訓練のために真鶴半島沖1kmの地点に5月18日から泊っていたんだとか。

 何故分かったか? ですか。はい、東京からこんなに離れた僻地でもタウン紙がありましてね、2週間に一度地域の情報を流してくれます。そこに写真入りで報じられていたにすぎませんけど。
 でもって何故こんなところで訓練を? ですか? まあそれには触れていませんけど、第一艦隊のトップを務める渡邊雄一さんという司令官が、どうやら湯河原出身のようで、これまでにもあのヘリ空母「いずも」も、こちらに派遣したことがあるとか。
 いつ来たんだろうね? 残念。見たかったなあ!
 
 「むらさめ」には、停泊中に真鶴と湯河原の町会議員ら20人が招かれて、内部見学。そうなんです。その日は金曜日だったようで、海軍カレーをごちそうになったんだとか。
 心温まるエピソード?ですねえ。

 まあねえ。自衛隊制服組といっても、お役人さんには違いないわけで、地元に錦を飾る?いや、いくら司令と言ったって、船に乗っているとは限りませんからね。多分、隊の皆さんが「忖度」し、地元の議員さんをお招きして! だったのかもしれませんね。

 そりゃ、私だってもし町会議員で、お招き戴いたら、乗せてもらいますよ。イージス艦の船内見学は
舞鶴でさせてもらったことがありますが、護衛艦の中は見たことがないですし、まして(海軍)カレーは食べたことがない? わけじゃなくてレトルトで買ったことがあるか。

 そういえば、我が町でも防災訓練とかで陸上自衛隊さんが、隣の小学校で訓練をするんですがね、その時、焚き込んだご飯の入った灰色の缶詰を貰って食べたことがありますが、そんなにまずくはなかったですね。

 はい、僕も、愛される自衛隊とちゃんと交流しているんです。でも海自とも交流したいねえ。
 次の町会議員選挙でも出馬して? いやこのタウン紙にでも入り込んで、ジャーナリストとして? なんてね。まあいいや。その気になれば、見学なんてできますからね。

 なんて考えていたら、今朝の愛読紙「産経新聞」さんが、沖縄県で退職自衛官初採用!の記事を。タイムリーですね、この新聞。さすが「MAMORU」だっけ、自衛隊機関誌を発行されているだけあるわ。
 豊見城町が、定年退職された自衛官を初採用されたそうで。現在、全国249市区町村が合計372人の自衛官を採用しているそうで、ついに沖縄県にも!なんだようですね。

 いやね、自衛官って格好はいいんですですけどね、佐官クラスでも定年は50代の前半のようで、退任後の再就職先の確保は、防衛庁の人事対策の要になっているみたいなんですよね。
 確かに50代でクビになっちゃたら、大変だよなあ! 若者が、任官を迷うのも分からないわけじゃない!
 って、あなた反軍思想の持主じゃないの? はい。何も好んで軍隊に入ることはないと思いますけどね。
 
 でもねえ、ひとりひとりの人生を考えると、兵隊さんにも誇りある第二の人生を送らせて上げたいとは思いますわね。別に彼らは悪い人じゃないんだし…。
 というんで調べたことがあるんですよ。海自出身者は船乗りになれないのかとね?
 そうしたら、あんな護衛艦を操船する隊員さん達って、商船の運航免許もっていなんですね。海技士の資格がないんだとか?

 うーん。
 潜水艦を含めて、あれだけの艦船を日本近海で運航しているのに、船の免許がない??
 防衛省と国土交通省の行政の縄張りが違う? うんうん。確かにねえ。
 でもそれだったら、勤務経験を評価し、一定の訓練、つまり数週間でもいいから練習船にでも乗せて…。
 もしかしたら、海員組合さん辺りから、反対運動でも起きるんでしょうかねえ?
 
 いや、例えばクルーズ船って船内のエンタ―テイメントが不足していますからね。ソマリア沖で海賊討伐にあたった元大佐あたりが、クルーズ船の船長になられて、紅海やスエズ辺りで、体験をお話しする? みたいなことがあってもいいんじゃないかと思うんですよ。アフリカ沖では護衛艦の警備を従えて、クルーズするのも悪くはない? お好きな方もおられるでしょう!

 いや、日本で一番護衛艦のお世話になっているのはピースボートさんなんだから、退職後の海上自衛官を…、なんてことにはならんだろうけどね。
 でも、そんな道が開かれたら、日本籍のクルーズ客船がどんどんできても、日本人オフィサーの供給は何とかなるだろうし…。
 なんてね。 

 それとも官製のクルーズ会社でもできて、平時はクルーズ、有事には補助艦隊?
  別に真鶴沖に護衛艦が来たからって、そこまで書くかね! すみません。
 でも国民に愛される自衛隊って、何もミニスカ、ハイヒールの女性自衛官を増やしたり、ましてやチャラチャラした防衛大臣を起用すれば済むことじゃないと思うんですけどね。
 
 
 
 
 
 

飛鳥3、欧州とも交渉ですか? 時代は前に進んでいるんでしょうか? それとも…。

 今日の話題、ですか?
 前川さん? まあ面白いですけどね。問題は、文科省の行政方針を覆してまで、加計さんに獣医学部を差し上げようとしたアベさんの所業の意味ですよね。出会い系バーの話なんて、どうでもいいし。
 ゴルフ仲間に学部新設を認めるんでも、ちゃんと行政の筋を通せや!ということですかね。
 あらら、私もすっかり体制派になっちゃって。規則を守れ! なんて言うなんてね。
 
 つまらんわ! 
 藍ちゃんの引退? はい、宮里さん、可愛いですね。もう30歳ですか? これで、福原さんを含めて、日本を包み込んだ、アイドル・アイちゃんの時代が終わるんかな? ああ杉山愛さんもいたか? って知りませんか? はいテニスです。
 にしても、皆さん、ご苦労様でした。次に愛子さんのブームが来るまで、しばらくお休みかな?

 なんてね。そんな一般紙のネタも面白いですがね。
 この欄であれば、昨日、友人から教えてもらった話ですね。
 海事プレス社さんが掲載した、日本郵船の内藤社長とのインタビューの中で、飛鳥Ⅲについて聞かれてーー
 「三菱重工業と交渉中で、並行して欧州2社とも話をしている。条件面で折り合いをつけるのは簡単ではないが、何とか双方にとって良い結論を導き出したい。ただしリプレースそのものを決定したわけではなく、中古買船や延命措置など様々な選択肢がある。郵船クルーズで培った25年の経験を生かしつつも、これからの新しい客船ビジネスを考えていきたい」

 はい。去年の秋には、今すぐにでも発注しそうだった口ぶりからかなり後退してしまっているんですね。 
 欧州2社といえば、マイヤーとフィンカンチェリでしょうか? 良く分かりませんが、これら2社のオーダーブックはかなり先まで埋まっていると聞いていますし…。もうオリンピックまでの就航はとうに諦めているという話でしたが、欧州との交渉では、就航は2020年代半ば? 
 中古売船? クリスタルシンフォニーでも買い戻すのか? それとも飛鳥2の大改装? 
 なんかなあ。 

 それにしても、三菱重工の「中型客船へのシフト」方針はどうなっちゃったんでしょうか? 
 宮永さんが造船事業方針の転換と称して、中型客船分野なら! なんておっしゃってから、早、9か月(かな?忘れたよ)! それだけあれば、今更、内藤さんがこんな風に語ることはないと思うんですがね? 
 つまりは船価? 船主さんの方から「双方にとって良い結論」とおっしゃるというのも、苦しい話だよね。まあ三菱さんにとっても、今度は赤字にはできないでしょうし。
 実際長崎は、どんなことになっているんでしょうか?内装の手は確保できている? 資材調達の道は? 
 
 というか飛鳥3の需要がある、といっても、そのあとも、仕事が続くのかどうか分からんのではねえ。
 なかなかハイ頑張ります! とはいかんだろうというのも分かります。

 なら中古船? といっても、日本で建造されたわけではない客船を買ってきて改装するって、そう簡単な話じゃないし…。改装ヤードもないし、金もかかる!

 じゃあどうするの? はい、現実的な案ですか? 
 そうですね。飛鳥2を延命させて、時間を稼ぐ? その間に新造船ヤードを育てる。はい三菱さんは経営者が変わらんと、客船受注のリスクは負わないと思いますからね。
 はいはい、出てこい日本の造船所? あるいは三菱さんが造船部門を分社して、より独立性の高い経営に改まってから…。

 あああ。いやになりましたね。
 もうこれじゃ。私の命があるうちに、日本の客船新時代は来ない? 誰か切り開く人は現れませんかねえ?
 日本は、伝統的な海運。つまり日本向けの資源輸送に特化したような産業としての海運と、その付属産業としての造船だけがほそぼそと?
 まるで、アイちゃんの時代が終わるように…。

 にしても郵船さんの株価ってどうしちゃたんだろ? かつての特定銘柄が、いまや200円に張り付いたまま。 
 しかも海運業界最低?というのはなあ? イメージ転換には客船! だと思うんですがねえ!

 

  

クルーズ特区はいかがですか? 加計学園で獣医づくり? やったらいい。その代りにね。

    ちょっと思わぬ展開になってきたですね。はい、前川さんの件ですがね。昨日の朝、加計問題で思い付くまま、あんまり情報を取らずに文章にしたら、あらら、その日のうちに文科省の前川前次官が記者会見。
 アベチャンの嘘!というか、「コイツラ、何をやってるんだか」みたいな真相を暴露しちゃった。

 つまり官僚。かれらは人生の40年間に渡って、「行政」という名の則を守ることで生きて来た存在なわけで、そのあたりを否定されて腹に据えかねたんでしょうかね。暴露戦術に出た。
 かれらが政治に一撃を加えるとしたら、「情報暴露」しかないもんねえ。

 でもって、お上の政策である「獣医育成の抑制」を守らないどころか、アベ政権に擦り寄って、強行突破しようとする「加計」つぶしだけでも! と考えたのかな? つまり文科行政の最後の一線だけは守る!というつもりでしょうか? 
 自爆テロなんでしょうかね。それとも反アベ勢力の後ろ盾でもあるんかな?

 これに対して政権側のパンチは、「文科省元次官、出会い系クラブへ出入り」情報ですか? 
 それにしても読売新聞の記者って、どんな想像力で、どんなところからのリークで、どんな効果を狙って、こんな記事を書いたんでしょうかね?
 それもTBSのインタビューが収録され、放映される当日の朝!というタイミングですよ。

 もし前川さんが暴露戦に出て来なけりゃ、前次官が現職中に出会い茶屋! って? これってスキャンダルなの、で終わっちゃう話や! 
 というか、これが政権側が用意した爆弾だとしたら、なんかなあ? 

 この加計学園疑獄を巡っては、問題が表面化する、早い段階から「法的には問題がないが…」なんてテレビのワイドジョーで言わせていました。アベさんの警戒心が全面に漂っていましたからね。でもホンマに「法的には問題ない」の? 
 ですよね。アベ氏が金を貰ったわけじゃない? うんうん。
 でもねえ、朴大統領に群がって利権を漁った、崔さんと同じ構図やないの? 

 憲法改正まで仕上げて、晴れてリタイアされて、大阪には安倍晋三記念小学校ができ、今治には安倍晋三獣医学部? いや加計学園の名誉理事長? どんな恩恵が約束されているか、なんて誰も分からんよね。
  
 いや今朝はね、こんなスキャンダルを取りあげたくて書きはじめたわけではなくてね。
 つまり、「特区」と言う政策のうさん臭さを書こうと思ったんですがね。小泉さん時代から始まったんですか。これ。でもって安倍政権で「戦略特区」って、上から目線で「規制の例外」も認めるって? つまりは、官僚の側から行政の裁量権の一部を奪おうというシステムなんだよね。 

 岩盤のようにそびえる規制の「例外」を政治の側の裁量で…。という仕組みかな。 
 今の日本の政策って、何か不都合が見えてきて、仕組みを変えようとしても、強大な国家さんが許してくれない。こんな盤石に見えるアベ政権だって、政権にいる間に、獣医学部の一つも造れない! 

 となれば、よし特区で行くか! 文科省や厚労省の官僚に文句を言わせる前に仕上げちゃおうなんて、動いてもおかしくない!よね。 
 こうなったらメディアさん、「戦略特区」構想の裏に何があるんだ!の話、つまり特区構想はすべてチェックした方がいいですよ。

 まあいいや。でもですね。こんな風に特区で裁量が認められるんなら、カボタージュも、カジノ規制も、クルーズ船のトランジットへの入管規制も、オフィサーの日本人限定規制も…、外国人乗組員の入国管理規定も…。みんな「クルーズ特区」でも造って、処理して下さいな! 

 いまやアベ政権の政策で唯一成果を上げているように見えるのが、外国人観光客の誘致と言われています。
 でも、がんじがらめの規制に縛られっぱなしの日本国籍船については、「政府の保護」どころか外国船との逆差別で、手も足も出ないままですからね。

 クルーズ特区を!ですよ。でもって、規則の運用を政策目的に合わせて、合理的に変えて行けばいい話なんだけどねえ。
 おらは、獣医学部を認めてもいいと思うよ。ちゃんと獣医さんの需要予測と、牧畜などの産業育成の視点を入れて、政策作りをしていただいて。動物薬で儲ける製薬会社の支援も戴いたりしてね。
 その代り、日本のクルーズ船に国際競争力を取り戻させるような政策もお願いします! よ。
 それには「クルーズ船特区」でいいですからね。簡単なことじゃないですか! 

 船は一年の3分の2は、海の上にいるんだから、陸とは違う制度があってもおかしくない。
 いや日本近海にクルーズ船が遊弋するようになれば、国防上だって効果あると思うんですけどね。
 こうなりゃなんでも、有りだわさ。ね。

三菱爆破犯、獄死! IHIが知多を閉鎖するんですか? 時代は流れて行くんですねえ。

  なんか、このところ新聞の社会面を見ていると、三菱重工爆破事件の大道寺さんが獄死したり、渋谷暴動事件の犯人がつかまったり。でもって年齢をみるとみな67歳から68歳とあって、あらら。御同輩さんやないの。 
 この40年間というもの、どんな生活を送られていたんだろうと、そんなことを考えてしまいますね。

 三菱爆破の時は、僕もすでにこの業界に入っていまして、当時は運輸省担当だったかな? 三菱取材なんてさせてもらえなかった。 
 でも、あの事件が起きた日、会社に安否を尋ねる電話をして来た奥方様は、我が家だけだったそうで、そっちの方で話題にされたことを覚えています。 
 今なら携帯電話で済んじゃうんだろうけどね。

 まあ昭和49年、50年といえば、わが愚息たちが生まれた年ですからね。否応なしに働かねばいけない! みたいな感じだし、相方さんもなんかあったら!で…。
 数日後に丸の内の重工ビルを見に行ったことも思い出しますし、その後重工の取材も担当するようになって、「あの時は、窓ガラスが飛び散って…」なんて、いろんな人の実況を聞いたことも思い出しますね。
 というか取材話を切り出すときの枕詞にしていたこともあった。

 なんか、連合赤軍の浅間山荘事件の実況は、池袋のトーブデパートの街頭テレビで見ていたような記憶があるし、いまから思えば、凄い事件だったんでしょうけど。こっちはそんなことに、想像力を働かせる暇もなく、それどころじゃなくて、生活を追うのに懸命だった、みたいな感覚しか残ってない。

 ですがね。いまやマンチェスターだって、パリだって…。「晴れ時々爆弾!」。
 東アジアはミサイル、欧米の都市は爆弾テロ、の時代ですからね。ぶっそうな世の中になっちゃった。
 まあ日本は平穏なのかもしれんですけどね。エネルギーがあふれていた団塊さんがフェードアウトして行く中で、北のアホ!とかISISには困ったもんだ! と言っていれば済んじゃう!

 スキャンダルと言えば、アベチャンの獣医学部疑獄というんだからねえ。
 まあこの件もなんだろうなと思いますけどね。「獣医学部新設禁止!」という文科省、つまり行政の指導方針。って、つまりは獣医さんたちの「供給過剰反対」の供給者保護行政に、アベチャンが「正面からの政策変更は面倒や」「特区制度があるやん」って、風穴を開けちゃった。つまりは「アベテロ」なんだと思いますけどね。

 「一国の首相たるもの、それくらいの権限があったっていいだろ」くらいの感覚なんでしょうかね。
 でもって新聞は「ルールはルール」とか「忖度はいけない」なんて順法精神に訴えるだけ?
 まあ、我田引水はいけませんよ!機会は平等でないとね。というのも分かるけど、鉄板のように聳え立つ官僚制度の壁の高さに光を当てようとするメディアくらいあってもいいと思うんだけどね。

 学部新設か既存獣医学部の定員増か? なんて、産経新聞辺りが論争を仕掛けりゃいいのにねえ。アベチャンも支持できへんけど、官僚の前例主義はもっとひどい。
 って今日は何を書いているの?

 はい、クルーズの話題はいま仕込み段階で、いろいろチェック中なんで、もう少し情報を貯めなきゃね。ですんで、造船の話をちょっと俯瞰しているんですがね。そこへ「三菱爆破犯、獄死」ニュースなんで、乗っちゃっただけですけど。
 ゾゾさん、一昨日付けへの書き込みありがとうございます。
 IHIは知多を閉めるんですか? 私が日本にいない間に出ていたニュースなんかな?

 知多は昔、100万トンドック! が大々的にPRされて。
 僕が業界に入る前でしたけどね。この会社の人々も自信に満ちていましたし。「野武士」なんて言われてロンドンやギリシャを胸張って歩いていた。グロブティックトーキョーとか日精丸とか、超大型タンカーの建造ヤードの代名詞だったもんねえ。この会社。フォーサイスの小説にも紹介されたのかな?

 IHIは結局大型タンカー時代に備えて知多に新造船工場を作ったのに、ほとんど稼働せず。設備縮小で、ここを造船から撤退させて、相生や呉、東京の老工場に集約していった。この判断が結局IHIの競争力を喪失させたんだよ!なんて話を思い出しますが…。

 まあねえ。合理化の神様みたいにもてはやされた土光さん、真藤さんの足跡は、とうに過去のもの。そして、今や、東芝も、石川島播磨重工も…、ですからね。
 設備処理当時の経営判断も、石川島造船(東京)と、播磨造船(相生)そして戦艦大和の呉造船所、なんていう合併前3社の創業の地を残しちゃった。
 IHIと言う名の合併会社の象徴として、新立地工場知多の旗を! なんて無理だったんですねえ?

 この会社、組合が強かったですからねえ! 生産部門の合理化って、結局雇用問題から抜け出せなかった。
 そう団塊さん! あんたたちがが、やっぱり悪かったのかもね? 

 時代は流れて行くんですかね。
 日本製造業への挽歌が聞こえて来る。
 ーーって、造船の話なんて面白く無いかな?
 


今朝は息子の家からです。

今朝は息子のお家にお泊りです。でもって夕べ飲み会があって、9時過ぎにお開きだったのに、10時前には着いちゃうんだから やっぱり都内というのはいいですね。近くて。
    郊外というか、ほとんど毎日が、旅行みたいなところに引っ越しして、15年。高齢者が、東京に戻りたくなるのもわかるわ。

  まあ もう経済力 もないし、引っ越しの元気もないから、そんな大それたことは望みませんが。
  毎年、細々と贅沢を控え、東に口利き仕事があれば こうしたらよかんべ!と囁き。西にニュースがあれば、手抜きをしながら、記事化し、南に旧友 の危機が伝わっても、遠ければ、知らんぷりし。一年に一度クルーズに出かけ、時々お泊まりと称して、お出かけ。そういう人に私はなりたい!ってなってるやん!

  はい。ごめん。こういうのを悠々自適と言うんかな?
今日はこれまで、また後で書くかもしれませんが、よろしく! 

JMU? いや問題はMMKでしょ。ようやく造船再編か?幕引き劇の始まりかな?


   なんか遠い時代を思い出す感じですね。昨年の11月だったかのこのブログに、昨日付けで、書き込みがありましてね。

ーージャパンマリンは技術力無いでしょ。IHIの出がらしが造船に来て、住友を合併してプライドの高い無力が集団で住友追い出して、JFEグループに統合されるときに、因果応報に恐れて統合が遅延したことは記憶に新しいですよね。実力ないのにフェリーとって、客船の設計したことないでしょ。ルール知らないから大変だ。業者からは、磯子の敷地には金が埋まっているといわれるほど、言い値でものを買ってくれるし、下請けも言い値ではいれる。つまり、工事が遅れて火の車ってことだw
イージスも下をくぐってとったけど、結局水面下でMHI長崎から図面買ってるらしい。
次の計画は下請けだともっぱらの評判。
商船は調子いいらしいよ。津工場では100の赤字だそうだけど、有明は285の黒出すらしい。すげー!!
 
 コメントが寄せられたのは、去年の11月19日付へ、ですね。三菱さんとJMUさんの艦艇を巡るたたき合いについて書いたのかな? 
 何で今更な感じもしますがね。でもこの方、かなりな事情通さんですね。次の護衛艦大量建造については、三菱が主導し、JMUはまあ、おっしゃるように「下請け」になるんですか? 
 イージスでMHIから図面供給を受けた(といっても防衛省の指導の元にだそうですけど)のも事実みたいですしね。

 でもって、津は100億円の赤字? 有明は250億円の黒字? なんて良くご存じですね。
 その伝で行くと、磯子は決算できているんですかねえ? JMUの決算では、LNG船、ええええ、これも旧IHIの仕事ですね、で失敗した分の償却をしたせいで、津が赤字とか。
 別に磯子が? とか艦艇は?みたいな話になっていないようで、ナンデダロー?ですけど、まあいいか。

 ですが、やっぱり気になりましてね。業界情報に当たってみたんですよ! 
 そしたら、ビンゴ!ですね。

 さすが防衛庁。今日付けの海事プレスさんによれば、18年度から始まる新型護衛艦の調達方式についてーー
  従来の競争入札ではなく企画提案書により価格以外も総合的に審査する方式に改める。また、選定された1社が主契約となり、2番手の造船所も設計・建造に参加する方式を導入。1番艦は主契約造船所が建造し、2番艦以降で2番手造船所が建造を担う予定だ。

 という公式方針のようです。でもこんなニュースより早く、事情通さんの書き込みが出て来ちゃいけないよね。
 まあ、「価格以外の総合的な審査」をパスするのは、きっと、…、云々(ウンヌンと読みます)。

 いや僕はそれが悪いというわけではなくて、護衛艦を建造するのに、造船所間で叩きあって、結局造船所が立ち行かなくなる、という事態の方を懸念している訳で…。
 というか、もうそろそろ「海軍工廠」的な運用をしてい行かないと? とりわけ水上艦はね。

 てな、話が浮き沈みしている間に、三井造船さんが来年度の分社構想の具体案を公表したみたいですね。ついに社名から造船の名を外すのかな? って、そっちより造船部門を独立させて別会社にするわけですね。
 三菱さんのAIDAが片付くことで、いよいよ動き出す! 造船再編?ーー記事の見出しを付けるなら、こんな感じかな。

 三菱が分社し、三井が分社し、川重も造船対策に苦慮? ですからね。
 実は造船再編! と言っても、最後に残った問題は、この3社ですからね。
 業界構造は変わっていて、一般商船はもう、今治、大島、名村、常石の専業で、十分国際的に戦って行けますからね。問題はJMUに結束したNKK、日立、IHI、住重の連合のような手を打てていない、M・M・Kでしょ。

 まあ全部ひとまとめにして統合するか? 3社とも艦艇以外は撤退? そんな選択肢で十分な話かもしれませんけどね。
 って、客船はどうするの? ウーン、誰かちゃんとした絵を書かんかな?
 
 まあ、本当はそれ以上に、造船屋さんが各社ともトップにいなくなっていることが問題かな?
 何とか艦艇+客船!にしましょうよ。やっぱり平和産業で行かなけりゃあね。
 
 夢がないよ! このままじゃ!
 
 

晴れときどき、ミサイル? 日本海は兵器の実験場じゃないぞ!

   晴れ時々、ミサイル? ですか? 
 昔「晴れときどき、殺人」なんて赤川次郎さんの小説がありましたが、そんな風に日常茶飯事みたいになってきたですね。

 金さん、一体どんな成算があるんでしょうかね? 付き合わされる北の人々もかわいそうだけど、わが愛すべきリーダー君も、「度重なる挑発行為を、断じて容認できず。北朝鮮に厳重に抗議し、強く非難した」と相変わらずのステロタイプ化したコメントを発して、おしまい。ですか?
  
 まあ、この談話とやらも、コンピューターにリスト化されている、「ああ、今日はあの3番目の文章で行こうか」みたいな感覚。メディアの方も談話が出る前から予定稿を流しても、問題ないくらいのルーチンになりつつありますね。

 このところ天気予報の精度が上がってきましたから、天気の予想は大体つくようになってきましたが、「日本海北西部には、北極星2か、火星2号が上がる見通し。付近を航行する予定の船舶、航空機は…」なんて気象警報並みの精度になるんかな?

 できれば、落ちて来る時に花火のように火を噴いてくれたりすれば、日本海の観光地としての価値が上がるというもんですよ。なんてね。ちょっと乗り過ぎ?
 にしても米軍が空母を2隻配備にしたというだけでミサイル!ですか?

 この国、良く分からんけど、貧困にあえいでいるはずなんだけど、ミサイル1発いくら、するんかなあ? 
 でも、これって例えば、「今日の打ち上げは、某国ご用命の中距離型の試射です」とか「隣国向けのスカッド型だったら、毎日でも打ち上げ可能です。某日に発射しますから、ひとついかがですか?」とかの商売用だとしたら、意図が分からないわけじゃないけど???

 そんな風な需要ってあるんかな? テロには使えないだろうし…。
 ああ、広く「兵器がご入用なら!、金ちゃん印の…」なんて感じで、技術は確かですよと、示すために打ち上げるのも分からないわけじゃない。 
 あるいはコストダウンのために、某先進国が委託生産する?みたいな事だって、ないわけじゃない。

 まあ、なんてことはない! だろうけどね。

 でも、なんか東アジア、とりわけ日本海は兵器の実験場というか、兵器見本市のコンベンション会場になりつつあるような? いや海上会場か?なんてね。米韓だって、新しい兵器を毎年ここで披露しているしね。

 なんて、笑い事じゃないですよ。すみません。

 話は、かなり変わりますがね。はいコンベンションの話ですが、ピースボートさん、今度はオスロで開かれる世界最大級の海事展であるノルシップに展示場を設けて、エコシップのPRをなさるそうですね。
 この船、ノルウェーの船級協会であるDNV-GLも協力しているとかで、かなり力が入っているようですが、僕の経験でもブースを出すだけなら、1000万円くらい? で出来ますが、モデルシップや映像、スタッフの派遣費用などを考えると、結構な出費になりますからね。
 民間企業であれば、こうした単発的なPRのために遣うお金? の、費用対効果と言う意味ではなかなかな出費だと思うんですがね。
 まあ、社会運動、環境対策に資す運動のコストだから、いいんです! か?
 
 でもねえ、T.Iさんも指摘なさっていますがね、海外の展示会巡りをするだけで、なんで日本で発表しない? 環境対策、エコシップとなれば、日本のクルーズ業界にだって、訴えるべきだし、日本国から発信して行くんだ、くらいの意気込みがあってもいいと思うんだけどね。
 
 日本から、「そろそろ環境に優しくない豪華客船じゃなくて、環境に優しいエコシップを」みたいな運動を造ることで、世界のトレンドである「洋上の遊園地」型の客船建造の流れを変え、同時に、「エコシップを造れる」日本! に客船建造のチャンスを取り戻す! ことが可能になる!

 つまり欧州の海事界に訴えるより、三菱重工さんとかの軍事産業さんを、平和産業に目を向けさせ、「平和な船のインダストリー」を築くための大きな運動になると思うんですがね?
 でないと、何もやらないアベ政権への反対運動の求心力を取り戻すことなんてできませんよ。

 なんてね。ピースさんシンパの、朝日新聞さん。是非ノルシップに出かけて、インタビューして下さいな? あなたは「(ニッポンでなく)何しにノルウェーへ?」てね。
 
 ああそうだった。それにしてもアベさんのミサイル談話ももう少しバラエティカルに考えて欲しいですね、という話でしたね。
 こんな風に毎週打ち上げられて「挑発行為を断じて容認できず」って、吠えても、心に響かないよ!なんにもやらないし、やれないことを証明しているようなもんですからね。
 「憲法改正をしなきゃ…」なんて談話でも出せば、少しは色っぽくなるんだろうにね。

 でも、それにしても、正恩君、いい加減にしなさいね! ほんとうにもう。

月月火水木金金…、護衛艦まだ我が家の目の前にいるんだけど! なんだか気味が悪いね。

 「月月火…金、金」? なんですかね。 
 我が家の目の前、約1KM海上には、今朝もDDのお姿が。
 艦艇がこんなところに停泊するのも異様ですが、2連泊? する理由ってなんなのでしょうかね。
 金正恩さんみたいな艦長がいて、「目標あのリゾートマンション!」なんて暴発したら、ひとたまりもないなあ、なんてちょっと不気味ですねえ。

 それとも、今日は「金、金」の後の方ですか? 
 いや、自衛隊さんも、週末三連休をリゾート地近くでお過ごしになっているのかもしれませんし。
 あるいはロナルドレーガンさんが日本海に行ってしまったあとの太平洋の防御!でしょうかね? 

 ですんで、僕も暇ですからね。この船から何か下りてこないかと見張っていたんですが、そんな雰囲気はなし。周辺を釣り船が行きかっていましたが。
 でもこれって本当に釣り船? スパイ船の訓練なんじゃないの? って、ちょっと夢の見過ぎですかね。

 私、先週クルーズから帰ったあと、ちょっと体調を崩して風邪気味なうえ、時差ぼけが抜けなくて。夜も8時にはベットに入ってしまうんで、相方さんから聞いた話ですが、夜中も煌々と灯りがふたつともっていたそうです。
 「青灯と赤灯だろ!」 と拙い知識で得意げに話したら、「そんなの分かりませんよ」と返されてしまいました。が、なんだかこの船ずっと、ここにいるんだろうか? 
 漁業権辺りを巡って提訴されないのかな? なんてね。大した話じゃないか。

 まあいいわ。でも大したことと言えば、錦織君ですよ。
 ええ、夜中に相方さんが起きているのもテニスの中継があるからなんで。ですが、もう彼も、トーナメントでは、一回勝てばいいくらいで、すっかりランキングの貯金を吐き出して、ベスト⒑プレイヤーから落ちるのも時間の問題? 

 ティエム、ズべレフといったドイツ系の若いプレイヤ―が、錦織世代のお兄さんたち、つまりテニス国の支配者たちを度々負かして、世代交代がどんどん進み始めていますね。 
 次は錦織の時代?なんて可能性もあったわけだけど、乗り越えられていったという感じで、彼はトーナメントに対するかかわり方を基本的に考え直すべき時に来ているのでは? と思いますね。
 通算ポイントを確保するために毎週トーナメントに参加しているわけですが、連戦ぶりを見ているだけで、過酷さが伝わってくる。 
 そうフェデラーさんのように、トーナメントを選ぶ時期に来ている、と思いますね。
 月月…。もいいですけど、働き過ぎは、必ずしもいい結果を生まないよ。なんてね。

 というんで、私も毎日駄文を書き続けて行くというこのブログ運営を考え直した方がいいかなあ? 
 といっても、毎日配信を止めたからといって、良い文を書けるとも思えませんし…。
 能力不足かな? 目が覚めるようなネタさえ続けば、こんな感想も持たないんだけどねえ。

 それにしても、テニスのグランドスラムを4年かけて見物に行くんだ! というこれからの海外旅行の基本的戦略プランも見直しが必要ですね。
 またクルーズかな? どんどん、新しいサービスが始まっているようだし、チェックを始めましょうかね? 
 これからのテーマは、飽食の追求から、アドベンチャーの復権へ、かな?
 あんな大きな洋上のレジャーランドよりも、地球を愛する旅を!プロデュ―スしてほしい、んだよね。 

 でも、ボクって、あと何年生きられるんだろうか、ね?
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
  • ちゃんちゃん、ちゃんちゃか、ちゃっちゃ! って、軍艦マーチのつもりですが。
  • 今日は、シーライオンになった気分で…。ね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ