客船練磨のクルーズブログ  船知めん太

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

2017年10月

現役をリタイアする前に飽きるほどクルーズしちゃった筆者の「食い改め」ブログ

クルーズ・インダストリー・ニュースで郵船服部社長、MOPAS山口社長がインタビューされてますね。

  昨日ちょいと暇だったんで、cruise industry newsのネットを覗いてみたんですがね、中国のクルーズの年次報告みたいな年鑑を刊行したんですか? 2027年までの中国市場を展望するというんで、欲しいな? なんて思いましたが、なんと一冊449ドル! だって。

 BtoBなんでしょうが、誰か買いませんか?買ったら見せてよね。なんて。いい商売していますね。まあこの会社のメイン事業は、月刊誌だったか週刊誌なんでしょうが、こっちの値段も結構お高いようですね。
 世界のクルーズメディア!なんてインサイドレポートをしたら面白いかもね、でもって日本での販売代理したりしたりしてね。

 でもって本誌の方のニュースラインアップを眺めていたら、郵船クルーズの服部社長と商船三井客船の山口社長にインタビューをされたみたいで。もっとも「記事全文は本誌で」みたいな話なんで、詳細はわからんのですが。

 服部さんは「3年ぶりに実施する世界一周クルーズが発売即完売」となったことを語っていらして、かつプリンセスやコスタが日本にやってきていることについて「マーケットが違うので、大歓迎」みたいな余裕のご答弁。
 まあしばらくは、好調が見通せるというお話で、ご同慶の至りであります。
 でも、早く新造船造りましょうね。って余計なコメントでした。すみません。
 
 でもって、MOPASの山口さんですがね。要約が短すぎて、あんまりよく分からんのですが、どうやら「サウス イースト アジアの港2つ」(ぐらい)発着のクルーズをおやりになる、なんて展望を話されている。のかな? 
 よくわからんけど、東南アジアに、にっぽん丸を寄せて国際マーケットに打って出る! いやフライ&クルーズを、というわけでしょうか? 

 山口さん、先日の港湾協会のセミナーでも講演されていたんで、聞こうかと思ったんですが、これも参加費15000円とかの高額で、わたしなんぞとてもとても! だったんで、そこで話したどうか分かりませんが、東南アジアクルーズをおやりになるのかな? まさか新春のグアム・サイパンを東南アジアとはいわないでしょうし。
 いや、まさかまさか「世界青年の船」のことじゃないよね。英語力に不安のある筆者のためにも、もうすこしディスクローズしてくださいね。
 
 でも、別にディトルテ大統領が来られているから書くわけじゃないんですがね。日本船だけではないですが、どうしてフィリピンでクルーズするというアイデアが出てこないんでしょうかね。
 アベチャンも一兆円の円借款を表明されていますが、地下鉄や海保庁の中古巡視船の供与ばかりでなく、フィリピンでの、クルーズ事業創設のための援助くらい言えないのかな? 

 だいたいかつてはクルーズ事業なんていうと、イコール「金持ち向けの産業」? なんてアホな論調が支配していましたがね、クルーズ自体は大衆向け、というか中間所得層向けのレジャーであることが常識になって来ましたからね。フィリピンには、金持ちや中間層もかなり充実して来ましたし。

 しかも世界的なクルーズ事業の広がりの中で、もっとも恩恵を受けた国のひとつは間違いなく、フィリピンです。
 フィリピンの船員さん、サービスクルーがいなければ、この産業は成り立たなかったと言っても過言はない! なんてね。政治論文みたいになっちゃうね。こういう話は。

 でも、円借款は平和産業の育成に使うべきです。まあ海保の船はギリギリだけどね。艦艇や潜水艦! よりは絶対クルーズ船ですよ。

 日本には、そんな船ないじゃない。
 うん? でも、やりようはあると思うんですがね。フィリピン側も、マニラにクルーズポートを造ると言っているし、大体商船三井も日本郵船もマニラに船員学校があるのにねえ。
 海賊? 治安が不安? そんな国情を変えるためにも民生の安定が肝心やて。

 MOPASさん。東南アジアクルーズをもし始めるなら、フィリピンをご検討下さいね。ほっとくと中国にやられちゃいますよ。ここも。

世界最大の内航クルーズ国って、日本列島じゃなくて、中国ですか?

 なんだか大したことなかったですね。はい、台風22号ですけどね。 
 夜中に風が吹くのかと思っていたんですが、凪? なんてことでもないですが、いつもの雨ぐらいかな? 
 そんな中でも強かったねえ。キタサンブラック。重馬場でも、あんな競馬ができるのかと感心しきりでした。って、なんの話やねん。 

 というので、キタといえば商船三井フェリーさんですが、エンジントラブルに加えての台風で、運航スケジュールは、混乱しているようで。
 フェリー会社の場合、台風が幾つ来るかによって、その年の業績がかなり変わってくるんですが、今年はちょっと辛いかも知れない?  

 いや、ちょうど機関部故障で船は止まっていたので、造船所からのペナルティが入る。だから、そうでもないのでは? 
 いや、すでに、この船は引き渡しされているので保証工事の範疇だろうから、不稼働ロスは保証してくれない?

 なんてね、推測で余計なことを書かないようにね! にしても、これからは専門紙さんの出番ですよ! 日本国造船業の落日を押しとどめるような記事が欲しいですね。 まあいいや。

 でもって、T.Iさんのニュース集の中に見つけた面白いフレーズです。

 「三亜(=サンヤー)であるChina CruiseShippingでは、世界最大の内航クルーズ市場となる」「中国クルーズの未来」について、米系のクルーズ船社と、中国のクルーズ&造船会社らが集まって。
 来月(って、もう明後日から来月なんだね)海南島で、クルーズフェアが行われるみたいですね。
 でもって「クルーズ・インダストリ―・ニュース」さんによれば、この会議のテーマには「世界最大の内航クルーズ市場」なんて表現があって、あらら。内航というより国内市場という感じですかね。まあ、それにしても大言壮語かなあ!
 「一帯一路」も凄い世界戦略だと思っていたら、「世界最大のクルーズ市場」ですか? これも凄い東アジア戦略だなあ、なんて思いましてね。つまり欧米型のカボタージュ規制型クルーズとは違う、アジアの大帝国型のクルーズを展望しているの? 中国。

 というより、まず思ったのは、「世界最大の内航」って、そういえば、これまでは日本列島だったのかもしれないと。日本一周だって一週間かけても、北海道で寄れるのは函館だけと言う感じだもんね。
 まあ、世界最長のフェリーとなれば、名古屋―仙台―苫小牧を結ぶ太平洋フェリーに代表される北海道航路かな? なんてことにも思い至って、ちょっと調べてみようか? なんて思ったんですが。面倒だから止めますけどね。

 でも日本船による日本一周クルーズが「世界最大の内航」かもというのはちょっと面白い思い付きだと思うんですが。ええ、アメリカのクルーズではハワイ航路が最長、最大なんでしょうが、やっぱりカボタージュ対策で、エンセナダ寄港、みたいに外国を噛ませますからね。

 なんて着想からすると習近平さんのアジア戦略も、なかなかというかちょっと軽視していてはいかんですね。きっと。
 確かに中国沿岸を航行するだけで、かなりな巨大航路が実現しますよね。しかも長江は南京くらいまで外航船が上れるから、海南島、上海、南京、青島、天津、平壌くらいを結ぶ「世界最大の内航」が実現するかもしれないですね。

 いやいや。「彼らにとっては、台湾だって」という裏の声も聞こえて来ました。習さんの悲願は台湾併合ですからね。朝鮮戦争はまだ休戦状態ですが、中・台だって、旧国民党政権との決着はついていないわけで、次は台湾そして南シナ海ですかね。
 つまり、「世界最大の内航」って、そんなイメージじゃないですかねえ? やばいで中国!
 海南島を拠点に東・南シナ海を内海に? かなあ。

 昔々、スタークルーズで香港発のハロン湾クルーズに行ったことを思い出しますが、香港を出て最初の港はまだ、中国本土でしたからね。
 南シナ海は中国のもの、です。もちろん彼らにすれば、ですが! 
 そして台湾の次は、南西諸島? 沖縄に親中国政権を樹立して…。中華思想だとそれくらいは考えているでしょう。

 アベチャン頑張りなさいよ。そのうち日本国の西の果ては下関になっちゃった? なんてね。
 産経さんは、北海道を買い占める中国資本の話を連載していますが、今日付けでは、対馬にも韓国資本だけじゃなく中国からも!なんて。扇動しています。

 いやですね。「国難」主義者さんたちは! まるで習独裁に対抗するには、アベ独裁を対置せよ。ですからね。
 背後にはトランプさんやプーチンも蠢いているなんて、20世紀初頭風の帝国主義型世界観で、世界をみようとする…。

 でもねえ、中国のクルーズ戦略って、結構いろんな狙いが秘められているのかも…。はいこれからも中国の動向から目を離さないようにね。ってあんたは何もんじゃ??
 

さんふらわあさっぽろ、運休は2週間以上にーーJMUさん、大丈夫なんですかね?

  10 月 25 日に就航致しました「さんふらわあ さっぽろ」は、昨日 26 日に大洗 港にて機関点検中、主機周辺部品の一部に不具合が確認されました。 当該フェリーの修復及び関連個所の総点検に当たっては、本船の建造造船所で あるジャパン マリン ユナイテッド磯子工場で入渠の上実施する事が必要と判 断されたため、当面の航海を運休することと致しました。 現時点では 11 月 12 日(日)までの運休を見込んでーーー。

 だそうです。27日付の商船三井フェリーのホームページに告知されていますが、2週間以上の運休ですか?
ちょっときついですね。

 この船、当初は8月末に引き渡される予定が、何故かの理由は明らかにされないまま、「秋へ」との遅延が発表され、10月13日に引き渡され。でもって10月24日には運航スケジュールが発表されて…。
 25日には、晴れて苫小牧を出港した! と、つまり初の営業航海に出たわけですね。

 ところが翌日には機関部の点検で運航中止。大洗から向かった先は、苫小牧ならぬ、なんとJMUの磯子だったなんて。
 つまり運航の遅延は、当初計画から見れば、100日以上になることが決まっちゃったわけで…。

 良く分かりませんが、MOフェリーの運航上の問題ではないことは容易に想像できるわけで、つまりJMUさんの何らかの誤…。
 なんかなあ「主機周辺部品の一部に不具合」ですか? まあ保障や故障の原因と責任の所在、造船所や船会社のプライドの問題などもあって、あんまり話したくないんでしょうが、もうすこしトラブルの詳細を明らかにして欲しいですよね。

 瀬戸内海辺りを走るフェリーと違って、太平洋側の北海道航路の海象は、とりわけ、これからは半端じゃないですからね。
 しっかり原因と対策を明らかにして下さいね
 にしてもメディアもなんだろうね。とりわけ専門紙は、「25日に就航しました」という発表を垂れ流して…。
 ちゃんと取材しているんかなあ。MOフェリーのホームページを活字化しただけで終わり? って。なんですかねえ。

 なんて書いていたら、「来週、乗船を予定していた」というSEABIRDさんから、今書き込みがありまして、旅行計画の変更を強いられたそうで。他のフェリーに乗り換えるんでしょうかね?
 でもって、「船のデパート化、プロダクトミックス戦略はハードルが高いようです。造船経営の難しさを改めて認識しております。」--随分、お優しい感想ですが、酷い話だよなあ。お察しします。

 まあ、こんなこと書きたくないけど、JMUというより、旧IHIの磯子工場は、三菱重工の長崎以上に問題があるんじゃないですか?
 というか、磯子さんは焦っているんかな?
 SEABIRDさんがおっしゃるように、大型ドックを持つJMUに合流して、旧IHIの造船部隊さんが目指すとすれば、「船のデパート化」。つまり製品の多角化ですよね。
 目標は、艦艇を主力にフェリーなどをプロダクトミックスして行くという、造船所経営だったわけですが、艦艇の主導権争いもあったんでしょうか? 水上艦のダンピング受注の噂もありましたよね。

 このことがあって、今年防衛庁さんは、発注方式を「値段よりも企画」型に改めて、長崎と三井造船にまとめて発注しちゃいましたが…。
 でも、今度トランプさんが表敬されるという「いずも」の出来栄えにもいろいろ噂が流れているし。
 まあ艦艇! というと格好いいけど、これまでの海上自衛隊は、ほとんど実戦を経験していませんからね。「オモチャみたいなもん」なんて酷評もあるくらいで、北となんかあったら、ちゃんと働けるんかな? なんてね。

 それにしても、アンタも、フェリーのエンジントラブルだけで、ここまで書くかね、本当に! フェイクニュースだぞ! なんてネトウヨさんからお叱りを受けるかもしれない。クワバラクワバラ!
 でもね。一般紙じゃないけど、何があったのか、MOフェリーさんもJMUさんもしっかり総括して、公表して下さいね。

 真冬の北太平洋で漂流! なんてニュースは聞きたくないですからね。
  

 
 

さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。

機関調整の伴う運航状況につきまして、以下のとおりご案内申し上げます。

10月26日(木)大洗発  夕方便 さんふらわあ さっぽろ  欠航
10月27日(金)苫小牧発 夕方便 さんふらわあ さっぽろ 欠航
以降、さんふらわあ さっぽろスケジュール未定

さんふらわあ さっぽろ以外の3隻につきましては通常運航予定でございます。

 はい。商船三井フェリーさんのホームページから、です。 
 別に大袈裟に書くことでもないですが、この船数か月デリバリーが遅れて、就航したばかりなのに、あらら。ですね。

 まあ、船ってたんたんと建造の予定工程をこなして行けば完成するというものでもないようですが、こういう例は、これまでもあったのかな? 私は知らないですね。 
 さんふらわさんは、瀬戸内海の2隻を含めて4隻をJMUさんに発注されて、JMUさんにとっても10年以上ぶり?って、あとで調べますがね。というかIHIがユニバーサルと合併して初めての大型フェリー建造でしたからね。でも最初の船のトラブル情報は流れてこないし…。
 第二船で就航遅れに続くエンジントラブルが、というのは、やっぱり…。「建造中に事故があって…」なんて風評を裏付けているんですかね。

 続く2隻はちゃんと納期通り出来るんかな? そのあたりメディアさんちゃんと取材して下さいよ。原因が公表されないと、疑心暗鬼が募るばかりですよ。
 JMUさんを巡っては、艦艇、つまりヘリ搭載護衛艦の最初の「いずも」だったかな? この船の運航性能についてもいろいろ噂がありますし。

 なんかなあ。日本の製造業への信頼性にいろいろ疑問が出ている矢先の話ですからね。って「三菱のAIDAさんで、とっくに信頼性なんて…」ですが、なんかいやですね。
 まず客船・フェリーから造船業の技術的基盤の崩れが表面化? なんてね。

 いや、「さっぽろ」さんは9月だったか、わざわざ我が家の目の前に試運転でその雄姿(写真参照)を現して戴いて、「ご心配おかけしましたが、もうすぐデビューしますよ」なんて挨拶? なんてするわけないけど、お姿を拝見したばかりで。実は暖かくなったら、一度乗りに行こう! なんて考えてもいたんで、余計にショックですわ。
 朝から垂れこめる暗雲! なんてね。今日も天気は晴れ! ですけど。

 ええええ。今朝はね。はい雑誌「CRUISE」は本日発売でーす!
 という話を書きたかったんですがね。
 でもねえ、表題を見て、ちょっとがっかりしていたんですよ。
 「外国船の日本発着クルーズに乗ろう!」って。まあ意味は分かりますよ。来年の外国船のスケジュールが出ましたからね。でもねえ、「外国船の」って余計じゃないの?なんて、考えていた矢先だったんでね。この雑誌、別に船旅のプロだけが読んでいるわけではなくて、まあ一般大衆さんが読者なわけで。出来れば「あなたの町からも客船に乗れるんですよ」ぐらいの情報発信が欲しんですよね。もちろん「外国船」ばかりじゃなくて、日本のクルーズ船を含めてね。

 加えて、何故、途中の港町では乗れないか? あるいは「乗れる船もある」なのか?
 舞鶴みたいに「駐車場タダ」とかのような乗客サービスの違いとかね。知りたいなあ。
 「地方の時代」「クルーズ船で地方活性化」みたいに言われていますが、私は地方港から直接船に乗れる!そんな時代が来ないかな? なんて希望しているわけで、是非そんな特集を組んでくださいな。 
 フライ&クルーズやレール&クルーズもいいですけど、「ホームポートクルーズを」が時代の流れじゃない? なんて余計でしたね。

 さてキューバも!ですか? いいですね。ちょっとトランプさんドクトリンで、流れが変わっているのが気になりますが、終わってしまう前に行かなきゃね。いやあまり近代化される前に行きたいです。

 でもって、フォト・オブ・ザ・マンスですね。セレブリティ好きの筆者としては、18ページのミレニアムさんにも引かれますが、今回は29ページのコスタ・ネオロマンチカの「コーヒー&チョコレートバー」かな?コスタの内装は何度か乗った船で、乗るたびに微笑ましくて、思わず和んでしまうんですが、この船もよさそうですね。 
 この船の熱海発クルーズくらいないかなあ? って無理か!

 さんふらわあさんも大洗は遠いよやっぱり。2020年目指して、せめて東京発着くらい始めませんかね? 新木場もそう近くはないけど…。

IMG_3621

北朝鮮をクルーズの輪に中に! 北東アジア平和クルーズーー韓国の提言ですよ。これ。

  「クルーズ産業は、気候の神と政治の風に影響される」--なかなかいい言葉でしょ。
 昨日の続きですがね。中国上海のクルーズ・ビジネス・インスティテュートのLing Qinさんが講演の中で語った言葉です。もっとも通訳を通してですので、その通り話したのかどうかは分かりませんがね。

 でもって、中国クルーズ事業の発展を阻害する要因をいくつか挙げたうえ、昨日も書いたように「(旅行会社の販売ルートだけのために)プライスシステムがゆがめられている」ことに加えて、「クルーズの目的地が限られている」ことなどを挙げているわけですが、とりわけ目的地としては、「日本以外に旅行者の需要に応えられるところがない!」と話しています。

 まあ、国内の価格が下がっていることを「旅行会社だけのシングルモード」であるためとしている点は、良くわからん! 話ですが、目的地が「日本以外に…」というのはねえ。来年も済州島を始めとした「韓国には行きませんよ」と言っているようなもので、まさに「政治の風」ですわね。
 いいのかな、習さんの政策をあげつらって? もいないか? まあ上海は江沢民さんが依然強いみたいですからね。って、そんな話でもないですけどね! 

 まあ、問題はTHRRD配備問題での韓国への制裁!なわけでしょうが、ぼくも日本を含めてTHRRDの配備には反対ですね。これって、北による米国本土攻撃の前線基地化みたいな話だもん。まあ北が悪いんですけどね、どっちもどっちや!

 それに中国にしても、北への配慮も多少はありますよね、きっと。やっぱり韓国に中国人が大挙してクルーズ船で押し寄せて遊んでいる! というのは、習近平さんにとっても、金正恩にとっても、あんまり心穏やかならずな話なんでしょうから。

 でもって韓国からのレポートでも、2016年225万人(15年は105万人)まで急増した外国人客(92%が中国人だって)が、17年は100万人を割り込むまで激減しているようです。
 「2020年には300万人」としていた目論見は、まさに「風」に吹き飛ばされ画餅と帰す!状況に追い込まれている…。という韓国さんの悲しい物語が語られていました。ああ、可哀想!

 でもって、本日言いたいのは、クルーズは政治を変えられるかな、ということです。つまり東北アジアに平和をもたらすことができる平和産業なんじゃないの? 
 そんな心がベースになっている韓国のレポートですが、「あっそう」ぐらいで読み飛ばすんだろうね。日本側は。
 でもねえ。僕は、国の存続すら懸念されている韓国の提言を、無視するんじゃないよ、と思うんですよ。日本海で大海戦より、平和の海に!でしょうが、ね。

 このレポートでも、元山港、羅津先鋒港、南浦港の港湾能力や平壌や金剛山など北朝鮮の観光地へのルートを紹介、これまで「排除されていた」北を巻き込み、「北東アジア平和クルーズライン」の誘致をしましょう! と提言しているんです。
 続けて日露韓によるクルーズ協議体の設立を提言、つまり日本海に新しいクルーズゾーンを!というわけで、もちろん日本を含む欧米、ロジアからの集客も想定しているわけですね。 

 まあね。「日本人は行かないよ!」と一笑に付すのは容易いですけどね。「北に対しては、圧力のみ」なんて言い続けるトランプ迎合型ゴルフ大好き総理の主張以外に、日本ではなんにも聞こえてこない。「日本海平和ドクトリン」ぐらい言い出す奴がいてもいいかな? なんて思いますけどね。

 そう、アントニオ猪木さんを総裁にして、やっぱりクルーズ平和党ですね。スポーツ平和党の次は、これですよ。
 東アジアの平和を求めて、北をクルーズの輪に加えよ! かな、スローガンは。核暴発への備えはJアラートやパック3、THRRDじゃなくて、クルーズ客船を北東アジアに! です。

 なんてね。また漫談かよ!などとおっしゃることなかれ、これは私が勝手に吠えているんじゃなくて、他ならぬ韓国海運産業研究所の公式な提言なんですからね。知らんぷりするんじゃあ、なんのために日中韓でMOUを締結したのかわからんでしょう。

 石井国交大臣は、このレポートについてちゃんと報告を受けたのかな? 大臣は公明党さんなんだから「圧力、圧力」と、なんとかの一つ覚えみたいにしか言わない総理に、違う視点を提示してはいかがですか? 
 「クルーズは政治を変える」ですよ。「東アジアに平和を!」
 どうせクルーズ産業の育成を言うなら、日本もそれくらい言ったらどうですかね?公明党さん、よろしくお願いしますよ。

 そう、東北アジアがクルーズゾーンになれば、北方領土問題だって解決の糸口が見つかるだろうし、北海道や東北だって、カボタージュに対応した新しいクルーズが生まれるというものです。
 選挙でも、北海道の与党の得票率だって上がるよ。きっと。

 

中国さんも「量から質」ですか? 韓国は外国船のチャーター? 東アジアは風雲急かな

   風雲急を告げる東アジア! なんて感じですかね。

 いえね。ここ数年景気のいい話が続いていた日中韓のクルーズですがね。まるで台風に襲われたような、かなりなリセッションに覆われているようで。
 これこそ、新たな充実期に向けた「腰だめ期」、つまり「ホップ・ステップ」期がやってきている? なんて思いたいですね。

 はい、昨日。みなと総研さんが開催した講演会。日中韓3か国の「クルーズ研究機関」のMOU締結を記念した講演会を傍聴して来ました。
「クルーズ研究交流覚書」締結記念講演会。つまり3か国のクルーズ事業をプロモートする政府系機関が、「これからは情報交換やプロモーションを一緒にやりましょうね」という覚書(MOF)を交わしたのを記念して…。ああ面倒。こんな風に書かなきゃ、本論まで到達できない! こと自体、政府の機構が複雑化してしまっているーーことの方が問題ですがね。

 まあね3か国の研究機関が一緒にやりましょう!というわけですが、これがなあ。
 研究交流といっても、中国側が「上海国際クルーズ経済研究所」、韓国側が「韓国海洋水産開発院海運産業研究室」でもって、日本側は「みなと総研」。

 なんかなあ! 現状が、乗客を送り出す国・中国、受け入れる国・日本、それを仲介したいなあと考えている国・韓国というクルーズ事業に係わる産業への視点をそのまま表した研究組織体が連携するって感じ? これで良いんかい?ですよね。

 例えば、「観光」ということであれば、それぞれの国に観光協会なりがあって、わりとすっきりと手を結べるけど、「クルーズ」となるとどこがやるの? みたいな話で、早い話、日本の場合、観光庁、港湾局、海事局と、この産業をどうするか、どころか誰が監督するの? みたいな、いわば政府側がカオス状態なわけで。
 まあねえ、なんたって公共事業大国ですからね、港湾局がまずは伸してきて、外交も主導するの? いえ、国交省が元締めていますから? なんですかね。きっと。

 先方も、韓国は未だ海事関係の部局。中国は総合化しているように見えて、実は「上海」が中国を代表しているにすぎないわけで、まあスッキリしませんね。って、前置きのつもりがこれだけで今日の紙幅が尽きちゃった。
 まあいいわ。

 でもってリードに帰って、結論ですがね。
 あれだけ倍倍どころか、桁違いに伸びて来た中国のクルーズですが、ついに17年以降は「量から質」と言い始めていて。中国での新造船が就航する20年以降に新しい展開。つまり国籍船、造船、旅行会社らが総合的に発展し始める、みたいな論調ですね。
 もちろん欧米系のクルーズ会社の力を利用しながら…。な戦略ですが、中国の旅行販売は、「(早期割引きどころか)直前まで埋まらない。安くなるのを待っている」なんて面白い発言もあって、まあこの話は後日書くか、別のニュースで読んでくださいね。はい

 一方の韓国は、THRRDを巡る中国の意地悪で、今年済州島を初め、入域客が激減していますからね。戦略と言ったって「東アジアの平和」ぐらいしか言えないよね。北朝鮮の港への誘致! みたいな視点があったのには、驚きましたがね。

 で、自分で何か出来る訳じゃないことを知っていますからね、ロシアを含めた東アジア(さすがに「東海」とは言わなかった)クルーズの新しい拡大を目指しましょう!と独自性を打ち出すのに必死でした。
 でもって、組織方針としては、「国籍クルーズ船がない」という致命的な欠点を克服するために、「新造船のファイナンスや造船の建造体制の確立、必要な政府支援」の研究を進めるとして、来年の最大のテーマは、44回やってくるコスタなどの外国船のチャーター! だそうです。つまり韓国人にクルーズに親しみを持たせるという韓国クルーズ市場の拡大!にターゲットを置いて行くという。

 はい、両国とも実現性はともかく、戦略的な狙いは、正しい!と思いますよ。

 でもってニッポン! いや今回は日本側の講演はなかったんですがね。もし「みなと総研」が話すとすれば、クルーズポートの整備! しっかりやっています、くらいでしょうかね。
 つまり日本市場をどう開拓するのか? みたいな視点での話は誰も出来ない。

 高度に発達した資本主義国ジャパン! でもねえ。クルーズ産業ひとつまともに育てられないなんてね。夢も希望も…。絶滅危惧産業化をおろおろと指を咥えて…いるだけなんて。

 日本クルーズ研究機構? はい、JCI(ジャパン・クルーズ・インスティチュート)でも造んないとねえ。
 みなと? 地方自治体? 以外クルーズ事業を発展させたいという人はおらんのかい?? まったく。
 なんてね。いつも同じ結論で、ごめんなさいね。

 

沖縄独立は無理かな? 日中韓クルーズ振興シンポに行って来ます

    午前中にお仕事があるので、8時には家を出ねば、なりません。と言うことで心も慌ただしく、物事を考える余裕もなく、なんかなあ!の気分です。

 何の仕事?
 いや仕事というより、このところ講演会などのお誘いが多くて、本日も中国と韓国の観光協会が来日されてのシンポジウムの傍聴で、この地域というか海域のクルーズ振興を目指して、それぞれの国のクルーズ事情をご説明いただけるというので、ちょいと!
 まあどんな話になるのかは大体想像できますが、ご報告は午後? いやあ面倒なので、明日付ですかね。

 というので、クルーズから離れて、わが日本国の政治状況について? なんてつまらんかな?
 はい選挙結果ですがね。比例だけですが、自民党さんは33.28%の票を獲得されているようで、でもって、それだけで過半数をどどんと上回り。12.5%の公明党さんと併せて、45%あまりの得票率。まあ3分の2?ではなくて、小選挙区の圧勝でですがね。まあ選挙制度のなせる技? こういう結果をあげつらってもねえ。なんですがね。

 つまり全国一区でなくとも、ブロックごとの比例代表制であれば、まあもう少し、拮抗したということかな?
 それに、政党支持別の選挙をやっているわけじゃなくて、まあ、国会議員志望者のリクルートみたいなもんですからね。小選挙区制度なんかをやっている間は、「家業としての議員さんの党」たる自民党さんは、常に優位にあり続けるだろうねえ。

 社会主義国だって、理念よりも「理念」に見える「利権」を目指して、投票と言う行為で支配者を選ぶ風にはなっていますからね。
 議員報酬を無報酬ぐらいにしないと、仕事もしないでお金を貰おうなんて不埒な輩はなくならない! というか、いつまでも数年に一度のこんな不快感を味わなきゃいけないんだろうねえ。

 さて、沖縄独立? これも無理だわなあ。自民党さんの得票率は22%ですか公明さんが17%で第2党ですからね。つまり40%が与党なんだから、独立?なんていったって! 
 北海道? ここも、自民公明合わせれば40%ですか?
 まあ、アベチャンの圧勝ですね。

 朝日新聞が、未練がましく、「もし野党統一候補が実現したら…」なんてみっともない纏め方をしてますが、それでも65選挙区ひっくり返っただけ? まあ小さい数字じゃないけど、そうなったらそうなったで自民さんは、いろんな戦術を考えるだろうし…。過半数は自公のもの…。

 なんてね。まあ3分の2取ったんだから、アベサンよ今度こそ、憲法改正を発議しなさいよ。「別に内閣がするものじゃない」なんて話はいいから、自民党総裁としては発議しないとね。「国民の負託」に答えた事にならんでしょ! 2度も、3分の2を確保したんだからさあ。国民投票がどうなるかは確約しないけどね!

 まあいいわ。時間が来ちゃった。 
 にしても「東アジアのクルーズ市場の拡大を話し合う」ってなんだろうねえ。国交省さん! 
 日中韓の交流の拡大! ですか? 
 なんか選挙違反だよね、これ? 尖閣だって、竹島だって、北のミサイルだって、そんなのとは別の話? というわけですかね。
 だいたい、なんで台湾が呼ばれてないのかな? 台湾からのクルーズ客は韓国からより多いんだぞ!
 では、行って来ます!

緑のたぬき、赤いキツネ、モリ、カケは品切れです。これからは冷麺ですかね?

    おはようございます。良かったですね。ようやく勝ちましたね。えっつ? 初めから盤石じゃないの! って、いえ、ボクシングの村田さんですけどね。

 なんたって、ミドル級ですからね。こんなクラスで世界制覇ですからね、素晴らしい。あ、1995年の竹原さん以来って、書いてありますね。
 にしても強いわ、日本のボクシング!

 なんて、一昨日と同じ出だしですね。飽きられるぞ! あんた。はい、ゴメンなさい。

 やっぱり本日の話題は、選挙ですかね。
 ところで、この選挙で何が変わったんですかね。アベサンと公明さんで、3分の2を確保!って、選挙前も3分の2を確保していたんだよね。確か!
 でもって北朝鮮の脅威に対応できる盤石の? って、Jアラートまで鳴らし続けて、ようやく確保した議席3分の2に、一体どんな意味があるんでしょうか? 

 これで憲法改正がしやすくなる! って? この選挙の前だって、発議すれば憲法改正論議は進んだんじゃないですか?
 いや、憲法改正には国民投票がありますからね。ここで2分の1のめどが立たないと…。はい維新さんが大阪でやった府市統合は府民投票で否定されていますからね。つまり今度の選挙に意味があるとすれば、改憲派で50%以上の票が集められるかどうか? の見極めだったんじゃないですか?

 はい、改憲投票はシングルイッシューを巡る投票になりますからね。改憲反対派を超えられる得票を見込める「論理」を今後アベサンが提示できるかどうか! かな?
 まあ、その見極めと長年かけてやって来た改憲派の育成を目的にした選挙だったんだろうと思いますね。
 加えて、アベチャンの3選? 長期政権維持? 歴史に名を残すという執念選挙だったのかな?

 比例と言うか、得票数の方が興味がありますね。
 でも今や「改憲派」って、どこまで含まれているんだろうか? も良く分からんけどね。 
 立憲民主党の枝野さんも、実は改憲派ですが、今度の選挙で9条改正反対!と言わざるを得なくなっちゃったですからね。本音と本音の戦い!なんかじゃなくて、本音は、議員さんというか政治志願者のリクルート戦ですよね。これ。

 今度の選挙に本当に意義があったとしたら、それは、一見民主的!と見える選挙なるものが、為政者の選挙技術で、いかようにも操作できるという、選挙制度のまやかしが、明らかになったこと?かな。
 こんなの中国共産党の制度とあんまり変わらんと言うか、プーチン選挙やトランプ選挙とどう違うんでしょうか?

 さらに、選挙技術は緻密になって、日本のこころ? なんて、何かの政治勢力を代表しているわけでもないのに、選挙戦中メディアで「ガンバレアベ政権」みたいな事だけを言う政党を造る。自民党の周辺応援団をメディアに載せるという手法を開拓した。狡猾ですね。まったく。 
 いるだけで煩いオジサンたち、が「北の脅威」を言い続けるわけですからね。自民党、いや二階さんかな? 自社2大政党時代の選挙に比べて、殊勲功!「よくできました。丸優」ですわね、これ。

 まあいいわ。選挙前とこの選挙のあとで何が変わった?
 何も変わらんよ。「緑のタヌキ」が消えて、「赤いキツネ」に変わるのかと思えば、それもなし。
 どころかカケもモリも食えそうになくなっちゃたし…。

 今日のお昼はラーメンにでもしますかね? 日本ソバ系はどうもダメみたいや。中華が伸して来るのも好きじゃないけどねえ。 
 でも、ハンバーガーやホットドックはもう食い飽きているし。 
 冷麺? トンデモナイ! 季節外れですよね。はい。ってなんのこっちゃい。
 
 にしても、日本近海のクルーズ客船にもようやく麺類がメニューに乗り始めました。「ラーメンを客船で? だめでしょう。高級感がない」なんて言い続けていたんですからね。ええ、ホンの少し前までね。

 そう、世の中は変わっているんですよ。変わらないのは日本の民主勢力と言われる人達だけかな? でも頑張ってくださいね。
 ああそうか?社民党さんですね。日本のまごころ、って改名しましょうか。
 あーあ!

絶滅危惧種の日本クルーズ船。それこそ国難じゃないんでしょうか?

  さて、明日は誰が勝つんでしょうかね? いえ総選挙じゃなくて。
 重馬場だし、3000mの長距離は、3歳馬にとっては…。って、菊花賞です。菊花賞!

 株の方は、かなり早々と市場からリタイアしてしまったボクとしては、今度の総選挙相場は、指を咥えて眺めているだけですからね。日本政府を信じなかったボクが馬鹿でした! はい。
 まあ「祭りのあと」に思いを致すよりない、となれば。次は菊花賞かな? なんてね。

 これで与党が勝ったりすると、株価も高位安定? となると、クルーズ代金すら払えなくなるよ。負けろアベチャン。下がれ東証! って、むかしトウショウボーイなんて馬がいましたね。関係ないか。 

 そう私の動機は不純なんです。立憲民主や共産党が圧勝し、東証が暴落したら、株の買い場が来るんです。そんな選挙結果を祈ってね。いまは、株にも手を出しようがないもの! 
 しゃあない。明日は嵐みたいだから、今日期日前に行きますかな? ついでに、勝ち馬投票券の方へも投資、じゃなかった投機して明日を待つとしますかね。

 そういえば、一昨日杉並区の京王線の駅で、友人と待ち合わせたんですがね。そしたら駅頭に「日本に革命を!」なんていう勇ましいのぼりがはためいていて、手持ちスピーカーから、大声のアジテーションが聞こえるじゃないですか! 待ち合わせの約束より少し早かったんで、ビラ配りのお兄ちゃんを捕まえて話を聞いたんですがね。立候補者は法政大学OB。全学連の委員長と言っていたかな?

 絶滅したのかと思えば、まだ生き延びていたんですねえ。立憲も共産党も労働者を騙している!なんてね。
 絶滅危惧種ですからね。アベチャンも、保護して上げればいいのにねえ。民共反対派として育てておけば、少しは役に立つかも、なんてことはないか!

 とにかく、明日は台風まで呼び寄せちゃって。凄いですねアベチャン。
 今度の選挙は最初から最後まで茶番で終わりそうです。大体、北朝鮮や少子高齢化が、どうして、今選挙をやるほどの「国難」なのか、未だに分かりませんし。

 ボクからすれば、日本に外国のクルーズ船ばかりが押し寄せて、このことへの疑問を示さず、日本国民が楽しむべき、日本国籍のクルーズ船が絶滅危惧種にまで追い込まれているのに、「クルーズブーム」だなんて。「先進国ニッポン」幻想に踊らされている幼気な国民。そっちの方が「国難」ですよ。
 ああ全学連さんは、「だいたい国民、ってなんだ!」 なんて問うていましたがね。でも「労働者」なんてのも、もうほとんど絶滅危惧概念ですから。

 ああ、クルーズでしたね。
 取り戻せ、日本の制海権! このままでは日本近海はアメリカ船社と中国のものになっちゃうぞ! 現に竹島の韓国軍は、日本政府の相次ぐ抗議にも拘わらず、島駐留軍の軍事組織の強化に乗り出すというじゃありませんか! 日本と闘うぞ! だし。
 なんて、ほとんど私も発狂寸前やねえ。

 もっと冷静になりましょうよね。 
 日本国政府は、南西諸島を開発し、22万トンが入れるクルージングリゾート。つまりはプライベートアイランドみたいなものを創るという政策をしているじゃない。日本列島の観光化はどんどん進めていますから大丈夫ですよ。はい。
 そうです。ここにプライベートリゾートが出来たら、中国から善男善女が沢山やってきますって…。
 日本人は働きましょう。そしてお金をたくさん貯めれば…。

 まあ日本列島の4つの島だけは、何とか確保しましょうよね。
 北海道独立? 沖縄解放? 50年後には中国のスローガンはそうなるかな? アメリカがトランプに負けて、没落し…。 
 大中国の政治的影響力が増して行くと、平和的にそんな話になるのかもね。

 それにしてもダンビュライトはどうして無印なのかな? 武豊が騎乗するにのに…。
 おいおい、競馬の世界も、騎手はデムーロに、ルメールですかい?
 ガンバレニッポン!か? もう、やけになっているのね、あんた。

企業は、ほんとうに金を貯め続けて行くことが経営目的でいいんですかねえ。

   昨日、日本のクルーズ産業の未来を憂う有識者の集まりがあってーーって、単なる暇な老人たちの飲み会ですけどね。

 開口一番、「郵船の株価は、飛鳥2の建造を止めたことで、3%も下げちゃったじゃない」って、株のあがりで、世界一周クルーズに出かけることに夢を繋いでいる、後輩が嘆きの声を上げる。 
 それに同調して、「やっぱり海運会社がクルーズをしているのって無理があるんだよね」と経済通氏が応ずる。という展開で、話は日本企業、とりわけメーカーの体たらくを嘆く話に繋がって行きました。

 まあ郵船の名誉の為に、書いておけば、別に飛鳥2の建造を延期すると日経に書かれたから、株が下がったというより、海運株全体が落ちたわけでね。
 でも、商船三井は早くも反発、郵船の株価は昨日も下げたみたいで…。
 「まあクルーズどころじゃないんだろうけど、配当ぐらいしてほしいよね」でちょっと沈んだ雰囲気でしたけどね。

 でもねえ、SEABIRDさんの昨日付けへ書き込みにあるように、「なんで海運会社がやり続けているの?日本のクルーズ」と言う話も出てきて。つまり、日本は恐ろしいほどの金余りなのに、リスクを取らない。企業には内部留保という名の貯金だけが貯まって、投資に向かうには、株主の目がうるさいし…。で、25年前に海運会社が新規事業で始めたクルーズが、そのまま海運会社しか参入して来ないわけで…。

 というわけで、話は、海運会社からの経営の切り離しと、自由な投資判断が出来る非上場企業による、つまりはオーナー企業による経営。さらには、今、貨物船分野では一般化している船のオーナーとオペレーターの分離。はい、客船保有会社と運航会社を分けるべき! なんて処方箋で合意! 大いに意気が上がったのでした。
 って、誰がネコの首に鈴をつけるの? でしたけどね。みんな、「言うだけ番長」だわさ。
 
 まあ飲み会って、こういう話で、つまり自分の責任のないところで、勝手言うのが楽しいんで、溜飲を下げるところまでは行きませんでしたが、北朝鮮も不穏だし、総選挙もまったくすっきりしないしという、そこはかとなく漂う不安を、嵐とともに吹き飛ばした、なんてこともないけどね。

 でもねえ、確かに会員制リゾート会社辺りが客船に参入して来ませんかね? 
 クルーズ船ってホテルみたいなもんですからね。所有権を小口化して、船にし、会員は、ホテル宿泊券以外に、年間2、3週間くらいの乗船チケットを貰える。で、船の運航スケジュールは全国に展開するホテルのあるリゾートを巡る。我が家の目の前にも初島がみえますが、ここにも会員制のリゾートホテルがあって、この会社は、湯河原とか伊勢志摩とか、いろいろ展開しているわけでね。船とリゾートホテルの組み合わせで、日本全国遊覧!いいと思うんですがね、これ!

 でもねえ、ホテルでは認められても、船は前例がないって! 有識者さん。
 当たり前だよね。初めてのケースだから面白いんだろ! と申し上げたら、所有権だとか償却だとか、いろいろあって…。確かに船は不動産に見えて、経年劣化して行くし。なんて。
 まあ、言い放しです、すみません。

 でもねえ、話の切り口は郵船ですからね。「やっぱり、クルーズは海運会社のBtoCで出来る仕事じゃないんだよね」って、日経の記事を見ながらの正当なご意見。
 本業が儲かってるときは造船所も満杯。造船所が空いているときは、本業も苦戦、だからクルーズを軸にした投資計画が書けない。
 なんてプリミティブな議論から、「例えば中国に市場があると見込んでも、海運会社ではどうやって市場開拓するのか、そんなノウハウもないじゃん」なんて、少し具体的な話に進みましたけどね。

 あああ、それにしても、なんだかんだ言っているうちに、日本企業は内部留保倒産!かもねえ。
 東電も、シャープも、東芝も、三菱自動車も、それをテイクオーバーした日産も…。総崩れに近くなってきていて、わがクルーズ産業の母体たる海運会社もですか?

 確かに、本来流通手段でしかない貨幣を思い切り貯めることだけが、企業の目標というんじゃねえ。 
 貨幣という紙ペラは、本当にずっと価値を持ち続けるんでしょうか? 円を貯めていればいいの? いや、ドルならいい! なんてアホか!

 やっぱり悪酔いでしたね。昨夜も…。
 
執筆・講演承ります!!

どうぞお気軽にお声がけください。 船のことならおまかせください。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • さんふらわあ
  • 初日の出
  • さんふらわあさっぽろ、どうしたんですかね? エンジントラブルですか? 新造船なのに。
  • 太平洋上に、あらら「さんふらわあ」です! 晴れて完成したんでしょうか?
  • ミサイル反対! 70歳以上は北海道に強制移住 人間牧場っていかがですか?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • 女性活躍社会はどうなったの? 種牡馬と母馬!どっちがいいかな?
  • あらら、にっぽん丸じゃないですか!
  • 人ひとピッチャン!でした。凄い熱気ですね。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
カテゴリー
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ